Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『黒猫の接吻あるいは最終講義』森 晶麿 

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る



ある日黒猫とその付き人は、バレエ『ジゼル』を鑑賞しに出かける。
ところがその舞台で、ダンサーが倒れるというハプニングが発生した。
実は五年前にも同じ舞台、同じ演目で、あるバレリーナが死亡するという悲劇が起きていた。
バレリーナとその婚約者の青年、黒猫の過去には何らかの関わりがあるようで、気にせずにはいられない付き人は、ひとり事件に挑むことになる――。


『黒猫』シリーズ第2弾。
『最終講義』タイトルからして、はじめ私はこの巻がお話の完結巻だと思い込んでいたのですが、よく調べてみたら、こっちが2作目だったのでした。
うん、意味深なタイトルです。読み終えたあとで納得、余韻が残りました。

この巻の丹地陽子さんの表紙イラストも素敵です~。個人的にはシリーズ三作の中で一番好みな表紙。
おめかしした黒猫氏と付き人が格好いい&美人さんで、背中合わせの構図もいい!黒猫の目線と髪型が、色気あります(笑)。
鏡にガラスに花びらも、お話の中で印象に残ったアイテムで、取り合わせがとても良いなあと思います。

お話の中身は前巻とは違って、ひとつの大きな謎というか、バレリーナたちと、彼女たちとかかわり深いガラスアーティストの青年をめぐる愛憎劇がメインで、最後まで進行していく感じ。
一作目の連作短編形式がかなり好みだったので、途中までは今回も正直そっちの方がよかったなーとか思っていたのですが、やっぱりがっつりひとつのドラマを味わって存分にひたれるのも、いいものだなと思いました。

やっぱり私、この作品世界が本当に大好きです。
美しくて静かでひんやりしていて、けれどもけして、冷たく凍りついてはいない。
常人にはちょっと理解できない愛情表現をするひとたちが出てきますが、彼ら、彼女らにもきちんとあたたかな血が通っているのが、不思議と感じられるのです。
なにより黒猫氏が付き人に向ける、皮肉屋の顔の裏にかくした優しさや愛情がとても素敵で心地よくて、読んでいて本当にいいなあと思います。

というか本当に、黒猫と付き人の微妙な関係、ふたりのやりとり部分が、ますますきゅんきゅんして美味しすぎるんですけれど!(笑)
「いいんだよ、一度見てみたかっただけだから」(222頁)の発言やら「かけがえのないもののとなりで見た景色は、きっと合わせ鏡のように永遠に続くだろうから」(280頁)の発言やら……そしてなんといっても、ラストの塔馬さんのお手紙の内容やら。
読めば読むほど、すべてが黒猫の付き人への愛の表現に思えてくるんですけれど!もうそういう風に思ってていいですよね?(笑)
「五年たって君に誤解されたのは問題だったかもしれないけれど」っていうのも、黒猫の中では、想い人に過去の女性関係を誤解されてしまうのはかなわないって、そういう解釈でいいんですよね?ね!
ふとした言葉や動作ひとつひとつが、読み返すたびに意味があるように思えて……くー、この微妙なロマンス加減が好きすぎます。
付き人ちゃんは当事者だから、黒猫のわかりにくさに思い悩み振り回され続けているけれど(そこのところも可愛らしくて美味しい)、読者には黒猫の想い、ちゃんと伝わってくるから!
あとね、いちごパフェがまたやっぱり美味しそうできゅんとくる場面です。

バレリーナの姉妹ふたりと塔馬さんのエピソードは、ああ、芸術の世界に生きる人たちのお話なんだなー……と、遠くから眺めている感じでした。
なんというか、愛情表現が恐ろしいことになっていますけれど、『ジゼル』のストーリーや実際の舞台と上手いこと絡められて語られていって、切なくて美しいロマンスとして最後に余韻を残してくれました。
ラストのわずかしか時間が残されていない焦燥感が、黒猫と付き人の今後のつながりにも重なり合わさってて、切なくてたまらなかったです。
『ジゼル』の舞台を一度観てみたくなりました。

というか、私がこのシリーズを読んでいて『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズとイメージを重ね合わせてしまったのは、ひとつには、作中劇ありで進行していくスタイルが、『恋のドレスは開幕のベルを鳴らして』『恋のドレスと月の降る夜』と、重なっていたからというのがあったのかも。
あちらの作中劇も、ロマンティックで切なく悲しい恋のお話だったような。劇の上演中に事件が起こってしまう構成も似てます、そういえば。

再登場したミナモさんや、塔馬さんの評価を読むに、付き人自身もやっぱり可愛くてきれいなひとなのでしょう。
実は黒猫の方も、彼女を置いて行ってしまうのは気がかりでたまらないんだろうな……とか最後の方のふたりのやりとりを読みつつ勝手に妄想しております。

黒猫の講義の「遊動図式」やポオの作品の女性についての説明部分も、さらりと読んで楽しめました。
深いところまで分かっているかと言われるとあやしいですけれど、読んでいるとなんだか心地よいのです。
日本語が美しい作品がやっぱり私は大好きです。
何気のない季節の変化の描写も美しい。
「運命の女」(ファム・ファタル)言葉がすごく印象的で心に残りました。
黒猫にとっての運命の女は………ですよねー。

三巻目のお話もまた素敵でしたので、こちらも後日感想を書きたいと思います。
感想を書こうとぱらぱら読み返していたら気がついたら結局最後まで読み返しちゃったので、時間かかってしまいました(笑)。
静かでロマンティックで切なくて、秋の夜長にはとても適した読書でした。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪


関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 森晶麿 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1293-78b3b1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)