Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『ディアティア』かずまこを 

ディアティアディアティア
(2011/05/31)
かずまこを

商品詳細を見る



成田秋人にある日突然声をかけてきたのは、一年生の桐ケ谷睦子(ちかこ)。
私の知りあいはみんな、成田先輩を好きになっては振られていく、納得がいかないから、と言って。
そんなきっかけでささやかに共に行動することになったふたりは、相手の知らない面に触れる毎、お互いに少しずつ、不器用ながらに、心の距離を近づけていく……。


私がいつもお世話になっている「空夢ノート+」様の感想を読ませていただいて、興味をひかれ、さっそく入手して読んでみた漫画。
実物の漫画を手にとると、事前に聞いていた通り、表紙の加工が凝っていて、涙のしずく?がきらきらしていて、とても素敵でした。

中身もさっそく読み始め…、これはもう、すごく私好みの漫画!
ストーリーも絵もキャラクターも、すべてが好みでした(笑)。
みんなこんなにかわいらしくて、どうしたらいいのか分からない…。きゅんきゅんし通しでした。

男の子と女の子、ふたりの初恋物語という基本の流れが全然ぶれずに楽しめたのが、まず良かったです。
成田くんも桐ケ谷さんも、恋愛に全然慣れていなくて不器用で、そのふたりが不器用ながらに距離を縮めていく過程が…初々しくてかわいらしくて、たまりません。
お互いの想いが通じ合うって、やっぱり本当に幸せなことです。
読んでいる私もこんなに幸せになっていいのかしら(笑)。

なんというか、一番最初に読んでいたときはさらっと流してしまって分からなかったささいなエピソードが、何度も読み返すごとに深く分かってきて楽しめた、という作品で。私はそういうお話が好きなので、嬉しかったです。(単に私の読解力が足りないだけなのかもしれませんが…。)

まず、成田くんがあんなにもてるのは、やっぱり本当に優しいいい人で、その優しさを、誰にでも自然に与えることができるひとだから、なんですよね。
一冊じっくり読み返していると、あちこちでさりげなく何人もを人助けしてますし。ストーリーに関係ないところでも。
鈴音ちゃんじゃないけれど、そのなんということない優しさが、女の子の恋のきっかけになるって、自然でよく分かります。だって、実際男の子にそんな気づかいされたら、誰だって嬉しいですもの。
その上、容姿もさらりと格好良いですしね成田くん(笑)。

あとこれも、一回目に読んでいた時は私、うっかり気づかなかったんですが、桐ケ谷さん、成田くんをそれまで全然知らなかったわけじゃなくて、試合に負けたあのときに一声かけてもらっていた、そんなできごとがあってこそのこのお話なんですね。
ひとことをもらってひとりぽろっと涙をこぼすシーン、鈴音ちゃんの思い出の中の「ちょっと優しい人に会った」と言うシーン、すごく好き。表情がかわいい!
それに気づいた上で、桐ケ谷さんが成田くんに涙をみせるシーンとかお話を色々読み返してみると、味わいがまた違ってきてまたふふふと微笑ましくなりました。

そうはいっても母親のことがあり、恋愛は苦手で目をそらし続けてきた成田くんに、真っすぐな視線をぶつけてきた桐ケ谷さん。
桐ケ谷さんの黒目がちな瞳が生き生きしてもう本当に魅力的で、涙をこぼしていても、その涙もきらきら美しいものに変えるだけの力を持っていて、こんな瞳でまっすぐに自分を見つめられたら、それはもう成田くんも、恋に落ちてしまうでしょう。
えー、私の言葉では上手く説明できないんですが、気持ち的にはとても納得できました(笑)。

ここ以降の展開は、どちらかというと、成田くんの方が気持ちを自覚して、押していく方向で(笑)。
なかなかなびいてくれないお堅い桐ケ谷さんの一挙一動に気持ちを翻弄されている成田くん、不憫だったけどかわいらしかったです(笑)。
「何もないのに笑えないですけど」という桐ケ谷さんに、内心ときめいているシーンが特に好き(笑)。
桐ケ谷さんの方も、鈴音ちゃんとの色々を経つつ、淡い想いを、自覚していって。その過程もたまらなかった!
ラストのシーンは、もう本当にときめきました。
何気ないやりとりで過ぎかけていって、でも一度振り返って、そして成田くんの気持ちに気づいた桐ケ谷さん、ここのシーンの空気がもう、たまらなく好き。

「誰にでもするんでしょ 良いです そういうひとだから」
「嬉しかったです 嬉しくても泣くんですよ 私」 

これまでのストーリーを含めての桐ケ谷さんの台詞、一度目に読んだときもときめいたけど、読み返した後に読むとこめられた意味も分かるようになって、またぐっときました…。マフラーもかわいくていいです!

そして、やっぱり恋愛には奥手の桐ケ谷さんのまだふわふわした想いに、「好きにさせる」ときっぱり宣言した成田くんは本当に、格好良かったのです!
ああ、ふたりとも、良かったです。おめでとう♪

桐ケ谷さんは本当に真面目でかわいらしい私好みのヒロインでしたが、彼女の親友の鈴音ちゃんもまた、かわいらしくて本当に良い子で、大好きでした。
自分も成田くんに恋心を抱きつつ、恋にとまどってひいてしまった桐ケ谷さんの背中をしっかり押してくれて、その姿がなんといったらいいのか自然体で何の含みもなくって、なんていいこなの…(涙)。
桐ちゃんと鈴ちゃんの揺るぎない友情が、とてもとても好きです。ロマンス要素に負けずおとらず好き(笑)。
あと美佳先輩も、素敵な人だったなあ。あの桐ケ谷さんがあんなに憧れているのだもの、このお話に出てこないところでも、本当に素敵な良い人なんだろうな。

最後に収録されていた「マイディア」、恋人同士になったふたりのミニストーリー、これがまた、読んでいて幸せすぎてどうしようかと(笑)。
さりげなくもいきなり「睦子」と呼び捨ての成田くんに、私もびっくりしました(笑)。
でも成田くんはやっぱりナチュラルに優しい雰囲気のひとだから、ソフトに感じて違和感なかったのですが。(でもあのお友だちの方の台詞が意味深…。手が早いってそんな。笑)
そしてあのメールは…ふふふ、照れますね。桐ケ谷さん、困っちゃいますよね(笑)。
二番目のお話も、とってもときめきました。
こちらのお話では、桐ケ谷さんの方の呼び方が「秋人先輩」とさりげなく変わってるところに、またきゅんときました…。


とにかくこれは、かなり私好みの漫画でした!初々しいラブロマンスに、もうおなかいっぱい、大満足。
何度読み返しても、ほんわかしあわせ気分にひたれます。
素敵な作品を教えてくださったりるさんに、感謝です♪


一昨日、昨日とそれぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 漫画・白泉社

タグ: かずまこを 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1001-ae416eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)