Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~4』青木 祐子 




経理部の新入社員・麻吹美華の率直すぎる態度と言葉遣いに、平穏な会社員生活を送りたい沙名子は、気苦労が絶えない。
私生活では太陽と付き合い始めたものの、初めての恋愛にペースを乱され戸惑い気味。
そんな彼女はある日、社員同士の不倫の現場を偶然目撃してしまい——。


『これは経費で落ちません!』シリーズ第四弾。楽しみに待っていました♪
前巻ラストで登場した新入社員さんのことと沙名子さん自身の恋愛のことが特に気になっていました。

ああ、やっぱりこのシリーズ面白いです~!!大好き。
というか、沙名子さんのシステマティックな有能っぷりと内心の本音と容赦ないつっこみが今回も冴えわたっていて、読んでいて面白すぎ。すかっとします。
あと会社員生活での人間関係(特に女性社員間の)のややこしさ難しさと、それでも何とか日常として今日も回っていて、なかにいれば結構居心地よく楽しいことだってちゃんとあったりする、この独特の空気が、読んでいてわかるわかる!!と共感でいっぱいです。
森若さん本当に格好いいな~憧れです。
恋愛方向ではまるで不慣れで、太陽にペースを乱されいらっとしつつも実際はちゃんと彼に恋しているのが端々から伺えて、陰で努力したり悩んだり、そういう可愛らしいところもまた、彼女の魅力です。たまらない。

さて今回は、経理の仕事的には特に大事件はなかったものの、社内で色々なものが大きく動いて、そしてこの一巻だけでは解決できていない案件がいくつか。
沙名子さん自身も以前のスタイルから大きく揺らいでいるような気がしました。

まず心配だった中途採用社員の美華さん。
ほ、本当に大丈夫だろうか……と最初の人間関係の案の定の摩擦を読んでいて心配していましたが、実際のところは仕事もできるし悪い人ではないし、経理部の皆とは何とか上手くやっていけるようにまでなっていて、良かったな。
彼女との上手い仕事のやり方を把握した経理部の面々が偉いと思いました。
特に真夕ちゃんと美華さんが関係を修復できたのは、ほっとしました。
美華さんのお人柄は、なんというか、めんどくさいというか、損だなあ。
仕事ができないいいひとより仕事ができる性格に問題があるひとの方がいいというのはちょっとわが身に突き刺さりました(汗)。
敵の敵は味方とかやだよーとか思うけれどでも分かる……そういうこともある。
最初の方の由香利さんの「しんかんせん」には和みました。確かにこういうやりとりで大分気持ちが軽くなるものです。わかります!
最後の方で美華さんと沙名子さん、実はけっこういいコンビになるのかも?とか思ってしまった。それぞれの得意分野をいかして?
シナモンスティックは衝撃的でした。確かにお菓子に見えなくはないけれど。

そして太陽とのお付き合い編。
バレンタインの手作りチョコ、やる気なさげと思いきや、作るとなったら事前に下準備をきっちりして自分が納得いくものを渡す沙名子さんが相変わらずらしすぎる……そしてそんなに一生懸命な沙名子さんが非常に可愛い。
オーブンレンジを持っていないってなんか沙名子さんらしい。
太陽に近づいてくる意味深な後輩にどうなることかと思いましたが、私が思っていたより沙名子さんは太陽のことを好きだったようでした。あの連絡先を握りつぶした場面にはにやり。
相変わらず明るく若干チャラい太陽で、沙名子さん本当に彼でいいのか……?と未だに若干思っている私ですが(失礼)、沙名子さんのスタイルをちゃんと受け入れてありのままの彼女をかわいいと思っているところは、やっぱりいいなと思います。なかなかできないと思う。
ふたりの距離が目に見えて一段階縮まって、口調がくだけてきたのにちょっとドキドキしてしまいます。
それにしてもあの後輩さんを鎌本さんにまるっと託した太陽の行動もなかなかすごい……。え、え、そんなのありなんだ。
「きれいなもの、おいしいものが大好きで、猫が好きで、ときどき変なことで悩み~」って、沙名子さんのこと、良く理解しているじゃないですか、太陽さん。115頁のこのあたり、ちょっと感動してしまいました。

