Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『本日は大安なり』辻村 深月 

本日は大安なり本日は大安なり
(2011/02/26)
辻村 深月

商品詳細を見る



今日は大安。祝い事にもっとも適した日。
ウェディングプランナーの山井多香子の職場・老舗ホテルアールマティではその大安の日、4つの結婚式が予定されていた。
しかし複雑な関係の双子姉妹にクレームだらけのわがまま新婦、結婚への温度差があるカップル……あちらこちらで平穏無事にはすまない雰囲気が。
この大安の日は果たして、皆にとって幸せの記念日になりえるのか――?


結婚式のお話でした。
式場のスタッフ、新郎、新婦、その家族、何人かの視点を通して結婚式場のとある一日の流れが語られてゆくスタイル。
身近で結婚式のことをちょこちょこ聞く日々、結婚式の裏方混じりのお話も興味があるなあと思い、手に取ってみました。
ちなみにはじめましての作家さんでした。ずっと気になっていた方だったのですが、なぜか今まで機会がなく…。

表紙が可愛らしくていいですねえ。
お花やリボンやケーキや、表から見えない真空くんが可愛い!

次々と視点が変わりつつお話が進んでいくスタイルが、読んでいて面白いなあと思いました。
テンポがよくて構成もお上手で、次々と明かされていく事実と膨らんでいく謎に、読んでいてどんどん引きこまれていって、夢中になって一息で読みきってしまいました。
ひとつの物語を複数の視点でなぞっていくお話というのは、やっぱり私、好きだなあ。

まあとにかく、一日結婚式!おめでたい日!というわけで、たとえトラブル続きであろうとも、基本おめでたい華やいだ雰囲気が漂っていて、楽しく読めました。
やっぱり憧れの世界なので、色々な小話は読んでいるだけで面白い。裏事情もへええ、そうなんだあ……と。

結婚式に臨むカップルと関係者達は、読めば読むほど訳ありなややこしい人たちばっかりで、途中どんどん危うげに落ちていくような展開に、ええっどうなるの……とはらはらして読んでいましたが、結局は文句なしのハッピーエンドに落ち着いて、ほっとしました。
ラスト直前、どたばた騒ぎの中でのあちこちの種明かしに、思わずほおっとうなってしまったり。

まずはお互いに複雑な愛情を抱き、式本番にとんでもないことを企てる双子姉妹のエピソード。
双子ではありませんが妹がひとりいる私、ここの姉妹の間の感情がとてもリアルで共感できる部分がいくつかあったりして、そして謎も面白くて、引きこまれました。
姉の立場で得するところと損するところ、そうそう、こういうのあります(笑)。
彼女たちの企みは、あまりにも徹底していて本気でこのままいったらどうするんだ……といったところで、いざというときの新郎のためらいない言葉と行動がとても素敵でした。きゅんときました。
映一さん格好いい!確かに敗北するしかありませんね……。

おばさんのりえちゃんの結婚に、誰にも言えない悩みを抱え続けてきた真空くん。
幼いなりに必死の覚悟で、大好きなりえちゃんを守ろうと懸命に色々頑張ってる真空くん、いいこで本当に大好きでした。
真空君の力届かぬところを、ふと現れた大人たちがサポートして、正しいところに導いてくれる流れが良かったな。
こちらも東さん、完全にだまされてしまってました。あとから思えば薬局ってところがまた怪しげだったんですよね。平穏無事にすんでよかった~(笑)。
あんずのお菓子と白雪姫のリンゴ、小物の使われ方が好き。

クレーマーのわがまま新婦に終始振り回され続けるウェディングプランナー・多香子さん。
途中で明かされた人間関係に思わずぎょっとしましたが……あのトラブルがあって、あの新婦の態度を読んだあとだと、もう、印象がぜんぜん違いますよ。ハンカチのエピソードも良かったな。
なんだかんだいって玲奈さんが友人たちにもキャラを受け入れられて愛されている感じだったのも、納得したというか。
多香子さんの仕事へのプロ意識といったらいいのかな?が、最初から最後までとても格好良くて素敵でした。

陸雄さんは……どうしようもないなこの人…。
あまりに自分勝手な理屈とその行動に、読んでいてかなりイライラしてしまいましたが、まあ、終わってみれば、良かったんじゃないでしょうか。
こんなどうしようもないひとでも救いがあってよかったなと思えてしまう、大安の日、結婚式の日って偉大です(笑)。
貴和子さんが幸せならばそれでもういいです。死ぬ気で幸せにしてあげてほしいです!

