Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

3月の読書メーターまとめ 

4月になりました。新年度ですね!
今日が入学式、入社式というお方も、たとえばツイッターをのぞいていると、いらっしゃるようで。
皆さまの未来が、明るく実り多きものとなりますよう。
今日は、地元の三重はとてもいいお天気で、晴れの日にふさわしいなあ。

さてこの記事は、読書メーターを用いての、先月分の読書記録のまとめです。
追記にて。

先月も、少女小説と少女漫画ばっかり読んでいましたね……。
ブログに書いていない作品で特にお気に入りだったのは、『赤髪の白雪姫』の新刊、『カーリー』の2巻目、ふじもとゆうきさんの『コンビニ天使』、あたりでしょうか。
ふじもとゆうきさんの短編集の桜のお話、季節的にもぴったりで素敵だったなあ。
いくつか読んだ益田ミリさんの漫画で一番好きだったのは、『泣き虫チエ子さん』でした。とてもやさしい気持ちになれる漫画でした。
十代のころから図書館の児童書コーナーでずっと気になっていた『リンゴ畑のマーティン・ピピン』も、ようやく読めました!
この作者さんの作品の独特の雰囲気、『文学少女』シリーズの遠子先輩が、素敵な表現で魅力を語ってくれていて、ぴったりでした。(私の言葉ではどうしても上手く表現できない……。)

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
(2008/12/26)
野村 美月

商品詳細を見る


さて、少女小説の新刊の続きとCobalt本誌を読んでゆきたいです……(笑)。
今日の時点でとりあえず、これだけは書いておきたい。
『伯爵と妖精』、祝・完結!!
とても素敵な最終巻でした♪


