Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

6月の読書メーターまとめ 

雨降りの1日、今日から7月になりました。
月初めということで、先月分の読書メーターまとめ記事です。
追記より。

うーん、読みやすい少女小説、児童書、少女漫画等を、いつも以上に選んで読んでいた結果、こんな感じになりました。
読み応えがあったのは、『グリフィンとお茶を』と『花言葉をさがして』。
『光の回廊』の表題作も、ほんのりかわいらしい絵で描かれる光明子の悲しい恋、余韻が絶妙で、心に残りました。阿修羅像いいですよね。
『図書館の主』もますます好きです。クリス可愛い。宮本さんが相変わらずの癒し系で大好き(笑)。
『サクラ咲く』は、一応昔進研ゼミやってた私としては、二重に懐かしかったです(笑)。

あとは、ここには記録されていませんが、月の前半はオンライン小説をとにかく読みまくっていました。
ブログに記事にしたお話、どれもとてもお気に入りなのです!

そして『宝石箱のひみつの鍵』、読みました。読みましたよ!
カーテンコールまで期待以上に素敵すぎて大満足です。幸せでうっとりため息。
近いうちに、ネタばれありの感想で、心のままに語りたいと思います!
ごく個人的な希望の日にアップできるといいんだけどな。


ここ三日間の間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


6月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:4712ページ
ナイス数:176ナイス

花咲く森の妖魔の姫 (ウィングス文庫)花咲く森の妖魔の姫 (ウィングス文庫)
最初のカラーイラストのフィーが素敵すぎる…メルヘン風味のかわいいお話でした。純な初恋物語でもあり、家族愛の物語でもあり。真面目で知的なリシャールがなかなか好きなヒーロー。案外しぶとそうなので、彼ならこのやっかいな舅たちともなんとか上手くやって行けるのでしょう…。アルレットもいいこで好きですー。風変わりなフィーを自然に受け入れられちゃう柔軟さが兄と似てていいなあ。後半の展開はちょっと予想外でした。うまい具合にハッピーエンドで良かったです。あと、オディロンとライルの立ち位置が後半逆転してて笑っちゃいました。
読了日:06月29日 著者:縞田 理理
サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
中学生向け、なるほど…。爽やかで毒がほとんどない学園青春もの、ストレートに読みやすくて楽しめました。やっぱり表題作が一番好きです。ヒロインの気持ちにとても共感できました。中学生の頃、そうそう、友人関係とかこういうことで日々深刻に悩んでました!(笑)三番目のお話も深く感じるものがありました。お話同士が実は微妙にリンクしていて、気づいたとき、私もほわーっと幸せ気分になりました。
読了日:06月27日 著者:辻村 深月
本屋の森のあかり(3) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり(3) (講談社コミックスキス)
あかりがついに一歩を踏み出して……日常のお仕事奮闘記が続いていく中で、このお話がなんだかすごく切ないんだけど、でも雰囲気が良くて好きです。現実とファンタジーの境目がふわっと曖昧というか、調和しているというか。緑くんも紀子ちゃんも、読みこむごとに好きになっていくキャラクターだなあと。
読了日:06月27日 著者:磯谷 友紀
天山の巫女ソニン 巨山外伝 予言の娘天山の巫女ソニン 巨山外伝 予言の娘
イェラ王女の少女時代のエピソード。このシリーズのお話の中に流れている空気がとても好きだなあと改めて思いました。書かれていることはけして優しいことばかりではなく厳しいのだけど、のびやかで瑞々しくて読んでいて心地良い。難しいことも、心にすっと素直に入ってくる。そんな感じでイェラ王女の物語も楽しめました。カナン王子とのエピソードが特に心に残りました。あと乳母やさんが最初から最後までイェラの味方で良いお仕事してくれてて好きー。ソニンもほんの少し登場しててよかった!シリーズをもう一度最初から再読したくなりました。
読了日:06月24日 著者:菅野 雪虫
図説 イギリス手づくりの生活誌―伝統ある道具と暮らし図説 イギリス手づくりの生活誌―伝統ある道具と暮らし
台所用具、洗濯、衣服、その他生活の品が色々。ひとつひとつの紹介が意外なほど詳しくて読み応えがありました。興味がある部分をひろってはじっくりと。絵もたくさん載ってて、ていねいでわかりやすくてよかったな。ミシンとかレースとか詳しくって楽しい!私は食べ物が好きなので、卵の泡立てやバター作りやアイスクリーム作り…の頁も楽しかった。
読了日:06月24日 著者:ジョン セイモア
