Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー』 

大崎梢リクエスト!  本屋さんのアンソロジー大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー
(2013/01/18)
大崎 梢

商品詳細を見る



本屋さんのお話をテーマに、色々な作家さんのお話を集めたアンソロジー。

本屋さん大好きです。いつ行っても飽きません。
いつも可能な限り居座って、帰りの電車の時間がぎりぎりになって、あせります(笑)。
そんな本屋さんのお話が色々読めるということで、わくわく頁を開いて読み始めました。
短編集なので、空き時間に読みやすいのも嬉しかったです。

それでは個別に感想など書いてみます。

『本と謎の日々』有栖川有栖
昔からお名前をとてもたくさんお見かけしていた(かつくらとかで)有栖川有栖さんのお話。きちんと読んだのはもしかしてはじめて?
本当に、書店にまつわるちょっとした謎の積み重ねで、派手さはあまりなくてもとても面白かった。詩織さんと店長、お店の面々のかけあいと信頼関係が良かったです。
私だったら、本をついつい買ってしまって家に持ち帰ってきてくれる旦那さん、理想なんだけどなー(笑)。

『国会図書館のボルト』坂木司
今回の作家さんの中で唯一読んだことがある作家さんだった坂木さんのお話。
『国会図書館』とタイトルにある割に図書館は直接出て来なかったし、主人公はまあぱっとしない男の子だったりしましたが、面白かったです!
内容の割に、不思議な爽やかさが(笑)。

『夫のお弁当箱に石をつめた奥さんの話』門井慶喜
な、なんだか不穏なタイトル……とややおびえつつ読みはじめる(笑)。
種明かしされてみれば、まあ微笑ましい夫婦のやりとりでした。

『モブ君』乾ルカ
世間の無常がじわじわ身に染みつつ、ラストで本を通じて知らず結びついたふたりの姿が、印象的でした。
本屋さんが閉店なんて、フィクションと分かっていても悲しいことです……。

『ロバのサイン会』吉野万理子
今回のアンソロジーの中でいちばんのお気に入り。
読み始めは、なぜにロバが書店話で主人公に……疑問がぐるぐるしていましたが、ウサウマくんにだんだん打ち解けてきて、気にならなくなりました。
ウサウマくんにきちんと向き合った沢村さん、はじめの印象がくつがえって、いいひとだ……。
ウサウマくんと山田ちゃんと沢村さん、ウサウマくんの奮闘によってつながったあたたかな絆が、本当に素敵でした。
読み終えるとほっこり。ほんのりロマンスもあり、いいお話でした。
吉野万理子さん、気になっている作品がいくつかあるので、また読んでみたいなあ。

『彼女のいたカフェ』誉田哲也
これもお気に入りのお話でした。
主人公がカフェで憧れの女性をいつも見つめて見守っている関係がとても好みでした。
ヒロイン視点で見る彼女、本当に素敵なんです。
その憧れを自分の糧にして成長した彼女が、あこがれの人とついに再会できたとか、意外性たっぷりな場面でしたが(笑)、良かったなあ。
そしてあとから気づきましたが、別作品のヒロインが、このお話のあこがれの彼女なんですね。それはちょっと読んでみたい。
ちなみにブックカフェ、私がまっさきにイメージするのは、今はなき名駅テルミナの三省堂書店のカフェです。
ほとんど行ったことなかったのですが、素敵なお店だったので、もっと利用すればよかったな、と今にして思います。

『ショップtoショップ』大崎梢
男子学生二人組の探偵コンビのお話、かな?
舞岡さんみたいな方と書店でお付き合いできたら素敵だなあ。

『7冊で海を超えられる』似鳥鶏
私がイメージしていた坂木司さん話と実際いちばん近いお話だったような(笑)。
青井さんと店長とのかけあいが面白かったです。店長、それでいいんですか(笑)。
微笑ましい恋のお話に癒されました。

『なつかしいひと』宮下奈都
お母さんを亡くすって、子どもにとっては、世界が崩れていくショックなんだろうな。私には幸いにもまだそんな経験がないので想像するしかないのですが。私も泣き暮らしてそう。
とにかくやさしくおだやかな物語で、主人公が少しずつ再生し、周囲にも打ち解けていく様が、良かったです。
彼女の正体も、そんなびっくりするようなものでもなかったけれど、あたたかな心地がして、ラストを読んでいてほろりときました。

『空の上、空の下』飛鳥井千砂
空港の中の書店事情って新鮮な感じがしました。ここの場所的な悩みもあるんだな……。
上巻と下巻、間違いに思わず笑って場が和む、場面を想像すると、確かに。
このふたりの関係の続きが読みたいです!


本屋さんのアンソロジーがあるならば、図書館のアンソロジー(仮)とかも読みたいなーなんて思いました。
公共図書館に、学校図書館、大学図書館、専門図書館、色々な図書館のお仕事風景やドラマをぜひとも読んでみたい。

そうそう、『和菓子のアンソロジー』も、今更ながらに素敵な本でした。
個人的には今回の『本屋さんのアンソロジー』の方が好みだったのですが。

坂木司リクエスト!  和菓子のアンソロジー坂木司リクエスト! 和菓子のアンソロジー
(2013/01/18)
坂木 司

商品詳細を見る



ここ何日かの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪
コメントも、どうもありがとうございます!返信もう少々お待ちください~。


関連記事

カテゴリ: 日常のお話

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1245-dee750f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)