Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『お友だちからお願いします』三浦 しをん 

お友だちからお願いしますお友だちからお願いします
(2012/08/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る



三浦しをんさん、待望のエッセイ集。
今回収録のエッセイは、雑誌や新聞等に掲載されたものがメイン。


しをんさんのエッセイのファンなもので、新刊発売を心待ちにしていました。
表紙のイラストが好きです。
買ってきたときは、わあお花だーきれいな表紙だなー程度に思っていたのですが、帰宅して改めて手にとってよく見てみると、お花屋さんの店頭にて、ちょっとしたドラマが!ちょっとときめきました(笑)。

さて今回のエッセイは、しをんさん比「よそゆき仕様」だということで。
確かに今回は大人しめかなー?と読んでいて思いましたが、やっぱりエッセイはいつも通りに面白くて、至るところで吹き出して大笑いしてしまいました。
私的には、本の話題がほとんどなかったのが、普段のしをんさんエッセイらしくなかったかなと、最後まで(吹き出しつつ)読み終えて思ったことでした。
あ、いやそうか、本の話題がなかったからこそ全体的に大人しめだったのかな?

今回一番笑えたのは、第一章の「降りますのマナー」のカメレオン笛でした。
これ、実際の満員の地下鉄の中にあてはめて想像すると……もうおかしくって仕方ないです!
降りますのこの問題、私も名古屋の朝の地下鉄で常々同じように思っていたので、しをんさんのアイディア、ナイスです!思いつきがさすがすぎます。笑えてほんわか和みました。

次におおっと思ったのは、第三章の「伊勢うどん」。
「(略)すき焼きの残り汁でうどんを煮ると美味しいよねって家族で団欒したときの味」……伊勢うどんの独特の食感というか美味しさの表現に、思わずうなってしまいました。
というか、そんなに美味しくないものだったのかな伊勢うどんって。私としてはそこがちょっとショックかもです(苦笑)。まあ私自身、そういえば最近食べていないのですが。伊勢うどん。
この章では、浜松のうなぎが美味しそうでたいへんうらやましかったです。(←今年は土用の日にもうなぎを食べていない人。)
あと、青森のキリストのお墓。先日ツイッターで存在を教えていただいてへええと思っていたのですが、まさかこのしをんさんエッセイで、詳細な旅行記事を読めるとは……面白かったです(笑)。
『神去なあなあ日常』関連か、三重県の話題が他にもあちこちにあって、三重県民の私は地味に嬉しくなりました。

それと、「言語感覚の違い」の「そうなんですね」関連の言葉の使い方にうむむと……。そこまで考えずに普通に使ってました。
しをんさんのエッセイを読んでいると、どんな話題のエッセイでも、言葉や文章のセンスがさすがお上手で、笑いつつもそれ以上に感心してしまいます。
ほんの少し、少しでいいからこのセンスを真似できたら……。

他には、今回はお友達の話題は少なめで、ご両親の話題が多めだった感じが。
巻末の初出誌一覧をながめていると、ひとつ「コバルト」のエッセイがあって、おおっと。残念ながら覚えていなかったのですが(笑)。

最近『アン・シリーズ』を再読していても思ったことですが、ユーモアを常に持ち合わせていると、人生が本当に生きやすく豊かになるなあ、などと知った顔してつぶやいてみたり(笑)。

追って書評集の方も刊行予定なのだそうで、こちらも楽しみです~!!
やっぱりしをんさんには、個人的には、本の話題をいちばん期待してしまいます(笑)。


『神去なあなあ日常』

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る


『舟を編む』

舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る


この本やっぱりいいなあ。装丁が本当に素敵。


ここ三日間ににそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントもくださった方々、本当にありがとうございました!返信少々お待ちくださいませ~。

カテゴリ: エッセイ

タグ: 三浦しをん 

『無菌病棟より愛をこめて』加納 朋子 

無菌病棟より愛をこめて無菌病棟より愛をこめて
(2012/03)
加納 朋子

商品詳細を見る



2010年6月に急性白血病と告知された作家・加納朋子さんの、ご自身による闘病記。


大学一年生の夏~秋に『ななつのこ』を手に取って読んで以来、ずっと大好きな作家さん、加納朋子さん。
最近ずっと新作を出されていないなあ…と少し心配していたのですが、まさか、こういうことになっていらしたとは。
ツイッターでこの本の出版情報をはじめて目にしたときには、それはもう、びっくりしてしまいました。衝撃でした。