陸雄さんつながりで、小火騒ぎ、そっちでしたかー!と、思わず叫んでしまいました。
そういえばグラタンが生っぽいとかなんとか……なるほど。
でもこの騒ぎを経て、上にも色々書いてきた通り、問題を抱えていたカップルたちもいい方向に行き出せた……という展開が、これまた読んでいて気持ちがいいものでした。
そして多香子さん自身のロマンスも!うわあ、多香子さん大好きだったので、嬉しいです~。
岬さんの想いが明らかになる場面が、この作品の中で一番きゅんときました。お気に入りです♪

ちょっと力技かな?みたいな展開がなかったとは言えない気がしますが、全然構わないです。とてもいいと思います。本日は大安ですから(笑)。
ほんのりビターなものも混じりつつ、読みおえて、楽しく幸せな気分になれる、素敵なお話でした。

結婚式の日のお話といえば、瀧羽麻子さんの『はれのち、ブーケ』がまっさきに思い浮かぶのですが、どちらのお話もそれぞれ好きだなあ。

はれのち、ブーケはれのち、ブーケ
(2010/11/19)
瀧羽 麻子

商品詳細を見る


こちらは一組の結婚式をメインに、大学の同級生の仲間たちの視点で次々とお話が語られてゆくスタイルでした。

この『本日は大安なり』に出てきたキャラクターが、作者さんの別作品でも活躍しているようで、また読んでみたいな。


ここ何日かに記事に拍手くださった方、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 日常のお話

タグ: 辻村深月 

この記事に対するコメント

こんばんは。

ビックリしました。
実は、こちらの「本日は大安なり」は偶然、先週図書館で見かけて、「気になる本だなぁ」と思ったんです。
だから、まさかfallcloverさんが感想を書いてくださるとは。
でも、結局、違う本を借りる予定だったので、次に持ち越ししたんですけど、なかなか面白そうな本ですね。

でも、イライラする人が出てくるんですね。
まぁ、お話にはどうしても好きになれない人って出てきますもんね。
「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」だと、ギルレイやリコがダメです。
ギルレイが出てくると、もう怖いです・・・。
そうそう、ついに「恋のドレスと花ひらく淑女」まで読み終わりました。
といっても、続きが気になって、早いペースで読んでしまったので、落ち着いたら、ゆっくりと味わって本を再読していきたいなぁと思ってます。

毎回素敵なイラストですけど、「恋のドレスと陽のあたる階段」の表紙のイラストが大好きです。
どんどんクリスかわいくなっていきますね。

それでは、また遊びに来ます。

URL | ミホ #mQop/nM.
2012/06/02 23:21 * 編集 *

Re: タイトルなし

>ミホさん
コメントありがとうございます。

どうも、こんばんは~♪返信おまたせしてしまいました…。
6月になって、東海地方でも気温が高い日が増えてきましたよね。

『本日は大安なり』、ミホさんも図書館で手に取られていたんですね!わあ、すごく偶然!(笑)
この本、実は私も、図書館で借りてきたものだったんですよ。
私は予約本を引き取るかたちで借りてきました。
結婚式の一日のドタバタ劇、結婚式の裏方事情も分かったりして、面白かったですよ~。
そうですね、イライラな人というのは、主に、何組かのカップルの内の新郎ひとりが…。もう苦笑いするしかない感じです。
ま、このお話の彼は、最終的には憎めないひとなんですけどね。

ギルレイとリコ……、はい、本気でイライラするというか怖いキャラクターですよね。
特に、私はどこまでもクリスの味方なので、クリスを傷つけたり悪意を向けたりするギルレイたちのようなキャラクターは、常に許しがたいです(笑)。
そしてミホさん、『花ひらく淑女』まで、読了されていたとは!わーい、私が嬉しいです~(笑)!
このシリーズは、私も、一度目に読むときは他のすべてを忘れてノンストップで一息に、あとから何度も何度も読み返して、ゆっくりじっくり味わっている、そんな楽しみ方です。
『陽のあたる階段』のイラストのクリス、かわいいですよね♪♪
みつあみのクリスもかわいいけれど、お洒落して違う髪型をはじめたクリスがもう本当にかわいくって、新刊が出るたびに、にこにこしつつあきさんの挿絵を愛でていました…(笑)。
彼女は本当、恋をしてどんどんきれいになってきましたよね~!

はい、こんな調子のブログでよろしければ、またお時間があるときに、いつでもいらしてくださいませ~♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2012/06/06 20:00 * 編集 *

サラッと読めました。
みんな落ち着くところに落ち着けて良かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

URL | 藍色 #-
2012/07/27 17:24 * 編集 *

Re: タイトルなし

>藍色さん
コメント&トラックバック、ありがとうございます。

本当に、途中はどうなることかと思いましたが、皆落ち着くところに落ち着いて、読み終えてほっとしました(笑)。
私のブログの方からも、トラックバックさせていただきますね。

URL | fallclover #-
2012/07/31 18:26 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1100-dad4dbb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「本日は大安なり」辻村深月

一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を...

粋な提案 | 2012/07/27 16:36