FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

9月の読書メーターまとめ 

10月に入ってから数日が経過してしまいましたが、先月分の読書メーターまとめを追記より。
ああでも、1日に台風が直撃しなくて、本当に良かったな。
今週本当に疲れたな……金曜日の帰りは女子会で、美味しいケーキをお腹いっぱいいただいて締められたの、良かったです。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説  『ヴィシュバ・ノール変異譚』『源氏物語 つる花の結び』『彩雲国物語』『長崎新地・中華街の薬屋カフェ』
まんが  『トナリはなにを食う人ぞ』『踊る!アントワネットさま』『ふしぎの国の有栖川さん』『コレットは死ぬことにした』

『ヴィシュバ・ノール変異譚』、少しずつ読んでいたのですが、既刊、読み終わってしまいました。
最後のお話は特にふしぎなかたちの一冊でした。短編集のような、メルヘンな詩集のような。
マルーシュとガディルの馴れ初めや正体は結局最後まで謎のまま……正直とても気になるし続編があるのなら読みたい気持ちでいっぱいなのですが、でもこれにて一区切り、といわれれば、確かにその通りかも。
荻原規子さん版源氏物語もこれにて読み切ったかな。
とても読みやすい源氏物語で、今までざっくりしたあらすじしか知らなかった部分まで読みこむことができて、挿絵も美しくて、心地よい読書体験になりました。
あと高校生の頃第一巻目をリアルタイムで買って読んで以来十数年の月日が経過してしまっていた『彩雲国物語』、ようやく二巻目と三巻目を読んでみました!面白いです!理不尽な目に遭っても背筋をのばしてがんばる秀麗の姿に読んでいる私もにっこり元気を分けてもらえるよう。
まんがでは、『踊る!アントワネットさま』が、私の大好きなかたちの世界史もの少女漫画で、ふたりのマリーの友情と淡い恋と国王夫妻の家族愛が、じんわり染みわたりました。ほのぼの可愛い雰囲気が最後まで続いていたのも良かった。
『トナリはなにを食う人ぞ』も好きな料理もの少女漫画。ロールキャベツ男子という言葉がこれほど似合う男性は、瀬戸君がはじめてです。だって出会いからしてロールキャベツだったじゃないですか(笑)。あの時点ではロマンスはかけらもなかったけれど!
あと氷室冴子さんの読本もちょっと迷ったけれど買ってよかったです。飯田靖子さんの銀金のイラストの麗しさに泣けてきました。
『ジャパネスク・リスペクト!』トリビュート集も、私が最初に思っていたよりずっとずっと素敵な一冊でした。
読んでいて癒されたのは『長崎新地・中華街の薬屋カフェ』。牛乳プリンの優しい甘味が魅力的。
あと『とっておきのおやつ』アンソロジーを読んでいたら、あんみつやたい焼きが無性に食べたくなってきて。ちょっとほろ苦さもありつつ美味しいお話そろいでした。

この一週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

-- 続きを読む --

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)