表紙、お馴染みの菊地健さんの柔らかく優しいイラストで、闘病記、でもやっぱり加納さんの本だなあ……と、感心してしまったというか安心したというか(笑)。


以下、つたない感想ですが、追記に収納させていただきますね。


一昨日と昨日にそれぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪


-- 続きを読む --

カテゴリ: エッセイ

タグ: 加納朋子 

『小説以外』恩田 陸 

小説以外小説以外
(2005/04/27)
恩田 陸

商品詳細を見る


恩田陸さんのエッセイ集。ほとんどは、本にまつわる話題。

図書館から借りてきた本です、これは。
久しぶりに、エッセイを読みました。(自分の本棚にあるいったん読書済みのエッセイや、雑誌の小エッセイなどは、ちょこちょこ読んでいるのですが。)
ついでに、恩田陸さんの著作を読むのも、久しぶり。

とにかく、ボリュームがある本でした。最初から最後まで、本当に数多くの本に関する話題が、ぎっしりと詰まっていました。
ひとつひとつのエッセイは独立していたので、何日かかけて、他の小説や漫画を読んでいる合間に、少しずつ読み進めていきました。
私は正直言って、恩田さんが紹介されている本の十分の一も読んでいないので(汗)、よく分からなくて読み飛ばした部分もありました。
でも、私的にとても共感できる、面白いエッセイも、たくさんありました。
なんとかして読み切りたくって、文庫版ではない大きな本を、かばんにいれて、電車の中でも読み進めていったり…

ただ、実を言うと、読み切ってから結構間があいてしまったので、もはや、曖昧な記憶しかありません(汗)。
なので、とりわけ印象深かった部分のみ、さらさらーっとピックアップ。

「記憶の図書館」…生まれてから現在までに読んだ本を、読んだ順番に全部目の前に並べて見せてくれる図書館。

―これは、私もあったらいいなあ、と思います。
今は、「読書メーター」という便利なもので、読んだ本を記録できていますけれど、昔読んだ本って、たとえそのとき面白い!と思っていたとしても、正直、今では覚えていないもの、多いんですよね。
高校生のころからは、日記帳に書き散らしたり、気まぐれに記録を取ったりもしていたので、不完全にしろ記録があるのですが、小学生のころとか、うーん…(苦笑)。

今でも思い出すのは、小学生の時市立図書館から借りてきて、お気に入りになったのに、タイトルも作者も全部覚えていなくって、曖昧な記憶の検索でもどうしても見つからなくって、結局見つけるのをあきらめてしまった、一冊の児童書。
桜の色を、「ピンク色」ではなく、「うすべに色」と呼ぶ…とかそんな内容があって、当時の私は、そういうのがとても大人っぽく感じられて、どきどきしたものです。

「架空長編アンソロジー」…短編のアンソロジーではなくて、長編のちょっと風変わりでそれほどメジャーでない作品を集めた、とにかく「面白い」全集。

―これも、私も作ってみたーい!と思いました。
作品を単に選び出すだけではなくって、順番をどうすれば読み手にとって興味がわくかとか、考えるのは、面白いです。
実際に作るとなったらかなり悩みそうですけれど(笑)。
私個人的には、お気に入りの少女小説、少女漫画の中からセレクトして、作ってみたいなあ。
うーん、あの人とあの人の作品は、ぜひとも入れたい(笑)。

「オニオングラタン」「月世界」「ストレスと料理本について」…食べ物に関するあれこれの話題

―美味しいものが大好きな人間なもので(笑)、食べ物のことに書いてある部分が面白かったりすると、嬉しくなって、よけいにその本が好きになります。
特に「月世界」は、それぞれの食べ物の描写が鮮やかに印象的でお気に入り。

