Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『王子とワルツと懐中時計 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木 祐子 

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 王子とワルツと懐中時計 (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ)ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 王子とワルツと懐中時計 (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ)
(2013/05/01)
青木 祐子

商品詳細を見る



ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、29冊目。シリーズ7作目の短編集。
クリスとシャーロックの結婚生活二年目、お得意様の舞踏会におよばれするエピソード『二年目の舞踏会』、シャーロックの忠実な従僕アントニーが頑張るお話『彼の懐中時計2』、謎多きジャレッドの過去がちらりと垣間見える『青い弾丸の騎士』、「薔薇色」の昔から変わらない仲良しメンバーのひとこまをフリル視点から『おにいさまと秘密の写真』、そして巻末のあきさんのおまけ漫画、すべてが書き下ろしの一冊。


私が愛をささげる『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、新しい短編集がついに出ました!
しかもオール書き下ろしとか!夢のように嬉しいです。嬉しすぎてうまく言葉にあらわせません(笑)。
発売日前に、ネットでアップされた表紙イラストをチェックし、コバルト文庫のブログで試し読みをのぞいてみて……そのたびそのたび、幸せのあまりに打ちふるえていました。大げさではなく。
このひとかけらだけで、こんなに幸せになれるなら、本物の文庫の完成度は、もう、間違いないではありませんか!

そして、発売日にはりきっていつもの書店に出かけて行き、無事に新刊を入手。
家に帰るまでにやっぱり我慢できずに途中まで読んでしまいました。
短編集なので、読むときに区切りをつけやすくて、その点では読みやすかったかな。
特に最初のお話は、一言一句に至るまで幸せいっぱいで素敵すぎてもったいなさすぎて、少し読んでは顔を上げてうっとり本の世界に浸り、また少し読んではうっとり……みたいな感じで、長々と繰り返してました。(←電車の中で。笑)

もう、本当に私、このシリーズ好き過ぎます~!!この歳になって、こんなに夢中になれる少女小説がこの世に存在していることが、奇跡です(笑)。
前回の短編集と違ってオール書き下ろしで、まるで本編のような読み応えと満足度。
お話自体も、前回の短編集に比べて好みのものが多くて、すっごく良かったです!!
ここぞという場面をまったく外さず挿入されるあきさんのイラストが、また素晴らしくって。

前書きだけですでに語っていますが(笑)、以下は、いつもの通り、ネタばれありの好き放題の語り感想の頁です。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子 

『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの短編集 

土日と外出しておりました。こんばんは。
さて、土曜日の朝行きの電車の中でツイッターをいじっていたら、深夜のフォロワーさんたちのツイートに、とっさに信じられないような夢の情報が!

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 王子とワルツと懐中時計』5月1日発売予定
Webコバルトより)

TLを少しさかのぼったあとは電車の中で寝ていようと思っていたのですが、この情報を見た瞬間、眠気なんて吹っ飛びましたね!
いつかはきっと……と夢見てきた再びの短編集、実現の喜びをかみしめつつ、5月を楽しみに待ちたいと思います。
懐中時計という言葉には、アントニー話を個人的にはどうしても期待してしまいます。
ワルツ、リルちゃんのデビュー話読みたい!リルちゃんの話かどうか全然分からないけれど!
色々ひとり勝手に想像をふくらませるだけで、満ち足りた時間が過ごせましたよ。

そしてあきさんのイラスト集も、まだ実現の可能性を捨てたくない私(笑)。

東京旅行の記録やなにやかやは、また明日以降少し書けたらと思っています。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子 

『宝石箱のひみつの鍵 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』 青木 祐子 

宝石箱のひみつの鍵 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ)宝石箱のひみつの鍵 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ)
(2012/06/30)
青木 祐子

商品詳細を見る



ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、28冊目。シリーズ6作目の短編集。
クリスとシャーロックの新婚生活一年目のエピソード『一年目の宝石箱』、アディルとジャレッド、アイリスにスポットが当たった物語『灰と青のマズルカ』、イギリスの詩人・ワーズワースの物語『鏡の家の恋人』、あきさん作の雑誌のふろく漫画『恋のドレスと湖の王子様』――小説3編&まんが1編収録。
最終巻のあと、カーテンコールということで。


