Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫 た 16-56)伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫 た 16-56)
(2013/12/27)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ33作目、今回は完結後の短編集。
幼い日のリディアのエピソード、新婚さんアシェンバート家のあまいひとこま、そして戦いの後に息子も無事に生まれ、シルヴァンフォードの地を再び訪れることになったリディアとエドガー夫妻とロタとポールの物語。
シリーズのしめくくりの愛に満ちた後日談。


何年も前から大好きで夢中になって読んできた『伯爵と妖精』シリーズ、待望の完結後の短編集。
このシリーズの新刊を手にするのがひさしぶりのことだったので、本当に嬉しく思います。
リディアもエドガーもニコもレイヴンもケリーも……(以下略)、おかえりなさーい!元気でいてくれて嬉しいよ!!みたいな感じ(笑)。

高星麻子さんの美しい表紙に、まずは酔いしれました。
エドガーは相変わらずきらきらでさすがエドガーで格好いいし、リディアも本当に目の覚めるような美人の若奥さまです。髪型がシックで可愛らしくて素敵。薔薇の花がよく似あってます。
そしてアルヴィン!リディアとエドガーがちゃんと三人で家族になっていて、おだやかで幸せそうな雰囲気に、うう、感無量。
そして背景の洒落たテーブルと椅子のところに、ニコがいるではありませんか。最初分からなかったので見つけて嬉しくなりました(笑)。

内容も、本編のプリンスやマッキール家関連のシビアで重たい宿命からようやく解放されて、終始おだやかであたたかな愛情に包まれたものでした。読んでいる私もしみじみ幸せ気分でした。
シリーズ完結した年の終わりに読むことができて、本当に良かったなと思います。

それでは以下、各話ごとに感想を書いていこうかと思います。
一応ネタばれ注意でお願いします。


『ウサギ帽子の内緒の話』
幼い日のリディアの日常のひとこま。
扉絵のふわふわもこもこの帽子をかぶって嬉しそうなリディアがすっごく可愛い!ニコも雪だるまもセットで可愛い!
リディアはこの年のころから、お人好しで優しい子だなとしんみり思いました。
カールトン一家のひとびとの家族愛にも読んでいてあたたかな気持ちになれました。リディアのおばあさまってこれまでほとんど出番がなかった気がするので、ちらりとでも読めて嬉しかったです。
アウローラさんもフレデリック氏も、幼くして難しい立場の娘リディアを大きな愛ですっぽり包み込んでいて、好きだなあ。
「リディア、あなた本当にお人好しね。誰に似たのかしら」ラストのアウローラさんの台詞が、本当にお人好しな旦那さんと娘が大好きなんだなーと伝わってきて、素敵でした。

『極上のパウンドケーキはいかが?』
こちらはアシェンバート家新婚さん時代のエピソード。
妖精のバターのパウンドケーキ、美味しそうですねえ!雑誌で読んだ時から私、甘いバターの香りがするふんわりパウンドケーキを食べたくって仕方がないのです(笑)。
序盤のリディアを15分おきにさがすエドガーとトムキンスさんの会話には笑っちゃいました。
料理長ははじめいけ好かないひとでしたが……、彼もこの家で働き続ければ、真の権力者、身をもって実感するでしょう(笑)。
エドガーと友人たちのイギリス料理の自虐ネタもおかしかったです。
タイトル通り、ケーキみたいにふわふわ甘くて幸せなお話でした。

『春を待ちわびて』
あとがきにも書かれていた通り、雑誌掲載時とは時系列的に変わっていました。
本編終了後、アルヴィンを身ごもっているリディアとエドガーの日常にあった妖精がらみのトラブル。
ビリジアンとヴァイオレットのすれ違う想いと、彼らのいざこざに巻き込まれたリディアとエドガー夫婦のこれまたすれ違い、読んでいて切ない気分になりました。エナメルの細工の美しくきらきら輝くイメージと相まって、相手への想いの美しさもまた光っていた感じ。
エドガーはもう本当に相変わらずなんだからーと呆れつつ。(リディアの自分への信頼をもっとちゃんと分かってあげてほしいよー。このエドガー相手にここまで信頼をおいてくれるリディアの心ばえの素晴らしさをもうちょっと理解してほしいよー。)上手く収まってくれてひと安心でした。
トラブルの中で、ケリーに忘れられてしまってがっかりしているレイヴンが、可愛かったです(笑)。しかしニコは本当に最強だな……。