2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:6695ページ
ナイス数:190ナイス

伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて (伯爵と妖精シリーズ)伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて (伯爵と妖精シリーズ)感想
完結おめでとうございます。こんなに長いシリーズを今まで読み続けていたのかと思うと感慨深い。これまでの伏線が吸い込まれるように美しく回収されてラストまで導かれていく様に、読んでいて鳥肌が立ちました。個人的に気になっていたアクアマリンが重要なキーになっていて嬉しかった。とにかく、リディアとエドガーとアルヴィンが幸せで笑っていられるラストで、本当に良かったです。後日談、レイヴンとケリーが微笑ましくとても良かった。あとは、アーミンがやはり切なくて。ばあやとの会話にも涙ぐみました。英国のいにしえの雰囲気も素敵です。
読了日:3月31日 著者:谷 瑞恵
泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)感想
読んでいてとてもやさしい気持ちになれました。等身大の理想の夫婦って感じがして素敵です。ビー玉やワンピースのボタンのエピソードが印象的でした。番外編の旅行記も楽しかった。すーちゃんがちらりと出てきて嬉しかった。あのお客さんはチエ子さんだったのかあ。
読了日:3月29日 著者:益田 ミリ
リンゴ畑のマーティン・ピピン〈下〉 (岩波少年文庫)リンゴ畑のマーティン・ピピン〈下〉 (岩波少年文庫)感想
マーティン・ピピンと六人のおとめたちのやりとりが楽しい。それにしてもマーティンは女の子のあしらい方が上手だなあ(笑)。訳者あとがきを読んで、確かに、大人向けのお話と言われたほうがしっくりとくるなと思いました。ロマンティックな中にもぴりりとスパイスがきいていて。『オープン・ウィンキンズ』のホブの飾らない無償の愛がすてきでした。
読了日:3月29日 著者:エリナー ファージョン
リンゴ畑のマーティン・ピピン〈上〉 (岩波少年文庫)リンゴ畑のマーティン・ピピン〈上〉 (岩波少年文庫)感想
上巻だけでかなりのボリュームで文章も歯ごたえあり、読み終えるまでに結構な時間がかかりました。作品世界が読んでいるとかなり独特。私は『夢の水車場』が一番好きだったかな。現時点ではジリアンより六人の娘たちの方に共感して読んでます。意地悪な悪役かと思えばみんな普通の女の子でなかなかかわいい。
読了日:3月27日 著者:エリナー ファージョン
最初の、ひとくち最初の、ひとくち感想
やっぱり食べ物がテーマだと個人的に楽しさアップです(笑)。そういえば私も昔フルーチェに憧れていました。結局大人になってから一度も食べていない(笑)。
読了日:3月26日 著者:益田 ミリ
夜明けの図書館 (ジュールコミックス)夜明けの図書館 (ジュールコミックス)感想
とにかく図書館、レファレンスの漫画。ひとつひとつのテーマに誠実に向かい合っている姿がていねいに描かれていて良かったです。でも大野さんの意見も確かに分かります(笑)。大野さんがなんだかんだ言って憎めなくってヒロインといいコンビになっていく過程が良かったです。他の司書の人たちのお話も読みたかったな。それぞれですよね。
読了日:3月26日 著者:埜納 タオ
あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピあの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ感想
『グレーテルのかまど』の番組の内輪話?が面白かったです。へええ、こういう設定の番組だったのか……。モンゴメリのモックチェリーパイや宮沢賢治のアイスクリーム、武田百合子のパフェに特に心ひかれました。日本の文学作家が愛したスイーツについて気軽に読める本ってあまり見かけないので、後半パートの方が特に読めてよかったかな。
読了日:3月22日 著者:
コンビニ天使─ふじもとゆうき短編集─ (花とゆめCOMICS)コンビニ天使─ふじもとゆうき短編集─ (花とゆめCOMICS)感想
『はなまつり』と『アサガオアパート』が特に好きかなあ。いやでもどれも良かったです!女の子たちの表情がまぶしくてきらきらしていて、お話も優しくあたたかで少し切なくて、読んでいて幸せな気分になれました。描きおろしも良かったです!ヨシノと多恵の関係が素敵で、切ない。
読了日:3月20日 著者:ふじもとゆうき
幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)感想
ちょっとした(?)トラブルはありつつも基本的に平和な夏の日常で、主役二人が最初から最後までずっと仲良しで、読んでいて素晴らしく幸せでした。可愛いなあもう!化学同好会のメンバー三人の出番も多くて色々な事情を知ることができてこれも嬉しかったです。五人それぞれがこんなに大好き!なんてお話は、他にそうそうない(笑)。新キャラの方と栄永さんとの交流も、どんどん良くなっていきました。栄永さん本当に可愛くていいこだなあ。初音さんの旦那さんとのお話も微笑ましく楽しかった。最後の最後で、会長さんが……思わず読み返しました。
読了日:3月17日 著者:森崎緩
カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~ (ファミ通文庫)カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~ (ファミ通文庫)感想
やはりイラストがあるのが魅力で、プロローグの映画みたいな恋のはじまりにきゅんとときめいて、こちらを先に読んでしまいました。二巻目にしてすごい、急展開……。ふわふわ甘い少女小説ときっちりした歴史物とふたつが両立していて読みやすく楽しいお話になっててすごいです。パティにヴェロニカにミス・ベリンダに、はじめはとっつきにくかった少女たちが次第に心を通わせていく過程が好きでした。パティの恋の結末は……笑顔の立ち姿がとても美しくて素敵でした。カーリー、シャーロットたちの行く末がとても気になる。
