Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『かつくら vol.23 2017夏』 




発売からちょっと間が空いてしまいましたが、かつくら夏号、買ってきました。読みました。

今回のかつくらでの個人的読みどころは、まずは料理系ファンタジー(Web小説編)特集。
特に『異世界食堂』の作者さんのインタビュー。
『異世界食堂』の作品自体は未読なのですが、作品紹介や作者さんインタビューを読んでいると、面白そう!
作者の犬塚先生の「オールタイムベスト作品」が、私自身も昔から大好きな『クレヨン王国月のたまご』であったところに、かなりの親近感が芽生えました(笑)。おいしそうなスイーツも出てくるみたいだし、今度読んでみよう。
あとは『居酒屋のぶ』の一巻目はついこの間読んで面白かったですし。『騎士団付属のカフェテリアは~』も『居酒屋ぼったくり』も『上島さんの思い出晩ごはん』も好きですよ~!!美味しいお料理と良質のときめきが満載です。

少し関連して「趣味の本箱」コーナーカフェ特集も楽しかったです。
私も村山早紀さんの『カフェかもめ亭』に一度行ってみたい。何度読んでも同じ話で涙があふれて優しい気持ちになれるロマンティックなファンタジー風味連作短編集です。
『長崎・オランダ坂の洋館カフェ』もときめきと美味しい長崎の郷土菓子がいっぱいの大変素晴らしいお話です。
「あしながおじさん」がモチーフとは言われてみれば納得。
あと読者さん投稿の『ぶたぶたカフェ』のホットケーキとぶたぶたさんがとても可愛らしい。



『あしながおじさん』がモチーフと言われますと、それかー!!と納得。

そしてかなり充実していたのが『宝石商リチャード氏の謎鑑定』シリーズの辻村七子さんインタビュー。
女の子の影が薄いように思えて(笑)今まで未読だったのですが、充実したインタビュー記事を読んでいると面白そうだな~。これも読んでみたくなりました。
『螺旋時空のラビリンス』は私も読みましたが、素晴らしい少女小説風味SF&世界史もので、大満足でした。

ブックレビューを読んでいて、やっぱり『あとは野となれ大和撫子』が気になってくる。



『引きこもりの弟だった』も気になる。他にもいろいろ。(略)

読者投稿イラストは、今回は上でも触れた『オランダ坂の洋館カフェ』のものが、美しくて可愛くて眼福です。
私はシースケーキを一度食べてみたいです。

今回は私が以前から読んでいる作品がほとんどなくて寂しいなと思っていたのですが、新しい作品との出会いがばんばんきた感じがします(笑)。


それではそれでは。
この数日の間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: かつくら(活字倶楽部)

タグ: かつくら