Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『鳥居の向こうは、知らない世界でした。2~群青の花と、異界の迷い子~』友麻 碧 




異界に迷い込んだ女子大生・千歳は、千国の薬師・零の弟子として働く日々。
千歳が弾くピアノは青い光を放つ花を咲かせ、王宮から重宝されていた。
そんなある日、千歳は鳥居を超えてきたという異母弟の優(すぐる)と再会する。
日本の家ではぎこちないばかりの関係だった二人は、千国で共に過ごすうちに、少しずつ心の距離を縮めてゆく——。

一巻目に惚れ込んでしまった『鳥居の向こうは、知らない世界でした』の第二巻!
楽しみにしていました~!続きが読めてとても嬉しい。
表紙の青色の光と花が美しく幻想的で読む前から期待をかきたてられました。

二巻目も、異世界の千国の描写はどこか懐かしく慕わしく、ピアノや文学作品の香りがする各描写は品よくロマンティックで、千歳が作る薬膳料理は美味しそうで、人の優しさ温もりが心に染み入る、極上の物語になっていました。
『かくりよの宿飯シリーズ』といい、この作者さんの物語の異世界の描かれ方が、きっと私のツボにぴたりとはまっているのだと思います。
異世界の各設定を読んでいると本当にワクワク楽しいし、そこまでシリアスすぎず読み心地が良く親しみやすい感じなのがマル。
(ちなみに私が今まで読んできた異世界もので同じくツボにはまったのはたとえば川瀬夏菜さんの少女漫画。あの親しみやすさがいい)
『かくりよ~』に比べてこちらはしゅっとした格調の高さがあるというか、読んでいてすんなり心地よさに浸れます。
それにしても異世界でピアノを弾く薄幸のつつましい美少女……なんて絵になる私好みの設定。

さて二巻目のキーポイントは、千歳さんを探して異世界に自ら迷い込んでしまった異母弟の優君。
青火王子にひろわれ千歳と再会した優君、日本の家庭ではぎこちない関係であった二人が、異世界で共に過ごすうちに徐々に心の距離を縮めて、本当の姉弟になっていく過程が、読んでいてじんわり心が温かくなり、とても良かったです。
自分もけっこうひどい目にあってきたみたいなのに、千歳さんに再会して美しく生き生きと暮らしている彼女の姿にまず安堵する優君、優しいいい子だな……。
弟のために馴染みのある日本の料理を工夫してこしらえる千歳さんの真心も沁みました。ハマグリごはんにほうれん草の胡麻和えおいしそうだな。

印象的だったのは音無夫人のエピソード。
日本人であったかりそめの夫を懐かしみ恨むでもなく思い出を大切にまどろんでいる夫人の姿がとても優しくて切なくて。
彼女の夢の中で世界をまたいで重なっている星空を共に眺めるふたりが幸せそうで楽しそうで、どうして二人の道は分かれてしまったのだろうと、想わずにいられなかったです。
重なり合うのは『銀河鉄道の夜』、美しいリンドウの花の群れと果たされなかった「一緒に行こう」の約束、海の事故、その後明らかになった悲しい真実。
シノさんと千歳さんが共同で作ったエビ雲吞とあんかけ炒飯もおいしそうでした。

青火王子は最初は怖くてとっつきづらいひとかと思っていたけれど、意外とトーリさんと対等の兄弟関係を結んでいるようで、優君もなんだかんだ馴染んでいたし、悪い人じゃないんですね。
千歳さんを馬鹿にした青火王子に零先生とトーリさんがすかさず反撃する場面が好き(笑)。千歳さんは千国で確かに自分の居場所を作り上げていて、それをこの二人に力強く肯定してもらえて、とても良かった。
優君に日本の絵を描かせて異国のことを知りたいとキラキラした知的好奇心を持つ青火王子、なんかいいな。
もっとも個人的には千歳さんにもう少し優しくしてほしいものですが。まあ、女の人に厳しくなるのも彼の境遇では仕方ないような気もする。

ヴァーユさん、優君、新キャラを迎え入れつつ、千歳と零先生の師匠とお弟子の生活もまたしっくり馴染んできていて、それもまた良かった。千歳さん認められてきてますね!
胡椒饅頭とか中華風のお餅入りパンケーキとかとてもおいしそうです。海苔巻きおにぎりが食べられるって嬉しいですね。
なにげない日常の生活のこまごまとした描写が相変わらずこの作品の大きな魅力です。
零先生と二人のお出かけのときに食べていたお弁当も地味にとてもおいしそうでした。

千歳さんとは別のアプローチで千国に馴染んでいく優君の姿も良いものでした。
王子様たちや零先生となんだかんだ仲良くなっているし。絵の才能で重宝されているし。優君の飲物おいしそうだし。
彼もまた千国で生き生きと楽し気にしていて、千歳さんもそれを見ていて楽しそうで、ほっこり。
それでも彼は、日本に「帰る」方の人間で。
千歳さんとの別れの場面、お互いの呼び方が変わった場面が、とても印象的で胸を打ちました。
ただこの異世界で生きるあなたの永遠の幸せを願う。自分の価値観を押し付けることもなく祝福を残して去り、父親に想いを確かに届けて帰る優君、別れ際に優しく導きの言葉をのこした千歳さん、そんな二人の姿が、優しくて、切なくて、美しかったです。

あとこの巻の青い焔草と千歳さんの絆のお話も幻想的で美しくてぐっときました……!!
本当に千歳さんはすっかり焔草を手懐けちゃってますね。
淡く光る染織物の描写がまた美しくてロマンティック。きっとお世辞ではなく千歳さんには抜群に似合っていると想像しています。

蝶姫ちゃんもトーリさんも元気そうで良かった。
トーリさんと千歳さんがやっぱりいい雰囲気な感じがするのですが、この王宮の人間関係を思うと、ちょっと将来的に厳しそうですよね……どうなるのかなあ。トーリさん自身千歳さんをお母さんみたいな境遇にさせたくないでしょうし。
ガジュマルの木の空き地でお茶している二人、お互いがお互いに、今日はあなたに会えると思って、というのが、すごく良い感じなのに~!(もどかしい)お妃に間違えられた場面もときめきましたし。
あ、あと水出しレモン珈琲というのもおいしそうです。優君すごい。

日本とこの異世界との関係、異世界人のこと、零先生たち仙人のこと、外国のこと、少しずつピースがつながってゆき、千夏さんの日記の謎もあり、まだまだこの世界で気になることはたくさん。
なので、また続きが読めると、とてもとても嬉しいです。

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 友麻碧