Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『エリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマント』ケイト・ペニントン 

エリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマントエリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマント
(2011/08/26)
ケイト・ペニントン

商品詳細を見る



舞台はエリザベス朝イギリス。
仕立て屋職人を父に持つ十三歳のメアリーは、刺繍が得意なお針子の少女。
ある日、メアリーの父が仕えるシドニー卿の元に、エリザベス一世の廷臣・ウォルター・ローリーが訪れた。
メアリーとその父は、そのローリーが、女王を訪問する際に身につけるマントを作る仕事を任されることに。
しかしある夜メアリーは、カトリック派の数人の男が、女王の暗殺を計画している話を偶然聞いてしまう。
それからメアリーの変化に乏しい生活は一変。エリザベス女王の王宮で繰り広げられる陰謀劇に、彼女は否応なしに巻き込まれていく……。


図書館の児童書コーナーでふと目にとまって手に取った一冊です。
エリザベス女王、イギリス、お針子の少女、美しい刺繍にドレス……心惹かれずにはいられない、魅力的なキーワードの数々(笑)。
それに加えてこの本、黒地の表紙に刺繍のモチーフが美しく浮かび上がっていて、こみねゆらさんの登場人物のイラストは服装の細部までていねいに描かれていて雰囲気あってきれいで、思わずうっとりながめてしまうような一冊なのです。
表紙を開くと出てくる裏の紙の色も、アクセントになっていてすごくきれい。

実際に頁を開いて読んでみると、ヤング・アダルト向け(?)の本らしく、読みやすい文章。
はじめの方はちょっと淡々としていたのですが、読み進める毎にお話に入り込んでいって、特に主人公・メアリーが王宮に入り込む後半部分は、読んでいてはらはらどきどき、一気読みでした。
これはなかなか面白い青春もの歴史小説ですねえ!楽しませてもらえました。
読書メーターの他の皆さまの感想を少し読ませてもらっていて、確かに実際にエリザベス女王のお針子として活躍する場面はそんなにないよね、お話全体としてもちょっとあっさりだよね…とか私も思いましたが、まあこれはこれで。
なんというか、素直に好感を持って読んでいけた小説でした。

このお話、読んでいてとりわけ魅力的だったのは、お針子の才能ある少女・メアリー視点から読んでいく、エリザベス朝イギリスのファッション事情のあれこれ。挿絵はなくても詳細に分かりやすく語られていて、それだけ読んでいても面白かったです。
そういえば、この時代のファッションのことってほとんど知らないんですよね私。(ファッションと言うか、政治も何もほとんど知りませんけどね…。)
貴婦人の皆さまのドレスや髪型も、ひだ襟とか頭飾りとか、ヴィクトリア朝のそれとは大分違っているし、男の人のファッションなんてもう、感覚からして全然違いますねー。ローリー、そんなに派手なマントをして女王陛下に会いに行くのか!みたいな感じでしたし。
というか、ふくらはぎって…さりげなく衝撃を受けました(笑)。

お針子のメアリーたちが、主人の衣装を仕立てている様子や、マントの刺繍をしている様子を読むのも楽しかったです。
青木祐子さんのコバルト文庫『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』とは違って、メアリーは父をはじめとして何人ものお針子たちと協力して仕立物をしていて、あちらのシリーズの大ファンの私としては、それがなんだかちょっと新鮮でした(笑)。
でも、刺繍の仕事にひたすらに没頭し、自分自身が着飾ることには興味がないメアリーの姿は、あちらのヒロイン・クリスにも通ずるものがありました。

使用人と主人の間にある階級の差のどうにもならないところが、お話全体を通して常に切なかったです。
わがままで意地の悪いシドニー卿の奥方と娘ふたりにどれほど邪険にあつかわれても、メアリー達は黙って耐えるしかない。
庇護を失ってしまったメアリーは、ローリーのどんな気まぐれにもついていくしかない、
メアリーがあんなに丹精込めて作りあげたマントにあの仕打ち…、仕方がなかった(?)とはいえ、読んでいた私も何とも言えない気分になりました。
一方、メアリーと同じ身分、使用人の人々との交流は、読んでいて生き生きとしていて楽しかったです。
サルタリー・ホールのお針子仲間はにぎやかだったし、グレシャムのお屋敷の女中のマーガレットも良い人だったなあ。

ローリーと、エリザベス女王陛下は……、簡単に白黒つけられないお人だなあ、と。
シドニー卿の奥方と娘たちなどに比べると本物の思いやりも持っている良い人なんですけれど、非道な面、完全には好意を持って読むことができないような面も確実に持っていて。
こういうひとたちじゃないと、王宮ではやっていけないのかもなあ…。
女王が実際に出てくる場面というのは実はそんなになかったのですが、それでもかなり印象に残るお人でした。
恋愛関係もうーん、雲の上の世界というか。
巻末のその後の覚え書きまで読んで、ちょっとため息が出ました…。
あ、レディ・イザベラは普通に好きでした。個人的にはもっと出てきてほしかったな。

お話の最後で、ハル……!本当に良かったです(涙)。
私的には、メアリーのお相手は彼になるのかなあ、良い雰囲気だしなあ…とかぼんやり想像していたのですが、あれ、全然違う?(苦笑)
悪人にはふさわしい結末が待ち受けていて、とりあえず、胸がすく思いでした。

うーんこれは、続きをぜひとも読んでみたいです。
この作品の中ではまだ非力で無垢な少女だったメアリーが、成長して宮廷のお針子として活躍し、彼女自身がロマンスの主人公になるお話、絶対面白いと思うんですけどねえ(笑)。
でも、そこまでいくと大人向けの小説になりそうですね……。

きれいなドレスが出てくるお話は、やっぱり心ときめきますね!ということで(笑)。


一昨日と昨日、それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 歴史もの

タグ: ケイト・ペニントン 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1009-9e926c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)