Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

「はなのみ亭」開店4周年 

4月並にあったかい日があったと思えば、真冬のコートが恋しい寒さの日もあったりして。
毎年この時期は気温の変化についていくのが大変ですねえ。

先週末の私は、友人の結婚式に出席するために、東京へ旅をしてきました。
にぎやかでセンスがよくて心温まる、いいお式でした。お幸せに。
あちらでは桜が満開で風に花びらが少し舞っているくらいだったのですが、帰ってきたら地元のソメイヨシノはほとんど咲いていないので、あれっ……?不思議な感覚でした(笑)。
月曜日だったかな、津の開花発表もようやく聞きました。
そう、私的には今年は花見が二度できることになるんですね。お得感がありますね!

……そんな、近況報告をつらつら書きつつ。

昨日、3月26日は、私がこの「はなのみ亭」を書き始めてから、ちょうど4年目に当たる日だったのでした。
一応「はなのみ亭」は空想の世界の喫茶店の設定なので(笑)、開店4周年。

ええと、この一年間、私的には大きな出来事がいくつかあり、環境が色々変わったりしました。順応していくのが結構大変でした。うん、そんな感じでした。
ブログの更新頻度もやっぱり落ちちゃいましたね。本当は今ある記事の倍くらいは書きたい話題があったような気がするのですが。ちょっと残念。(まあ誰もそんなに長々と読みたくないか……)
本の感想については、ブログで長い感想を書くかわりに読書メーターの短い感想を書いていけばいいか、くらいの気持ちでいるようになりました。日常のちょっとした記録はツイッター。
ま、どうしてもネタばれ混じりや長文で愛を語りたい本は、変わらずブログで感想書いているしね。
そういうスタイルで、これからも行ってみる予定です。

とにかく、自分が大好き!!なもの(たとえば本や食べ物)について、愛を語る記録集、という方向性は、ブログをはじめた最初からほとんどぶれずに変わっていないのが、生活スタイルが変わっても『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズが完結しても(笑)、楽しんでブログを書き続けてこられた理由なのかな。とか思ったりして。
この方向が、私に合っていたんでしょうね。たぶん。

実は、この機会にあわせて書いてみたかったささやかなプランがあったのですが(ヴィクロテ関連)、ここ数日あわただしくて結局何もできず……。残念。
うーんでも、5月に新刊が出るとの夢の様な話を聞いたばかりですし、それからでも遅くないかな。
いえ、完全な自己満足的プランなのですが。

はい。いつもいつも繰り返していることですが、私がこうしてブログを書き続けていられるのは、ひとえに、ブログを読んでくださりときどきコメントや拍手をくださる、PCの向こうのあなたさま、皆さまのおかげです。
本当に、ありがとうございます。心から。
記事を書いていない日でも、拍手やコメントをぽつりぽつりといただくたびに、嬉しくて、元気をわけてもらえます。

なんだか中途半端に語ってて中途半端に分量ある記事になってしまいました。
そんな感じで、また今後も色々不定期に書き散らしていく予定なので、皆さままたお時間と気持ちにゆとりがあるときに、ときどきいらしていただければ、この上なく幸せです。


伊勢の国にて、咲きはじめの桜や雪柳、菜の花など眺めつつ。


ここ何日かの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: お知らせ

この記事に対するコメント

おめでとうございます

4周年ですか〜。
凄いですね!!
私は本はたくさん読むけど、感想は
書けないので1ヶ月位で挫折しそうです…。
私が読むのは、コバルト文庫・ルルル文庫・ビーズログ文庫・ビーンズ文庫が主で
あまり感想を言い合える読書仲間が居ないので、初めてこの『はなのみ亭』を
見つけた時(まだ半年前位ですが…)は
本の種類の多さに驚き、感動しました。
ここでゆりさんの感想を読み、読んだ本も
「シュガーアップル・フェアリーテイル」
などたくさんあります。
いつもゆりさんの新しい感想が載るのを
とても楽しみにしています。
私の周りには、いつも本を読んでいる私を変な人だと思っている人がほとんどです。
ですが、全く気にしていません。
私が本を読み始めたのにはきっかけがありました。いじめを受けていたんです。
私は、それから本の世界に逃げました。
もともと読書は好きでした。でも、今の様になったのは、深山くのえ先生の「舞姫恋風伝」に出会ったからです。
私の心を癒したのは、本でした。
どんな嫌がらせをされても、立ち上がる事ができたのは本に出会ったからです。
それがあって、ゆりさんの「はなのみ亭」を通してゆりさんとお話(?)する事が出来ました。
本との出会いがなければ、私は今、いなかったかもしれません。ゆりさんにも出会ってなかったでしょう。
本が繋いだゆりさんとの出会いに感謝しています。
これからも、ゆりさんの感想をとても楽しみにしています。

かなり自分の過去を書いてしまいました。
でも、今は私をいじめた子とも友達になり
とても楽しく過ごしています。

URL | 桜♪ #-
2013/03/27 23:46 * 編集 *

Re: おめでとうございます

>桜♪さん
コメントありがとうございます。

どうも、こんばんは~。
さっそくのコメント、本当にありがとうございました!とても嬉しいです♪
そうなんですよ、実は四周年なのです。
学生さんが大学に入学してから卒業するまでの年月が……(笑)。

少女小説読みの人って、実際にはなかなか出会えないですよね。分かります、私もです!
少女小説の感想を求めてネットをうろうろし、私と同じ感想を語っているサイト様を見つけてファンになり、その内に自分でも書いてみたい……なんて欲が出てきたのが、そもそもこんなブログを書き始めたきっかけでした、私の場合。
なんというか、人の縁って不思議ですよね。ネット上でも、現実世界でも。
桜♪さんにそんな風におっしゃっていただけるほどのブログかどうか……自信ありませんが(汗)、でもそれが本当の事なら、書いていてよかったなあ。本当に。
しみじみ実感してしまいました。繰り返しですが、ありがとうございます。(深々と)

『舞姫恋風伝』は、桜さんの状況とは違うものの、私も個人的に辛く苦しかった時に読み始めたシリーズでした。あの安心パターンの少女小説に、本当に、心を癒されました(笑)。
いじめ、私にはお言葉から想像することしかできませんが、おつらい思いをされたのですね……。
本が何よりの癒しになるって、確かに、ありますよね。私も昔はそんな子でした。

本と人とをつなぐ、子どものころから憧れていた役割が、ほんの少しでも果たせていたことが、とてもとても嬉しいです。
これからもスローペースにこんな感じでやっていくつもりですので、よろしければまた遊びに来てくださいね~♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2013/03/29 21:12 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1224-d815a55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)