FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『Unnamed Memory』書籍化とか 

ブログ感想記事を書く気持ちと時間のゆとりがちょっと足りなくて、でもちょっと語らずにはいられない情報を目にして、メモ程度に更新。

ここ数年来私がずうっと夢中になっているオンライン小説『Unnamed Memory』が来年の1月に書籍化、ということで、早くもネット上で表紙イラストがアップされていました。
こちら

うわあああ、オスカーもティナーシャも、私の中の事前のイメージ以上にイメージ通りのイラストで(←意味不明)、素敵すぎて倒れそうです。
オスカー鍛え抜かれた武闘派で格好いいね!瞳の色がまさに夜明けの空の色で美しい。
ティナーシャの浮世離れした清楚な美貌も素晴らしいです。黒髪の細部までの質感がいい。
そしてナークも、背景のファルサスのお城(たぶん)も、描写が細やかで色味も良い感じに派手すぎず質感までイメージにたがわず素晴らしいです。
ああ、来年が待ち遠しい。
年末の同人誌の新刊も楽しみにしています。(相変わらずどっぷりファン)

『Landreall』と『ボクラノキセキ』の新刊どちらも素晴らしく読み応えがあって楽しかったですし、少し読みはじめたオンライン小説も楽しいし、合間合間にそこそこ読書にいそしんでいます。

12月にしては気温高めの日が続いた後で急に寒くなってきましたが、ブログを読んでくださっている皆皆さまも、どうぞ、ご自愛くださいませ。


ここ一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 本の話題・おすすめ本など

11月の読書メーターまとめ 

ついに2018年もあと1カ月になってしまいました。
日々明るい時間がどんどん短くなってゆき物寂しい。
その割に寒さはまださほど厳しくないので、過ごしやすいと言えば過ごしやすいですね。

さて先月の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『ゆきうさぎのお品書き』『弁当屋さんのおもてなし』
まんが 『おちくぼ』『世界で一番悪い魔女』

『ゆきうさぎのお品書き』『弁当屋さんのおもてなし』ほっこりやさしい作品世界とおいしそうなお料理と初々しいロマンスに読んでいて癒されました。どっちのシリーズも作品設定や文章やしっかり安定していてキャラクターにも嫌味がなく丁寧で、読んでいて安心してひたれます。
弁当屋さんのおもてなしの影響で、私は先週お弁当にナポリタンを作りたい!と途中まで覚えていたのに、いざ作ろうというとき思い出せずに気が付いたら塩味ブロッコリーとささみのパスタを作ってしまっていました。美味しかったけれど違う(笑)
あと碧ちゃん災難だけれど本当に上手くいってほしい。現実はとても厳しいけれど、物語の中だからこそ、一生懸命頑張っている人には報われてほしいです。
まんがでは、『おちくぼ』の完結巻が、とても良かった~!!山内直実さんバージョン『落窪物語』、縫い物大好きな姫様と「チャラ男」からはじまり姫一筋になった道頼さまのカップルが巻が進むごとにはまってきていて、気持ちコミカルで明るい気持ちで読めました。
四の君の結婚が幸せなものになったのが良かったですね。
『世界で一番悪い魔女』恋に落ちた自分に戸惑っている教授が子供っぽくて可愛い(笑)。賢くて健気な双子ちゃん達もお気に入り。

今年のベスト本もじわじわ考えていく時期ですかねえ。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(12月) 

今月の新刊もまだ積み残していますが、来月の新刊購入予定メモも。


『隣の席の佐藤さん』森崎緩 12月5日

『そこをなんとか 15』麻生みこと 12月5日

『黒猫のいない夜のディストピア』森晶麿 12月5日

『海街diary 9』吉田秋生 12月10日

『舞妓さんちのまかないさん 8』小山愛子 12月12日

『ながたんと青と-いちかの料理帖-2』12月13日 磯谷友紀

『没落令嬢の異国結婚録3』江本マシメサ 12月15日

『後宮の烏2』白川紺子 12月18日

『3月のライオン 14』羽海野チカ 12月21日

『乙女なでしこ恋手帖 佳き日の彩り』深山くのえ 12月26日

『乙嫁語り 11』森薫

わ、なんだかたくさんありますね~。たのしみ!
なんといっても『乙女なでしこ恋手帖』の続きが無事に出そうなことが、うれしいです。
深山くのえさんの少女小説ワールドのファンですので……。
『後宮の烏』も待望の続編。少女小説とは少し趣のことなる設定の後宮ものなので、どういう風にお話が展開していくのか読めなくて、楽しみです。
あと大好きなオンライン小説のひとつ『隣の席の佐藤さん』の書籍化もすごくうれしい。

来年の1月には『Unnamed Memory』もついに!!書籍化されるようで、感激でふるえています。


ここ数日の間それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

10月の読書メーターまとめ 

少々遅くなりましたが先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『居酒屋ぼったくり』『紅霞後宮物語』『わが家は祇園の拝み屋さん』
まんが  『ボクラノキセキ』『小路花唄』