石鹸マイスター留田さんのエピソードは想像してしまったほどの不穏さはなく、ちょっとほっとしたところに、隠し爆弾の存在が!
うわあ、そうきますか!!これは確かに沙名子さん的には衝撃すぎる。
このすぐ次のエピソードのタイトルが『本命は落ちません、義理なら落ちます』だったのに、色々深読みして妄想してしまった。(勇太郎さんにとっての本命とは??)
あと有本アリナさんの件、まだ終わってなかったのか……うう、あまり気分が良いお話じゃないなー。まさかチョコレートの件からここまで分かってしまうとは。

エピローグの真夕ちゃん視点のひとこまは、毎回和みます。
最中の出所がさりげに意味深すぎる。この暗喩の使い方(?)が青木先生らしくて好きです。
太陽に彼女ができたというのは当たっていますが、真夕ちゃんが沙名子さんの恋人に気づくのは、いつになるかなあ。
天天コーポレーション、ひとまず今日も平和でなによりです。

色々なエピソードを読んでいて、人に誰でも、良いところもちょっとダメなところもひとしく持っているんだよなと、当たり前のことを思ったりしました。沙名子さんも含めて。
それをお互い認め合って仕事して、やっぱりみんな同じなんですよね。みんながんばってる。

マリナさんはまあいいとして、あの不倫の一件が未解決なのは気になります。
続きが読めるのを楽しみにしています!
そして青木先生のブログを読ませていただいていて、いつかヴィクロテのエピソードが読める時を、いつまでも楽しみに待っています。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: オレンジ文庫

タグ: 青木祐子 

私的本の情報メモ(7月) 

今月に入りブログを書いてないなと思いつつ気づけば後半になっていました。
むしろ少女小説と少女漫画をどしどし読んでいるのですが……現実逃避です。
小学生の頃アニメで途中まで見ていたきりの『美少女戦士セーラームーン』のコミック原作版を読みはじめてみたら案の定私好みで、美しい少女漫画ワールドにうっとり。
セーラームーンと言えば、小3で引っ越しする前のピアノ教室の待合室でたった一度だけ開いてみた『なかよし』の中のセーラームーンの頁が、当時の私には、もうこの世のものとも思えない美しく繊細な世界で、大人っぽくて神々しくて、まるで見てはいけなかったもののようにすら思えた、という記憶が。
テレビで見ていたアニメ版とは同じようで少し違う世界だというのは感じられて、当時の私には仕組みがまるで分からず、今から思えば困惑したんですよねえ。
(そしてその後、待合室で漫画を読むタイミングを逃したまま引っ越してしまった)
月の王国の前世エピソードを紐解いていく場面を読んでいて、あのころを思い出して懐かしくなりました。

思い出話が長くなってしまいました。
来月の新刊購入予定メモです。

『甘々と稲妻 11』雨隠ギド 7月6日

『恋せよキモノ乙女 2』山崎零 7月9日

『京都寺町三条のホームズ10 見習い鑑定士の決意と旅立ち』望月麻衣 7月12日

『京都寺町三条のホームズ(コミック版) 2』秋月壱葉 7月12日

『君と僕の大切な話 4』ろびこ 7月13日

『おいしいベランダ。 マンション5階のお引越しディナー』竹岡葉月 7月14日

『なんちゃってシンデレラ王都騒乱編 お伽噺のつづき、はじめました。1』汐邑雛 7月14日

『モブ子の恋 3』田村茜 7月20日

『月刊少女野崎君 10』椿いづみ 7月21日

『来世は他人がいい 2』小西明日翔 7月23日

『高崎グラフィティ。』古宮九時 7月25日

七月の新刊購入予定が充実していると毎年なにげに嬉しいです。
なんといっても『京都寺町三条のホームズ』の10巻目でしょうか!!!(&コミックス2巻目も)
ホームズさんと葵ちゃんの仲睦まじいカップルのその後が気になりすぎて仕方がありません。読むのが本当に楽しみです。
『おいしいベランダ』も『なんちゃってシンデレラ』も『甘々と稲妻』もどれもこれも楽しみなシリーズです♪
あとは江本マシメサさんの新作なども気になっています。どこまで読めるかしら。
『なんちゃってシンデレラ』も、先週三巻分一気読みしたシリーズです。ファンタジー世界観がとにかくがっつりしっかりしているのが魅力。その上で安心してアルティリエとナディル殿下のくすぐったく微笑ましい甘々にひたれるのが良いです。


