Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『魔道士の研究日誌 召しませ愛しの王子様?』かいとーこ 

魔道士の研究日誌 召しませ愛しの王子様? (一迅社文庫アイリス)魔道士の研究日誌 召しませ愛しの王子様? (一迅社文庫アイリス)
(2012/09/20)
かい とーこ

商品詳細を見る



リゼットは、魔力で動く機械を作る魔工技師、そして人形作家でもある少女。
彼女は、対立する二つの研究所からそれぞれ彼女を勧誘しにやってきた、エヴァルとラフェスというふたりの青年と共に、世界ではじめて人工精霊作りに成功した。
その功績から、王妃に離宮へと招待されたリゼットだが、出会った第二王子に付き合って欲しいと迫られて、慌てて逃げ帰ることに。
ところが屋敷に帰って一息ついたところに、リゼットを追ってきた第二王子、さらにエヴァルを迎えに来たという彼の弟とエヴァルを慕う美少女たちも押しかけてきて……!?


『詐騎士』シリーズで個人的にすっかりはまってしまったかいとーこさんの、アイリス文庫の別作品。
『魔道士の研究日誌』シリーズ、この巻は二巻目になります。
一巻目『魔道士の研究日誌 精霊はハチミツがお好き? (一迅社文庫アイリス)』は感想書き逃しましたが、この二巻目がとても楽しくて私好みだったので、途中から感想を語ってみます!

一冊の中に色々盛りだくさんで、読み応えがありました。少女小説にしては読むのに時間がかかりました(笑)。でも本当に面白かったー♪
そして確かに、これまで読んできたかいとーこさんの作品に比べて、恋愛がストレートに盛り込まれてる!読んでいて新鮮というか、びっくりしました(笑)。初々しくってなかなか良い感じでした。
あと、出てくる食べ物がどれもこれも美味しそうで、これもとても楽しかったです!

このシリーズって異世界ファンタジー、魔法的な設定がたくさん出てきて、本来私はこういうお話がちょっと苦手なのですが、『詐騎士』で作者さんの描かれる世界観にもうすっかり馴染んでいるので、同じ感覚で読んでいるとわかりやすくて良かったです。魔力の多い人とか魔術の使い方とか。

主要キャラ三人、リゼットもエヴァルもラフェスも、一巻目を読んでいた時より馴染んできて良かったです。皆それぞれ大好きですー!
天然で世間知らずのお嬢様だけど、実は賢くて真面目な努力家のリゼット、うん、読みこむごとに好きになれるヒロインです。
彼女の最強っぷりは、方向は違うけれど、『詐騎士』のルゼちゃんと同じものを感じました。
持って生まれた才能プラス、真面目に人並み以上の努力を続けた上で磨かれた現在の能力で、そういうところがルゼちゃん同様好感を持てて、とてもいいなと思いました。
たくさんの人から好意を持たれてる状態に気づいてない天然さんなのですが、恋愛以前の彼女自身の生き方や価値の基準がしっかりしててぶれないせいか、不思議と嫌味にならずに読めました。
可愛いもの大好き、女の子としての努力はきちんと怠っていないところも好きです。

エヴァルは本当に、外見も中身も、本物の王子様よりも王子様なヒーローで……(笑)。リゼットへのぶれない優しい態度とまめまめしい世話焼きと戦う姿の格好良さに、読んでいてめろめろでした。ときめきました。
その能力や容姿から一見冷たそうな感じだけど、根はお人好しで優しいお兄ちゃんなラフェスも、やっぱり読みこむごとに好きでした。ジェスに稽古をつけているシーンがお気に入り。

そんな三人に、リゼットに一目惚れした第二王子様も参戦してきて、ロマンスは大賑わい。
特にラスト近く。これだけストレートに真摯に想いを告げられたら、さすがにリゼットも、恋に気づかずにはいられないでしょう。しかもそれが合間をはさみつつ三連続。これは盛り上がります(笑)。
特にエヴァルの、ここにきてまでも「王子様」な愛の告白にはときめきました。とろけそうに甘々で、なにか、正視に耐えられないレベルです……。
そしてラフェス、ラスト近くの展開はやっぱりというか不憫でしたが、「お兄ちゃん」段階からようやく前進することができたと喜ぶ彼が、健気で……ああ、やっぱりこの人好きだなあ。(それでも私はやっぱりリゼットにはエヴァル派なんですけどね。笑)

一巻目の段階では正直好きになれなかったセルティス樣(変人なのはともかく、盗みはだめでしょう。うん)でしたが、この巻では、なんだかんだいって憎めなくなってきました(笑)。
リゼットと普通に違和感なくガールズトークで盛り上がってるし。彼には彼なりに努力してきたものとポリシーがあるんですね。
兄上のカーディス樣といい、アクが強すぎる王子様達でも、リゼット達と深く関わっていくごとに、普通の常識人っぽくだんだん見えてくる不思議……。なんというか、すごいヒロインだな、リゼットって。