『新たなるシルヴァンフォードにて 旅立ちは青い空の下』
アルヴィンが生まれ、シルヴァンフォード公爵位を名乗ることになったエドガーとリディア夫妻が、ついにシルヴァンフォードの地に家族で足を踏み入れることになったお話。
アルヴィンが普通に可愛らしい赤ちゃんとなってリディアとエドガーのもとへやってきたこと、トムキンスとレイヴンの肩書が変わったこと、ニコのすがたが変わったこと、ひとつひとつの変化が、なんというか、感無量でした。
リディアのことになるとエドガーはもう相変わらずで笑ってしまいつつ、でもきちんとお父さんにもなっていて、不思議と矛盾していなくていいものでした(笑)。序盤のエドガーを呼びに来たリディアがいかにも若奥さまでお母さまで本当に初々しく可愛らしかったです……エドガーの気持ちもいくらかは分かっちゃうのでした。
シルヴァンフォードの地に帰ってきたエピソードも、いいものでした。
プライスさんの頑なな忠義心もそれはそれで好ましいのです。釣りをしつつの会話シーンが好きでした。
夜エドガーを探しに行くリディアが、昔からは考えられない遠いところにやってきたことを振り返り、しみじみ幸福感にひたるという場面が、読んでいて私も感無量でした。
エドガーとリディア、ふたりが出会うことができて、本当に良かったなあと改めて思いました。

あとこのお話、ロタとポールの物語でもありました。
ロマンスとしてはあっさり目のエピソードでしたが、このふたりには、これくらいのあっさりさでちょうど良かったんじゃないかな、と私は思いました。上手く収まって良かったです。
大公の孫娘への想いにしんみり切なくなりつつ。ポールとの会話シーンがあったのもよかったです。
あと、『遠き日のシルヴァンフォードにて』シリーズで出てきたマークね、懐かしい!(笑)
彼が久しぶりに元気な顔を見せてくれて、嬉しかったです!!
お墓参りの場面のあいさつに、イラスト込みで、ちょっとうるっときました。

ニコとレイヴンとケリーの仲良しさんに、相変わらずほのぼの。
アルヴィンにライバル心をもやすレイヴンがまた微笑ましい(笑)。
アルヴィンが猫とあくしゅするの、私も見たかった……(笑)。アルヴィンとニコたちの挿絵も本当に可愛らしかったのですよ。

「それはよかった。ニコが気に入って居着いてくれないと、レイヴンやケリーが出て行きかねないからね」
エドガーがそういうと、まさか、と向かい側に座っているケリーはつぶやいたが、その隣のレイヴンは難しい顔をして悩んでいた。 (129頁)

――そこで悩むのかレイヴン(笑)。そして、ごく自然に隣同士で座っているんだ、レイヴンとケリーは(笑)。

『小さな伯爵のぼうけん』
きゃー、アルヴィンのお話!かわいいっ!
公爵夫人になっても、いや公爵夫人の役目のひとつとして(?)、善きフェアリードクターであり続けているリディアが、やっぱりすごく素敵だなと思いました。
質素なドレスで妖精と仲良く付き合いつつ栗ひろいしているリディアの姿に、『花嫁修業は薔薇迷宮で』で出てきたオートレッド夫人の姿が、重なりました。お元気でしょうか、懐かしい。
リディアに近づく男へのエドガーの態度は相変わらずでしかも敵に対する容赦なさも相変わらずで……、それでもエドガーをパパとして大好きなアルヴィンが、いいなあ。
アルヴィンは、どうも外見はエドガー似でも内面はリディア似のようで、うふふ、お父さんによく思われたい姿が微笑ましい。リディアがお母さまである限り、エドガーの父親のように規格外の父にあんなに屈折した思いを抱くようにはならないでしょうし、微笑ましく成長を見守っていたいです。
ケルピーもちょい役で登場していて、嬉しくなりました。
双子ちゃんたちのイラストやエピソードも欲を言えば欲しかったな……。

このシリーズ、新作が出るのは、もしかしてこれが最後なのかなあ。
正直番外編とかもっともっと読みたいのですが、でも今回の文庫できれいにまとまっている気はするし……。名残惜しいけれど、存分に余韻にひたっていたいと思います。
個人的に今後一番気になるのは、やっぱりレイヴンとケリー。ケリーは本当に私のお気に入りキャラなので、幸せになってもらいたいんです。
うーんでもこのふたりの場合、当分の間は、このままアシェンバート家に仕える優秀な使用人同士として信頼し協力しあって日々を過ごしていくのが、合っている気がします。
ふたりとも、周囲が心配するまでもなく、自分の恋なんて興味も何にも持たずに、お仕事一筋人生を送ってそう。
そして、いつかとても自然な流れで、そっと寄り添って、家族になるんじゃないかな。その辺をのぞくのも、なんだかちょっと野暮な気がします(笑)。ということで。


そして谷瑞恵さんの新作、来年の二月に出るみたいで。楽しみ~♪


一昨日と昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 谷瑞恵  伯爵と妖精 

『伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて (伯爵と妖精シリーズ)伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて (伯爵と妖精シリーズ)
(2013/03/30)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ、第32作目、最終巻。
自分が生まれれば母親は命を落とし、父とも対決しなければならないという宿命を知ってしまい、リディア達の前から姿を消したアルヴィン。
アルヴィンの行方を案じながらも戦いに向けて準備を進めるエドガーとリディア、しかし敵はさらに卑劣な罠を用いてきて……。
青騎士伯爵家のメンバー、伯爵家と親しい妖精たち、敵対する勢力、さまざまな立場の思惑が絡み合う中で、ついに最後の戦いがはじまる……!!