「ファンタジーの正体」
そうか、ファンタジーってそうだよね…と、ある意味衝撃でした。
ファンタジーについては、荻原規子さんの『ファンタジーのDNA』と、読み比べてみたいかも。(これも昔図書館で借りてきたので、今は手元に本がなくて読めないのでした。)

まだまだあるのですが、全部挙げているときりがないので、この辺りで。
自分が読んだことがある数少ない恩田さん作品・『光の帝国』『ライオンハート』などなどについても、ちらりと読むことができたのも、嬉しかったです。

『光の帝国』、大学からの帰り道、暗闇の中を走る電車の中でつり革につかまりつつ読んでいたら、表題作で涙がぽろぽろこぼれてきて、それはもう本当に困った覚えがあります(苦笑)。
ラストのみさきちゃんのお話も、じんわりくるものがありました。

『光の帝国―常野物語』

光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)
(2000/09/20)
恩田 陸

商品詳細を見る


久しぶりの恩田さん作品は、やっぱり、読みごたえがある、素敵な一冊でした。


一昨日、昨日と拍手を下さった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: エッセイ

テーマ: エッセイ - ジャンル: 小説・文学

タグ: 恩田陸 

『ファンタジーのDNA』荻原 規子 再読 

ファンタジーのDNAファンタジーのDNA
(2006/11)
荻原 規子

商品詳細を見る


荻原規子さんのファンタジーに関するエッセイです。
実は去年図書館で借りてきて、ブログの記事にもしたのですが(こちら)、再び借りてきて読み返しました。
感想記事の日付を見たら、5月21日で、ほとんど一年前ぴったりでした。びっくり。
このころは、ブログの書き方とかいまいち分からずに書いていたものです。(まあ、今もそんな感じですけれど。)

どうして今になって再び借りてきたのかというと、先日一緒に遊んでいただいた友達とお話していて、何となく、そんな気分になったから。
で、読んでみましたが…
思わず深ぶかとうなずいてしまう文章ばかりで、やっぱりとても素晴らしいです。
荻原さん自身の読書経験や、ファンタジーについての独自の理論(?)などが、丁寧な文章で書きつづられている感じ。
少々かたい部分もあるので、お気楽に読める感じとはちょっと違うかもしれません。

『空色勾玉』が世に出た裏話とか、「そうだったのか…」みたいな感じです。
今の世の中では、「長いお話は読んでもらえない」なんて、ちょっと信じられないですものね。

ファンタジー制作にあたっては、かなり心してあたらねばならないのだなあ…とも痛感しました。

なんだかこの本を読んでいたら、私自身の「読書の歴史」みたいなものを、書いてみたくなってきました。
いや、「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」の回答をしていくのが結構楽しかったので、同じようにちょっと考えて書いていく記事みたいなの、もっとやりたいなーと思いはじめて。私の自己満足にすぎないのかもしれませんが。
でも、みあさんが紹介されている100の質問もかなり心惹かれますし、後は、食べ物のお話とかもやってみたいんですよね(笑)。迷います。

あ、荻原さんと言えば、「アンダンテ日記」の方に、近々の発売日情報が書かれていました。
楽しみですね!


昨日と今日「4月Cメニュー~覚えて作ってごちそうしたい!ごちそうイタリアン」、「懐かしの漫画を」の記事にそれぞれ拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: エッセイ

テーマ: エッセイ - ジャンル: 小説・文学

タグ: 荻原規子 

『旅行者の朝食』米原 万里 

旅行者の朝食旅行者の朝食
(2002/04)
米原 万里

商品詳細を見る


ロシアの通訳等をされていた著者による、世界の美味しいもの(主にロシア周辺)の話題をあれこれぎゅっと凝縮させた、食べ物エッセイ。
(世界の朝ご飯紀行…ではありません。からくりがあります。私もだまされていました。)

私は初めて読みましたが、著者の米原万里さんは、とっても有名な知識人であられたようです。『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』とか、私もタイトルに聞きおぼえがありました。
2006年に、亡くなられたそうです。