この二週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

5月の読書メーターまとめ 

もう2018年も半分近く過ぎているなんてびっくりな6月1日。
すっきりしない天気が続いていましたが、今日は久しぶりの青空で良いお天気。暑い。
今年の夏は暑いんですかねえ。ひかえめにいってくれるとうれしいな。

そんな月初め、先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説  『木漏れ日を縫う』『クラリッサ・オルティスのささやかな願い』『弁当屋さんのおもてなし』『千早あやかし派遣會社』
まんが  『Landreall』『思春期ビターチェンジ』『サトコとナダ』『花野井君と恋の病』

『Landreall』30巻一気読みという幸せなゴールデンウィークを過ごしていました。
そして先月中にシリーズ最新刊も発売というタイミングの良さ。どっぷり浸ってしまいました。
小説も色々読んでけっこう好きな作品が多くて嬉しかったです。
『千早あやかし派遣會社』や『ここは神楽坂西洋館』や『弁当屋さんのおもてなし』や、いわゆる少女小説の流れをくむライト文芸が、どれも私好みで良かった。さらりと読みやすくてしみじみ心に染み入る。ほんのりロマンスも良いものです。
ナツさんの『クラリッサ・オルティスのささやかな願い』はWeb版既読でしたがやっぱり大好きです!イラストが美しい。シルヴィアとリリーのイラストもちゃんとあって嬉しかったです(笑)。
『思春期ビターチェンジ』が次巻最終巻!ええっ本当に結末はどんな感じになるのだろう。
森野萌さんの新作もていねいに描かれて心に響く素敵な少女漫画でした。続きが楽しみです。
今年は『かがみの孤城』も読んだことですし、話題作もちょっと読んでみようと『カラヴァル』や『蘇我の娘の古事記』も読んでみました。
『カラヴァル』はなんとなく『魔法使いハウルと火の悪魔』のイメージに近いなと、私は思いました。


一昨日、昨日とそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(6月) 

5月も残り少なになってきました。
紫陽花の花の青が目にしみいります。

さて来月の新刊購入予定メモです。

『赤髪の白雪姫 19巻』あきづき空太 6月5日

『君は春に目を醒ます 2巻』縞あさと 6月5日

『マロニエ王国の七人の騎士 2巻』岩本ナオ 6月8日

『天使がのぞきみ 2巻』もとなおこ 6月15日

『紅霞後宮物語 第八幕』雪村花菜 6月15日

『これは経費で落ちません!4 ~経理部の森若さん~』青木祐子 6月21日

『契約結婚はじめました。3 ~椿屋敷の偽夫婦~』白川紺子 6月21日

『ゆきうさぎのお品書き あじさい揚げと金平糖』小湊悠貴 6月21日

『帝都退魔伝』和泉統子 6月29日

オレンジ文庫の楽しみにしているシリーズが一度に三作発売!!ふふふ、楽しみです~。
三か月連続で白川紺子さんの新刊を読めるの、とても贅沢です。
森若さんの新刊も待ってた!ゆきうさぎの「あじさい揚げ」もなんだか気になる。

あとなにかこの新刊情報メモの記事にくっつけて書こうとしていたのですが、なにだったかが今どうしても思い出せないです(笑)。
あああ、なんだったかなあ!もどかしい。
『ランドリオール』シリーズにぞっこんはまってからさっそく最新刊を購入して読むことができてとても幸せです。
面白かった~しかし若干イオンちゃんと六甲が足りない!(笑)特装版の小冊子と最後のお話の扉絵で自分の中で色々空想で補いました。