本屋の森のあかり(2) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり(2) (講談社コミックスキス)
一話ごとの本と本屋さんに関わるエピソードがとても素敵。特に『寒山落木』が好きでした。『千一夜物語』は、こんな風に考えたことはなかったなあ、せつない物語。お花やメルヘンティックなものがたくさん散りばめられた絵も癒されます。今のところ、恋愛ものというより、あかりのお仕事成長記として読む方が好き。
読了日:06月22日 著者:磯谷 友紀
図書館の主 3 (芳文社コミックス)図書館の主 3 (芳文社コミックス)
キノコ……まあいいですけど(笑)。今回のお話もすごく良かったです。こんな児童図書館に行ってみたい。ヘンゼルとグレーテル、妹さんの貝殻のエピソードにぐっときました…。色々恋の予感もあって、楽しかった。特に翔太君(笑)。クリス可愛い。そしてみずほさんにも頑張ってほしいなあ。宮本さん相変わらず癒しキャラでとても好きです。そして今回も「ここで終わるの?」的なラスト。続きが待ち遠しいです。クレヨン王国シリーズ、私も大好きです。
読了日:06月21日 著者:篠原ウミハル
光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)
表題作は光明子がヒロインのせつない恋物語。あっさりと可愛らしい絵のほんわかストーリーかと思えばやはり重たかった……でもラストの光明子と実忠の場面が救いがあって良かったな。光明子とカイの恋が純粋でやさしくて、ほろり。宮子さんもせつない。三千代さんと不比等さんの夫婦仲は好きなんだけどな(笑)。個人的に倉本由布さんが解説を書かれていておおっとなりました。
読了日:06月17日 著者:清原 なつの
リーゼロッテと魔女の森 2 (花とゆめCOMICS)リーゼロッテと魔女の森 2 (花とゆめCOMICS)
ダークファンタジー……なるほど、そういうことですか…。話はまだ完全には見えてきていないけれど、エンリッヒ、せつない。魔女さんが意外と可愛くて好きでした(笑)。
読了日:06月16日 著者:高屋奈月
ありをりはべり(8) (KC KISS)ありをりはべり(8) (KC KISS)
表紙の紫陽花色が季節ぴったりで素敵だなあ。そして完結。最後までゆったりまったりと、このシリーズらしい終わり方だったかな。棗と須佐くん、ようやく!良い雰囲気になってきただけに、この続きをもっと読みたかった……と思っていたら、続編連載スタートとか。これはとても楽しみです。脇役キャラのその後ももっと色々読んでみたいな。
読了日:06月16日 著者:日向 なつお
花言葉をさがして花言葉をさがして
うまく人を愛せずに心を閉ざして生きてきたヴィクトリアが、花の仕事をはじめて人と関わりを持ち、再生してゆく過程を、ゆるゆると。ヴィクトリアは本当にトゲトゲした女の子で読んでて正直ちょっと辛かったですが、エリザベスから教わった花言葉だけには忠実に、花に接して仕事し生きている彼女の姿がなんだかとても好きでした。エリザベスもグラントもレナータも、彼らなりに傷を持ってて愛情を不器用にしかあらわせなくて、でも皆ヴィクトリアを愛していていいひとだー。好きです。脇役たちのエピソードももう少し深く読みたかったな。
読了日:06月16日 著者:ヴァネッサ ディフェンバー
本屋の森のあかり(1) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり(1) (講談社コミックスキス)
表紙とか、絵柄がメルヘンで優しい感じで素敵~。夢見がちな甘いところと現実的なシビアなところと両方があって、バランスが程よいなあ。本好きとして、本屋さんの実際のお仕事あれこれは興味深くて面白かったです。というか、都会の本屋さんの規模がすごい!(笑)緑くんも、うん、嫌いじゃないです。あかりの成長が楽しみ。
読了日:06月14日 著者:磯谷 友紀
グリフィンとお茶を ~ファンタジーに見る動物たち~グリフィンとお茶を ~ファンタジーに見る動物たち~
荻原規子さんが「動物物語」メインに書かれるエッセイ風味な一冊。思っていたより内容が深くて、きちんと読むにはもっと時間がかかりそう。カエルとヒヨコと白鳥の章が特に印象的でした。あと、高校生のころ授業で習ったきりの『山月記』を再読したくなりました。今ならもっと理解できそう。そういえば、徳間書店の児童書のくまさんの正体が分かったのもよかったです(笑)。『勾玉三部作』は、私にとってまさに「扉のむこうに別世界」、そんな物語でした。
読了日:06月13日 著者:荻原 規子
たむらまろさん (B's-LOG COMICS)たむらまろさん (B's-LOG COMICS)
ゆるゆる坂上田村麻呂宮廷日常漫画…?よくわからないまま読み始めて、読み終えても結局よくわからなかった、でもまあこれはこれでいいんじゃないでしょうか(笑)。悪路王とか鈴鹿御前とか、別のところで個人的にときめきました。田村麻呂の妹さんもできれば出番がほしかったな…って、あのご婦人がそうだったのかな?あれ?そして、わたわたさん可愛いです♪