エヴァルの弟のジェスと、エヴァルを慕う美少女剣士のレイカも、お話にがっつりからんできて、面白く読めました。
今回のお話って、優秀な兄にずっとコンプレックスを持ってて自信を持てずにいたジェスの成長物語、でもあったんですよね。
鍛えられて少し自信をつけた彼が、リゼットをめぐる恋の鞘当ての最中で、想い人に告白した場面、素直に盛り上がってとても良かったです。若いっていいですねー。うんうん。
あ、男の友情も良かったです(笑)。
レイカちゃんも、リゼットのライバルということではじめはどうなるかどきどきでしたが、思っていたより好感を持てる可愛らしい子でした。
リゼット(とセルティス樣)に女の子としての教えを受けて、仲良くお買い物に行ったりする場面がかわいくてほのぼのしました。
美人さんということで、おめかししたイラストを、もっと見たかったです!
私は、リゼットとエヴァルをいちばんに応援しているというのもありますが、やっぱりレイカちゃんには、ジェスとくっついてもらいたいかなあ。レイカちゃんとジェスって、なんだかんだで昔から一緒にい続けてきてるからなのか、ふたりセットでいるのが、一番しっくり馴染んでいる気がするんですよね。
ジェス、これからも頑張って男っぷりをあげて、レイカちゃんをぐらつかせるんだ!

あとひとつの読みどころは、人工精霊のドリスの成長。
人間も精霊も、ドリスの周囲にいる全員が、すっかり彼女の親気分で接している様子が、微笑ましくてよかったです。
なかでもヒューリーとドリスのコンビが好きだなあ。
私も一応、鎧よりは、リゼット作の可愛いお人形さん姿のドリスの方に、きゅんときます(笑)。(あ、鎧にフード、私も可愛いと思いました!)

そして次から次へと出てきた、美味しそうな食べ物の数々。(←だいたいはエヴァル作。彼は本当に女子力が高くて感心してしまいます……。)
最初の王妃様の場面でリゼットが食べていたタルトと、エヴァルが作っていたパンケーキが、特に心ひかれました。
ふくらし粉ではなく発酵種を使って作るパンケーキ、お菓子のレシピの本で読んで、一度食べてみたかったんですよね(笑)。
リゼット作の蜂蜜とハーブ入りのパンもとても美味しそうです。私パン大好きです。さらにハーブも蜂蜜も大好きです。リゼットのパン焼き魔導機がほしいなあ!
ハーブで発酵種を作って焼きあげるパンというのも、興味あります。手間がとても掛かりそうなので実際にはやらないと思いますが……(笑)。リゼットは本当に研究者だなあ。
ドリスが皆に教わって作った料理も美味しそうでした。

恋愛要素多めとはいえ、かいとーこさんの作品はやっぱり、少女小説として他と比べると、甘さは控えめな。
恋愛そのものを盛り上げる以外にも、お化粧やお人形やスイーツなどを、女の子が自然に共感できるようにときめくように詳細に書き込んでいくことで、乙女ちっくを表現する……上手く書き表せないのですが(笑)、そういう少女小説も素敵だなあと、今回読んでいて思ったりしました。
『詐騎士』の方でも、状況によってメイクを工夫して使い分けるルゼちゃん、読んでいて好きだったんですよね。

続きがあるのかどうか分かりませんが、もし読めるのなら、ぜひ読みたいです。とても楽しみです!
『魔道都の修理屋』シリーズの方も好きなので、こちらも期待しています。
(そういえば、ラーハさまの装飾とかちらっと出てきて、思わず笑ってしまいました……。)

『魔道都の修理屋』一巻目~二巻目

魔道都の修理屋 あなたのモノにはなりません! (一迅社文庫アイリス)魔道都の修理屋 あなたのモノにはなりません! (一迅社文庫アイリス)
(2011/09/17)
かい とーこ

商品詳細を見る


魔道都の修理屋 甘いささやきはキケンです!  (一迅社文庫アイリス)魔道都の修理屋 甘いささやきはキケンです! (一迅社文庫アイリス)
(2012/05/19)
かい とーこ

商品詳細を見る


増田メグミさんといい鳴海ゆきさんといい、かいとーこさんの少女小説はイラストレーターさんが皆私好みで可愛らしくて、そういうところも嬉しいです。
『魔道都の修理屋』、昔からずっと大好きな女の子のために、アーソルドには本当に頑張って欲しいです。
ぱらぱら読み返していたら、リゼットの作品が出てきておおっとなりました。リゼット有名人!


ここ何日かの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


関連記事

カテゴリ: その他少女小説レーベルの本

タグ: かいとーこ 

この記事に対するコメント

お久しぶりです~。
魔導師~はまだ続編出ているようです♪
増田さんの絵素敵ですよね。
私は『業多姫』が好きでした。忍者が出たので。

URL | 明都 #-
2012/10/14 21:53 * 編集 *

私のドジ子さん……二巻の後はまだ出てないようです(苦笑)
どこで勘違いしてしまったんだろう。

URL | 明都 #-
2012/10/14 21:56 * 編集 *

Re: タイトルなし

>明都さん
コメントありがとうございます。

こんばんは~。こちらこそ、お久しぶりです!
せっかくコメント書いてくださったのにお返事が遅くなって申し訳なかったです…。

明都さんも『魔道士の研究日誌』読まれているのですね!
増田メグミさんの挿絵は素敵ですよねえ。昔からのファンです(笑)。
私は毛利志生子さんの『夜の虹』の挿絵もお気に入りです♪

そしてわざわざ丁寧に修正してくださっていて、本当にありがとうございました。
うーん、続きがでるのか出ないのか、現時点ではいまいち分からないシリーズですものね……(笑)。
でもやっぱり、できれば読みたいなと思います!

URL | fallclover #SvKcs0as
2012/10/19 21:49 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1164-f5a37118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)