この本は、図書館の食べ物コーナーから借りてきたものです。
『活字倶楽部』の特集でこの本が取り上げられていて、何となく気になっていたので、見つけてぱらぱらめくってみると…
「パンを踏んで地獄に堕ちた娘」という頁が目に留まりました。
…これ、NHKの子ども向け番組で昔やっていて、幼心にものすごい強烈なインパクトを与えてくれたお話ではないですか。強烈すぎて、今でもばっちり記憶に残っていますよ。
と、そんな感じでかなり興味をそそられた私、迷わず借りて読むことになったのでした。

当然(?)、「パンを踏んで~」の頁から読み始めました。
米原さんは、どうもラジオの番組でこのお話に出会ったみたいです。よくよく考えてみると、米原さんと私とでは相当年が離れているのに、子どもの頃のトラウマの記憶を共有できているのがすごいです。そんなに名作だったのでしょうか。
昔は「パンを踏んだだけで地獄に堕ちなければいけないのか。それじゃあ、虫を殺したことだっていっぱいある私なんかは、絶対地獄に行かなきゃいけないんだ…」と、真剣に苦悩していた気がします。…蚊も蝿も殺せないし、山盛りのご飯を出されても残せませんよね。そんなこと言っていたら(苦笑)。
今でも音楽とか歌詞とか、鮮明に思い出せます。インターネットで検索してみたら、どうも動画が見られるようですよ。私はまわれ右しましたけどね。
米原さんのお話は、そこからロシア革命、ソ連邦の歴史の流れに移っていきます。話のオチが結構シュールです。(その当時の私は小学校入学前後くらいだったので、時代の実感はないのですが。)

「ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家」や「『かちかち山』の狸汁」、「ハイジが愛飲した山羊の乳」…思ってもみなかった事実がたくさん書かれていて、ある意味カルチャーショックの連続でした。
「ヘンゼルとグレーテル」って、そんなにおそろしい物語だったのですか…お菓子の家のイメージしか残ってなかったですよ。昔は子捨てがたくさんあって、良心の呵責に苦しんでいた親もまたたくさんいた、ということなんですね。

昔話の話題だけではありません。他もとっても面白くて知識を得ることができました。
「トルコ蜜飴」よりも美味しい「ハルヴァ」を追い求める米原さんの情熱、素晴らしいです。いにしえのシルクロードの交流が、奇跡のような美味しいお菓子を生み出し、その結晶を子孫たちが味わえるなんて、想像するとロマンティック。(私は古代史好きで、シルクロード~正倉院あたりの話題が大好きなのです。隣県の奈良にときどき遊びに行っていた影響かもしれません。)
安房直子さんの『あるジャム屋の話』に出てくる、ジャムをおとした「ロシア紅茶」と同じくらいのインパクト。

「生きるために食べる」タイプと「食べるために生きる」タイプに、人間は二分されるそうですよ。(もっとも、圧倒的多数の人はその中間に散らばるそうですが。)
私は…どちらかというと後者寄りのような気がしますが、別のことに夢中になっているとき(たとえば読書とか)は完全に前者にもなります。食べ物と読書、どちらかでも失うと不幸。(病気になって、身をもって体験しました…)

「ドラキュラ」の「人の血を吸う」という行為は、ヨーロッパの狩猟民族の下地があってこそ生まれた話だというのに、感心してしまいました。確かに、日本人の場合「植物」なら、未知のものでもそう抵抗なく口にできる気が。(実際の好みに合うかは別として。)
「葡萄酒はイエス・キリストの血」というのも、よく考えれば確かに抵抗がありますね…

話のオチが面白いのが多くて良かったです。
一番好きなのは「黒川の弁当」。これはなごむというか、とにかく良いです。

『夜の虹』(感想はこちら)を読んで、図書館でロシアの料理の本を借りようと思っていて結局見つからなかったのですが、思いがけずにロシアの食文化の本を読めてしまいました。知りたかった食べ物は分からずじまいでしたが、予想以上に得られたものは多かったです。


昨日「葉書とお知らせ」の記事に拍手下さった方、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: エッセイ

テーマ: エッセイ - ジャンル: 本・雑誌

タグ: 米原万里 

『妄想炸裂』三浦 しをん 

妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)
(2003/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る


