Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』森 晶麿 

黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森 晶麿

商品詳細を見る



黒猫の渡仏から半年。
付き人は女流作家・綿谷埜枝の小説に、『アッシャー家の崩壊』の構図を見だす。
唐草教授に連れられ付き人は彼女の家を訪ねて話を聞くのだが、その小説を研究するにはどうも、一晩で消えた薔薇の花の謎を解く必要があるらしい。
一方、パリで研究をはじめた黒猫は、恩師の孫娘マチルドから、女性音楽家・リディア・ウシュールの音色が変わってしまった原因を調べてほしいと依頼される。
日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり、でも隣を歩くのは、いつもの相手ではなくて。


『黒猫シリーズ』第三弾。現時点での最新刊ということで。
前回の黒猫の突然の渡仏で付き人とは離れ離れの状態、それぞれ別の場所で、別の謎を解き明かしていくスタイルで、お話は進んでいきます。

皆さまの前評判通りに、これまでのシリーズの中では一番ステキなお話だったなあと、私も思いました。
ふたつの別々の謎とそこに秘められた恋が、とても美しく、過ぎし日の切なさも静かに内包していて。
シリアスな事件はひかえめでロマンス自体が謎のメインだったところも、『万葉集』にまつわる花が重要なアイテムだったところも、私好みのポイントでした。
『万葉集』は個人的に親しみ深い古典なので、謎解きがそれまでよりぐっと身近に感じられました。やっぱり私、日本人ですから(笑)。
黒猫と付き人の直接のかけあいがないところだけは寂しいなと思っていたのですが、むしろ離れているからこそふたりの結びつきの強さを見せつけられる、という部分もあったりして。
ラストの演出は本当に、心憎いものがありました!
読み終えてしばらくうっとりと、ふたりの逢瀬の余韻にひたっていました。

読んでいてより好きだったのは、付き人サイドのストーリー、綿谷埜枝のデビュー作の短編にまつわる謎解きの方でした。
埜枝さん自身もおっとり魅力的な女性で、過去エピソードもロマンティック。付き人との内緒の恋のお話がよかった(笑)。
確かに付き人自身の推理の成長も、読んでいて感じられました。コットン・ローズの謎を解き明かしたあたりなど、女性ならではの感性かなあと感じたりして。
お酒でほんのり頬を染めた埜枝さんと、赤く色づいた花のイメージが、ぱあっと鮮やかに重なり合わさる場面が、なかでもとても美しくて、読んでいてほおっとためいきがもれました。
植物園で、付き人が例の花にめぐり会えて、心のなかでそっと語りかける場面が、特に好き!まるで過去の埜枝さん自身に語りかけているような。
万葉集の歌も植物園の描写も、すべてが調和してひとつの過ぎ去りし恋の物語として形作られていて、ステキだなあ。
一巻目から味のある脇役として登場していた唐草教授の過去話としても、読めてよかったです。
付き人の付き人(自称)戸影くんも、優秀な後輩くんらしくて、終始懐いている様子はかなり健気でしたが、付き人ちゃんはどうも冗談として流しているようで、気づいているかどうかもあやしいね……不憫です(笑)。
若者たちの恋模様を楽しんで見守っている感じの唐草教授もナイスでした。
黒猫と付き人は、はたから見たらやっぱり恋人同士なんだろうな……言葉として語られていない部分から勝手に想像をふくらませる(笑)。

