FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『奇跡のような嘘をあなたと』感想&冬コミおでかけの記録 

去年の年末に行ってきたのです。
冬コミに。
夏コミにはこれまで二回行きましたが、冬は今回がはじめてでした。
去年の秋から色々やることいっぱいあったので、終わった後に自分にご褒美を……というのが大きかったかな。
年末寒波の不穏なニュースが流れる中出発です!
新幹線は雪のため案の定遅れていましたが、途中で雪の積もった美しい富士山も眺めつつ、東京に到着。

とにかく今回は雪が心配だったのでさくっとまわって帰ることに。
会場は、夏よりは暑さがない分快適だった気がします。昼間しかいなかったので何とも言えませんが。
一番のお目当ての古宮先生の同人誌をまずは購入し、あと榎木洋子先生のサークルと村山早紀先生のファンサークルにも足をのばしてきました。
榎木先生は残念ながら席を外されていたようでしたが、後藤星先生とお話できて握手もできました。『雲上楼閣奇譚』と『なんて素敵にジャパネスク』後藤先生挿絵版(←私がはじめて読んだコバルト文庫)は生涯の宝物であり、感激の時間でした。
『影の王国』の番外編とか解説とか読めた!!!幸せすぎる。あとゆかりちゃん語り手のミズベ国の解説コーナーとか諸々とても良かった。私実は『龍と魔法使い』シリーズ未読なので、いつか本をそろえて読みたいものです。
村山先生の作品解説本も読んでいてすごく幸せでした~。世の中にこんな素敵なご本をこしらえている方がいらっしゃるとは。
Twitterの仲の良いフォロワーさんともお会いしてビックサイトを離脱し、ネットで見かけてずっと気になっていた美味しいふかふかパンケーキを外国みたいなお洒落なカフェでいただいて、大混雑の東京駅まで戻ってきて日帰りで帰ってきました。


それでは追記以下は、Unnamed Memory シリーズ同人誌新刊『奇跡のような嘘をあなたと』の感想メモになります。
サイト様のMemoriaeシリーズ全作品ネタバレなのでご注意くださいませ。

未読の皆さまには、今月発売される『Unnamed Memory』書籍版を、全力でオススメいたします♪
一昔前によくあったようなファンタジー長編少女小説がお好きな方、ちょうど村山先生の話題が出たので『はるかな空の東』がお好きな方に、特におすすめしたいなあ。私が今まで読んできた物語の中でいちばんティナーシャと近しいと感じたのは、はる空のトオヤ姫なのです。



-- 続きを読む --

カテゴリ: Memoriae シリーズ

タグ: no-seenflower