Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

5月の読書メーターまとめ 

6月になりました。
まだ真夏の暑さはないけれど、空気がむしむししている。
冷たい飲み物やアイスクリームが美味しくなって来ました。

さて、月はじめの読書メーター先月分のまとめ記事です。
追記より。

5月は『夢の上』シリーズを一気読みしてその世界にひたっていた時間がいちばん長かったかな(笑)。
かいとーこさんの『魔導都の修理屋』とか異世界ファンタジーばかり読んでいたかと思えば、最後の方は現代ものメインに戻ってきた感じでした。
谷川史子さんの漫画は安定感があってやっぱりいいなあ。
ふじつか雪さんの『空の少年』も良かったです。

あとは、オンライン小説も、相変わらずちょこちょこと読んでました。
『詐騎士』の続きとか。ちょっとだけ新規開拓もしてみたりとか。
そのうちまた記事に感想メモとして書けたらいいなと思います。


一昨日と昨日にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


5月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:4927ページ
ナイス数:178ナイス

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
ああ、ふたりのロマンスとして、きれいなかたちで終わったなあ。できればもっとこの世界を読んでいたいと思ってしまう、いいお話でした。主人公ふたりのラブラブには読んでいるこちらが恥ずかしくなってくる……。東雲さんが可愛い~!相変わらず三並君の心理描写がとてもていねいに書かれていて最初から最後まで自然に応援して読めました。ロマンスがあちこちで花咲いていて幸せ感いっぱい。できれば皆の恋のエピソード、東雲さんの小説を詳しく読んでみたかった(笑)。特にパンの話と年下君の話が可愛いです♪挿絵も今回は皆可愛くてよかったな。
読了日:05月30日 著者:森橋ビンゴ
本日は大安なり本日は大安なり
次々と視点が変わっていくのが読んでいて面白かった。結婚式はそれぞれ事情持ちで、無事に終えられるのか続きが気になって一息に読みきってしまいました。途中でどんどん危うげな感じに落ちていくようではらはらしましたが……、文句なしの幸せなラストで良かったな。ボヤ騒ぎ、そっちでしたか!(笑)陸雄さんなんて迷惑……といらいらしてましたが、まあ終わってみれば、よかったよね。双子たちのエピソードもいい感じに決着したし、真空くんもいいこできゅんとしました。何より山井さんのお話もきちんと幸せに終わってくれて、嬉しかった。
読了日:05月29日 著者:辻村 深月
忘れられない (マーガレットコミックス)忘れられない (マーガレットコミックス)
どのお話もとてもよかったです。せつなさがストレートに胸に染みました。そして確かに感じる希望もいいな。表題作が一番好きでした。桜の花とお母さんの恋物語が美しい……。主人公自身の恋ともうまくからめられていて、なんとも言えない読後感。あと『告白物語』の編集さんのお話が面白くて笑ってしまいました。最後の細かなところまでお茶目ですねえ(笑)。
読了日:05月28日 著者:谷川 史子
空の少年 (花とゆめCOMICS)空の少年 (花とゆめCOMICS)
表題作が一番好き。アオと茜の関係がとてもよくて、切なくてたまらなかったです。『ピノッキオは夢を見る』も好きだなあ。
読了日:05月26日 著者:ふじつか 雪
千歳ヲチコチ 2巻 (ZERO-SUMコミックス)千歳ヲチコチ 2巻 (ZERO-SUMコミックス)
絵がきれいでかわいくてほどよく平安時代で、やっぱりいいなあ。表紙の色味がステキです。さてチコちゃんと亨くん……あー、もどかしすぎる!(笑)けど手紙の使われ方が、これはこれでときめいて好きでした!(笑)チコちゃんと長山さんの主従が格好良かった。舞姫のお嬢さんたちすごくかわいい。本番が終わってから典侍に労われているシーンがお気に入りです。このふたりは一体いつになったらまともに出会えるのか……今のノリも楽しくて好きなのですが。
読了日:05月26日 著者:D・キッサン
押しかけ絵術師と公爵家の秘密 (ルルル文庫)押しかけ絵術師と公爵家の秘密 (ルルル文庫)
素直にかわいらしく微笑ましい少女小説。文章もとても読みやすくて最後まで安心して楽しめました。イラストもイメージ通り。絵術師の設定も難しく考えなくても面白かったです。ガビちゃん意外な設定が……でもどこまでもエステル大好きなガビちゃんがかわいくてお気に入りでした。意外な設定といえば、セシルさんも好き。最初に出てきたイリア姉さん、個人的にはもう少し活躍して欲しかったな(笑)。