読了日:3月14日 著者:高殿円
伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 (コバルト文庫)伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 (コバルト文庫)感想
ジェラルドがはじめから終わりまで本当にいいひとで泣けてきました(笑)。ヒロインのアンナも、最初に思っていたほど守銭奴ではなく働き者の心優しい娘さん。新婚夫婦という甘い雰囲気はあまりなかったですが(笑)、お似合いのカップルだと思いました。出逢いの高級なお菓子を分けっこしている場面がほのぼのしていて好きでした。脇役のジュジュも金貸しとは思えない面倒見のいい素敵な姉さんだったな……。ステラ銀行が発展していく将来が楽しみです。
読了日:3月13日 著者:湊 ようこ
君はぼくのヒーローさ(3) (講談社コミックスキス)君はぼくのヒーローさ(3) (講談社コミックスキス)感想
そうと知らずに花井さんと社長さんに遊ばれているクリさんが読んでいておかしい。それにしても花井さんナイスなキャラになってきたな。社長さんの家族のお話も印象的でした。
読了日:3月13日 著者:真柴 ひろみ
ふつうな私のゆるゆる作家生活ふつうな私のゆるゆる作家生活感想
読んでいて、なんだかこう、自分のどうしようもないところを共感できて、ゆるく励まされる感じがいいです。私も明日もゆるくでもいいから頑張ろう……。あと、甘いものは、一日一回!(笑)作家さんと編集者さんの関係も興味深かった。
読了日:3月13日 著者:益田 ミリ
ガーフレット寮の羊たち 1 (プリンセスコミックス)ガーフレット寮の羊たち 1 (プリンセスコミックス)感想
男子校寄宿舎もの、正直もとなおこさんの漫画でなければ読むことはなかったと思うのですが(私は女の子がメインのお話が好み)、いえいえ、面白かったです!女子の寄宿舎ものと同じ所も違うところもあるんだなあ。マフィンを暖炉で焼いているなんて楽しい。アーネストをはじめとして、皆ちっちゃくて初々しくてかわいい(笑)。でもちゃんと紳士!主人公のアーネストが真面目な少年で好き。この後の皆の学園ライフを読めるのが楽しみです。そして『レディー・ヴィクトリアン』とつながりがあるとは(笑)。
読了日:3月11日 著者:もと なおこ
二の姫の物語 小説オリジナルストーリー (フラワーコミックスルルルnovels)二の姫の物語 小説オリジナルストーリー (フラワーコミックスルルルnovels)感想
本当にあっと言う間に読めてしまいました。原作の漫画はすでに読んでいますが、ふたりの心理描写が深山さんの文章でさらりと補われていて良かったです。自信満々で偉そうででも姫様には優しい青維がやっぱり好き!ラストの流れは原作と少し違っていて、これもありだなあ。姉妹たちともほのかに分かりあえていて良かった。
読了日:3月11日 著者:深山 くのえ
君はぼくのヒーローさ(2) (講談社コミックスキス)君はぼくのヒーローさ(2) (講談社コミックスキス)感想
花井さんのエピソードが良かったです。奈知は本当に素敵なお母さんだなあ。意識し始めるクリさんにもきゅんきゅん。
読了日:3月11日 著者:真柴 ひろみ
天空のミラクル!―月は迷宮の鏡 (Dreamスマッシュ!)天空のミラクル!―月は迷宮の鏡 (Dreamスマッシュ!)感想
お話の世界が前巻よりさらに広がって面白かったです。さやかと風子と織姫の友情も健在だったし、涼くんとさやかの淡い恋も可愛らしくてとても素敵でした。『星の国の銀騎士』私も読んでみたい。阿古屋先生や商店街の人たちの秘密は読んでいて途中でなんとなく気づいたのですが、いかにも村山先生ワールドで気に入りました。納豆とみのもんたにちょっと笑ってしまいました。続き……読めるといいのですが。
読了日:3月10日 著者:村山 早紀
恋する女の子はいつも (マーガレットコミックス)恋する女の子はいつも (マーガレットコミックス)感想
恋する女の子たちがピュアで可愛らしい少女漫画でした。お友だち同士の三部作とコンビニのアルバイト君のお話が特に好きでした。こゆりちゃんの髪型や表情やすべてが可愛すぎる!(笑)
読了日:3月10日 著者:四元 シマコ
オレの宇宙はまだまだ遠いオレの宇宙はまだまだ遠い感想
すーちゃんのシリーズの兄弟版だと聞いて。土田さんの書店員ライフが読んでいて興味深く楽しかったです。益田ミリさんが普通に登場してきてちょっとびっくり(笑)。『赤毛のアン』はやっぱりいいですよね!すーちゃんに肩入れして読んでいる私としては、土田さんとすーちゃん、お似合いだとどうしても思ってしまうのですが、さて、どうなることやら。
読了日:3月10日 著者:益田 ミリ
戦う王女と凱旋の騎士 -神とある国の物語- (ビーズログ文庫)戦う王女と凱旋の騎士 -神とある国の物語- (ビーズログ文庫)感想
神様の行方が何より気になるラストでしたが、公式アンソロジーの短編をその後で読んで、ひとまず安心。主役カップル以上に、エリザとマリスの幼き日の文通からよみがえった想いにきゅんとしました。あとジュリアとレディ騎士の母娘の関係も、簡単にはいかなくて、なんだか好き。女性の生き方や世間の目はそう簡単に変わるわけでもなくそれでも皆それぞれの形で現在を生きている姿が印象的でした。シーナやレディ・サナや。
読了日:3月9日 著者:剛しいら
戦う王女と毒薬王子 -神とある国の物語- (ビーズログ文庫)戦う王女と毒薬王子 -神とある国の物語- (ビーズログ文庫)感想
ハッシュウィルの過去はまだ精算されてはいなかったんだな……と読んでいて少々ひやりとしつつ。神様とコンビで困難に立ち向かうミーナの姿が楽しい。マリカの正体には後半になってなんとなく気づき始めました。ところでウラルの王女様とそのご両親のお話も気になるのですが(笑)。
