Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『フライディと私』シリーズ  

先週あたりから私がずうっと読んできたオンライン小説の感想メモ。

フライディと私
ページのPさん作。
サイト→P Is for Page 

無人島に漂着した十六歳の少女の「私」が出会った「フライディ」と名乗る男性、素性を明かさぬままのサバイバル生活。
その後日談から人間関係が少しずつ広がってゆき紡がれる、架空の国を舞台としたラブコメ連作集。
一応まだ未完なのかな。
基本的に主役が入れ替わってゆく連作短編集で、各お話は数ページぐらいにまとまっていて、少しずつ読んでいくにはぴったり。
それでも途中からもう止まらなくて結局最後までノンストップで読んでいたんですけどね(笑)。

どこか古き良き英米少女小説を彷彿とさせる雰囲気のお話。
『あしながおじさん』とか、赤毛のアンシリーズの『虹の谷のアン』『アンの娘リラ』当たりの雰囲気に似ている。
そして、読んでいてこんなに素直に明るく楽しい気持ちになれるお話って、そうそうないと思います。しみじみとした幸福感でいっぱいに満たされる。
年の差もの&身分差もの大好きな私には、いっそうたまらない。

目次の名前を見ていてはじめは主人公がくるくるいれかわっていくお話かと思っていたのですが、メインカップルは最初から最後まで同じ二人。ロビンとフライディ。
登場人物が増えても最初のこのカップルが断然大好きな私だったので、嬉しかったです。
恋人であると同時に「バディ」(相棒)でもある二人のやり取りの、可愛らしく微笑ましく、そして二人の信頼関係の素敵なこと!
なかでもちょっと生意気でプライドが高くて素直で優しくて、年下のヒロインちゃんの魅力に、読んでいる私もとりつかれてしまった。
(実家の職業がパン屋と言うのも個人的ポイントでした)
いつもふざけたムードメーカーで頭も良くハンサムで女性に人気のあるフライディが彼女にベタ惚れめろめろなのも、すごくよくわかる。
フライディ視点の最初のお話のラストで「明日はテニスの試合だから」とあっさり帰ってしまった彼女に、彼が盛大に肩透かしをくらっている姿がなんだかおかしくて笑ってしまった。
フライディの性格が全然違う四兄弟のそれぞれの恋模様もそれぞれお気に入りです。
心に決めた女性にひたすら一途に愛を捧げ続け待ち続ける姿は四人とも共通していて、確かに兄弟なんだな~と感心したり(笑)。

お隣の国に留学し大学生となった彼女のキャンパスライフも、素敵なお友達に恵まれてとても楽しそうでお気に入り。
ローズもフェイスもフィレンザも皆いい子だな~!
恋人は大好きなものの学生生活は静かに過ごしたいヒロインと、隙あらばいちゃいちゃしたい彼との温度差がまたおかしみあります。
少しずつ大人になってゆく彼女との関係の進展もていねいに描かれていて読んでいてとってもときめきました。

このお話は(主に名前)どこまでネタばれ感想を書いていいものか悩む……。あまり多くは語りませんが、古き良き王道少女小説がお好きな方には、一押しです♪
格好いい王子様やうるわしのお姫様も盛りだくさんです。皆それぞれ曲者かもしれませんが(笑)。

そういえば瞳や髪の色の描写がまるでないのも気づいてみれば面白かったです。
サイトの方のアンケートの回答も楽しく読ませていただきました。

ちなみにこのお話を読みはじめたきっかけは、Twitterのタイムラインで見かけて読んでみた短編『ヴァイオラ』。
ヴァイオラとカンファーの信頼に満ちた関係とやり取りも良いし、彼らの書物整理&修理という仕事ぶりがまたていねいに描かれていてそういうのが好きな私にはまたたまらなかったです。
弟君も今回の件は反省しつつ幸せになってほしいですね。

ロビンの実家のパンが美味しそうで食べてみたい。
「ウーマン・フライディ」作のベルベットケーキも!

カテゴリ: オンライン小説

タグ: ページのP 

『京都寺町三条のホームズ8 見習い鑑定士の奮闘』望月 麻衣 




高校を卒業して無事に京都府立大に合格した葵。
清貴も京大大学院を修了し、ようやく二人の仲も縮まるかも、という矢先、なんと清貴はオーナーの意向で、社会勉強のために京都の街の外に修行に出る生活になってしまう。
最初の修行先は、八幡市にある松花堂美術館。
親友の香織と一緒にこっそり清貴の様子を見に出かけた葵だったが、そこで思わぬ事件が待ち受けていて——。


