Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

梅の花、ほころびつつ 

今日で二月もおしまい。
あたたかくなったかと思えば急に寒さが戻ってきたり、またあたたかくなったり。
ツイッターやテレビで見てましたが、今日、雪のところもあったのですね。
この辺りで朝降っていたのは雨で、それほど寒くもなく、昼間にあがれば青空。気温も上がりました。
雲がはれてのぞいた空の色は淡くてやさしくて、ああ、春の色だなあ……と見上げていました。

梅の花も、少しずつほころびてきたのを目にします。場所によって咲き具合は違うんですけれどね。

お店では、桜餅や花見団子、桜やいちごフレーバーのお菓子がにぎやかに売られていて、ここからも春がやってきた感じです。

ここのところ、『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』の記事メインで書いていて、シリーズの読者さんではない方には不親切で申し訳ないです…。
語りだすと止まらないに決まっているのでやめますが(笑)、そもそもこのシリーズに何年か前に出会ってなければ、きっと今の私は、こんな風にブログを書いていませんから。ね。
なんだか色々考えだすと、不思議な気分になります。
結局再読はとっても中途半端になってしまいましたが、明日の最終巻発売、読めるときをただ待つのみ、です。

明日から三月。
そういえば、色々と節目なんだよなあ、と、ぼんやり思いをめぐらせつつ。特になにもしていない私でした(苦笑)。


昨日それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: 日常色とりどり