しをんさんのミラクルエッセイ(どこかにこういう言葉で紹介されていました)、ストックしてあったものを読了。
甲子園球児から津軽三味線、電気毛布から万引き女子高生まで…

しをんさんのエッセイ、『あやつられ文楽鑑賞』を「エッセイ」の数にいれないとすれば、これで全部読んだはずです。前も書いたけれど、まさか自分がここまで「エッセイ」というジャンルにのめりこむとは思わなかったです。
彼女の文章は、全ての人に受け入れられるかは正直謎ですが、私にはかなり相性が良かったようです。私の場合、BLは読まないけれど、作品にささげる情熱そのものは、とってもよく理解できるのです。

この『妄想炸裂』は、普通の文庫コーナーではなく、ライトノベル・少女小説コーナーで買い求めました。ちなみに結構前に出版されたものだからか、大型書店でも扱っていないところが多くて、名駅のとある書店でようやく発見できたのでした。

内容は、最近出版された本に比べるとややおとなしめかな、という感じもしましたが、面白さには変わりありませんでした。何度も声に出して笑ってしまいました。

今回一番笑えたのは、「酒には酔えぬ体質なれど」の、ラスト部分。
「私は花村萬月(偽物)と共に、名古屋のだだっ広い通りをさまよったのだった。」…これだけ抜粋しても意味不明だと思いますが、本当に面白すぎます。しをんさんも、Yちゃんも。(あ、名古屋のローカルな話題ではありませんよ。)

後、福岡に行ってまで古本屋に行って漫画を満喫し、ふと我に返り「世の中にはもっといろいろ楽しいことや美しいものに満ちているのではないか?」と自問しているしをんさん、すごーくよく分かります!(共感できる自分もどうかと思いますが…)
しをんさんの漫画ライフを読んでいて、ふと「『まんだらけ』とやらに行けば、もしかすると湯口聖子さんの『夢語り』シリーズとかも手に入れられたりするのかな?」という疑問が…行ったことがないので、どういう古本屋なのか全く分からないのですが。こういうときは、東京にお住まいの方がうらやましいです。

「しろ、しろ」とせっつかれて、いざしてみると面倒くさい。
…「掃除」と「恋」の共通点って、そんなのなのか…私も、掃除は正直あんまり好きではないから、恋も、実際してみたら面倒くさくなるということ?まあ、私もそんなのどうでも良いですけれど(笑)。

「青森寝豚旅行」…私も青森に行きたいな。三内丸山遺跡に行きたいな。
昔、家族で東北旅行に行くときに、日本史、特に古代史好きだった私は「三内丸山遺跡に行きたい」と言ったのですが、「青森まで行くのは遠い」と、却下されたんですよね(汗)。
まあ、宮沢賢治の記念館や平泉なんかに連れて行ってもらって、良い思い出になりましたけど。

表紙のイラストが羽海野チカさんで、やっぱり『ハチミツとクローバー』の話題もありました。
このイラスト、本当に可愛いなあ。
『ハチミツとクローバー』は、妹が購入していて、彼女の部屋にあるのです。今のところは自分の蔵書で手一杯なので、読むに至っていませんが。

しをんさんのエッセイを読むたびに、本棚から過去の『活字倶楽部』を引っ張り出してきて読んでしまいます。
過去のかつくらって便利。

エッセイのストックがなくなってしまって少し寂しいですが、しをんさんの今後の本にも、期待しましょう…!


あ、ちなみに今日は、四日市は結局雪ふらなったです。お空はきれいに晴れわたっていました。
どうも、名古屋は雪だったみたいですけれどね。
四日市と名古屋は、そんなに離れていないのに、こういうとき気候が全然違うんですよね。四日市では銀世界だったのに、名古屋に着くころにはお日様が…という逆のパターンも、近鉄で通学していたころには結構ありました。
まあ、四日市の子どもたちは、今朝はがっかりしたことでしょうね(笑)。


昨日「葉書とお知らせ」(2回)の記事に拍手くださった方、どうもありがとうございました♪
いただいた拍手が画面に反映されてなくて、申し訳なかったです。

カテゴリ: エッセイ

テーマ: エッセイ - ジャンル: 本・雑誌

タグ: 三浦しをん