Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

12月の読書メーターまとめ&新年のご挨拶 

新年、明けましておめでとうございます。
今年のお正月は、とにかく寒いですね……。
この辺りは、お天気はとてもいいのですが。冷たく澄んだ空気に、新年の陽の光がまぶしく爽やかで気持ちがいいです。
ええと、新年の抱負とか、特に何も考えてなかったな……(笑)。
まあ相変わらずのこのブログですが、今年もよろしくお付き合いいただけると、とても嬉しく思います。

さてこの記事は、去年の12月の読書メーターまとめ記事になります。
いつもの通りに追記から。

結構たくさん読んでいた気がするのは、やっぱり電車に乗っての読書タイムがたくさんあったのと、漫画を豊富に所蔵している図書館を自在に利用できる環境に恵まれて、色々借りまくって読んでいたから。
ブログに書いていない作品で特にお気に入りだったのは、麻生みことさんの『路地恋花』に、池ジュン子さんの『BEAR BEAR』辺りかな!
『路地恋花』小春さんと椿さんが特にお気に入りでした。四巻まで読んで、幸せ感にほっこり。
『BEAR BEAR』、新人さんのコミックスでしたが、とにかくかわいらしかったです。可愛いラブコメにほのぼの癒されました。私もくまさんのぬいぐるみ大好きです。きぐるみは持っていませんが……。
これらも含めて、もう少し時間があればブログに感想書いていたのにー!という作品が、いくつもあります(苦笑)。
あと二冊くらいは、この数日の内に、感想を書きたいと思っています。
あと2012年のマイベストブックの記事も、できれば今日中に、更新したいです。


昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:35冊
読んだページ数:7325ページ
ナイス数:232ナイス

嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜 (コバルト文庫 し 17-1)嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜 (コバルト文庫 し 17-1)感想
お話や言葉の雰囲気がていねいで柔らかくて私好みでした。文章もすらすらとても読みやすかったです。ロマンスもかわいらしくて良かったです。ふたりでパイを買う場面が好き!自分の嘘つきを悩んでも打ち明けられないのはちょっともやもやしたけど、でも彼女の立場なら無理ないよね、と。それでもジョシュアやジュリアさんを飾り気ない愛情で救ったのは真実で、それがきちんと描かれていたのが良かったです。挿絵も児童書風でとてもきれい。ラヴィントン家の秘密設定が面白かったので、今回と主役を変えて、もっと別のお話を読めると嬉しいかも。
読了日:12月31日 著者:白川 紺子
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)感想
前の巻からある意味予想通りな展開。だったけれど、辛い状況になってもとにかくアンがまた予想以上に頑張ってて、彼女のその頑張りと一途な情熱が、やはりとても愛おしかったです。周りの全員が彼女を親身に応援したくなるのも納得。舞台が再びペイジ工房に、懐かしい顔ぶれに嬉しくなりました。エリオットさんとアンのコンビが良かった!なにより恋するブリジットが可愛らしくて、アンの作った砂糖菓子のシーンはにっこり笑顔で幸せ気分になれました。アンとシャルのふたりも、予想以上に糖度高めで読んでいて幸せでした。あとがきに吹き出したり。
読了日:12月30日 著者:三川 みり
身代わり伯爵の婚前旅行  IV絡み合う恋の糸 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の婚前旅行 IV絡み合う恋の糸 (角川ビーンズ文庫)感想
大変な目にあっても根性でお妃のつとめを乗り切ったミレーユが、とっても格好良かった!変に背伸びせずに下町育ちそのままでよりよい大公妃目指して頑張る彼女の姿は、読んでいて好もしいです。リヒャルトとの甘い場面も多めで満足しました。やっぱりこのシリーズはこうでなくっちゃ(笑)。あとエルさまの幸せそうな姿がとても良かったです。フィデリオさまのエピソード、引っ張られるなあ……。彼が予想以上にいいひとだったので、かえって複雑。ラストの短編、ジュリアさんの変わらぬ想いにきゅんとしました。そして団長……やっぱり。不憫です。
読了日:12月29日 著者:清家 未森
伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け (伯爵と妖精シリーズ)伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け (伯爵と妖精シリーズ)感想
完結に向けて、色々な事態が一気に動いてくる一冊。状態は全く油断ならないけれども、エドガーのあれがひとまず決着ついて、リディアと心を通じ合わせた場面にうるっときました……リディア、もう本当にほっとしました。甘いシーンもあって良かった。今までの辛い日々も無駄じゃなかったんだなあと過去の呪縛からすっきり解放されたエドガーの姿を見ていて嬉しく思いました。アルヴィンは、予想外な(笑)。懐かしい人達が再登場も楽しかったです。レイヴンやケリー達も相変わらずいい仕事してる!ラストが不穏で気がかり。幸せなラストを祈って。
読了日:12月29日 著者:谷 瑞恵
わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)感想
安心して読める甘々少女小説。影がほとんどないから軽く読めていいな。大正時代の風俗もふんだんに乙女ちっくに書かれていて楽しめました。きれいなお着物の描写にときめきました。主役ふたりの恋愛は、もう少し深く掘り下げて読みたかった気もするけれど、まあこれはこれでいいかな。
読了日:12月27日 著者:松田 志乃ぶ
真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)感想
最初のうちは少々とっつきにくかったのですが、次第にはまって結局一気読み。フルーツサンドにタマゴサンド、今回も出てくるパンが全て美味しそうで読んでいて我慢できません……。希実ちゃんを常に真剣に案じて、危なそうになったらダッシュで助けに来る弘基さんと暮林さんの姿が既に「家族」になっていて、読んでいてほっこりしました。希実ちゃんはますますお人好しのいい子だな。彼女の過去が予想以上にヘビーそうで気になるところ。あと、美作氏と安倍氏の過去エピソードが笑えました。たまごサンド買い占めとか、えらく可愛いんですが(笑)。