待望の『京都寺町三条のホームズ』シリーズの新刊!!わーい、嬉しすぎる~!!
刊行ペースが安定してお早いのでファンとしてはとてもありがたく幸せです。
そして今回からは、葵ちゃん大学生&清貴君社会人編スタートです!
まずは表紙イラストの大人っぽくきれいになった葵ちゃんに撃沈……上手く帯で隠れていますが、シックなスカートからのぞくおみ足が美しいです(笑)。
(けして短いわけではなく上品でつつましいスカート丈と葵ちゃんの姿勢であるところがミソだと思う)
ホームズさんの方はこちらは安定してネクタイ姿が決まってます。前巻に引き続き自分の彼女の美しさにふふんと得意げな感じ(笑)。
そしてこれも毎度のことながら、ふたりの背景の石清水八幡宮(ですよね?)のイラストの完成度も高くてうなってしまいます。
青空に赤と緑が映えていて爽やかで素敵。
事前に情報を得ていた通り、登場人物紹介の葵ちゃんも、大学進学にあわせて大人っぽくきれいになっていて、どきどきしました。

さて今回の各エピソード、私は一応エブリスタ版の方ですべて既読だったり。
ですがこのシリーズは、書籍版になるとエブリスタ版のエピソードの順番が入れ代わり加筆修正もしっかり入り本としての完成度は格段にアップするので、読み比べるのがまた二重に楽しいんですよねえ。
清貴君と葵ちゃんの関係性も全然違うので、読んでいて新鮮!清貴君の初々しさの微笑ましいこと。

修行に出てもまあ予想通りというか、清貴君はどこで何をやらせてもそつなくスマートなのですが、葵ちゃんのことに関してだけは人格が変わるほどめろめろで気弱で、ギャップにますます磨きがかっているかんじがしました(笑)。
葵ちゃんはやっぱり安定して可愛くて努力家で大好きだし、あと今回は彼女の親友の香織ちゃんの出番が多くて何気にとても嬉しかったです。

各話ごとにネタばれありの感想を~。


『プロローグ』
オーナーの突然の「命令」には私もとてもびっくり&離れ離れになる二人に残念な気持ちになりましたが、確かに一理ある。
葵ちゃんよりも清貴君の方が離れ離れになることにダメージを受けているようで、悪いのだけれどなんだかちょっとおかしいというか(笑)。でも確かに、大学に入り世界が格段に広がるに違いない彼女のそばにいられないのが不安な気持ちもとても分かる。
そしてかつて実際に遠距離恋愛に失敗したことがある葵ちゃんの若干の不安が杞憂で終わりますように!いや、ほんとに。

『一生に一度は』
恥ずかしながら松花堂昭乗のことも石清水八幡宮のこともほとんど知らなかったもので、勉強させていただけて良かったです。(ホームズさんの講演はさすがの分かりやすさ)
石清水八幡宮って、はるか昔国語の教科書に出てきた仁和寺のお坊さんのお話のあれか!なるほど!(ようやくつながった)
竜宮城のイメージとは素敵。松花堂美術館のお庭や学芸員さん達の仕事ぶり、葵ちゃんと香織ちゃんが乗っていたプレミアムカー、相変わらずしっかりていねいに描きこまれていて、またひとつ京都でぜひとも行ってみたいところが増えました。あ、松花堂弁当ももちろん食べてみたい。
こっそり様子見に来ていたつもりだった葵ちゃんに一目散に向かっていき嬉しさにはしゃいでいる清貴君のギャップに、周囲が呆然となっている場面のおかしいこと!(笑)まあ考えてみれば変装くらいで彼の目が葵ちゃんの姿を逃すはずもないか……。
そして小日向さんのずけずけ加減と彼の失礼さにぷりぷりしている香織ちゃん、あのあたりの会話も好きでした。
書籍版になって秋人さんの出番が増えてる!ホームズさんと秋人さんの(自称)親友同士の男子トークも笑えました。
過去のことを話したら葵ちゃんに嫌われるかも……としおしお弱気なホームズさんにさくっと突っ込む秋人さんが見事でした。
(でも葵ちゃんが本当に素晴らしい女性であることは全面的に同意します。この歳でこんなに素敵な女の子はそうそういない)

『小さなホームズ』
上田さん視点の過去話。
オーナーと店長に加えて、上田さんは清貴君の「三人目のお父さん」ポジションだったんだなあと、胸があつくなりました。
大人びてませていて幼くして天才だったホームズさんを無邪気な子供に戻してあげられた上田さんって何気にとてもすごい。
個人的に作家になったばかりの店長が清貴君の鑑定眼に助けられそこにどうしようもない嫉妬を込めていた場面が印象的でした。まだ店長も今より若かったんだな。そして上田さんは確かに店長の友人だったんだな。
そして現在に戻って、清貴君と葵ちゃんに二人きりの場をさりげに提供して去っていた上田さんの気配りが絶妙でした。

