Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

3月の読書メーターまとめ 

こんにちは。四月ですね!
桜の花は満開で、そろそろ緑の葉っぱも見えてきました。
今年は先週地元のお花見スポットでちゃんと満喫してきたので、悔いはない(笑)。

月はじめなので先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特によかったもの
小説……『浅草鬼嫁日記』『恋するアクアリウム。』
まんが……『パティシエさんとお嬢さん』『モブ子の恋』『おいピータン!』『売り渡された淑女』


『浅草鬼嫁日記』の感想を書きそびれました(しょんぼり)表紙イラストの赤い薔薇を手にたたずむ真紀ちゃんが素敵すぎるのですが。真紀ちゃんと馨君のカップルの糖度増量にときめき、由理君と若葉ちゃんにしんみり切なくなりました。若葉ちゃんの兄の友人達評が笑えました。
『恋するアクアリウム』もおいしいベランダ同様かなり良かった……!年の差ラブコメとおいしいごはんの組み合わせは最強です。
まんがは、Twitterで存在を知った『パティシエさんとお嬢さん』の初々しい可愛らしさにきゅんきゅんでした。か、かわいすぎる。
『モブ子の恋』は四つ葉のクローバーやコロッケや、なにげないささやかなエピソードで信子ちゃんの人柄がうかがい知れるのが、いいなあと思います。入江君も信子ちゃんも思ったより早めに気持ちを自覚してきたようでデートの場面もとても可愛らしかった。
『おいピータン!』ようやく!おめでとうございます!!
もとなおこさんのハーレクイン漫画も素敵でした。作風がとてもあっていらっしゃると思いました。
『紅霞後宮物語』のコミカライズも思っていたよりかなり良かった。続きも読んでゆこう。
『私の愛しいモーツァルト』、もっとシリアスで暗いお話なのかなあと思っていたのですが、モーツァルトなりのコンスタンツェへの愛情が読んでいてにじみ出てくるラストで、切なさの中にも光があってとても良かった。『皇女アナスタシア』といい傾きつつある身の切なさと純な愛情の塩梅が一原みうさんはとてもお上手。
『ヴィシュバ・ノール変異譚』は静かな夜にゆっくり読みたいものがたり。ガディルの正体が謎すぎる。


ここ一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(4月) 

早いもので梅に続いて桜もちらほら咲きはじめでしょうか。
なかなか寒暖の差がはげしい日々が続きますね。
私自身も週末ちょっと体調を崩してしまってしんどかったです……食欲がないと日々の楽しみが減ってしまうのでつらい。

さて来月の新刊購入予定メモを。

『保健室の影山くん 2』天乃忍 4月5日

『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1』あき 4月

『夢の雫、黄金の鳥籠 11』篠原千絵 4月10日

『続・烏丸御池のお祓い本舗』望月麻衣 4月12日

『茉莉花官吏伝 三』石田リンネ 4月13日

『かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。』友麻碧 4月13日

『アンと教授の歴史時計 3』もとなおこ 4月16日

『後宮の烏』白川紺子 4月20日

『シェアハウス金平糖北千住 1』ふじもとゆうき 4月20日

『コレットは死ぬことにした 10』幸村アルト 4月20日

『サトコとナダ 3』ユペチカ 4月


何か抜けていたり間違っていたりしたらごめんなさい。
盛り上がりが特に気になるのは『かくりよの宿飯』シリーズでしょうか!『浅草鬼嫁日記』の最新刊で、津場木家の呪いについて言及もありましたし。そうか、津場木家だから、「椿」なのか。と今更葵ちゃんのかんざしのことに思いをはせる。
完結巻らしい『アンと教授の歴史時計』も、白川紺子さんの中華風新作も、オンライン小説コミカライズのあきさんのまんがも、コレットとハデス様の仲の行方も、みんなみんな楽しみです~!!
あとは小田菜摘さんの富士見L文庫、久賀理世さんの新作もちょっと気になっているところです。
新刊を読むのをたのみに、来月乗り切ってゆかねば。


ここ何日かそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

2月の読書メーターまとめ 

気が付けば三月。ひなまつり!
春の嵐のような不安定なお天気の一日でした。
梅の花もちらほら咲いていますねえ。良い香り。

さて先月分の読書メーターまとめをいつもの通りに追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説  『リセアネ姫と亡国の侍女』『かがみの孤城』『ヴィシュバ・ノール変異譚』『落ちぬ椿』以下知野みさきさんの作品
まんが  『とりかえ・ばや』『キナリの星屑』

感想を書ききれませんでしたが先月も良い作品をたくさん読めて良かったです。
『リセアネ姫と~』はWebで読んで大好きだったお話なのですが、やっぱり好きだ~!!(叫ぶ)なろうさんの方のサリアーデ王国シリーズ三作目もようやく読んできました。リセとティアの主従コンビもかわいいしエレノアも大好きだったので嬉しかった。
『ヴィシュバ・ノール変異譚』は十代のころおススメしてもらって気になっていたものの当時すでに絶版で読めず……という状態だった作品。古き良きコバルトファンタジー風味少女小説という感じで期待を裏切らない満足感が得られました。続きも読んでいこう。
『とりかえ・ばや』は大団円で沙羅が幸せになれて本当に良かったです!最後まで華麗な平安時代のラブロマンスを堪能できました。
『キナリの星屑』はどことなく羽海野チカさんの『ハチミツとクローバー』を彷彿とさせるというか、学業(芸術系)に恋に頑張る少年少女は良きものです。
知野みさきさんのお江戸ものを何作か読んでみて頭の中がにわかお江戸モードに(笑)。
女の人が自分自身で身をたてて頑張っている姿がよいですね!ロマンスもあり読みやすい作風で好きです。

ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(3月) 

毎日寒さで凍えている間に、気が付けば二月も残り少なくなってきました。
梅もちらほら咲きはじめて明るい時間も長くなってきて、少しは春の気配が感じられるようになってきたでしょうか。

という訳で、来月の新刊購入予定メモメモ。

『コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙』村山早紀

『世界でいちばん悪い魔女 5』草川為 3月5日

『かげきしょうじょ!! 5』斉木久美子 3月5日

『おいピータン! 17』伊藤理佐 3月13日

『京都寺町三条のホームズ(コミック)』秋月壱葉 3月12日

『京都寺町三条のホームズ9』望月麻衣 3月15日

『浅草鬼嫁日記4 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない』友麻碧 3月15日

『恋するアクアリウム。』竹岡葉月 3月15日

『令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 2』江本マシメサ 3月15日

『おちくぼ 5』山内直実 3月20日

『純真を歌え、トラヴィアータ』古宮九時 3月23日


なんだかとってもたくさんありますねえ……!!お財布が軽くなりそうで心もとないですがどれも楽しみでほくほくです。
なんといっても『京都寺町三条のホームズ』の新刊ですかね!
今回からは事前にWebで掲載話を読むことなく完全なる書きおろしを読めるわけで、今からホームズさんと葵ちゃんのふたりの仲が気になって気になってしかたありません……。そしてコミックスも発売で二重に楽しみ。
『浅草鬼嫁日記』の新刊もタイトルが意味深で気になって仕方ないし、『コンビニたそがれ堂』の新刊も期待大ですし、あとここには書いていないオレンジ文庫の新作もいくつか気になってるのがあります。
どれだけ読めるかですね。
別れと出会いの季節で実生活もなかなか慌ただしくなりそうですが、楽しみな本を支えにして乗り切りたいです。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)

1月の読書メーターまとめ 

先日話題になったお月さま、きれいでしたね。
ブルームーンに赤い月と言えば、榎木洋子さんのコバルト文庫シリーズ『影の王国』が真っ先に思い出されます。

さて先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの

小説  『獣の奏者』『あとは野となれ大和撫子』
まんが  『はいからさんが通る』『ハクメイとミコチ』『恋と呼ぶには気持ち悪い』『恋せよキモノ乙女』『ミュージアムの女』

時間があるときに読みたいと寝かせ続けていたらお正月になってしまった『獣の奏者』、ようやく全巻読了。
なんだか感想を私の言葉では上手く言語化できないです。圧倒されました。エリンの人生の潔さと美しさと切なさよ。(あと食べ物がおいしそう)イアルとジェシと三人家族の姿がいとおしい。
あと昨年映画を観に行った『はいからさんが通る』、もう何年もずっと読みたいと気になっていた原作コミックスをようやく読みました。じゃじゃ馬娘の紅緒さんがつらい思いもいっぱいしつつ明るさはちゃめちゃさを失わず駆けてゆく姿がとてもよかった。そしてヒーローの忍さんの格好いいこと!ふたりの再会の場面には涙しました。
『恋せよキモノ乙女』は『下鴨アンティーク』お好きな方とかちょっとおすすめしたいです。お着物の描写が丁寧でとても分かりやすくて美しい!ほんのりロマンスも王道でときめきました。
『恋と呼ぶには気持ち悪い』タイトルはなんかあれですがとてもきゅんとする丁寧なつくりの少女漫画でとても好きです。
『ミュージアムの女』Twitterで存在を知ってはいたもののこれは名作だと思います。親しみやすくおしゃれな美術館入門お仕事漫画。しゅっとした擬人化猫さんのたたずまいの美しさに惚れました。
『あとは野となれ大和撫子』タイトルが秀逸ですよね。小田菜摘さんの『革命は恋のはじまり』シリーズの少女小説成分を薄めて政治色を強めた感じのお話、という印象を真っ先に持ちました。美しくてしたたかな女の子たちが戦い頑張るお話は良いものです。
ナツキがいい感じに力抜けた自由人な面を持っているのがなんかいい。
あとこれも何年もずっと気になっていた『華鬼』をようやく文庫で読み始めました。神無のひたむきさに打たれます。これから面白くなっていきそう~楽しみ!


ここ一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

私的本の情報メモ(2月) 

週半ばから雪と寒さが続いていますね。
朝晩はすべてが凍り付いてつるつるですし昼間もあまり気温が上がらず冷蔵庫の中にいるみたい。
土曜日も一日雪の寒い日になり結局家から一歩も出ていない。
読書が進むのでこういう日もまあ、いいですかね。
1月25日はホットケーキの日であったとTwitterで見かけたのに触発されて、朝はホットケーキを焼いて美味しくいただきました。

さてあと少しで2月ということで新刊購入予定メモメモ。

『オトナの小林くん 4巻』森生まさみ 2月5日

『とりかえ・ばや 13巻』さいとうちほ 2月9日

『京洛の森のアリス』望月麻衣 2月10日

『神様の名前探し 2巻』山本風碧 2月15日

『紅霞後宮物語 第七幕』雪村花菜 2月15日

『神様のごちそう 神在月の宴』石田空 2月22日

『乙嫁語り 10巻』森薫


なんといっても『とりかえ・ばや』の完結巻が……!!
今からどうなってしまうのかそわそわどきどきはらはらです。ハッピーエンドを信じているのですが。
あと『紅霞後宮物語』のがっつり読み応えがある物語の続きが読めるのもとても楽しみです。
望月麻衣さんの新作も気になる~。あと気になっている新作もちらほら。
その前に買ってきた新刊も読まなければ!


この一週間くらいに記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 新刊メモ(月別)