一方、黒猫サイドの物語は、不思議な空中庭園と女性音楽家にまつわる物語。こちらも良かったです。
黒猫の方の今回のお供は、ラテスト教授の孫娘の女子大生・マチルド。
黒猫に分かりやすく熱をあげていて、積極的にアタックしてみたり、付き人の恋を応援している私としては読んでいてけっこうはらはらしましたが(黒猫は基本皮肉屋、ときに優しさを見せてくれるという基本ペースを崩さないので……)、まあでも読んでいる内に、分かっちゃいましたからねえ。黒猫の心の中にゆるがず住んでいるたったひとりの女性は、誰なのか。
108頁の、シードルの「切なくも幸福な味わい」を追憶する黒猫の語り場面が特に好き。何度読み返しても、彼の彼女に対する想いがにじみ出てきていて、読んでいるこちらも幸福感でいっぱいになります。
リディアとバリーの空中庭園の謎は、最初は正直いまいちイメージし辛かったのですが、こちらも美しくてあまりに切ないロマンスでした。バリーと薔薇のくちづけの場面が、美しかった。舞い上がるって、そういうことか。
私も砂漠の薔薇、昔別のお話で読んでその美しい描写に心惹かれて以来、好きなんですよね。
あと、パリに来てもやっぱりいちごパフェ(おしゃれなパリ仕様)を堪能している黒猫に、思わずくすりと。

そしてふたつの謎が合わさってのふたりきりの最終講義、第五章。
序盤のアバターのあれこれは、ここにつながってくるものだったのか!なるほどー。
黒猫によって、埜枝さんの恋の真相も、補完されていきました。ああ。せつない。
どちらの恋も、タイミングと時間で叶わなかった。どんなに想い合っていても。
思わず黒猫と付き人の現状をも重ねあわせてしまいましたが、幸いにも、物語はそこで終わらなかったです。
最後の最後の黒猫の「お礼」がね、もう、本当に素敵でした。
ふたりタイミング悪く思いっきりすれ違っていたにもかかわらず、確かに心と心を通わせることができたのが、目に見える形で、分かりましたもの。
あとラストあたりの黒猫の会話は、深読みすると、すべてが付き人への想いの告白としか思えなくって(笑)。
「人は別れてから愛し始める生き物だ」(258頁)とか、赤いスカートの夢とか、特にね。

これは、愛する男に蔓を巻く勇気を持たぬ困ったノイバラに捧げられた薔薇なのだ。

268頁の付き人のモノローグがこの本の中でもいちばんにお気に入りです。
頑なで不器用で情熱のまま進んでいけない付き人を見守る黒猫の分かりにくくも優しい愛情が、やっぱり大好きだー!!
付き人自身の成長の予感も確かに感じられますし、ふたりの絆は、今後もけして切れはしないことでしょう。
まず黒猫のほうが、絶対に何が合っても彼女を繋ぎとめようと、優秀な頭脳を駆使して全力をつくすんだと思います(笑)。

何度も読み返しては浸っていたい(すでに三回くらい読み返しました)、上質な物語でした。
言葉の美しさと余韻がやっぱりとても好きなのです。
今回は人の気持ちが皆、それまでの二巻に比べて自然に共感しやすかったところも良かったです。


三巻シリーズまとめ読みしたタイミングで、来月に早速シリーズの番外編が出るようで!

『黒猫の刹那あるいは卒論指導』

黒猫の刹那あるいは卒論指導黒猫の刹那あるいは卒論指導
(2013/11/07)
森晶麿

商品詳細を見る


黒猫と付き人の過去エピソード、そう、そこをまさに読みたかったんです!(笑)
今から読めるのが待ち遠しくてなりません。
そしてそういえば大学ではそろそろ卒論シーズンですね……(笑)。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ミステリー・日常の謎系

タグ: 森晶麿 

この記事に対するコメント

わたしも二人の距離感や作品の雰囲気がとても気に入っています。
何か似たような楽しみ方の出来る本はないかなと検索していたところ、こちらの場所にたどり着きました。
最新刊は読まれましたか?
感想是非お待ちしております。

URL |  #-
2013/11/15 23:06 * 編集 *

Re: タイトルなし

>コメントありがとうございます。

『黒猫』シリーズのふたりの距離感そして雰囲気、いいですよね~!
読む前はここまではまるとは自分でも思っていなかったので……びっくりです。過去編の文庫書き下ろしの発売を指折り数えるほどのファンに自分がなろうとは(笑)。
最新刊の感想、語ってしまいました(笑)。
こんなのでもよければ、気が向かれましたら、どうぞ~♪

URL | fallclover #SvKcs0as
2013/11/17 19:14 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1295-f2de41ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)