読了日:05月26日 著者:斉藤 百伽
幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)
大好きなオンライン小説サイト様の書きおろし作品。お天気のからくりが途中から分かってきて、笑える……。幼馴染ふたりがじれじれもどかしくて可愛くてちょっぴり苦くて、良かったです。特に大地君が、読みすすめるごとにいいこでかわいい!そしてかわいそう!(笑)萩子ちゃんみたいなタイプのヒロインも好きー。化学同好会のメンバーたちもいい味だしてました。彼らにもいつかよき理解者があらわれるといいな。ロマンスに……ぎりぎり届いていないな、できればもう少し続きを(笑)。幽谷町の設定も楽しかったです。挿絵もかわいいな。雷獣とか。
読了日:05月22日 著者:森崎緩
魔道都の修理屋 甘いささやきはキケンです!  (一迅社文庫アイリス)魔道都の修理屋 甘いささやきはキケンです! (一迅社文庫アイリス)
ああ、イゼアが不憫。彼女にもう少し普通の生活を送らせてあげてほしい…(笑)。表紙のふたりがかわいらしくてとてもいいです。アーソルドが幸せそう。中身でも、アーソルド格好良かったしちゃんといいひとでした。マナラの活躍がちょっと少なかった気がしたけどラストの戦いは格好良かった。そしてドレス姿が素敵です。ジェラート、分けっこするお嬢さんたちもかわいかったし、アーソルドの回想が涙ぐましい…(笑)。
読了日:05月21日 著者:かい とーこ
魔道都の修理屋 あなたのモノにはなりません! (一迅社文庫アイリス)魔道都の修理屋 あなたのモノにはなりません! (一迅社文庫アイリス)
表紙はなにかが違うと思うんです……かわいいけど(笑)。どこまでも不憫で苦労性のヒロイン・イゼアがとても好きでした。マナラとイゼアの師弟関係がほのぼのしていて好き。設定とか世界観とかたくさん出てきたけど、『詐騎士』で作者さんの世界に馴染んでいたせいか意外といろいろ楽しんで読めました。女の子に懐かれる男装少女、ちょっとルゼみたい(笑)。
読了日:05月20日 著者:かい とーこ
みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)
通常の文庫サイズというのが個人的に○です。レシピとエッセイを取り交ぜて、最後に短編を。読み物としてはさくさくあっという間に読めちゃいました。お料理の写真がきれいだなあ。裏エピソードも興味深いものばかりでした。清右衛門さんの正体にはびっくり仰天(笑)。澪と野江の短編も良かったです。野江の頷き方がかわいい~!何年も生き別れになっても澪と野江が幼き日の友情をあそこまで大切にしているの、改めて納得してしまいました。豪華な貝や落雁や、素敵です。
読了日:05月15日 著者:高田 郁
乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
パワフルすぎる双子娘たちに苦笑しつつも楽しく読めました。めでたしめでたしでよかったね(笑)。お母さんの厳しくもあたたかい愛情も素敵でした。しかしご両親もまたパワフルな……。個人的にはパリヤさんのお話をもう少し読ませてほしかったです。次巻に期待。なんとなく不穏な空気はどうなっていくのか、気がかり。馬とお父さんの小エピソードも好きです(笑)
読了日:05月15日 著者:森 薫
夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)
前後のお話がそれぞれ微妙にリンクしてつながっていて面白かったです。短編集なのに続きが気になって一気読み。個人的にはアーディンがやっぱり一番好きなので、最後の『手紙』を読めたのが一番良かったかな。強いお姉さんが何人も活躍していたのも楽しかった(笑)。そしてアライスとダカール、本当、良かったですねえ(涙)。
読了日:05月13日 著者:多崎 礼
夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
ひとことで言い表せない読後感。本当にいい物語に出会えました。最後の語り手はアライスとツェドカ。アライスの方は、これまで語られてこなかった彼女の本音が見えてきて、複雑な立場に思い悩む姿に切なくなりました。それでも止まらず走り続ける彼女の姿が…まぶしいな。ツェドカは本当に賢くていい人でこれまた泣きそうに……。そしてお話のからくりも明らかに。思っていたより重たくなくてちょっとほっとしました(笑)。でもこの構造良いなあ。イズガータ様とアーディンはじめケナファ騎士団の皆が格好良かった。表紙のふたりのイラストが好き。