『ボクラノキセキ』をシリーズ一気読みしてしまったので読了数多めになっています。
複雑に入り組んだお話ですが巻数が進むごとにそれぞれのキャラの違った一面が見えてきたり見せどころがあったり、どんどん面白くなってゆく~!!春湖さんと手嶋野くんがお気に入りかな。
『小路花唄』もラブコメ度がちょっと増してきてきゅんときました!個人的には椿さんと内田さんになんとしてでも上手くいってもらいたいのですが……なんとかならないのかな。もどかしい。
『紅霞後宮物語』の過去編は、Webやコミックスの方で既読の部分も多かったですが、やはり面白いですね。小玉に懐く帝姫さまがかわいすぎて和みます。
あと氷室冴子さんのブックガイド『マイ・ディア』も古き良き英米少女小説好きの私にとってはたまらない本でした。
触発されたのもあって『赤毛のアン』の初恋編の映画も観に行ってきました。
クリームたっぷりのケーキやパイが何ともおいしそう。
アンとダイアナはじめ女の子達が可愛らしくて素晴らしかったです。マシュウとマリラの不器用な愛情もしみる。

今月は実生活の方がちょっとたてこんでいてブログ記事が普段に増して控えめになるかもしれません。
読書はできれば控えたくないのですが……(笑)。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(11月) 

10月も終わりが見えてきて、さすがに気温も下がってきたように思います。
今朝とか寒くてフリースを引っ張り出してきました。
お日様のあたたかみがありがたい季節になってきました。

さて来月分の新刊購入予定メモ。

『世界で一番悪い魔女 6』草川為 11月5日

『魔法にかかった新学期 2』ひかわきょうこ 11月5日

『なんちゃってシンデレラ王国騒乱編 お伽噺のつづき、はじめました 2』汐邑雛 11月15日

『おちくぼ 6』山内直実 11月20日

『炎の神子様は大精霊ではございません3』江本マシメサ 11月20日

『ゆきうさぎのお品書き 母と娘のちらし寿司』小湊悠貴 11月20日

『弁当屋さんのおもてなし 甘やかおせちと年越しの願い』喜多みどり 11月22日

『ちどり亭にようこそ 4 彗星の夜と幸福な日』十三湊 11月24日

『Landreaall 32』おがきちか 11月24日

『ボクラノキセキ 19』久米田夏緒 11月24日

『おちくぼ』や『ちどり亭にようこそ』など、完結するお気に入りシリーズもちょこちょこあって、嬉しいけれどちょっと寂しくもあり。
『炎の神子様は大精霊ではございません』の続きが出て良かった!あの風変わりなおしどり夫婦が私大好きなのです。
今年になって読みはじめてはまった『Landreaall』と『ボクラノキセキ』の新刊が一度に出るなんて、豪華でとても楽しみです。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

9月の読書メーターまとめ 

10月に入ってから数日が経過してしまいましたが、先月分の読書メーターまとめを追記より。
ああでも、1日に台風が直撃しなくて、本当に良かったな。
今週本当に疲れたな……金曜日の帰りは女子会で、美味しいケーキをお腹いっぱいいただいて締められたの、良かったです。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説  『ヴィシュバ・ノール変異譚』『源氏物語 つる花の結び』『彩雲国物語』『長崎新地・中華街の薬屋カフェ』
まんが  『トナリはなにを食う人ぞ』『踊る!アントワネットさま』『ふしぎの国の有栖川さん』『コレットは死ぬことにした』

『ヴィシュバ・ノール変異譚』、少しずつ読んでいたのですが、既刊、読み終わってしまいました。
最後のお話は特にふしぎなかたちの一冊でした。短編集のような、メルヘンな詩集のような。
マルーシュとガディルの馴れ初めや正体は結局最後まで謎のまま……正直とても気になるし続編があるのなら読みたい気持ちでいっぱいなのですが、でもこれにて一区切り、といわれれば、確かにその通りかも。
荻原規子さん版源氏物語もこれにて読み切ったかな。
とても読みやすい源氏物語で、今までざっくりしたあらすじしか知らなかった部分まで読みこむことができて、挿絵も美しくて、心地よい読書体験になりました。
あと高校生の頃第一巻目をリアルタイムで買って読んで以来十数年の月日が経過してしまっていた『彩雲国物語』、ようやく二巻目と三巻目を読んでみました!面白いです!理不尽な目に遭っても背筋をのばしてがんばる秀麗の姿に読んでいる私もにっこり元気を分けてもらえるよう。
まんがでは、『踊る!アントワネットさま』が、私の大好きなかたちの世界史もの少女漫画で、ふたりのマリーの友情と淡い恋と国王夫妻の家族愛が、じんわり染みわたりました。ほのぼの可愛い雰囲気が最後まで続いていたのも良かった。
『トナリはなにを食う人ぞ』も好きな料理もの少女漫画。ロールキャベツ男子という言葉がこれほど似合う男性は、瀬戸君がはじめてです。だって出会いからしてロールキャベツだったじゃないですか(笑)。あの時点ではロマンスはかけらもなかったけれど!
あと氷室冴子さんの読本もちょっと迷ったけれど買ってよかったです。飯田靖子さんの銀金のイラストの麗しさに泣けてきました。
『ジャパネスク・リスペクト!』トリビュート集も、私が最初に思っていたよりずっとずっと素敵な一冊でした。
読んでいて癒されたのは『長崎新地・中華街の薬屋カフェ』。牛乳プリンの優しい甘味が魅力的。
あと『とっておきのおやつ』アンソロジーを読んでいたら、あんみつやたい焼きが無性に食べたくなってきて。ちょっとほろ苦さもありつつ美味しいお話そろいでした。

この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)