Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

はなのみ亭の由来 

突然ですが、このブログはなぜ「はなのみ亭」と名付けられたのか。

そもそも私は高校生になって文芸部に入ってからずっと、ホームページを作れたらいいなーとか憧れだけはあったのです。
周りに詳しい友人たちがいて、影響されて、憧れて。
まあ、パソコンの知識ゼロだったので、結局実現しませんでしたが…。

そして、いつからか忘れてしまったのですが、自分のホームページのタイトルは「はなのみ亭」にしようと、それだけは心に決めていました。

「はなのみ亭」というのは、私が考えている連続短編ファンタジー小説(多分)なのです。

現実世界と異世界とのはざまに存在する、不思議な喫茶店「はなのみ亭」。
千草さんという若い女の人が店主で、お菓子作りを担当。
助手は花の妖精、マリーゴールド。妖精界から摘んできた花をお茶にする係。

日常生活でちょっと辛いことがあった人、ちょっと疲れた人だけが、「はなのみ亭」のドアを開けられます。
そこで妖精の花茶を飲んで、美味しいお菓子を食べて、千草さんたちに自分の話をゆったりと聞いてもらいます。
そうすると、少しだけ心が軽くなって、自分の世界で生きやすくなって、帰ることができるのです。

花のお茶を飲むから、「花飲み」。
お菓子を食べるから、「花の実」。(昔は、お菓子といえば果物のことを指していたそうです。果物は、すなわち実ですから)
……ちょっと無理なこじつけですが(苦笑)。

ノートに下書きをした他は全く形になっていない小説ですが、いつか書いてみたいなと、今でも思ってはいます。思ってはいるのです(笑)。

とにかく、この「はなのみ亭」という響きが気に入ったので、使いたかったのです。それだけです。

カテゴリ: お知らせ

テーマ: ブログ - ジャンル: ブログ

FC2 Management