Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『京都寺町三条のホームズ7 ~贋作師と声なき依頼~』望月 麻衣 




『京都寺町三条のホームズ』シリーズ本編7巻目。
高校三年生、受験も意識しだした葵。ホームズこと清貴との距離を不器用にもゆっくりと縮めていく日々を送っていた。
そんなある日、贋作師の円生が、二人の前に再び現れる。清貴に「白磁の香合」の鑑定を依頼した円生は、清貴の「本物だ」という言葉を否定して去ってゆく。
それからしばらくして円生は、学校帰りの葵の前に姿を現し——。

ガイドブックの後は本編を。
表紙のお着物でおめかし姿の葵ちゃんがきれいです、素敵すぎます!おめかし葵ちゃんの隣でふふんと得意そうな清貴君のスーツ姿も決まっています(笑)。背景のお庭の緑も美しくて染み入るよう。

ガイドブックの感想に書いたように、私はエブリスタ版で、書籍版の先のエピソードにあたる部分も読んでおりまして。
今回のサブタイトルとあらすじで、「ああ、やっぱりこの展開がくるのか……。」と、覚悟を決めていました。
覚悟を決めたつもりではいたけれど、後半部分を実際に読んでいくとやっぱり辛くて、胸を抉られました。
今までのラブラブ幸せモードから一気に暗転しますからね……。
救いはこの巻一冊でとりあえずの決着がついたことです。あああ、本当に良かった!!葵ちゃんやっぱり最高のヒロインです。
ネット版に比べて書籍版は、文章やエピソードがしっかり練られていて、一冊の本としてとことん満足のできる仕様になっているのが、素晴らしいと思いました。
前半パートのふたりのラブラブエピソードも好きです~♪

というわけで、以降はネタばれふくみの感想を。


『プロローグ』
清貴とオーナーの美術品買い付けや上田さんと組んでのお仕事、ゴージャスだなあ、こういう世界もあるのだなあ~と興味深く読みました。
ミュシャのリトグラフとエーデルワイスのブレスレットウォッチに清貴君が込めた、葵ちゃんへの愛のメッセージに、きゅんときました。再会の優しいキスの場面も良かったです。初々しくもお互いをこんなに大切に想い愛し合っているふたりに、心が洗われる思いです……。
葵ちゃんが変な風に誤解してしまった家頭家のおうち事情もなんというかすごい。
店長の抜け加減にいい感じに和みました(笑)。

『その心は』
エブリスタ版でも好きだったエピソード。加筆部分が効いていて嬉しかったです。
お茶会に備えてはじまった葵ちゃんのお着物生活と、そんな葵ちゃんの所作の変化に戸惑うホームズさんのふたりの図がたいへん美味しいお話です(笑)。
美恵子さんのお店を実際にのぞき見られたのも嬉しかったり。
書籍版のホームズさんの「いちゃいちゃ」は初々しいなあ……(笑)。でも「おいで」って、確かにとても力のある言葉だな。
お茶会の前に訪れた高桐院の場所の描写がとても素敵でした。細川忠興とガラシヤ夫妻のエピソードをかみしめてふたり佇んでいる場面が、なんというかとても印象的で。このふたりの愛情も、きっとどれだけ年月が経っても変わらないんだろうな、とそんな感じでそっと余韻が残るというか。
和菓子屋さんの松風もおいしそうです。(私も実は松風をいただいたことがない……。)
斎藤家のお茶室選びは、このお家の人たちを前とは別な角度で見ることができて、一人一人を人間として身近に感じて好きになれた感じがしたのが、良かったなと思いました。左京さんもあれはあれで得難い才能なんだよな。
千利休と秀吉のエピソードの解釈も興味深かった。

『砂上の楼閣』
子守りホームズさんの図はちょっと笑えましたが、円生の再訪、葵への接触、そして……。
葵ちゃんに冷たいことばをぶつけても当の本人には清貴君の真意は分かってしまっていて、それでも本当にどうしようもない清貴君と葵ちゃん。辛すぎる……。手をつなぎキスをするにもいっぱいいっぱいの初々しい葵ちゃんの口から出てきた台詞にもびっくりしつつ。