伯爵と妖精』シリーズ、とうとうこの時がやってきてしまいました。完結巻です。
シリーズのはじまりからではないのですが何年も前からリアルタイムでずっと新刊を追ってきた私、それだけで、言葉で表せない想いがこみ上げてきます。
読んでいる途中では、うーん長いないつまで続くのかな……と思っていたことも正直あったけれど(夫婦の辛い展開が続いていた時期)、今にしてみれば、終わるときには、あっという間だったな。
今のところは、完結巻の内容にただただ胸がいっぱいで、寂しいとかそういう感情は、まだわいてこない段階です。

そんな完結巻、実際に読んでみて。
まさに最後の締めにふさわしい、大変に素晴らしいお話でした!!
これまでの大小の伏線が吸い込まれるようにひとつひとつ回収されていき、ラストのあの赤い月のシーンに導かれていく様は、読んでいて、圧倒されました。鳥肌が立ちました。
この巻一冊にこれだけのエピソードがきっちりまとめられているって、すごいなと思います(笑)。
こんなにも美しい物語だったのだなあ。今更ながらにしみじみ実感しました。

リディアとエドガーのふたりも、アルヴィンも、もう本当に良かったです!!のひとこと。
にぎやかな表紙や帯で、信じてた、信じていたのですが、最終巻だというのに展開は予想外に辛い方向にどんどん転がっていくので、読んでいてもう気が気ではなかったんです。
月並な表現ですが、ふたりの夫婦愛、アルヴィンとの親子愛に、改めて、感動です。
ふたりの周りの皆の活躍も素晴らしかった。

それでは追記以下に、いつもの通りにネタばれあり語り感想を、書き綴っていくことにします。
途中の巻の細かな伏線とか抜けてる部分も正直多々あるので、間違ったこと書いていたらごめんなさい……。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 谷瑞恵  伯爵と妖精 

『伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け (伯爵と妖精シリーズ)伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け (伯爵と妖精シリーズ)
(2012/12/28)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ、第31作目。
もう一度のプロポーズを経て、再び結婚を決めたリディアとエドガー。
しかし同時にエドガーの記憶が戻りそうな気配に、身重の状態でリディアは気をもんでいた。
そんなとき、ロンドン橋で魔力を感じたとの知らせを受けて橋へ向かうふたりだったが、そこに待ち構えていたのはテランだった……。
一方、妖精国に再び訪れたフランシスの前に、正体不明の少年が現れる。
彼はまだ生まれる前の状態で、両親の危機を救うために、ある人の体を借りてふたりの元へと向かうのだが――。


伯爵と妖精』シリーズ、クライマックス目前、ということで。
というか、まさかこの次の巻で、完結だとは。正直予想していませんでした。
このシリーズ、途中からではありますが(リディアとエドガーが本当の婚約者になった辺り)、リアルタイムで何年もずっと新刊を追いかけて読んでいる私。
振り返るといつの間にかとても長いシリーズになってきていますが、終わりがとうとう具体的なかたちで示されてしまうと……うん、寂しいな。

今回のお話、実際に読んでみると、やはり、完結に向けて色々な事態が一度に動き出してきてる……そんな印象を持ちました。一冊の中にぎゅっとつまっていて、読み応えがありました。
懐かしい面々が色々登場したり、レギュラーメンバーの微笑ましい場面もたくさん見られたり。嬉しかったです。
そしてなんといってもエドガーとリディア夫婦、ようやくここに来て、最近の辛い展開に、決着が。
リディア、良かった、もう本当に良かった(涙)。シリアスな中に甘々な場面もけっこう読めて嬉しかったです。
そして私もずっと気をもんでいたあのキャラが、まさか、こんなかたちで登場してくるとは!(笑)

それでは、いつもの通りに追記以下で、ネタばれありの語り風感想です~。
読みづらさはどうぞご容赦ください(笑)。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 伯爵と妖精  谷瑞恵 