私の大好きな大好きな『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、完結後の、待ってましたの夢の短編集!!
このシリーズのお話らしいなんとも素敵なタイトルで、発売前から期待いっぱい、とても楽しみにしていました。
これで本当の本当にシリーズ最後なのかもしれない…多分あとから寂しい気持ちがこみ上げてくるのでしょうが、今のところの私は、この短編集の世界にどっぷりひたっていて、幸せいっぱいで満ち足りています。

私は後半の『鏡の家の恋人』とまんが『恋のドレスと湖の王子様』のふたつは雑誌の方ですでに読んでいたので、最初の書き下ろしのふたつのお話を、まずは、とても楽しませていただきました。
特に『一年目の宝石箱』の幸せ感が半端ないです。このところちょっと私にしては忙しい生活を送っているのですが、空き時間等に読み返してひたるだけで、たまらなく幸せで癒されます(笑)。
アディルさまのエピソードも、読むことができて、本当に良かった!!

ではでは、追記以下、ネタばれありのいつもの語り感想です~。
前半ふたつの感想はかなり語ってて長いです。私はクリスの味方です(笑)。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子 

『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの短編集発売予定 

この記事に引き続き、新刊情報メモ、緊急特別編その2(笑)。

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 宝石箱のひみつの鍵』6月30日 発売予定
(「Webコバルト」より)

……きゃー、待ってましたー!!
何度も繰り返してますが、本当に青木先生は、刊行ペースがお早いです。嬉しい限り。
今回もまた素敵なタイトルで、期待はふくらむばかりです。
まあ、楽しみな半面、これで本当の最後になってしまうのかも…と思うと、今さらながらにまた寂しくなってきたりもするのですが。
ファンの気持ちは複雑なのです(笑)。
せめてあと一冊番外編出たらいいのにな…。イラスト集とかも見たかったな…。
どこまでも際限なく望んでしまいます(笑)。

時期的に、私の今年の誕生日プレゼントは、この短編集ですね。
うふふ。ほんとに嬉しい。嬉しいなー。(にこにこ)

そういえばWebコバルト、サイトリニューアルしたのですね。ちょっとびっくりしました。


一昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントも返信不要ということでしたがありがとうございました!

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子 

『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの短編集 

新刊情報メモ・緊急特別編ということで。

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズの短編集・夏ごろ発売予定。
(『上海恋茶館 待ちぼうけのダージリン』のあとがきより。)

うわあ、嬉しい、嬉しすぎる……。確認した私の顔はもう思いきりゆるみました。
さすが青木先生です!最後の最後まで、読者の期待を裏切らない刊行ペース!
これを励みに私、夏まで生きてゆけそうです(笑)。

新作もあとからじっくり読ませていただくつもりです♪


追記以下、関係あるようなないような個人的話題。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子 

『恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木 祐子 

恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) (コバルト文庫)
(2009/07/31)
青木 祐子

商品詳細を見る



ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、再読16冊目、本編的には14巻目。
『薔薇色』でシャーロックやパメラとおだやかな日々を送るクリスの前に、行方知れずだったユベールが現れる。
トレヴィシク家の元使用人にして過去のクリスとも面識があるユベール。トレヴィシク伯爵の娘・イヴリンと恋仲である彼に、クリスはイヴリンが会いたがっていることを伝えるが、すべてが終わったら迎えに行く…との言葉を残し、去っていく。
一方、シャーロックの依頼をうけて闇のドレスのことを探っていた弁護士ケネスも、トレヴィシク家やクライン家、『薔薇色』の過去、クリスの過去の深いところまで近づきつつあった。
恋のドレスと闇のドレス、複雑にからみあう過去と現在の愛憎劇に翻弄される恋人たちの運命は、果たしてどうなるか……!?

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ、本編完結前に再読していた最後の巻になります。
(『聖者は薔薇にささやいて』は番外編なのでいったん読み飛ばしてしまいました……ちょっと待っていてねパメラちゃん。笑)

この再読記事は、ここ以降の巻のネタばれをどうしても書き混ぜずにはいられなかったので、一応追記の方に収録することにしますね。
シリーズの先の方までのネタばれ大丈夫、というお方は、どうぞクリックして読んでやってください~。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ

タグ: ヴィクトリアン・ローズ・テーラー  青木祐子