読了日:3月7日 著者:剛しいら
天空のミラクル―タロットカードは死の歌をうたう (Dreamスマッシュ!)天空のミラクル―タロットカードは死の歌をうたう (Dreamスマッシュ!)感想
私のために書かれたお話なのだろうか?と読んでいて何度も思ってしまうほど好みのお話でした。他人と馴染めず心を閉ざしていたさやかが、人の優しさに触れて、自分から努力して変わっていく様が、とても良かった。奇跡や魔法もいいけれど、やっぱり自分で努力するのが一番大切だ……その通り。作者さんのお話らしく、優しい人たちとの触れ合いが、読んでいて癒されて涙が出そうでした。桜子姫とお清とさやかのつながりも素敵です。続きも読みたい。そして風早の街が舞台なのもやはり嬉しい。学校の図書室の様子を覗き見ることができて楽しかった。
読了日:3月6日 著者:村山 早紀
ねじまき真野さん (花とゆめCOMICS)ねじまき真野さん (花とゆめCOMICS)感想
真野さんの世間ずれっぷりがとても好みでした。髪を切ってからが特にかわいらしい。『架空庭園』も切なくていいお話でした。瀬名さんが、良い味出してる!(笑)
読了日:3月6日 著者:斎藤けん
君はぼくのヒーローさ(1) (講談社コミックスキス)君はぼくのヒーローさ(1) (講談社コミックスキス)感想
『世界でいちばん優しい音楽』の男の子版、みたいな。明るく頑張る奈知の姿に元気をもらえました。クリさんも格好良くて実は優しくて素敵。
読了日:3月6日 著者:真柴 ひろみ
赤髪の白雪姫 9 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 9 (花とゆめCOMICS)感想
あきづき空太さんの描かれる銀世界が繊細で美しくて、うっとりため息です。白雪が格好良くてリュウくんが頑張ってました。そしてオビが大活躍。ゼンより前面で活躍していていいのだろうか……(笑)。でもオビを派遣した本人であるゼンの真っ直ぐな想いも素敵ですよ。皆成長しているなあ。あとおまけ漫画のガラクとシダンがすごく好き……!きゅんきゅんしました。
読了日:3月6日 著者:あきづき空太
神様のカルテ 3神様のカルテ 3感想
読み心地の良さが相変わらず素晴らしいお話。読み終えるのがもったいなくってずっとこの世界に浸っていたかった。ラストの一止の決断は驚きましたが、そこにいたるまでの過程を読んできているので、ああ、らしいなあと。お医者さんは本当に大変だ……としか言葉が出てこないです。ため息。同期三人組の友情が素敵です。あと今回は、しっかり者の東西さんの過去エピソードにもびっくりでした。本当に、男運のない(苦笑)。外村さんと後藤さんにもさりげなくきゅんときました。イチさんの学生時代の下宿の本の収納術も印象的でした(笑)。
読了日:3月6日 著者:夏川 草介
すーちゃんの恋すーちゃんの恋感想
すーちゃんの新しい職場の雰囲気がステキです。これまでのシリーズとは違ってすーちゃん視点で子どもたちの日常を見守る気分で読んでいました。そしてタイトルの恋、このシリーズらしい展開というか。すーちゃんの気持ちのひとつひとつがよく分かる!そう、簡単にはうまくいかないのです……。土田さんいいひとなんですけどね~。彼が主役の作品も読みたくなりました。
読了日:3月4日 著者:益田 ミリ
式の前日 (フラワーコミックス)式の前日 (フラワーコミックス)感想
『あずさ2号で再会』と『夢見るかかし』が特に好きかなあ。初読時には私の読解力では人間関係がいまいち分からず入り込めなかった話もあったのですが、読み返すと、きちんと伝わってくる。お父さんの娘への想いが表情と仕草に現れていてぐっときました。
読了日:3月4日 著者:穂積
道果ての向こうの光~黄昏の花と暁の騎士~ (レガロシリーズ)道果ての向こうの光~黄昏の花と暁の騎士~ (レガロシリーズ)感想
きれいごとだとは承知でそれでも真っ直ぐに懸命に頑張り続けるユーナの姿に心打たれます。アシュートの彼女への想いがどんどん育ってきていてときめきました。そしてやはり避けられない運命が。ラストのシェリアスティーナの台詞にびっくりしてそして希望が持てました。残酷な運命に弄ばれて、それでも他人のためだけにこんなに頑張ってきたユーナ、もうそろそろ報われてもいいと思います。奇跡が起こりますように。ナシャやイーニアス、ユーナ自身を慕う人達の存在にも心あたたまる。
読了日:3月3日 著者:秋月 アスカ
道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束 (レガロシリーズ)道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束 (レガロシリーズ)感想
シリアスなのですが、重たすぎずすらすら読めるお話。ロマンスもほんのりしていて良いです。ユーナの未来が見えないのが切ないけれど。シェリアスティーナの過去は予想以上にやるせなく悲しいものでした。でもやっぱり彼女が戻ってきても辛すぎるだけ……というのも一理ある、な。そしてふたりの少女の過去のつながりも予想外でした。ふたりの友情は微笑ましく良かったけれど、まさかこの友情がユーナの運命を動かしたんだろうか、だとしたらあまりに切ない。最後の神話も切ない……。
読了日:3月2日 著者:秋月 アスカ
はしっこの恋 2 (Feelコミックス)はしっこの恋 2 (Feelコミックス)感想
園美が優しくて男前で、テツもいい男でした。お互いの大切なものを守りたい、いいカップルだなあ。自分が全く知らない世界の生活をかいま見れるのが楽しいです。酪農家や漁師のお仕事、興味深かったです。この巻では酪農家の方メイン。そして新鮮な食べ物が美味しそうです。
読了日:3月1日 著者:町 麻衣

読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1226-ebf9a7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)