『聖母の涙』
炊き込みご飯とポテトコロッケのエピソードがようやく!(笑)
クリスマスに教会にゴスペルに、離れ離れだった恋人たちの巻の最後を締めくくるにふさわしいエピソードがここに入ってくるとはお上手です。
清貴君の修行先はニューヨークも!そこでも重宝がられている彼がやっぱりすごい。
「ともにクリスマスを過ごしたい人がいますので」とさらりと言える清貴君にもときめきました。
マリア様の血の涙とはなんてぶっそうな、と思いましたが、特別な意味があるものだったんですね。
本当に「雨降って地固まる」な事件の着地でほっとしました。ジンギスカンか、なるほど。何気に江川さんのあっけらかんとした明るさが皆の救いだったんじゃないかなとか思いました。
ここにきての清貴君の過去の告白。
真実よりも葵ちゃんの想像の清貴君の方が何気にひどくってちょっと笑えました。
そして葵ちゃんの方の過去の懺悔がここで語られたのも良い感じだったと思います。
自分が犯した失敗も隠さず告白してすべてお互い受け止めあえる清貴君と葵ちゃんは本当にベストカップルだなあ。
単純にラブラブというよりは、精神面でぐっと二人の結びつきが深まったような、素敵な聖夜のエピソードでした。
自転車のリメイクと指輪のプレゼントがどちらもホームズさんらしい。(しかしクリスマスのプレゼントがいらないと言われたホームズさん内心ショックだっただろうな。苦笑)
あとホームズさんのお土産のファットウィッチベーカリーのブラウニー食べてみたい!ネットで調べてみたらとても可愛らしい包装のブラウニーですね。

『宮下香織の困惑』
ええっ、香織ちゃん、そっちにいくのか!
そっちの道は正直かなり厳しいような……。
と、エブリスタ版で読んだときに、思わず声に出して叫んでしまった(笑)。
精神年齢が高い香織ちゃんが店長に惹かれる気持ちは分からないでもないですからねえ。ううむ。
小日向さんもきっといい人なのでしょうが、現時点では香織ちゃんにふさわしい人か、つかみ切れていないからな~。(←なんて上から目線な私)

『エピローグ』
今回は円生が全く出てこないと思っていたら、締めは彼が主役をさらっていってしまった(笑)。
ホームズさんと円生のライバル同士のやりとりは、真剣にぴりぴり緊張感が漂ってきて、うん、怖いです。
しかし格好いいな円生。これから同じ土俵に立つがゆえに一層ホームズさんの手強いライバルになってゆきそう。
ライバルと言えば、ニューヨークで再会した史郎さんも、あのひと円生以上に不気味だな……。どう転がっていくのやら。

今回もとても楽しく読みました。満足♪
続きが今から待ちきれないです。
欲を言えば、葵ちゃん自身が今までより成長し活躍する見せ場があるお話を、もっと読みたいかなあ。
そして葵ちゃんと香織ちゃんのキャンパスライフをもっとたくさん読んでみたい。(植物園のカフェも気になりました)
あと上田さんエピソードが出てきたので今度は美恵子さんのエピソードも読んでみたいな。
十月に発売されるという新作も、あともうすぐ発売の拝み屋さんの新刊も、楽しみです♪

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 望月麻衣 

拍手メッセージ返信・9月 

ブログにてはなんだかお久しぶりです。
色々なことにあせって勝手に自分で自分を追い込んでいたのですが、だんだん辛くなってきたので、今色々投げ出し中(苦笑)。
そして、今年の夏も残暑厳しい……と思っていたら、朝晩は特にすっと涼しくなってきて、肩透かしと言いますか。
過ごしやすくてありがたいことです。
台風が来ているのでお休みは家にこもっていることにします。

さてこの記事は9月10日にいただいた拍手メッセージへの返信です。
追記以下からどうぞよろしくお願いします~!


拍手のみぱちぱちくださったみなさまも、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 拍手メッセージ返信

8月の読書メーターまとめ 

9月ですね。
なんだかこの一週間は過密スケジュールでぐったり気味でした。
ようやく週末だ~!

