Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『晩夏、来た道、振り返る』Tiny garden/『秘密のお茶会』LIBER 

ここ最近に私が読んでいたオンライン小説の感想メモをいくつか。
やっぱりほのぼの癒されるお話を読みたい気分だったので、そっち系統のお話メインです。

『晩夏、来た道、振り返る』Tiny garden
夏の終わり、勤務先が倒産し、行く先をなくした菜月。偶然再会した元クラスメイト・山本の部屋に転がり込み、彼と束の間の同居生活を送ることとなる――。
相変わらずこちらのサイトの小説には、お世話になりっぱなしです(笑)。
最近高校生主人公のお話をたくさん読んでましたが、これはひさしぶりの社会人の方々のお話。
ヒロイン・菜月が最初放り出された境遇は、現実的でちょっと辛いものでした。が、ロマンス的には穏やかで優しめで、安心して最初から最後まで読むことができました。見守り続ける山本さんのストイックなゆるぎない愛情がいいです。
そんなにきつい描写ではなかったですが、菜月とお母様の間の確執が、なんというか女としてリアルで、心に残りました。でも収まるべきところに収まって、良かったな。ほっとしました。
お着物の後日談が好き。
菜月も山本も、真面目で不器用ででもとてもいいひとで、好感の持てるふたりです。お幸せに!
各章タイトルの名前もこだわりを感じてお気に入りです。本文もですが、ふたりが住む町、ふるさとの町、夏の終わりの独特の空気がうまく出てるなーと。

『抱き寄せて口付けても』Tiny garden様
こちらも社会人のお話ですね。
年上の女性に翻弄される、年下上司のお話。
まだはじまったばかりのお話ですが、ちょっと読んだだけでも、面白かった!かなり私好みでした。
星名さんにとにかくベタ惚れの課長さんが、頑張ってアタックし続けてでもいまいち手応えなく空回りしてる感じが、なんとも楽しいです。
映画の話も課長さんが気の毒で楽しかったけれど(笑)、その次の「小さな手」がまた好きなシチュエーション。
控えめで大人な感じの星名さんも好印象。早くラブラブが読みたい……(笑)。

あと、『ただ甘いだけに見えるゆめ』の番外編『水無月』も、いいお話でした。雛子と鳴海先輩のカップルにまた会えて、嬉しかった!
鳴海先輩の内心の動揺が面白かったです…(笑)。あとひと押し、読みたかったのにな(笑)。雛子ちゃんったら鈍いんだから…。

『魔法の花嫁』LIBER
ツイッターの方でご縁があって、親しくお話させていただくようになった、椋木ゆい様のサイトの作品です。
ロマンティックでふんわりかわいらしい、おとぎ話風味な世界がいいですね。短い時間であまり頭を使わずさらりと読めて、ほんのり幸せ気分になれます。
いくつか読ませていただいた中で、私のお気に入りは、今回記事にしたこのふたつです。
この『魔法の花嫁』は、美人の双子の妹の世話焼きなお姉さん・自身は冴えない村娘のエイミが主人公の、優しいおとぎ話。
エイミが好感を持てるいいお姉さんで、シンデレラ・ストーリーを気分良く楽しめました。
姉妹のお互いへの愛情が良かったです。妹たちの姉への贈り物もステキ。

『秘密のお茶会』LIBER
伯爵家の女中として働くアイネと、伯爵の次男ウィルラート。身分違いの恋に落ちた二人の、ひそやかだけれど幸せな、日常のエピソード数々。
王道な身分違いのロマンス話。でもこのふたりは、身分の差にへだてられつつも、同じ屋敷で身近に接して過ごす日々は、基本平和で幸せそうで、まあこんな身分差の恋もいいんじゃないでしょうか(笑)。
一話完結スタイルのなにげない日常のエピソードが、どれもきゅんとくるものばかりで、いいですねえ!とてもかわいらしいカップルです。
名の通りにお坊ちゃまなヒーローがかわいいです。アイネのために、これからもがんばってほしいな。
続きも、気長に楽しみにしています(笑)。

作者様は、色々お話させていただくに、私と少女趣味の好みのポイントが、非常によく合っているようで…(笑)。
今連載中のお話とかも、面白そうなので、また読ませていただきたいなと思っています。


あとは、やっぱり『詐騎士』の続きとか。
ルゼちゃんの一人称が復活で、嬉しいな!
書籍の四巻目も秋ごろに発売ということで、楽しみです。

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

タグ: Tinygarden  LIBER 

この記事に対するコメント

コメント欄では、はじめまして。

ゆりさん(と、こちらでもお呼びしていいのでしょうか…)、こんばんは。
先日の嬉しいメールに続き、こちらでもご厚意をいただいてありがとうございます。
ずっとこちらのブログを読ませていただいてましたので、素敵作品群の中に拙作が紛れているのを見て信じられない気持ちでいっぱいです。

ゆりさんがご紹介されている作品は、本当に好みに合うことが多いのですよ。
読書メーターのほうの感想になりますが、『レディ・スカーレット』、わたしも去年読みました。良いお話ですよね。確かにヒーローが不憫でした(笑)。

これからも訪問させていただくと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
拙作にお付き合いいただいて本当にありがとうございました!

URL | 椋木ゆい #ybOSRHpE
2012/06/09 21:53 * 編集 *

Re: コメント欄では、はじめまして。

>椋木ゆいさん
コメントありがとうございます。

どうも、こんにちは~。こちらこそ、ここでははじめまして♪
わざわざこんなところまでコメントつけにきていただいて、私の方こそとっても嬉しいです~本当にありがとうございます!
はい、もちろん、ゆりと呼んでいただいて構わないです(笑)。お好きな呼び方でどうぞ(笑)。

なんというか、私のブログは、そんなにたいそうなブログではまったくなく常に自分の好き勝手に長々と語ってるだけなので……椋木ゆいさんのように言っていただけると、恐れ多いというか(笑)。でもとても嬉しく思います。
何か失礼なこと書いてなかったでしょうか。どきどきです(笑)。何かありましたら即お知らせくださいね。

『レディー・スカーレット』、お読みになっていたのですね!
本当に、ヒーローが不憫なお話でした……ちゃんと格好いいんですけどねー。

こちらこそ、椋木ゆいさんのサイト、それにツイッター、今後もお世話にならせていただくつもり満々です(笑)。
こんな私とそのブログですが、ゆるゆるとお付き合いいただけると、とても嬉しいです♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2012/06/11 09:30 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1105-065e0be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)