Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『ふわふわのきもち』ささだ あすか 

ふわふわのきもち (ひらり、コミックス)ふわふわのきもち (ひらり、コミックス)
(2012/11/30)
ささだ あすか

商品詳細を見る



お菓子作りが好きでお菓子同好会に入部した、内気な一年生・梢。にぎやかで美人な弥生先輩と一緒にいると、なぜか緊張してしまう……。
表題作『ふわふわのきもち』他、少女たちのほのぼのした気持ちをいっぱいに詰め込んだ、心温まる短編集。


ささだあすかさん、待望の新作コミックス!
もう十年は前に『日向で昼寝』を古本屋さんで手にとってはまって以来、ささだあすかさんの漫画の大ファンです。
コミックスは全部そろえています。全部大好きです!!
特にお気に入りのコミックスは、今でも折にふれて読み返しています。
ほのぼのとぼけた作風とキャラクター、ほんわかラブコメ、読んでいてくすりと笑いつつ癒されます。そしてときめきます!
新作がもう何年も出ていなくて寂しくて……今回の新作情報に即座に飛びつきました(笑)。

この漫画、まずはとにかく、表紙が可愛らしいです!女の子もお菓子も可愛いっ!色づかいもあたたかみがあってセンスがよくって素敵です。本屋さんにて、一瞬で惚れ込んでしまいました。
カバーをめくると裏スペースにも描かれていて嬉しかった。最近の漫画はこういうおまけがたまにあってよいですねえ。

私はささだあすかさんの正統派少女漫画が好みだったので、最初はこういうの(百合もの?)ってどうかなあ……とか正直思っていたのですが、読んでみたら、普通にすごい良かったです!やっぱりささだあすかさんはいいわー。改めて大好きだと再認識しました。
というか、私って、可愛い女の子がとにかく大好きで、プラス女の子の友情ものがとにかく大好きなんですよね!(笑)それも読んでいてつくづく実感しました。
百合…?といっても、あくまでほのぼのした憧れ、友情、そんな感じのもので、全然ひっかからずに楽しめました。これなら普通の少女漫画としても十分ありだと思います。
作中に出てくる女子学生専用アパート「こでまり館」という設定も良いです。女学生の寄宿舎もの(ちょっと違うけど)も大好きなんです私。つくづく私のツボをついてくる漫画ですねささださん……(笑)。こでまり館なんて、名前からして可愛らしくてとても私好み。

そんな感じで、紺野キタさんの『ひみつの階段』や今野緒雪さんの『マリア様がみてる』の世界をちょっと思い浮かべつつ読んでいました。
特に紺野キタさんの『ひみつの階段』が好きな人は、この作品もきっと好きなんじゃないかなー。

少女漫画的ラブコメではなくても、ささだあすかさんのお話に流れるふんわりとぼけた空気、ときめき成分(笑)は昔のままで、読んでいて懐かしく嬉しくなりました。
絵は、昔の良さはそのままで、さらに洗練されてきてきれいになったような。
それこそ『ひみつの階段』の紺野キタさんの絵に近くなったように感じました。美人さんがしっかり美人さんだと嬉しいです。
紙が上質のものだというのもあるのかな。

では各話ごとに簡単に感想を語ってみます。
全話タイトルがひらがななのも、ふわふわ可愛らしくて雰囲気ぴったりでいいものです~。

『おとなりのせんぱい』
基本クールで無表情な花岡さんが、そそっかしい先輩の咲さんにほんのり好意を抱いている姿が、もう可愛らしくって!きゅんきゅんでした!(笑)
ちょっとふたりで困ってしまった場面が、読んでいる私も照れてしまいました。咲先輩の「ありがとう」が素敵。
そして女の子たちの部屋でのティーパーティー(?)に憧れがとまりません。おはぎというチョイスも味があっていいです~。

『ふわふわのきもち』
このタイトルいいなあ。お菓子作りメインのお話にすごくよく合っている。
お菓子作りが好きな梢さんと、お菓子を美味しそうに食べる弥生先輩の関係が、読んでいていいなあと思いました。
梢さんの内心のぐるぐるとまどいは、昔やっぱり地味で内気な女子生徒だった私にはとても共感できるものでした。そういえば私も、部活でほんのり憧れの女の先輩がいたものです……青春だったなあ(笑)。
オーブンに向かって手を合わせてお祈りする姿も、こちらはお菓子作り好き人間として、やっぱり共感できました。ですよね、ここまできたら「きれいに膨らんで焼きあがりますように!!」なんですねー。
話と関係ないところで、部長さんの三角巾が地味にくすっとお気に入りでした。ささださん漫画のこういうさりげない書き込みの遊びのセンスがやっぱり好きです。

『はじまりのことば』
なずなさんかわいいっ!ポケットの中身のおまけ漫画もかわいかったです!
距離感を上手くとれずにぐるぐるする宮田さんの姿にも共感できました。

『ほんのともだち』
図書館でのひみつのおともだち、というシチュエーションが、とってもいいですねえ。
お下げ髪で大人びた西森さんはかなり私好みでした。妹に接する顔とよそ向けのクールさのギャップもいいと思います!

『まいにちのともだち』
ふたりの出会いの桜の場面が、それぞれのかたちでかけがえのない思い出になっていて、友情っていいなあ!きゅんとしました。
そういえば私も高校生の時は髪のハネとか切りすぎ~とか毎日毎日悩んでいたなあ……当時は今ほど上手いやり方を知らなかったから……わかるわかるーと非常に懐かしくなりました。


まあ個人的には私、ささだあすかさんが描かれる地味系男性陣が昔からとても好みだったもので、今回そういうひとが出てこなかったのだけは、やっぱりちょっと残念だったかな……。
やっぱり昔のような設定のラブコメも読みたい~。けれど、今回の漫画も、すごいよかったです。大満足でした。


『日向で昼寝』

日向で昼寝 (花とゆめCOMICS)日向で昼寝 (花とゆめCOMICS)
(1998/05)
ささだ あすか

商品詳細を見る


寒くなってくると読み返したくなる、そんな漫画です。
綾井さんはとても私の理想のヒーローです。

あと『三日月パン』と『恋について語ってみようか』が、特に私好みのささださん漫画です。
また機会があれば語ってみたいです。

『ひみつの階段』(全2巻)紺野キタ

ひみつの階段 1巻 (PIANISSIMO COMICS)ひみつの階段 1巻 (PIANISSIMO COMICS)
(2009/08)
紺野 キタ

商品詳細を見る


これも読み返したくなってきました。女の子の寄宿舎もの大好きです。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントもくださった方、ありがとうございました!返信さしあげますので、すみません、もう少々お待ち下さい~。

関連記事

カテゴリ: 漫画・その他の出版社

タグ: ささだあすか 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1179-53317645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)