読了日:05月13日 著者:多崎 礼
夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
時系列が前後しつつ語り手が変わりつつ物語がつづられる。読み込むごとにキャラクターに愛着が出てきて本当に素敵ですね、たまらない。ハウファさんの物語は、すべてを犠牲にしてまで復讐を貫ける姿勢に空恐ろしいものを感じつつ、大切な存在が増えていくにつれゆるやかに変化していく姿が良かったな。ダカールの物語はラスト直前からの展開が……どきどきでした。シアラを想うダカールの心が行き着く先に涙。どうなるのこのラスト!そしてアーディンとイズガータ様のふたりが好きすぎてどうしましょう……(笑)。愛について語るアイナも良かった。
読了日:05月09日 著者:多崎 礼
夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
丁寧な文体でつづられる素敵なファンタジー小説でした。慣れるまで少しとっつきにくかったけれど、最初の求婚のシーンがかわいくてきゅんときて、その流れで親しみを持って溶け込めました(笑)。アイナの人生は喜びも悲しみもすべて飲み込んで光輝いてるイメージで格好良い。最後まで心地よかったです。アライスの初登場シーンも好き。いいこなのです…。後半のアーディンのお話は、ひょうひょうと強い彼の生き様がこれまた読んでいて心地よくて、そして切なくてたまらなかった……。でも彼の仲間たちがまた素敵。夜の王の正体とか気になります。
読了日:05月05日 著者:多崎 礼
無菌病棟より愛をこめて無菌病棟より愛をこめて
加納朋子さんの闘病記。まず内容を知ったときに大衝撃でした……。うーん、感想を書くのは難しいな。情報収集して理解することを務め、冷静に淡々と記録していく姿勢がすごいなあとつくづく思いました。想像するだけで叫びたくなるシビアな内容もありつつ、文章はあくまでソフトでユーモアもあって読みやすかった。良かった探しをこんな状況でも続けられる加納さんを尊敬します。食べ物と漫画とストレッチにこだわってらっしゃる姿に思わずくすりとなったり(笑)。携帯って便利。そして家族や友人の皆さまの加納さんへの愛情に、ぐっときました。
読了日:05月05日 著者:加納 朋子
花術師花術師
独特の世界観が魅力的。思っていたよりシリアスなお話だなあ……。主役ふたりの関係はほのぼの微笑ましいのですが(笑)。リスカは未熟な部分もあってときどきもどかしくなったりするけど、やっぱりいいこで応援しちゃう。彼女に降りかかる災難が惨たらしくてちょっと辛い…でもフェイがまさかこんなにいい人だとは思いませんでした、和みました(笑)。最初の方の剣を癒すリスカの場面が美しくてお気に入り。
読了日:05月03日 著者:糸森 環
ホテルジューシー (角川文庫)ホテルジューシー (角川文庫)
『シンデレラ・ティース』の姉妹版ということでこちらも読んでみました。夏の沖縄の空気が濃密で、熱を肌で感じてちょっとくらくら。ホテルのゆるーい(笑)従業員さんたちは、サキちゃんのアルバイト先の人たちとは一見全然違うようで、あたたかくて良い人たちばかりなのは一緒だなあと、ラストシーンを読んでいてしみじみしました。それぞれに事情を抱えたお客さんたちとの交流もどれも印象深かったです。特にアヤとユリのお話には泣いてしまいました……。ヒロちゃん男前!美味しそうな沖縄料理の数々も素晴らしいです(笑)。
読了日:05月02日 著者:坂木 司
上海恋茶館 待ちぼうけのダージリン (コバルト文庫)上海恋茶館 待ちぼうけのダージリン (コバルト文庫)
色々謎めいた独特の雰囲気のお話でした。リリアは本当にお嬢様で美少女……(笑)。ただただ無邪気な女の子かと思いきや最後の方ではけっこうしたたかで、それが良かったかな。龍之介の日本での過去話が気になります。ライオネルは良くも悪くも世間知らずのおぼっちゃまで、周囲にもてあそばれ続ける姿にだんだん気の毒になってきました(笑)。ウエルビーが何気に好きでした。しっとり雰囲気あるきれいな文章は、さすが青木先生。
読了日:05月01日 著者:青木 祐子

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1102-185a6508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)