Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『長靴をはいた侍女』霧島 まるは 

今日の記事は、オンライン小説です。
私のブログで取り上げるのははじめてかな、オンライン小説投稿サイト『小説家になろう』内のお話。
長靴をはいた侍女』、フランス風世界が舞台の、短めのラブロマンスです。

結構前にツイッターでオススメしていただいて存在を知り、読んでみたお話です。
私、この短編、ほんっとうに好きで!何度も読み返しています。
『長靴』とあるように、雨の日がメインのお話です。
どうせなので、梅雨の雨が続いている時期にブログでもご紹介しよう……と思っていたのですが、今年の梅雨はなんだか雨がさっぱり降らないので、タイミングがつかめず、晴れていますが今日記事を書いてしまいます(笑)。

フランス(風?)の雰囲気ある世界観で、貴族のご令嬢に仕える侍女がヒロイン、また別の貴族の家に仕える若執事がヒーロー……まずこの設定が、とても美味しい!
不器用で野暮ったいけれど心優しい侍女・ロニは、令嬢が恋人にしたためる手紙の配達役です。
ある事情があって、彼女が手紙を配達するのは、雨が降った日のみ。
ロニが手紙を届ける屋敷の執事ファウスは、はじめまるで洗練されていないロニにあまりいい感情を持っていなかったのですが、彼女の配達が続くにつれて、少しずつ、変化が。

ロニとファウスの距離が縮まっていく過程に、とってもときめきます。きゅんきゅんです!
ロニは健気でかわいらしいし、ファウスは名門貴族の有能な執事だけあって、偉っそうだけど、そこがいいのです!ロニに調子を狂わせられていく様子とか美味しいです。
雨、長靴、手紙、フランス語のキーワード、小道具の使われ方も、とてもお上手。お洒落です。
手紙をていねいに、とてもていねいに扱うロニの姿が、好もしいです。
雨の日の恋の魔法が、とても自然な流れで描かれていて、読んでいていいなあーとうっとりします。
雨の日にいただくホットチョコレートというのも、やっぱり格別。

短いお話で、私があまり何もかも書くのもよくない気がするので、これくらいでやめておきます。
たとえば『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズや、白川紺子さんのお話がお好きな方に、オススメしたいお話です。
しっかり雨に降られて靴や服がぐしゅぐしゅになってああー……とか言う日にこそ、読みたいです(笑)。
短いので携帯とかでも読みやすいです。
かわいらしいロマンスに、ほんわり癒されて、幸せになれます。


ここ一週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


関連記事

カテゴリ: オンライン小説

タグ: 霧島まるは 

この記事に対するコメント

はじめまして、うらりと申します。突然のコメント失礼致します。

何時もはふんわりと包み込むような大好きな気持ちにあふれた感想に、こっそり癒しを貰っていたんですが・・・今回、紹介されていた「長靴をはいた侍女」の感想を読んで、私も大好きで嬉しくて、コメントさせて頂いた次第です。

「長靴をはいた侍女」ほんわりと幸せな気持ちになりました。
ロニちゃん、かわいらしいですよね。けなげで、控えめなところとか、ちょっと鈍いところとか、手紙を丁寧に扱う姿はきっとちょこちょこしてるんだろうなぁと想像を膨らませていくうちに大好きになっていました。

ファウスさんも好きですだんだんとロニちゃんの惹かれていくのに、ニヤニヤが止まりませんでした。主人が雨の日の手紙を楽しみに待つのと同じく、彼もロニからの手紙をそわそわしながら待っているシーンがお気に入りです。

フランス語の使い方が綺麗ですよね。特にプリュゥイとウィのところがお気に入りです。
関係ありませんが、かわせみの背色という表現がとてつもなく綺麗に思えました。

「ヴィクロテ」シリーズや白川紺子さんのお話も読んでみたいと思います。
素敵な感想を有難うございました。終始、共感しっぱなしでした(笑)

返信に関してですが、思いのたけを好きに書き綴ってしまって、返信しづらいと思うので(すいません・・・^^:)御自由におまかせいたします。

では、これからもブログ楽しみにしていますね。
不安定な天気が続いているので心身共にご自愛ください。
長々と失礼致しました。

URL | うらり #-
2013/06/26 23:05 * 編集 *

Re: タイトルなし

>うらりさん
コメントありがとうございます。

こんにちは。こちらこそ、はじめまして♪
私のブログの記事を読んでいただけているようで、もったいないお言葉もいただきまして、本当に嬉しいです。
そして今回コメントも書いていただけて、感激です!
私の方こそ、うらりさんにそんな風におっしゃっていただけると、癒される心地になれます(笑)。

『長靴をはいた侍女』、オンライン小説の中でも一押しの短編なので、うらりさんもお好きだということで、とても嬉しいです♪いいですよねー!!
本当にロニは健気で可愛らしいですよね。
ロニにうっかり(?)惚れ込んでいくファウスにも、何度読んでもきゅんきゅんときめきます。
恋の魔法をかけた張本人であるロニ、彼女自身はまったくそうと気づいていないところが……ファウスはそれはもどかしいでしょう(笑)。
私もフランス語の「雨」の使われ方、お気に入りです。

ヴィクロテも白川さんのお話も、とてもとてもオススメです!
機会があれば、うらりさんもぜひぜひ。

私の方も、基本的に心のおもむくまま自由に好き勝手に感想を書いているので、まとまりないです……自分のブログに関してはもう開き直っていますが(笑)。
この返信も、もっと上手く気持ちを伝えられたらいいと思うのですが、そうスムーズにはいかず。精進せねば(笑)。

うらりさんの方も、変わりやすい気候の中、体調にはお気をつけて。

URL | fallclover #SvKcs0as
2013/06/29 06:17 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1249-775202b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)