さて月初めなので先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『カロリーは引いてください!』『十一月の扉』『薬屋のひとりごと』
まんが 『とりかえ・ばや』『マロニエ王国の七人の騎士』

『十一月の扉』は学生時代からずっと気になっていた小説でした!
だいぶ前に読んだ『時計坂の家』も好きでした。カラスだんなのモルト粉入りパンケーキがおいしそう。
『とりかえ・ばや』は毎回はらはらどきどき盛り上がります。沙羅と主上のふたりはなんとか幸せに上手くやってほしい!
岩本ナオさんの新作も深みがあり楽しかったです。
『薬屋のひとりごと』単行本版で読んだきりでしたが続きがあった!ぜひとも読まなければ。

眠いのでこのあたりで……。


先週それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(9月) 

気が付けば8月最後の日曜日だったんですね。
残暑まだまだ厳しいですが、今日などは朝夕だいぶ過ごしやすくなってきたような。
日が落ちるのも早くなってきました。

予定が色々入っていたりでブログをあまり書いていなかった。
読書も進みが遅めですが、まあそれはそれとして(?)、来月の新刊購入予定メモを。

『保健室の影山くん 1』天乃忍 9月5日

『魔法使いの嫁 8』ヤマザキコレ 9月8日

『京都寺町三条のホームズ 8 見習い鑑定士の奮闘』望月麻衣 9月14日

『紅霞後宮物語 第零幕 二 運命の胎動』雪村花菜 9月15日

『なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。』汐邑雛 9月15日

『コレットは死ぬことにした 8』幸村アルト 9月20日

『わが家は祇園の拝み屋さん 6 花の知らせと小鈴の落雁』望月麻衣 9月23日

『3月のライオン 13』羽海野チカ 9月29日

『オークブリッジ邸の笑わない貴婦人 3 奥様と最後のダンス』太田紫織 9月29日→すみません、間違えてました。8月27日ということで。

『異人街シネマの料理人 3』嬉野君 9月29日


『京都寺町三条のホームズ』シリーズの新刊が……!わーい、うれしすぎる!!これを楽しみに発売日まで生きてゆけそうです。
望月麻衣さん、『わが家は祇園の拝み屋さん』シリーズの新刊も同月発売で豪華です。こちらも楽しみ!!
『3月のライオン』の新刊は、待ってました!ですね。そういえば夏に原画展にも行ってきました。ハチミツとクローバーの山田さん野宮さんのコミックス未収録短編にすべて持ってかれました……(←このふたり好きすぎる)
天乃さんの新刊も紅霞後宮物語の本編前日譚もオークブリッジ邸の貴婦人もみんな楽しみです~♪
あとは竹岡葉月さんのオレンジ文庫の新刊とか江本マシメサさんのビーズログの新刊とか気になってます。雲屋ゆきおさんのイラストが麗しくこころひかれるのです。


話は変わりますが、先週のNHKラジオドラマ「青春アドベンチャー」で、以前ブログ感想記事に書いた並木陽さんの『斜陽の国のルスダン』が放送されていまして、寝ぼけ頭で聴いていたこれがとてもとても素敵で!!
聴き逃し配信というとても便利なサービスがはじまっていて、今ならまだ第1回から(29日までだそう)自分の好きなタイミングで再視聴できたりしますので、ご興味のある方は、ぜひぜひ♪
私も週末にまとめ聴きしていましたがありがたいサービスです。
なんてうつくしい世界。そして幸福な恋人同士だったふたりのたどる道のせつなさに、胸が焼けるよう。
音楽も奥行きのある響きで、心が遠くいにしえのグルジアの空に飛んでいきます。


この二週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

『Fal-reisia 3』他 感想 

実は今年も出かけていました。
夏コミに。
去年の記憶に引き続き、もうすっごい人と暑さと湿度で、荷物は肩に重いし広い会場を人混みかきわけ歩き回り続けるしで正直疲れましたが、でもとても楽しかったです。
独特の高揚感と充実感を得られる場だなあと、しみじみ感じました。
あ、去年に引き続き、コミケのあとはフォロワーさんと待ち合わせて女子会してきました。りんごの窯焼きパンケーキは疲れた体に染み渡る美味しさでした♪

さて今回も、私の目的は、no-seen flower 様のMemoriae シリーズの同人誌を入手すること!でした。
今年も現地では藤村先生(古宮先生)にたいへん良くしていただきました。
いつものサイズの同人誌一冊&ペーパーの束&ブックマーカー(ペーパー付き)という豪華セットを購入させていただきました。
ほくほくです。ブックマーカー何種類かあって少し悩んだのですが直感で「オスカーの瞳の色!」ということで青のお月さまのものをいただきました。とても美しくしかも丈夫なブックマーカーで今新刊本体に挟んでいるところです。お花入りの青いきらきらお月さまがゆらゆらゆれていてすずしげでとても素敵です。

さて今回も、シリーズ全作品ネタばれこみの感想をメモ的につらつら語ってゆきたいと思います。
いただいたペーパーの感想もばらばらと書いていきます。一度にたくさんいただいて贅沢にも一気に読んだのでどれがどれだか把握しきれてなくて申し訳ない、でもみんなとってもとっても良かったです!!思っていたよりUMの甘々なお話が多くて私はもう幸せで涙ぐんでいます。

-- 続きを読む --

カテゴリ: Memoriae シリーズ

タグ: no-seenflower