『言葉という呪』
店長が葵ちゃんに差し伸べる手が優しくて、ふたりの未来に確かにつながっていて、読んでいて胸があつくなりました。店長の穏やかな懐深さに救われました。カンニングペーパーに和む。
言葉って本当に力があり怖いものなんだな。
それにしても書籍版ではこの時期の葵ちゃん思いっきり受験生じゃないですか……そっちの方向でも読んでいてひやひやしました。
甘い飲み物は優しい思い出を連れてくる、とブラックコーヒーを飲む葵ちゃんが切ない。

『望月のころ』
円生と清貴君、そして葵ちゃん、三人の間での決着。
しずかにぴりぴりしたはりつめた空気の中でのお話でした。
これまで目的不明、正体不明で恐ろしいとしか思えなかった円生の過去の背景が、明かされてゆき。
どうして贋作を作り続けてきたのか、出家したのか、清貴をライバル視するようになったのか……。パズルのピースがはまっていくごとに、胸が苦しくなりました。
円生のメッセージを清貴君がきちんと受け止めて彼のための奔走し、そして円生の苦しい心を葵ちゃんが一生懸命解きほぐし、あの結末を迎えられて、良かったな。
というか、葵ちゃんの精神面での成長が著しい。ひとりで円生の心情をたどりああいう方向に導いた葵ちゃんに、鳥肌が立つくらいでした。
そしてなんといっても葵ちゃんの「清貴君、おいで」ですよね。もうほんっとうによかったですよね!!(涙)
第一話のホームズさん側から発せられた「おいで」と書籍版では対応していて、よりお話の流れが納得のいくものとして補強されていたというか、とても良かったです。読んでいて目頭が熱くなりました。

『エピローグ』
葵ちゃん無事に大学合格できて本当によかった!
そして「蔵」でのアルバイト生活も無事に復活してホームズさんとの仲も元に戻って本当の本当に良かったです。
円生の贈り物の中国の風景画とそこに嫉妬する清貴、そんな彼に葵ちゃんがかけた言葉がまた良かったです。
秋人さんの憶測までは行ってないにしろ、着実にこのふたりの距離感は縮んだ気がします。
柳原先生の弟子として現れた円生、小松さんが持ち込んできた新たな依頼、次の物語へのつながりもぽつぽつ残るラスト。
(ところで好江さんとオーナーのふたりは、あれからどうなったかな?こちらもちょっと気になる。)

あとがきを読んで何よりうれしかったのは、このシリーズ、葵ちゃんの大学生編も読めるんですね!!
やったー!嬉しすぎる~!!(ごろごろごろ)
大学生になった葵ちゃんと院を修了した清貴君ではまたお互いの関係性が微妙に違うものになるでしょうし、いったいどんなストーリー展開をしていくのか、今から読めるのが楽しみで待ちきれないです(笑)。やっぱりいちばん気になるのはふたりの仲の進展……。

作中で右近さんたちにきれいになったと言われている葵ちゃんだけど、ホームズさんみたいな彼氏に、こんな風に常に宝物のように大切に扱われ慈しまれていたら、それはもう、色々な意味で素敵な女性に成長していくこと間違いないでしょう。と、読んでいてひとり嬉しくうなずいていました(笑)。ホームズさんの側にいて自発的に学び糧にして成長していける子でもあるし。
失恋も、彼女をより成長させたのだなと思います。結果的に。
大学生になってこれからどんどんきれいになって魅力を増してゆく葵ちゃんに、内心気が気でないホームズさんという未来が、今から目に見えるようです……。やっぱりどんな手を使っても女子大に行かせればよかったって後悔していそう(笑)。

……そんな好き勝手な空想を繰り広げつつ(笑)、本当に今回も面白かったです♪な一冊でした。
やっぱりすでに今から続きが読みたくてそわそわしています。

前も書いたかもしれませんが、このシリーズはエブリスタ版(ネット版。文庫の最後の方にアドレス等載っています)でも読むことができまして、主に清貴君と葵ちゃんの関係性において完全な別物、パラレルワールド。お好きな方はこっちも読まれると楽しいですよ♪
書籍版に馴染んでいるとひっくり返るくらい甘々ラブラブで、若干人を選びそうですが、お好きな方はぜひぜひ。
エピソードの順番も前後したりゆるやかにつながったりしていてそういうのを読んでいて発見できるのも二重に美味しいです。

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 望月麻衣