Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『和菓子のアン』坂木 司 

和菓子のアン和菓子のアン
(2010/04/20)
坂木 司

商品詳細を見る



梅本杏子は高校卒業後、デパ地下の和菓子屋『みつ屋』でアルバイトをはじめる。
プロフェッショナルだけど個性的な同僚たちと、歴史と遊び心に満ちた和菓子、それぞれの目的で和菓子を買いにやってくるお客さんたちに囲まれた、アンちゃんこと杏子の忙しくも充実した日々が始まる――。


はじめて読む作家さんのお話。
これは、結構前からずっと気になっていた本です。
あちこちで良い評価を聞いていましたし、何より食いしん坊で甘いものは特に大好きな私、和菓子が主役の青春ストーリーと聞けば、飛びつかずにいられません(笑)。

『和菓子のアン』というタイトルがまずかわいらしいし、表紙に並んでいるおまんじゅうがまたかわいいのです。
おまんじゅうはあんこみっしりで美味しそうですし、裏を見てみるときちんと『みつ屋』の印が(笑)。
よく見てみるとうっすら金箔が散らしてある?


実際に中身を読んでみると、うん、期待通りに、すごく楽しくて良いお話でした!
連作短編形式で五話それぞれ一区切りがついていて、ゆっくり読むのにも良さそうでしたが、面白かったので一気読みしてしまいました(笑)。
文章もすらすらと読みやすく親しみをもって読んでいけました。
ストーリーもキャラクターも、素直に好感が持てるものでほとんど毒を感じず、読んでいて最後まで気持ち良かったです。
キャラクターは思っていたよりずっと個性的でしたが(笑)。

アンちゃんこと杏子ちゃん、今どきの等身大の女の子と言ったら良いのかな、そして純情でとてもいいこ。
自分の容姿とかにコンプレックスを持ってる姿も共感できるもので、でも暗くなりすぎることはなくて。本人は基本的に、前向きに楽しそうに新しい仕事に馴染もうと真面目にがんばっていて、そういう雰囲気も良かったなあ。
こんな言い方すると本人には悪いかもしれないけれど、アンちゃんという名前通り、和菓子みたいな女の子なんですよね。
彼女を取り巻くひとの輪にほっこりと和んで、堅苦しさがなくて親しみやすくて、まっすぐですっと通るものがあって。あまり上手く表現できないのですが。

そんな杏子の仕事仲間になった『みつ屋』の面々、上にも書きましたが私が思っていたよりずっと個性的な人たちで、読んでいてびっくりし通しでした(笑)。
できる女性ながら中身は「オッサン」の店長・椿さんに、格好良い二十代男性なのに心は杏子以上に乙女チックな立花さん。
人畜無害そうな先輩アルバイトの桜井さんにも、秘められた過去が…(笑)。
彼らの裏の顔を知るたび内心動揺しつつも、馴染もうとがんばる常識人・杏子の姿が楽しかったです。
個性的とは言っても皆本当に良い人ばかりで、杏子のことをきちんと大切に扱っていて、そして和菓子への姿勢は超一流。
安心して笑いつつ読んでいくことができました。

私はうーん、椿店長が特にお気に入りのキャラかなあ。にこにこ優しい笑顔の女性ながら趣味嗜好とのギャップがすばらしいです。
でもやっぱりすべてひっくるめて最高にステキな大人の女性なのですよ。憧れちゃいます。
そして彼女の過去話の一片があきらかになると…うるっとしました…。
立花さんも、初登場時は杏子に同調してどうなることかと思いましたが、本性が出てくると…どうしましょう、反則的に可愛いじゃありませんか(笑)。彼の独特の魅力にはまりそうです。
格好良いところは普通にさらっと格好良いのもポイント高いな♪
そうそう、立花さんの師匠もこれまた個性的な…。この人も読み込むごとに好きでした。
おはぎのやりとりが格好良かったです。

私の期待通り、和菓子屋さんの和菓子についても本当に色々具体的に書かれていて、読んでいてすごく面白かったです。
季節の上生菓子とか、今まできちんと見たこともなかったけれど、こんなに季節感とか色々こまやかに考えて作られているんだなあ…。素敵です。ひとつひとつのお菓子がロマンですね!
「デパ地下」の和菓子屋さんならではのお菓子の売り方も、読んでいてへええ…と感心することの連続で面白かったです。
時間帯によって売れるお菓子が違うのかあ。言われてみれば納得。
デパ地下の裏事情をのぞけるなんて楽しい!わくわくしました(笑)。
『みつ屋』以外のお店の人たちとの交流も、こんな感じなんだなあ…とか想像して楽しかったです。

そして、和菓子をもとめてやってくるお客さんたちと店の人たちとのやりとりが、ミステリーになっているんですよね。私はあんまりミステリーと意識して読んでいなかったのですが、これもなかなか。
椿店長たちが和菓子の豊富な知識と推察力で、謎を鮮やかに解きほぐしていく姿、読んでいて気持ち良く楽しかったです。そしてそれぞれ明らかになったお客さんたちの想いに、しんみりしたり、ほっこりしたり。
七夕のお菓子と、杉山さまの『松風』のお話が、好きでした。
師匠が残していった謎にしっかり立ち向かっていった杏子も格好良かったな(笑)。半殺しは、ちょっと聞いたことがありましたそういえば。
あと、クリスマスの楠田さんも素敵でした。

ラストで喫茶店でスフレを一緒に食べている杏子と立花さん、結構良い雰囲気をかもし出していたような気がするので、ちょっと進展を期待しちゃいます(笑)。
杏子が立花さんの言葉に傷ついたのも、ほんの少しくらいは相手に好意があったから、と考えられなくもないと思うんですよね(笑)。(いやまあ、あんなこと言われたら誰からでも嫌ですけれどね。)

このお話、とにかくデパ地下へ行きたい!デパ地下の和菓子屋さんへ今すぐ行ってみたい!みたいに、読んでいるとうずうずしてきて、いてもたってもいられなくなってきました(笑)。
実は読み終えて二三日後に、地元のデパートのデパ地下をちょっとのぞきに行ってきました。
季節の上生菓子、きちんと美しくショーケースにありました。名前もかたちも一月らしくて風流できれい。
今の季節らしく、いちご大福を購入して美味しくいただきました。

うーん、洋菓子も良いけれど(あのスフレ美味しそうでしたねえ…笑。)、日本人なのだから、和菓子の魅力ももうちょっと知っていた方が良いよなあ、と読んでいてしみじみ思いました。
言われてみれば、真夏でも基本常温で保存できるとか、日本の気候にあっているからこそなんですね。
これからは自分の興味の範囲に、和菓子ももっとばしばし取り入れていくことにします(笑)。


昨日それぞれの記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 坂木司 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1021-31bdd1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)