Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『銀二貫』高田 郁 

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)
(2010/08/05)
高田 郁

商品詳細を見る



大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討で父を亡くした鶴之輔少年を、大火で消失した天満宮再建のための銀二貫を使って救う。
和助の井川屋に引き取られて名を松吉と改めた少年は、商家のきびしい躾と生活に耐えていく。
料理人・嘉平、その娘真帆ら情深い人々に支えられ、新しい寒天作りを志す松吉だったが、大坂を再び襲った大火で、真帆はやけどを負い松吉の前から姿を消してしまう……。


『みをつくし料理帖』シリーズで個人的にはおなじみ、高田郁さんの一冊読み切りのお話。
新しい寒天作りに身を捧げたひとりの若者の物語。
ネット上での皆さまの評価も良く、ずっと気になっていたお話でした。
なんとなく積み本となってしまっていたのは、主人公が娘さんではなく少年であるらしいということが、大きかったのかな。(女の人が主役をはって活躍するお話を好む私です。)

でも実際に読みはじめてみたら、そんなことはすぐにどうでもよくなり、お話の中にすんなりと馴染んでいけました。
実際主要登場人物はほとんど男性だったのですが、自分でもびっくりするくらい、そのひとりひとりが愛おしかったです。
主人公の松吉はもちろんのこと、皆本当にいいひとたちなんですよー。もう、泣けてくるくらいに。

そう、この物語の主役の松吉がまず、本当にいい子(いいひと)でして。
辛くあたられても何度困難に直面しても、いつでもひたむきに真っ正直に頑張る姿は、読んでいて本当に美しく凛として、心に響きました。ストイックさがとても好み。
寒天作りや羊羹作りに注ぐ何年越しもの途方も無い努力など、色々確かに『みをつくし料理帖』シリーズのヒロインに通ずるものがありました。
そしてそんな松吉のサイドを固める井川屋さんの人たちが、また良かったのです!
松吉と立場を同じくする少年梅吉もとてもいい子だったし、井川屋の和助さんも一本筋が通った思いやりを松吉に向けてくれてて素敵だったのですが、やはりなんといっても、はじめ松吉につらくあたっていた善次郎さんが、年月と共に松吉を内に受け入れていった過程が、読んでいてもう本当に嬉しくて。
善次郎さんが松吉にいい感情を持てなかった理由もあっただけに。ほろっときました。
和助さんと善次郎さんの長年の絆を感じる会話も味があって、ときにすっとぼけていて、妙に良かったです(笑)。
成長して立場を異にしても変わらない松吉と梅吉の友情も素敵でした。

山城屋のご夫婦や料理人嘉平さん、脇役陣も良い人達でした。
松吉と真帆さんとの恋もまた、読みどころのひとつ。恋がストーリーのメインではなくあくまで控えめに書き綴られていく様が(でもけして添え物ではない)、このお話には加減がちょうど良かったと思いました。
梅の出会いの場面がぱあっと鮮やかで印象的で、素敵だったな。
真帆さんのその後の苦労と松吉とのすれ違いは、読んでいてとても切なく心痛みましたが、優しい人たちに囲まれ助言を受け、本人たちも成長していき、そしてあのラストを迎えられて、ああ、本当に良かった!

このお話のメインはむしろ、寒天作りのあれこれでした。
美味しいものを食べるのも作るのも大好きな私、これは読む前から期待していた部分でしたが、やはり読んでいてとても興味深く楽しかったです!
松吉が経験者の知恵をうけつつ新しい寒天作りに取り組んでいる姿、自然と応援していました。
寒天作りの工程のひとつひとつもていねいに書かれていて、そういう風に作るのかー、と。
嘉平さんの琥珀寒、井川屋さんのみつ豆(みたいなもの?)、そして真帆の助けを得てついにたどりついた羊羹、どれも本当に魅力的でした。食感の描写がいきいきとしていて素敵。

それにしても何度も出てくる火事の描写はしんどかったな。
あ、真帆さんが火事を経て一緒に暮らすようになったお広さんとのあれこれも、またいいお話でした。
真帆さんの結婚相手を真剣に案じる姿がとても良かった。
そしてお団子も美味しそうでした。

松吉の里帰りの場面も良かったな。
冒頭で出てきたあのおひとが、松吉と遠く離れたところで苦労をしつつまたひたむきに努力し続けていた成果を、松吉が人知れず実感するあそこの場面が、本当によかったなあと思いました。
明るく優しい気持ちになれました。


話は変わりますが、ちょうど昨日(9月22日)の朝日新聞に、高田さんの小話が載っておりまして。
『みをつくし』の番外編かと思えば、「琥珀寒」のレシピが載っていて、読んでみるとこの『銀二貫』のストーリーも微妙にリンクしていて、思わず嬉しくなってしまいました。
ああ、うまく言葉にできないんですが、心にしみるいいお話でした……読めてよかった。
みをつくしと言えば、あのシリーズを読んでいるといつでも美味しそうでバラエティ豊かな料理が出てくるので、江戸時代の人たちはいつもごちそう食べてるな……となんとなく勝手に思い込んでいたのですが、こちらの『銀二貫』の井川屋さんのごはんは基本的にいつもとても質素で、落差にちょっとびっくりしてしまいました(笑)。

解説で書かれていた高田さんの寒天作りの努力の様に改めて作品への愛を深めつつ、小学生の頃祖母と棒寒天を鍋で煮溶かして梅シロップで寒天を作っていた日を思い出しつつ、優しくあったかい気持ちで、読了。
『みをつくし』シリーズとやはり色々通ずるものがある、こちらもとても良いお話でした。
そして美味しい寒天を食べたくなってきました。また探してみます(笑)。
いや、寒天くらいなら家でも作れるかな。今は粉寒天しか家にはありませんが……。

関連記事

カテゴリ: 歴史もの

タグ: 高田郁 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1284-5c8db1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)