読了日:06月10日 著者:ユキムラ
祈り花 (花とゆめCOMICS)祈り花 (花とゆめCOMICS)
女の子たちが皆可愛らしくてとてもいいです!男の子も可愛いけど(笑)。表題作、毒の入れ込み方がお見事。黒いのに切なくて愛おしい…。個人的には『白花メランコリー』が一番好みでした。幼き日の出会いの場面がお気に入り。
読了日:06月10日 著者:林みかせ
乙女の美術史 世界編乙女の美術史 世界編
美術史のガイドとしてさくさく読めました。乙女視点というか…相変わらず外では読みづらい…(笑)。印象深いエピソードで名前だけ知ってる芸術家たちのざっくり知識が増えました。女性の芸術家がたくさん紹介されていたのが個人的に良かった。できれば関連の小説や漫画ももっと紹介して欲しかったな。
読了日:06月09日 著者:堀江 宏樹,滝乃 みわこ
レディ・スカーレット 令嬢の危険な恋人 (コバルト文庫)レディ・スカーレット 令嬢の危険な恋人 (コバルト文庫)
これはいい少女小説でした。安心してときめくことができました(笑)。設定が色々複雑でカタカナ語に弱い私は読んでいて少々混乱しましたが、でもお話は一冊にきちんとまとまってる。ヴェネツィア風の世界観も雰囲気いいです。ただおとなしく思慮深い子かと思えば意外と気が強いお嬢様のアルディア、好感を持ててよかったです。ヒーローの彼も、途中で正体は読めちゃったけど、王道に格好良くて素敵!途中色々不憫で楽しかった…(笑)。サルヴァとのラストシーンも、良かったです。
読了日:06月08日 著者:彩本 和希
花神遊戯伝よろしく遊べ、この異世界 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝よろしく遊べ、この異世界 (角川ビーンズ文庫)
文章に独特のリズムや艶っぽさがあって、慣れるとクセになる感じ。色々な描写が美しくて少女小説っぽいきらきら華やかさもあって、古代和風で不可思議なお話の世界にもよく合ってて素敵。胡汀のわかりにくいけれど純粋な優しさに支えられ、残酷で理不尽な仕打ちを受けつつも、成長して行動が凛々しくなっていく知夏の姿が良かったです。色々な設定を今ひとつ理解できてないままに一気読みしてしまったので……続編でその辺りも、詳しく書いてもらえるといいな。白雨さんのラストが良かったです。緋剣お二人がなんだか好き。普通の人な感じが?(笑)
読了日:06月06日 著者:糸森 環
愛しのローカルごはん旅愛しのローカルごはん旅
ほのぼの気軽に読めました。食いしん坊の私にはとても楽しい。あんまり奇をてらわず、普通に美味しそうな、でもその土地ならではの珍しい食べ物をたくさん紹介してくれてるのが嬉しいです。そして私は作者さんと同じく三重県出身なので、たまに出てくるそういう感覚がすごく理解できる(笑)。名古屋の焼きたてパンの小倉トーストが美味しそうで、おでかけしたくなりました。
読了日:06月03日 著者:たかぎ なおこ
姫の恋わずらい (フラワーコミックススペシャル)姫の恋わずらい (フラワーコミックススペシャル)
本当に、私が今まで読んできた作者さんの作品らしい作りと雰囲気のお話ばかり。上流階級の人たちの優雅なホームドラマは気軽に楽しめるし、きれいなドレスや調度品や、目の保養です。表題作、美人で気立てもいい箱入り娘を溺愛している男性陣に吹き出してしまいました…彼女は本当に意中の相手と結婚できるんでしょうか(笑)。
読了日:06月02日 著者:波津 彬子
英国マザーグース物語 新聞広告には罠がある!? (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)英国マザーグース物語 新聞広告には罠がある!? (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)
前巻の良さはそのままに。面白かったです!セシルとジュリアンが解いていく謎が、ほどよく少女小説でロマンティックでいいなあ。ブラックバードの謎はちょっとシビアに…でも落とし所が優しいので読後感もやっぱりいいです。すっかり仲良しな主役ふたりが微笑ましいです。セシルかわいい!飄々としつつセシルをしっかり気にかけ守ってるジュリアンも格好いいです。予想以上に展開はゆっくりかな……できるだけ長く読んでいたいから、いいか。新キャラのお嬢さん達も素敵でした。ダニエル兄様もやっぱり大好き(笑)。あきさんの挿絵も堪能しました。
読了日:06月02日 著者:久賀 理世
蒼のラプソディア (花とゆめCOMICS)蒼のラプソディア (花とゆめCOMICS)
色々な短編があってさらっと面白く読めました。特に表題作は、もう少しお話をふくらませてほしかったかな…好きだから(笑)。女の子たちが可愛らしくていいものです。
読了日:06月02日 著者:小椋アカネ