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

拍手メッセージ返信・5月その2 

この記事は、5月22日、26日にそれぞれいただいていた拍手メッセージへの返信記事になります。毎度お待たせしております。
追記より。
拍手のみぽちりも、コメント付き拍手も、ひとつひとつがとてもとても嬉しく幸せで、記事を書いて良かったなとしみじみ実感しています。
皆さま重ね重ねいつもありがとうございます♪


-- 続きを読む --

カテゴリ: 拍手メッセージ返信

『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』望月 麻衣 




澪人が作った対策チームの頑張りによって平和が戻ってきた京都。
ついに澪人と付き合い始めた小春だが、彼の態度はなぜかそっけなく目も合わせてくれない。
彼の態度に不安を覚えながらも、小春はチームのみんなで祇園祭を楽しもうと準備するのだが——。


『わが家は祇園の拝み屋さん』シリーズ第八弾。
新章スタートとのことで。
表紙イラスト、本を手に顔を少し隠す小春ちゃんの表情と仕草がかわいらしくて、ときめいてしかたありません。
どことなく愁いを秘めた澪人さんの表情も、素敵です。

前世の事、京都に迫る危機の事にひと段落がつき、ファンタジー要素は控えめ。物語はささやかな日常に戻ってきた感じ。
ただ小春と澪人をはじめ、チームのメンバー達それぞれの人間関係の変化もあり、ロマンスももちろんあり、とても楽しく読めました♪
このシリーズはいつもながらに比較的薄めの文庫本一冊に、すらすら馴染みやすい文章で楽しみどころがぎゅっとつまっていて、満足感が高いのです。
澪人さん達のはんなり京都弁もこのシリーズ独自の魅力。

なんといってもお付き合いをはじめたての小春ちゃんと澪人さんのことがいちばん気になっていたのですが。
確かに澪人さん、そっけない……。おーい……。
それは確かに、戸惑いとかあるのも推測できるけれども、こんなに小春ちゃんがそっけない態度に悩み傷ついているのに、いっこうに態度を改善させない澪人さん、読んでいて正直もどかしくてしかたなく、だんだん腹もたってきました(苦笑)。
とにかくもう、ひとり不安に悩みまくる小春ちゃんが、読んでいてかわいそうすぎて。身を引くところまで思い詰めてしまうなんて!
……最後の祇園祭のときにようやく本音を言ってくれて、安心しましたけれどね。
確かにまあ、澪人さんと小春ちゃんならではの悩みですよねそれは。しかたない。納得。好きでたまらない相手に自分の本心を奥深くまで見抜かれるかもというのは、確かに怖い。
それでも覚悟を決めて、自分の過去や本心を語る澪人さんの場面にきゅんときました。
彼が動物に対して持っている特殊能力の秘密も明らかに。最後に母に戻った狐さんのエピソード、素敵でした。
なにより素敵だったのははじめてのキスの場面でした。
作中で語られた、特殊能力持ちの人間にとってはなによりも特別で大変な行為だというキスシーン、ふたりとも相性よく幸せ感がよく伝わってきて、読んでいる私もじわーっと幸せでした。良かったねえ。
そして最後の最後に出てきたコウメちゃん、グッドタイミングすぎます。まあ今のところはこのあたりがふたりにとって、妥当ですよね(笑)。
いやあ、それにしても、あのはんなりやわらかで色気のある京都弁で切々と愛を語る澪人さん、本人があくまで真面目で真剣なだけに、破壊力がすごい。読んでいるこちらがちょっと恥ずかしい(笑)。