読了日:12月25日 著者:大沼紀子
シリウスと繭 1 (マーガレットコミックス)シリウスと繭 1 (マーガレットコミックス)感想
シンプルで優しい絵柄、ピュアでもどかしい恋のはじまりの物語。一旦慣れるとこの雰囲気がとても心地よいです。星のモチーフが特にきれい。繭子がプレゼントされた髪飾りが素敵。繭子とメグちゃんの友情もいいです。この続きが気になります……。
読了日:12月24日 著者:小森 羊仔
男子☆弁当部 オレらの友情てんこもり弁当 (ポプラ物語館)男子☆弁当部 オレらの友情てんこもり弁当 (ポプラ物語館)感想
小学生男子がお弁当を作るお話、さくさく読みやすくて面白かったです。ソラ君の、クールで友だちとの距離を測りかねている……ところが好き。さらっと美味しそうなご飯を作れるところも好き(笑)。私もお弁当の卵焼きがチーズ入りだと嬉しかったなあ。作ってくれていたのは母ですが。
読了日:12月24日 著者:イノウエミホコ
暁のヨナ 10 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 10 (花とゆめCOMICS)感想
まさか一冊テジュンの巻だとは。予想外でした(笑)。最初の方はひたすら残念だった彼が、憧れのヨナの姿に教えられ、きちんと自分の頭で考えて成長していく様が、予想外に良かったです。部下の皆も主にあわせて変われるいいひとばっかりだー。それにしてもヨナ愛されてますね!(笑)あと最後の頁のハクの不憫さがもうなんとも……次巻に期待したいです。
読了日:12月22日 著者:草凪みずほ
ワーキングピュア(3) (講談社コミックスキス)ワーキングピュア(3) (講談社コミックスキス)感想
高島さんに竹田さん、今までいまいち好きになれない人たちだったけど、実際に主役になるお話を読むと、嫌えない。『冬空にスキップ』も読後感よく素敵なお話でした。私も片付けられる女にならなければ……(笑)。
読了日:12月22日 著者:小山田 容子
ワーキングピュア(2) (講談社コミックスキス)ワーキングピュア(2) (講談社コミックスキス)感想
四人それぞれ、共感できるものがあるお話で、良かったです。読んでいると私も頑張らなくちゃという気分になれます。ソフトに。大石さんと堀さんが好きかなあ。
読了日:12月22日 著者:小山田 容子
天使1/2方程式 3 (花とゆめCOMICS)天使1/2方程式 3 (花とゆめCOMICS)感想
思いがけずに上野くんと水泳部の友人三人組が良かったです(笑)。というか、ゆい子ちゃんはこっちの方が平和で幸せな学園ライフを送れるような……あれ?(笑)相変わらずゆい子ちゃんの普通っぽい可愛らしさがマル。そしてみちるちゃんの叔父夫婦のカフェが気になる~!あちらの人たちは恋を成就できたのかなあ。
読了日:12月20日 著者:日高万里
魔王はハンバーガーがお好き (レガロ)魔王はハンバーガーがお好き (レガロ)感想
気軽に読めて楽しめるラブコメでした。なんだか、みんなかわいいです!特に師匠!個人的にはケリーさんサイドのその後の進展をもっと読みたかったです(笑)。イラストが可愛らしくて完成度高くて目にも楽しめました。師匠が本当にかわいい女の子で満足。
読了日:12月19日 著者:鏑木にのは
ワーキングピュア(1) (講談社コミックスキス)ワーキングピュア(1) (講談社コミックスキス)感想
しらゆり銀行に勤める人々が主役のお仕事もの漫画。ひとつひとつのお話が、誠実で、心に残りました。私も頑張らなければ……と自然と思える。ほどよく優しくかわいい絵柄も好みです。最後の『椿さんの友だち』がいちばん好きでした。
読了日:12月19日 著者:小山田 容子
小さいおうち小さいおうち感想
女中のタキさんと時子奥様のふたりの仲が読んでいて心が和んでとても好きでした。昭和モダンな時代の暮らしぶりも楽しめました。時代柄想像していたより湿っぽくなくて読みやすかったです。タキさんの細やかな気遣い、女中としての有能っぷりが良かった。時節に合わせて工夫して作る料理がどれも美味しそう(笑)。健史くん、正直最初はあんまり好きじゃなかったのですが、最終章まで読んで見なおしてしまいました。伯母さん想いのいいひとですねえ。
読了日:12月19日 著者:中島 京子
銀のスプーン(5) (KCデラックス)銀のスプーン(5) (KCデラックス)感想
律くんと夕子ちゃんの仲が少し進展してどきどき。ふたりとも精一杯の勇気をふるっても奥ゆかしいなあ……そこが可愛いです。名前呼びが良かったです。奏ちゃんの恋の予感も、これからどうなるのかなー。ラスクとメンチカツが美味しそうでした。
