Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『幽谷町の気まぐれな雷獣』森崎 緩 

幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)
(2012/05/18)
森崎緩

商品詳細を見る



片野萩子は、地味で真面目な女の子。頼まれると断れない性格で、いつも委員の仕事を押し付けられている。
かたや、萩子の幼馴染の稲多大地は、気さくなイケメンでクラスの人気者。
会話の数もめっきり減ったカテゴリー違いの二人だったけれど、ある日とんでもない事件が起こり、二人の関係にも変化が…!?
山間の田舎町、幽谷町で繰り広げられる、甘酸っぱくてかわいらしい、ご近所あやかし物語。


以前おすすめいただいて以来大ファンになったオンライン小説サイト「Tiny garden」様の、書籍版書きおろし作品。
レガロシリーズのブログとかであらすじやラフイラストを見ているとかなり私好みのお話っぽくて、発売前からとても楽しみにしていました。
地味で真面目なヒロインとか、ご近所さん幼馴染とか、いいですね~ときめきますね~。
ヒロインの名前も、今時めずらしい古風な感じででも可愛らしくて、ひと目で気に入りました。

実際に読んでみても、私好みでとても楽しかった!満足しました。
読んだことのあるサイトのお話から事前に勝手に想像していたのより、ポップで今風な雰囲気のお話だったかな。よりライトノベル風というか。イラストのおかげもあるのかも。
それでも何といえばいいか、派手さはないけれど誠実で自然に親しみがもてる登場人物たち、彼らの日常が自然に丁寧に書き綴られていく雰囲気は、作者さんならではだなあと思いました。
そしてさりげないきゅんきゅん要素も盛りだくさんで、たまらなーい!(笑)
まさに青春ものでした。ストレート。

萩子と大地、主役の幼馴染ふたりがとにかくかわいくて、いたるところでときめいてしかたなかったです。このさりげなさがやっぱりいいです!
天才的に鈍感な萩子の一人称で進んでいくせいか、どこまでいっても恋愛方向にならない、けれど、今も昔も完全にふたりっきりの世界を築きあげていて、どこからどう見ても、他人の入り込む余地はまるでなし(笑)。
大地の方は、こっちは歳相応に意識しているんだろうなというのがところどころで伝わってくるので……ここがとても美味しかったです。頬を染めるとか。そこで譲ってほしくはないよね、とか。
なんて素直でかわいらしい、そして不憫な(笑)。
萩子たったひとりを一途におっかけてる姿が、確かに犬っぽいというかなんというか(笑)。
こんなにわかりやすいのに、なんで萩子は気づかないかな…。

幽谷町のお天気は変わりやすいもので……その変わりやすい天気のからくりが途中で分かってからは、急な天気の変化のたびに吹き出してしまったり。そのたび萩子ちゃんにツッコミを入れつつ読んでました。
考えてみると、萩子ちゃんのこれからの人生、責任重大すぎます(笑)。

雷獣とか妖しとかの不思議要素は、お話にしっかり絡んでくるけれど、基本的に日常生活が崩れることはなく、ゆるやかにふたりの学園生活が進んでいく感じで。
あんまりシリアスじゃない分、もふもふした雷獣の姿に気軽にときめいて読んでいけました(笑)。イラストがナイスなのです。
雷獣になった大地の父親の毛並みを奥さんが幸せそうになでているシーンがとても好きでした。
なので、ラスト近くの萩子ちゃんたちのあのシーンは、とても美味しかったです!(笑)
このままいけばまず間違いなく、萩子と大地のふたりも、大地のご両親のような関係を築きあげて、幽谷町で仲むつまじく生活していくのでしょう。それが簡単に当たり前に想像できてしまうのが、にこにこ。

萩子と大地の関係はただ甘いだけではなく、幼き日の苦い思い出も混じってきつつ。
ああ、こういうのってあるよね。からかいって嫌だよね……。
大地って最初のイメージ以上に、本当に優しくていいやつだなあ。今も昔も変わらぬ幼馴染への優しさにぐっときました。
そして昔の痛い思い出を乗り越えて、大地を助けに空まで飛んでいった萩子ちゃん、一途な想いの強さがとても素敵でした。

化学同好会のメンバーたちも、皆さんいい味だしてるなあと思いました。三人それぞれほどよくキャラが立っていて。
「化学」って、なるほど、その読みですか。気づきませんでした(笑)。
三人セットで仲良くやってる雰囲気が好きです。あぶらげラーメンのやりとりがお気に入り。
特に男性陣がふたりともめっちゃいい人ですね!上渡さん、お気の毒に……。黒川さんの大人な思いやりも好きですー。
栄永さんも、苦笑しつつもなんだか憎めないかわいい後輩キャラでした。まあだから、あのふたりに割り込む余地はないからね……(笑)。
彼らにもいつか、良き理解者ができたらいいな。
三人それぞれの生立ちとか仲良くなったきっかけとか、語られていないドラマがたくさんありそうなので、もっと読んでみたくなりました。

作者さんのサイトの小説の、甘々な後日談、番外編を読むのがとてもとても好きなので、できればこのお話の番外編も、どんなかたちででもいいので、いつか書いていただけると嬉しいなあ(笑)。
できれば大地視点のお話も読んでみたいです(笑)。

イラスト、最初はなんだかいつものお話のイメージと違うような……?と思っていたのですが、読んでいくとこれはこれできれいでとても素敵。女の子はかわいいし男の子は格好いいし雷獣はもふもふかわいいし、満足でした。
特に大地のイケメンな感じがすごくよく出てる。萩子のふたつ結びもめっちゃかわいい。
187頁のふたりが好きかなあ。ジャージ姿がいいです。
そして私も、大地のあのシーンの絶望の表情!いいと思いました(笑)。

最近現代学園もの少女小説(ですよね?)ってほとんど読めないので、そういう意味からも嬉しかった、今回のお話でした。
読んでいてあまりネット小説という感じはしなかったですし(実際書きおろしなので違うんですけれど)、ネット小説を普段読まない方でも馴染みやすいんじゃないかなあ、とか。


6月27日、追記。
サイト様にて、番外編「幼なじみ、ふたたび」の掲載がはじまりました♪かわいい♪日々の楽しみがまた増えました。


関連記事

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 森崎緩  Tinygarden 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1097-d71e6da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)