FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『かつくら vol.25 2018冬』 




かつくら』冬号、買ってきました。読みました。
冬らしいファンタジックできれいな表紙イラストです。

毎年冬の恒例『マイベストブック』特集~!!
今年も読み応えばっちりで満足です。じっくり時間をかけて読みこみました。
『蜜蜂と遠雷』『ときどき旅に出るカフェ』『きまぐれな夜食カフェ』『JKハルは異世界で娼婦になった』あたりが特に心惹かれました。
『おいしいベランダ』シリーズや『オークブリッジ邸の笑わない貴婦人』シリーズが取り上げられていて嬉しくなったり。
『和菓子のアン』や『ホテルジューシー』の続編、『桜風堂ものがたり』『コンビニたそがれ堂』の続編、うんうん、今年も楽しみな本がいっぱい出そうです♪そういえばTwitterで『ぬばたまおろち、しらたまおろち』の続編も出ると目にしたなあ……楽しみ。(この作品の読者投稿カラーイラストがとっても可愛い♪)

辻村深月さんの『かがみの孤城』インタビュー。



実はかつくらの特集に触発されたのもありまして、先週読んだところです。
しんどい境遇におかれた中学生たちが、奇妙な城に集められてとまどい距離感を間違えつつも次第にかけがえのない仲間となって困難に立ち向かってゆくものがたり。気弱で繊細な心の持ち主だったこころが少しずつ成長し強くなっていく様にもほろりときました。面白かったです~!!インタビュー記事をじっくり読み返すと色々な発見があってなお面白かった。
去年読んだ『スロウハイツの神様』すっごく良かったですし、今年は辻村深月さん作品をもっと色々読んでみようかな。

『異世界居酒屋のぶ』の蝉川夏哉さんインタビューも面白かったです。シリーズ一巻目を読んだところですが、続きもまた読んでゆきたい。
そして二巻目が去年から(あれ、一昨年から?汗)積み本になっている『レアリア』シリーズも、読まなければ……書きおろし短編小説なんてレアものが収録されていてびっくりしました。

ブックレビュー諸々では『崩れる脳を抱きしめて』『竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王』『スノウラビット』あたりが特に気になりました。
『百貨の魔法』『紙の魔術師』のレビューにうんうんうなずいたり。

とても充実した気分で最後まで読み進め、次号予告ページを開き。
……あ、あれ。リニューアル準備中ときましたか。
次号はお休み……。
正直がくーっときましたが(そして数年前の休刊騒動がちらりと胸をよぎりましたが……)、次号をいつか読めるのを信じて、待っています!!
ほんと、かつくらは今でも、私の読書生活にとってかけがえのないパートナーですので。
信じています。
せめてはがきを今度こそ締め切りに間に合うように出しましょう。




そして私、秋号の記事を書きそびれていて痛恨の極み。
秋号、恩田陸さんのインタビューがとにかく充実していて読み応えがありました!!
前後して『常野物語』シリーズの『蒲公英草紙』をようやく読んだ私。
陽だまりのようにふんわりあたたかくて優しくて、その後胸がしめつけられるように切なくやるせなくなる、美しいお話でした。


この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださったみなさま方、どうもありがとうございました♪

カテゴリ: かつくら(活字倶楽部)

タグ: かつくら