Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『東雲侑子は全ての小説をあいしつづける』森橋 ビンゴ  

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
(2012/05/30)
森橋ビンゴ

商品詳細を見る



3年生、東雲と恋人としておつきあいを続ける日々の中で、卒業後の進路を考える時期になった英太。
小説家という夢をすでに実現してしまっている東雲と比べると、特に取り柄もない普通の高校生の自分。自分が将来やるべきことが見つからずに迷い、漠然とした焦燥感にかられる日々を過ごしていた。
しかし迷いの中で、東雲とこれまで過ごしてきた時間、変わってきたものが、英太の望む未来をほのかに照らし始めて……。
もどかしくてほのかに苦いラブストーリー、決心の先へ。


東雲侑子さんシリーズ、三巻目にして完結編。
タイトルでなんとなくそうかもと思ってはいたのですが……終わってしまいました、ねえ。
お気に入りのシリーズになったばかりなので、完結、ちょっぴり寂しいです。

本を手にとって、読む前に表紙、最初の部分のカラーイラストをぱらぱらめくってみたのですが、今回は特に、どのイラストも、自然に私好みに可愛らしくって。
女の子たちが皆可愛いんです!特に東雲さん!旅行の場面とか!
表紙の東雲さん、表情やあたたかみのある色味や、なんとも言えずに素敵です。好きだなあ。
これだけでなんだか幸せ気分になって、本文も読みはじめました。

三並君と東雲さん、主人公二人のロマンスとして、とてもきれいなかたちに終わったなあ、と、読み終えて思いました。
過不足なくきれいに終わっているけれど、できればもっとこの世界を読んでいたいと、ついつい思ってしまうような。
東雲さんが作家であるというそもそもの設定以外は何か特別なことが起こるわけでもなく、最初から最後までシンプルにぶれなく、三並くんたちの日常生活、心情や関係のうつろいをていねいに細やかに追いかけて、書き綴られてゆく物語。いいものでした。
ラスト、あとがきまで読み終えると、静かに満ち足りた思いで胸がいっぱいになって、しばしひたっていました。

とにかく今回は、三並くんと東雲さん、最初から最後まで、ラブラブいちゃいちゃ(笑)。
シリーズのはじめからは考えられないラブラブっぷりが盛りだくさんで、読んでいるこちらの方が恥ずかしくなってきますよ(笑)。
ふたりのこそばゆいやりとりに頬がゆるんでくるのを抑えられず、電車に乗って読んでいると、私の方が不審者になりかけでした。あぶないあぶない…。
三並くん視点で読んでいる東雲さんの、可愛らしいこと!以前は見せなかった、むっとした表情や茶目っ気や何気ない焼き餅や、たまらないです(笑)。メールのやりとりもかわいい。
とにかく三並くんが東雲さんにベタ惚れしているのは、よーく伝わって来ました。もうきみたち、勝手にやってなさい(笑)。
東雲さん視点でのお話は全く出てこないので直接は伝わってこないけれど、東雲さんの方も、本当に三並くんが好きなんですね。恋してますね……。
三並くんが何を言っても、照れつつ拒もうとはしないあたりが、もうね!

主役カップル以外にも、ふたりの周りでもいくつものロマンスが花咲いてて、読んでいて幸せ感いっぱいでした。
幸せな恋もほろ苦い恋も、ほんのささやかなエピソードだったけれど、皆好きでした。
その恋の数々が、東雲さんの書く小説のもとになっているという構成も、素敵です。今までの東雲さんの小説とひと味ちがうというか……普通な感じが、いいじゃないですか。
できればひとつひとつの恋物語を、もっと詳しく読んでみたかったな。
特にパンのお話と年下くんのお話が、好きでした。初々しさにきゅんとしました。
椎名さん主人公の元エピソードでも東雲さんの小説でも、どちらかひとつでもいいから、読んでみたかった……(笑)。
あと、ますます夫婦同然な空気をかもし出しているお兄さんと有美さんのふたりも、やっぱり好きでした。晩御飯の支度のエピソードに和みました。このふたりの詳しいお話もできればもう少し読みたかった…。(感想書いていなかったですが、二巻目のカレーのエピソード、すごく好きでした。)
三角関係に理不尽に巻き込まれる人のいい三並くんがちょっと不憫だったな……(笑)。そういうところが好きなのですが。

大阪旅行の場面も良かったです。カラーイラストがやっぱり可愛い!
ふたりで大阪の美味しい食べ物を満喫している様子が、読んでいてとても微笑ましく楽しかったです。
夫婦善哉美味しそう。たこやきも。
ホテルの場面にはどきどきしつつ。

そして、三並くんが東雲さんに伝えた、将来の決意。
東雲さん、三並くんのことが本当に好きなんだなあ、恋する乙女なんだなあ……と彼女の涙に改めて思いました。
そして確かに、三並くん、その言い方はずるいです。反対できないじゃありませんか。彼の成長を感じて格好いいけれど(笑)。
コーヒー、「まだ、温かいね……」あたりのふたりのやりとりが、さりげなさがとても良くて、お気に入りです。
ふたりの関係、ぬくもりはずっと、残り続ける。

前後しますが、将来のことをあそこまで真剣に思い悩む三並くん、適当な選択をするのに逃げない彼の姿勢も、好感を持てるなあ、格好いいなあと思ってしまったのでした。
そしてあの決意にたどり着いた過程も自然な感じ。

別れの場面、東雲さんの手紙……ラスト辺りのエピソードも、相変わらず特にびっくりするようなこともおこらずていねいにふたりのことが書き綴られていて、静かに胸がいっぱいになりました。
東雲さんのお手紙、形式がちょっと『文学少女』シリーズっぽい、です(笑)。
彼女が長編小説を書かなかったのは……そういうことでしたか…。
『すべての小説をあいしつづける』的な東雲さんの言葉も、感慨深かった。
時間差でお互いの一日の幸せを祈り続けるふたりが愛おしいです。

最後のあとがきが、今回はまた最終巻にふさわしくていねいで、これまでのお話をしみじみ思い返して色々発見もできたりして、いいものでした。
東雲さんの設定とか。タイトルの文字数とか。小説とか。
私自身も、初期のエキセントリックというかミステリアスな雰囲気の東雲さんも好きだけど、今の東雲さんも、やっぱりとても好きです。


少年系ライトノベルを日常的には読まない私がこの作品を読みだしたのはちょっとした冒険でした、が、予想以上に私の好みのお話でした、満足です。
ふつうに学園青春ものラブロマンスとしても、すっと馴染んで楽しんで読めました。
同じファミ通文庫で唯一読んでいる野村美月さんの『文学少女』シリーズにも通じるような、文学、作家さんモード、普通に現代なんだけどやや古風なおもむきのある作品世界も、好きでした。
このお話に出会えて、私も、ありがとう。

関連記事

カテゴリ: 日常のお話

タグ: 森橋ビンゴ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1101-9f7dfc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)