Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

くもり空を見つめる朝 

おとといは金環日食の日でしたね。
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私の場合は、その前日までごそごそしていたので、日食をようやく意識したのは、前日の寝る前くらいでした(笑)。テレビのニュースとかで。
起きだしてみると、朝日がきれいで結構悪くない天気で、これはいけるかなー?と、……思ったんですけどね。
一時間ぐらいたって肝心の日食の時間になると、雲がもくもくと。
えー。全然見えんやん……。
ツイッターのTLで見てると、名古屋や津の方では晴れて見えているようで、なんで中間地点のここは曇ってるのー!と少々憤りつつ(笑)、窓の外を気にしつつ過ごしていました。

そうしてると、近所から突然「見えたー!」小学生の大声が聞こえてきて、母と一緒にあわてて窓の外を。
近所の人達もごそごそ一斉に外に出てきた気配が(笑)。
薄雲の切れ間から一瞬、とぎれとぎれに、細い太陽の影が見えました。
金環日食のリングはわからなかったけれど、一部でも一瞬でも見えたので、私的には結構満足しました。
叫んでくれた子、ありがとう。君のおかげで私達も見えたよ。
その後お母さんらしきひとに「うるさいー!」みたいに怒られてる声も聞こえてきたけど(笑)。ごめんね!

三年前に地元のプラネタリウムでもらってきた一応日食グラスがあったので、母と一緒にほんの少しだけ使ってみてました。

ツイッターの各地のフォロワーさん達のつぶやきが朝から活発で楽しそうで、そっちの方がむしろ見ていて楽しかったかな。
情報をリアルタイムで共有できるのってこういうときいいですね。月食のときとかも思いましたが。
テレビでの画像もきれいでしたねえ。

後になって聞いていると、ここの近場でも、晴れていたところはちゃんと晴れていたそうで。
ここでも二時間後くらいには晴れてきましたしね。
私の日頃の行いが悪かったんでしょうか。心当たりありすぎ(笑)。
でもねえ、前日までなにか準備していたわけでも正直なかったですし……うん、まあこんなものでしょう。

そんな感じの2日遅れの今更な日食の記録でした。以上!


日食のお話…私が読んだことある本の中ではとっさに思いつかなかったので、天文好きのひとが出てくるお話をあげてみる。

ななつのこ (創元推理文庫)ななつのこ (創元推理文庫)
(1999/08)
加納 朋子

商品詳細を見る


「一万二千年後のヴェガ」時の流れに思いをはせる感覚が何度読んでもいいなあ。
「空想力…空を想う力」、という瀬尾さんの言葉がすごく好き。もしかするとこの巻じゃなかったかもしれませんが…。


ここ三日間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントもくださった方、ありがとうございました!返信あと少々お待ち下さい…。

関連記事

カテゴリ: 日常色とりどり

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1095-f2684714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)