読了日:12月17日 著者:小沢 真理
銀のスプーン(4) (KCデラックス)銀のスプーン(4) (KCデラックス)感想
おや、ようやく律くんが!ロマンスの行方が気になってきました。そして弟妹の方も複雑だなあ。今回は調くんがぐるぐるしていたけど、確かに妹となるともっと難しそう……。お料理、この漫画を読んで、はじめて塩麹を自分で仕込んでみたくなりました。やっぱり漫画で絵を見せてもらえると、イメージしやすくていいです。
読了日:12月16日 著者:小沢 真理
路地恋花(4) <完> (アフタヌーンKC)路地恋花(4) <完> (アフタヌーンKC)感想
椿さんと小春さんが大好きだったので、彼女たちのその後のお話が読めてとても満足でした。いつまで経っても小春さんはこんな感じでいてほしい……(笑)。時計屋さんってロマンティックだなあと思いました。あと椿さんの想いが通じた場面にきゅんとしました。梓ちゃんもいい感じです~。お幸せに!はんなり和風な感じが心地よい、素敵な漫画でした。完結ということですが、うーん、できればもっと色々読んでみたかったです。花屋さんの続きとか。
読了日:12月15日 著者:麻生 みこと
図書館の主 4 (芳文社)図書館の主 4 (芳文社)感想
『人魚姫』ってそんなお話だったのか……。現代のお姫様、確かに強い(笑)。かわいい女の子の友情はやっぱりいいですねえ~。最近はすっかり癒し系と化していた(笑)宮本さんの内面に深く触れることに。みずほさんがこれまた可愛いので応援したいです。最後の人形劇のお話も良かった、この続きをもっと読みたいです。
読了日:12月14日 著者:篠原ウミハル
本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)感想
完結。とても満足の最終巻でした。転職先でもやっぱり大変そうだけど、遠距離恋愛だけど、ふたりとも本当に幸せそうだな~。読んでいるこちらまで幸せ気分になれました。恋する杜三さんが本当にストレートで私の方まで恥ずかしい……ふふふ。それにしてもお嫁さん候補をがっつり逃さない体制の寺山一家が楽しかった(笑)。そして紀子ちゃんのR18の本の中身が気になる!(笑)番外編、緑君と田才さんのペアがやっぱり好きだなー。栞さんの雪国のお話も素敵。『長い冬』私も思い入れがある小説だったのでわかるわかる!と嬉しくなりました。
読了日:12月13日 著者:磯谷 友紀
路地恋花(3) (アフタヌーンKC)路地恋花(3) (アフタヌーンKC)感想
シリーズ今までの中でいちばん好きな巻でした。やっぱり小春さんが好きなので、再登場してくれて嬉しかったです。この本素敵すぎです、手元に一冊大切に取っておきたい!このふたりの恋の行方も気になります。大家さんの昔のお話、ミスリードがきいていて後味もよい素敵なロマンスでした。お母さんの娘への思いに、ぐっときました。靴屋さんのお話もよかったなあ、お父さんに癒されました。
読了日:12月12日 著者:麻生 みこと
町でうわさの天狗の子 10 (フラワーコミックス)町でうわさの天狗の子 10 (フラワーコミックス)感想
わいわいお料理&修学旅行編。最初から最後までどんな展開になるのかどきどきでした。シリアス面も恋愛面も盛り沢山。秋姫の正体は、そういうことだったのか……。修学旅行の下調べ抜群の瞬ちゃんが、微笑ましく格好良くってきゅんときました。確かに、瞬ちゃんさえいれば、なんとかしてくれる、私も信じます。モミジちゃんも格好良かったし、うららちゃんは予想外にいいこだし、五郎坊もすごくいいこと言ってくれた!奈良の建物や鹿や、雰囲気がとてもそのままに描かれていて嬉しくなりました。福山様がどこまで知っているのかが気になる。
読了日:12月11日 著者:岩本 ナオ
週末、森で週末、森で感想
すっと心に馴染む漫画でした。田舎暮らしも女三人の関係も、力が入っていなくてバランスがよくって、こういうのって憧れるなあ。せっちゃんとマユミちゃんが毎回持ってきてくれるお土産がどれも品がよくて美味しそうで羨ましいです(笑)。
読了日:12月10日 著者:益田 ミリ
路地恋花(2) (アフタヌーンKC)路地恋花(2) (アフタヌーンKC)感想
それぞれの立場で、想いのかたちも色々だなあ、と。住人の入れ替わりはあるようでちょっと寂しいけれど、また新しい人のものがたりを読めるのも、とても嬉しい。この巻ではよきご近所さん役だった小春さんのその後が読みたいです。佐倉さんのきりっと信念を貫いた生き方がすごい格好いい。金魚鉢が、素敵やなあと思いました。
読了日:12月10日 著者:麻生 みこと
BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)感想
うーん、可愛らしい!ほんわかラブに癒されました。春佳ちゃんがありとあらゆる場面でとても可愛らしいです。犬飼君も優しくて格好良くて春佳ちゃんにめろめろで、いいなあ。くまさんの着ぐるみ姿もはまってる。そして可愛い(笑)。恋の進展はとてもゆっくりだけど、奥手な春佳ちゃんの内心のとまどいはひとつひとつとても共感できるもので、そういうことあるよねーと。あと弟くん、そうきますか!絵も繊細できれいです。主役二人のあの華奢な感じがたまらない。
読了日:12月9日 著者:池ジュン子
そこをなんとか 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)そこをなんとか 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
中学生女子ふたりがなんだかんだ言って良かった(笑)。ラストのお話は、なんとも言えずに辛かった。楽子さんの恋愛がどっち方向に進んでいくのか本当にどきどき気になります。赤星君のマメな頑張りも報われて欲しいのだけど、個人的にはラストの電話が一番ときめいた……(笑)。
読了日:12月9日 著者:麻生みこと
そこをなんとか 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)そこをなんとか 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
赤星君が普通にすごいいいひとで格好いいです。お姫様の危機に駆けつけて救出する騎士みたい!東海林先生、過去にそんなことがあったのか……。痴漢冤罪の話格好良かった。うーんこれは恋愛はどういうふうに転がっていくのか分からない。どきどきです(笑)。ラストの「鶴亀観察日記」もほんわか。
読了日:12月9日 著者:麻生みこと
花咲家の人々 (徳間文庫)花咲家の人々 (徳間文庫)感想
お話の中の空気が優しくてあたたかくて祝福に満ちていて、何度もほろりとなりつつ読んでいました。花咲家の三姉弟、それぞれ性格は違えども皆いいこだなー。私は次女のりら子ちゃんとお友達の野乃実ちゃんが特に好き。私もきれいな花や植物が好きで、花咲家の人の能力には憧れます。風船を取り戻してあげる場面が好き!桂君の友情&冒険物語も良かった。古めかしさと今風のおしゃれな感じが違和感なく同居している千草苑、花咲一家の雰囲気も素敵です。シュトーレンが美味しそう。恋が叶うといいなあ(笑)。一足早いクリスマスプレゼントでした。
読了日:12月8日 著者:村山早紀
路地恋花 1 (アフタヌーンKC)路地恋花 1 (アフタヌーンKC)感想
和の風情があって、適度に今風で、雰囲気がここちよかったです。それぞれのロマンスも素敵。画家さんのお話が一番お気に入りでした。あと小春さんの「本に触ってられれば幸せ」という台詞にすごい共感してしまった(笑)。それぞれの人々のその後を読みたいです。
読了日:12月6日 著者:麻生 みこと
そこをなんとか 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)そこをなんとか 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
人を見る目がないようであるような、楽子さん。お人好しで打たれ強いところがやっぱりとても好きです。東海林先生の過去の疑惑をあっさり否定する彼女に拍手。「がんばれ赤星君」が好きでした(笑)。あと最初の話の従姉妹ちゃんの清純さがたまらなかった!
読了日:12月5日 著者:麻生 みこと
お菓子手帖お菓子手帖感想
お菓子をメインに語られる長野まゆみさんご自身の年代記風エッセイ。淡々とした雰囲気の文章。懐かしいお菓子、今でもあるロングセラー商品などのエピソードが、色々共感できたりそうだったのか!という発見があったりして楽しかったです。甘いもの好き人間には楽しめました。手焼きのホットケーキやマフィンやスコーンや食べたくなりました。表紙のイラストがとてもかわいい。
読了日:12月5日 著者:長野 まゆみ
おこぼれ姫と円卓の騎士 少年の選択 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 少年の選択 (ビーズログ文庫)感想
