Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『恋の見出し方』砂漠に浮かぶ月 

オンライン小説の感想、連続です。どれだけ読んでいるの(笑)。

今回読んでいたのは、「砂漠に浮かぶ月」というサイト様の『恋の見出し方』というお話。(サイト様の一部の作品にはR15指定表現あり)

異世界ものファンタジーです。
趣味はトマトの品種改良と財テク。貧乏ゆえに超現実主義者に育った優秀な王太子付執務補佐官の娘・アンリエッタと、彼女が幼い頃から仕えてきた美貌の性悪王太子様・カイエンフォール(カイ)が繰り広げる、楽しいラブコメディー。

読み始めて、まずはヒロインのアンリエッタがいい性格していて、こういう娘さん好きよー(笑)。
仕事面では本当に優秀でそつのないアンリエッタ、年若い女性の彼女に批判があったとしてもものともせずに、自力で解決してときに報復し、向かうところ敵なしといった風情でいきいきと仕事している姿が、読んでいてとても愉快で格好良かったです。
一人称の語り口調とか女の子っぽくかわいらしいのも好きです。実は家族思いで愛情深いところも。
優秀だけど性悪な(というか、師匠のアンリエッタには完全に負けてますけどね!)王太子・カイエンフォールとアンリエッタとのかけあいが、テンポがよくて面白くってもう。
なんだかんだいってお互いの優秀さを認め合って信頼しあって仕事している様が良い感じ。

お話が進むごとに、アンリエッタとカイの長年の絆の深さが見えてきて、主にカイの方の相手への恋心が、ちらちら見え隠れしてきて。
いやあ、ベタ惚れですねえ(笑)。
過去やカイ視点からのエピソードが交互にうまい具合に挿入されていて、アンリエッタとカイがどんなふうに出逢ったのか、どんなふうに絆を深めていったのか、背景も自然と分かってくるようなつくりになっていて、これがまた読んでいて楽しい。
仲良しこよしのふたりは読んでいてお気に入りです。
特に、カイがアンリエッタへの想いを自覚していく過程が、とても美味しかった(笑)。
アンリエッタもカイ大好きでめろめろなんですが、彼女はそういう面では非常に疎くて、カイの想いは空回り……不憫。そこが楽しいの(笑)。
アンリエッタが溺愛する弟のルーディ視点の話も、また違う姿のカイが拝めて、笑える~♪

ライバルの王女様の登場やらなにやでひと波乱あって、ふたりの関係は、とうとう大きく動き出して。
アンリエッタの(プロポーズ)が格好良すぎました(笑)。なんて彼女らしい。
その後のラブラブなふたり……はい、ごちそうさまです。ときめきすぎます。
ずっと一緒にいたふたりだからこそ、恋人同士になってもお互いの気持ちが仕草だけで理解できてしまうとか、たまらない。
熱いお茶の一気飲みの特技を身に着けたルーディがとても苦労人です。
ルーディといえば、ルーディ視点の後日談の、ラストのアンリエッタの台詞がとてもいいです。ベストカップルです。しみじみ。

それにしてもアンリエッタはけっこうもてもてだと思うの……。キーンとか、いいひとだったのに、気の毒に…。
そんな彼女のために、裏で手を尽くして色々もみ消して彼女を守って(?)いたらしいカイが…笑えます。

あと、番外編のところにあったカイの乳姉・マーガレットさん視点のお話が……ある意味アンリエッタ以上の最強っぷりを見せつけてくれてて、読んでいて何度も吹き出してしまいました。
そんなに昔からキーンを牽制していたなんて…。
脇役キャラも、おじ様たちとか、いい性格してる~。


基本王道ストーリーでとても読みやすく、微笑ましくてきゅんきゅんする、素敵な幼馴染ものラブコメでした。
頑張る女の子も大活躍で、私好みでとてもよかった♪


昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1110-0e950b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)