Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』三上 延 

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る



鎌倉の片隅でひっそり営業している古本屋「ビブリア古書堂」。
その店主・篠川栞子は若くて美しい女性で、初対面の人とはろくに口も聞けない人見知りながら、本に向ける知識と情熱は並外れたものがある。
本が読めない体質の青年・五浦大輔は、訳ありの夏目漱石の古本をたずさえ、ある日「ビブリア古書堂」を訪れるのだが――。


人の手に渡った古い本には、中身だけではなく本そのものにも物語がある。 (10頁)


最近色々なところで話題の『ビブリア古書堂』シリーズ、今になってようやく一作目に手を出してみました。
実際に読んでみたら、ベストセラーとか世間の批評とか抜きにしても、とても好みのいいお話でした。
有名なシリーズということで勝手に事前にイメージしていたのより、落ち着いた大人の物語だった気がします。独特の古風な手触りが慣れると癖になりそうな。
読了してからちょっと時間が経ってしまったので、感想は印象に残っている部分を。

本が好き、本屋が好き、古本屋が好き。そんなひとにとってはたまらない物語だなあと、読んでみて一番の感想でした。
まるまる一冊、何冊かの古書に関わる人間の物語。主人公は、もしかすると本そのものなのかもしれないなあ。
大手ではない古本屋の日常の業務や、古書の知識あれこれが、はじめて知ることがほとんどで、読んでいてへへえと感心することの連続でした。せどり屋って、世の中にはそんな職業があるとは……。
一方で、ちょうど(ネタばれ…?→新潮文庫の例の紐の栞)について、読書好きの友人とおしゃべりしていたばかりだったので、これが謎解きにも関わってきて、おおっと面白くなってきました(笑)。

本が好きなのに幼い頃の経験が元で本が読めない……という主人公で語り手の大輔の設定、親しみを持って読み始めることができて、良かったです。
私、確かに本は好きですが、ビブリア古書堂で扱っているような名作文学は、やっぱり未だに敷居が高くて敬遠しがちだから(笑)。そんな大輔だから、無知な私も安心して、栞子さんの丁寧な解説を読んで行けたのでした。
大輔視点で語られる栞子さん、素敵な女性です。ちょっと(だいぶ?)変わっているけれど。イメージは本の妖精さんです。
本のことになると、別人のように生き生きとして、頭脳を冴え渡らせて謎を解き明かしてゆく姿が、魅力的でした。
清楚な美人ですしね!(←重要)大輔視点で読んでいると、ときどき魅力がきわどくって、どきどきしました。
お互いに手探りで距離をはかっているような、不器用な大人ふたりのコミュニケーションの様子が、微笑ましかったです。
栞子さんも、彼女なりにとても必死なんだろうな……がんばってー!(笑)

謎解きの中では、第三話の夫婦のお話が、特にお気に入りでした。最後まで読むと、お互いの過去も弱みもすべて飲み込んで受け入れて、微笑んでいられるふたりの姿に、とてもほっこりしました。いいな、理想の夫婦だな。
第一話の夏目漱石と大輔の祖母のお話も、予想外にビターな展開に転がって行きましたが、なんだか印象深くて嫌いじゃないです。漱石の本に隠されていた想い。身内の過去って複雑だな……。
せどり屋の志田さんと女子高生の小菅さん、一見共通点がなにもないようなふたりの友情も、好きでした。本の感性が合う人に出会えたのがうらやましいです。
全体的に、思っていたより現実的でほろ苦い要素多めでした。これも読んでいて大人味。

鎌倉の街、ビブリア古書堂の、少し古びて静かで穏やかな空気、読んでいてとてもいいなと思いました。そこで生活している人たちの息遣いもしっかり感じられて。
第一話で、大輔と栞子さんが一緒に食べているレーズンサンドが妙に美味しそうで印象に残って、私も食べたくなってきました(笑)。あ、これも大人味のお菓子でしょうか。
野村美月さんの『文学少女』シリーズでは、遠子先輩の設定上一緒に美味しくものを食べるシーンはありえなかったから、なんというか、新鮮な感じがしました(笑)。(本当に食べもののことばっかり考えて読んでるな私……。)

古書と本に関わる物語、それに大輔と栞子さんの関係がその後どうなるのかとても気になるので、続きも読みたいと思います!!
現時点では人への寄りかかり方があまりに下手で、一人きりで謎解きしている姿が危うげな感じもする栞子さん、彼女が変わってゆく様を読んでいけたらいいな。
個人的には、栞子さん視点での物語も、ちょっと読んでみたいなーと。


一昨日と昨日とそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントも、本当にありがとうございます!返信少々お待ち下さいませ~。

関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 三上延 

この記事に対するコメント

再読しましたが面白かったです。
ただ、ちょっと気になったのは連載されていた作品でもないのに
話のたびに人などの説明が入っていたのが冗長に感じました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

URL | 藍色 #-
2014/06/27 16:19 * 編集 *

Re: タイトルなし

> 藍色さん
コメントありがとうございます。

いいお話ですよね。いただいたコメントで、私もまた読み返したくなりました1
トラックバック、こちらからもさせていただきますね。
よろしくお願いいたします。

URL | fallclover #SvKcs0as
2014/07/03 22:35 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1146-fa1f332f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かし...

粋な提案 | 2014/06/27 16:11