『伯爵と妖精 祝福の子か夜の使者か』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 祝福の子か夜の使者か (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)伯爵と妖精 祝福の子か夜の使者か (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/08/31)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ、第30作目。
記憶をなくしたエドガーに、改めてプロポーズされたリディア。
嬉しく思いながらもお腹の子のことがあるリディア、エドガーに知られないように神経を尖らせていた。
そんな中届いたフランシスからの手紙。文中に暗号が隠されていることに気づいたエドガーは、レイヴンとニコを調査に向かわせる。
一方リディアの父・カールトン教授は、パトリックの依頼を受けて、亡き妻アウローラの故郷・ヘブリディーズ諸島へ再び足を運ぶことに――。


伯爵と妖精』シリーズ、ついに30冊目。あとがきに書かれていてびっくりしました(笑)。もうそんなに出ていたのですねえ。
私的もずっと望んでいたふたりの子ども、それにリディアとエドガーの関係がどうなってしまうのか等々、前巻からどきどきしながら待っていました。
表紙、この男の方は誰だろう?と読む前は不思議に思ってました。

実際に読み終えて、この巻は、うん、とても良かったです。最近の中ではひとまずの救いの巻でした。
マッキール家関連の伏線もいくつか回収されてだいぶすっきりしましたし、リディアとエドガーの夫婦も、相変わらず問題山積みですが、特にリディアの味方して読んでいる私的には、ようやく、良かったなあ、読み終えてほろっときました。

そんな感じで、追記以下は、ネタばれ含みの語り的な感想です。相変わらず勢いで好き勝手に書いてたら長く読みづらくなってしまいました(笑)。
それでも構わないと言ってくださる方は、どうぞお読みくださいませ~。


追記の前に、一昨日と昨日拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 谷瑞恵  伯爵と妖精 

『伯爵と妖精 オーロラの護りを胸に』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 オーロラの護りを胸に (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)伯爵と妖精 オーロラの護りを胸に (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/03/30)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ、第29作目。
ひとまず旅を終えて、とうとう英国に上陸したリディアたち一行だったが、さっそくあやしげな襲撃を受ける。
体調を崩したリディアの身を案じて、エドガーは、ある老姉妹の屋敷に身を寄せることに。
エドガーは老姉妹に、生き別れの甥と勘違いされて歓待され、一行はひとまず落ち着いた時を過ごせることに。
屋敷に滞在していた男爵令嬢とエドガーが親しくしているのをみて、複雑な気持ちになるリディア。
そんなリディアは体調がすぐれない日々で、身近で世話をしてくれるケリーに、妊娠の可能性を指摘される――。

伯爵と妖精』シリーズ、ついに最終章、なのだそうで。
ああ、このシリーズも、目に見える形で終わりが見えてきましたか。とうとう。

前作2巻くらい感想を書けていなかったのですが……、今回のお話はここ最近の巻のなかでも特に好みで、発売日を過ぎてしまってちょっと今更ですが、ネタばれ感想記事を書かせていただくことにしますね。
とはいっても、シリーズ最新刊あたりのお話の伏線、実を言うとすでに追い切れていない私……感覚で読んでいます(笑)。もし間違ったこと書いてたらごめんなさい。
心に思い浮かぶままの語りの記録として、適当に流し読んでいただけるとありがたいです。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 伯爵と妖精  谷瑞恵 

『伯爵と妖精 情熱の花は秘せない』谷 瑞恵 

伯爵と妖精 情熱の花は秘せない (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫 た 16-49)伯爵と妖精 情熱の花は秘せない (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫 た 16-49)
(2011/06/01)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



伯爵と妖精』シリーズ第26作目。
プリンスの組織にとらわれてしまったリディアは身を守るために、エドガーの子どもを妊娠しているととっさに嘘をつく。彼女はプリンスの子の母親として一応あつかわれる身になったけれど、怪しんだテランが産婆を連れてきたりで気が休まらない。何より辛いのは、エドガーの気持ちを実感できないこと…。
そんななか、彼女を邪魔に思う面々の思惑のため、リディアに向けてさらに巧妙に罠が仕掛けられる。そして、エドガーはある行動に出ることに。


前回とても重たくて辛い思いをしたこのシリーズ、ついに新刊が出ましたね!
「情熱の花は秘(かく)せない」なんて、タイトルがいつになく思わせぶりで、発売前から内容を想像してどきどきしていました。

実際に入手して、一気に読み終えて。
…なんだか、いつになく優しくおだやかな気持ちになれました。
前半部分は『あなたへ導く海の鎖』に引き続きとても辛かったですが、なんだかそれももう、ふたりの想いの前には溶かされてしまったような。
和みシーンもちょっとレベルアップしていて印象深かったです(笑)。


という訳で、以下、私が思いのままに書きつづった語り的な感想です。
いつものように、ネタばれありです。長いです(笑)。
よろしければ、追記よりどうぞ。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 『伯爵と妖精』シリーズ

タグ: 伯爵と妖精  谷瑞恵