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

こんばんは。

お誕生日おめでとうございます。
素敵な1年になるといいですね。

わたしも、進研ゼミやってました。
テキストは、ほとんどやってなかったですが(笑)
通信講座って、結局やり遂げるのは難しいですよね。
赤ペン先生というのがあったな~と、今、思い出しました。

「花言葉をさがして」、図書館にあるみたいなので、今度借りてこようと思ってます。
fallcloverさんが読んだという本は、いつも参考にしてます。
自分が読んだあとに、fallcloverさんの感想を読むと新たな発見があって楽しいです。

日付は変わってしまいましたが、素晴らしい1年になることを願っています。
ではでは。

URL | ミホ #mQop/nM.
2012/07/07 00:05 * 編集 *

Re: タイトルなし

>ミホさん
コメントありがとうございます。

どうも、こんにちは~♪
私の方こそ返事が遅くなってしまいました……お祝いの言葉をかけてくださって、本当にありがとうございました!
おかげさまで、とても嬉しい気分の誕生日になりました(笑)。

ミホさんも進研ゼミされていたんですね。
通信講座って本当、続けるの難しいですよね……。私も常に積まれていて母に怒られてました(苦笑)。
赤ペン先生ってそうそう、懐かしい響きですねえ!

『花言葉をさがして』、途中結構長くてヒロインのトゲトゲした性格にしんどくなってきたりもしたのですが……花言葉を仕事に生きるヴィクトリアの姿がとても良かったなあと思いました。
わああ、私の感想でそんなことを言っていただけると本当、時間をかけて書いている甲斐があります。
うれしいお言葉をかけていただけて、いつもいつも、本当にありがとうございます!!
(私の方もできれば、ミホさんの読書の感想、特にヴィクロテの感想を、少しでも読んでみたいなー。なんて。笑)

はい、またいつでもお時間のあるときにぜひにいらしてくださいませ♪
ただ、今月は、ブログの更新ペースはゆっくりになってしまうかもしれませんが……。

URL | fallclover #SvKcs0as
2012/07/09 10:46 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1114-0d6cd7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)