そんな小春ちゃん達の側でぎこちなさを感じてそれぞれ心配するチームのメンバー達も、皆もうこのシリーズのキャラとしてしっくり馴染んでいて私も愛着がわいていて、読んでいていとおしくてなりませんでした。
朔也君と澪人さん、なんか一見正反対に思えるのだけれど、案外着実に友情を育みつつあるようで、うん、良いですね。彼らならではの悩みを共有できるのっていいですね。澪人さんの麗しの君な外見の裏にある「くそまじめ」さを朔也君がちゃんと認めて尊敬して心配している感じが伝わってくるのがいい。
賢くてしっかり者で情にあつい愛衣ちゃんも、可愛いもの大好きな自分を段々認められるようになってきた由里子先輩も、それぞれ大好きです。
由里子先輩と朔也君は、前巻くらいからかな、姉弟みたいな関係かな~。お似合いだな~。とひそかに胸の内で思っていました。
ふたり相性よさそうなので、ロマンスに発展しても、素敵だな。
由里子先輩の意外にちょっと抜けているところを朔也君がさりげなくフォローしているところとか、読んでいてほっこりします。
あと今回新たにちょっと気になったのは、愛衣ちゃんと和人さんでしょうか!
このふたりはまだちょっと未知数ですが、年の割にしっかりしていてファザコンっぽい愛衣ちゃんには(笑)、和人さんみたいな人はお似合いかもなあと思います。

そうそう、和人さんと澪人さんの兄弟関係も、今回やっぱりいいなあと思いました。
和人さんの澪人さんへの愛情にちょっとほろっときました。
小春ちゃんが澪人さんに前世の親子関係のことを打ち明けた場面も、付き合いたての初々しいカップルにはなんだかあべこべな会話でしたが、でもしっくり馴染んでいて彼の感謝の気持ちがひしひしと伝わってきて、また胸がいっぱいになりました。
キャベツの千切りが不得意な末っ子澪人さんのエピソードにほのぼのしました。
(そしてその後しれっとスライサーを取り出した小春ちゃん達女性陣ににくすりと。笑)

ミステリー研究会の瞳ちゃんのおうちのおじいさんとおばあさんの会話にしんみりしました。(あのお話で隠れていた小春ちゃんのこと「斎王」と呼び共によろしくお願いされる場面が好きでした)
あと、吉乃さんと弥生さんの昔語りも良かったですねえ~。
松子さんを救った吉乃さんのきっぱりした態度と台詞に読んでいる私も救われる思いでした。
その後の宗次朗さんの台詞も重ねて、そうですよね、完璧な人間なんて人間じゃないですよね。未熟なところを持っててもいいんですよね。うんうん。
吉乃さんだって完全な人間ではなく現に親子関係ではいざこざもあったりしましたしね。そして傍らにいる弥生さんの存在もやはり尊い。

あとこのお話で特に印象だったのは、祇園祭の描写。
『寺町三条のホームズ』シリーズの一巻目のいちばん盛り上がるところでしたものね。やっぱり思い出して重ね合わせてしまいます。(それにしても清貴君の方は付き合いはじめのあたりも少なくとも外面は本当にそつがなかったですよね……と今回澪人さんとやっぱりちょっと比べてしまいました。澪人さんの不器用さがいとおしいです。いや、清貴君の器用さも好きなのですが)
吉乃さんのひまわりの浴衣を身に着ける小春ちゃん、小春ちゃんらしいです。ふふふ。
(あのお着換えの場面の事件、ラストまで読んでから読み返すととてもたのしい……吉乃さんも慌てたでしょうねえ)
やっぱり祇園祭、一度この目で見物してみたいなと改めて思いました。
焼きそばやたこ焼きやアメリカンドッグ、さくら庵でのプチ縁日も、楽しそうだしおいしそうでした!

和菓子の描写が今回ちょっと少なめだったかな?夏色団子の涼し気な見た目とさわやかな美味しさが伝わってきて、この蒸し暑い夜に、私もいただいてみたいです。

それにしても気になるのがラストの宗次朗さんの衝撃発言。
宗次朗さんと吉乃さんのいつものやりとりがなくなって、いつも店ででんとかまえて揺るぎなかった宗次朗さんがいなくなるのは、ちょっと気掛かり……。どう転がってゆくのか。
続きがとても気になります。

最後の掌編、私は既読のものでしたが、文庫にこうしてきちんとおさめられたのは、嬉しいです!!

7月に出るらしいホームズさんの新刊も併せてとても楽しみにしています。


昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 望月麻衣