レティの無自覚っぷりがだんだん空恐ろしくなってきました……(笑)。それはともかく。アストリッドのお話でした。最強の力を持っているけどけして万能の力ではなくて、それを他人のためだけに、自分の身をぼろぼろにしてまで使うレティが本当にいいな。まっすぐ頑張るアストリッドは好感持てたし、おじさまの余裕のクレイグさんもかなり好きでした、が、デュークにやっぱりすべて持っていかれました。ラストの一頁が、もう……!!ここを読んでからラスト近くのレティとデュークのやりとりを読み返していると、頬がゆるんで仕方ないです。
読了日:12月3日 著者:石田リンネ
おこぼれ姫と円卓の騎士 将軍の憂鬱 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 将軍の憂鬱 (ビーズログ文庫)感想
外交のお話で、一気に世界が広がりましたねえ。面白かったです!渋い魅力のクレイグが良い感じです。本当にこのふたりの図は愛人王ですね……(笑)。デュークは今回は出番少なめでしたが、ちらりと見えたロマンスの芽に、非常にときめきました!今回は花嫁の駆け落ちや身代わりエピソード等、少女小説っぽい華も楽しめて良かったです。実はお姫様になりたかったというレティが可愛かった。デュークの夢も、良かった。賢く強いレティがときどき見せるほんの少しの隙がいとおしい。その隙をきちんと見ぬいてカバーする騎士たちがまた素敵です。
読了日:12月3日 著者:石田リンネ
ふわふわのきもち (ひらり、コミックス)ふわふわのきもち (ひらり、コミックス)感想
ささだあすかさんの大ファンです。新刊待っていました!昔とは少々方向性が違うのですが、可愛らしい女の子が大好きな私にとってはこれもとても楽しく読めました。やっぱりいいなあ。癒されるなあ。きゅんきゅんです(笑)。「こでまり館」という舞台設定も素敵!(寄宿舎ものも大好きなのです。)絵も昔のよさはそのままで、さらに洗練されてすっきりきれいになったような。一番目と二番目の話が特に好きでした。お菓子作りが好きな梢さんとお菓子をとても美味しそうに食べる美人な弥生先輩の関係が好き。表紙も細かなところまで可愛らしいです。
読了日:12月2日 著者:ささだ あすか
上海恋茶館 ジンジャー・ティーは熱くまろやかに (上海恋茶館シリーズ) (コバルト文庫)上海恋茶館 ジンジャー・ティーは熱くまろやかに (上海恋茶館シリーズ) (コバルト文庫)感想
完結。完結……?(笑)糖分が多くなってきて楽しめました。ストレートな愛情表現をするリリアと直接的な言葉が苦手な龍之介のふたりのやり取りがときめいて良かったです。あとフェイが予想以上に強いことが判明しました。格好良かった!ラブレター認識の差がおかしかったです。ルパートは苦労しそう……。鯉太郎氏も意外といい人で憎めなかった。うーん、ここで終了とは残念。キャラの背景や主役二人のその後や、もっとくわしく読みたかったです。青木先生のお話はきっとこれからが面白くなるのに……。あ、あとがきのヴィクロテ番外編をぜひとも!
読了日:12月2日 著者:青木 祐子

読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

あけましておめでとうございます!
昨年はたいへんお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年も、ゆりさんの思わずうんうん頷いてしまう、どんぴしゃなご本の感想を楽しみにしております。(嘘つきなレディ、たしかにもとなおこさん風の、ふんわりやさしい、友風子さんのイラストとばっちりマッチしている、すてきなおはなしでしたね…!)
それでは、失礼致しました。

URL | 歌 #mQop/nM.
2013/01/01 10:58 * 編集 *

Re: タイトルなし

>歌さん
コメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます!!
こちらこそ、昨年は色々ととてもお世話になりました。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします♪♪

『嘘つきなレディ』の感想、読んでいただけたようで、ありがとうございます!
ふんわりと可愛らしい、私が好きな少女小説の成分がほどよくつまった、素敵な作品でした。

私も歌さんのブログや読書メーターでのご感想、いつも楽しく読ませていただいています。
何かとお忙しい日々だと思いますが、お暇があるときにでもまた私に構っていただけると、とても喜びます(笑)。

URL | fallclover #SvKcs0as
2013/01/03 08:23 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1191-6e78b9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)