Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札』石田 リンネ 

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
石田リンネ

商品詳細を見る



『おこぼれ姫と円卓の騎士』シリーズ第8作目。
キルフ帝国から自国に帰ってきて、次のナイツオブラウンド勧誘に動き始めたレティ。
候補は、若くして未亡人になったレティの旧知の女性・マリアンネと、流行に敏感だがある特殊な性癖で有名な伯爵子息・ウィラード。
しかしマリアンネには「個人的な事情」であっさり断られ、もう一方のウィラードはなかなかつかまらない。
ようやく交渉できるかという段階で、レティはふたりにある条件を持ちだされて――?


『おこぼれ姫と円卓の騎士』シリーズ、待ってましたの新刊発売!
少女小説の中でも続きを特に心待ちにしているシリーズです。
今回は特に、前回ラストにレティとデュークの間で動きがあり、その後が気になって気になってしかたがなかったので……。

今回の表紙も美しいです。全体的に紺のシックな色味に、レティの美貌と金髪が上手くひきたっていて素敵です。
そして表紙とあらすじに女性がいるとなれば、個人的に色々期待せずにはいられません(笑)。

実際に読んでみて、やっぱり、期待を裏切らない面白さ!
最後まで夢中になって読んでしまいました。

以下は一応ネタばれありでお願いいたします。


今回はようやくキルフ帝国のいざこざから解放され無事にソルヴェールに帰ってきて、新しいナイツオブラウンド勧誘に本腰をあげてかかりはじめたレティたちのお話。
自国に帰っては来たものの、トラブルや何やかやに首を突っ込み巻き込まれ、結局最後には海まで遠出している、行動派な王女さまレティ(笑)。

今回個人的に何が良かったかって、まずは、マリアンネにアイリーチェ、素敵な女性キャラが一気に増えたこと!
レティの頼れるおねえさま的なポジションのマリアンネ、とても良かったです。こういう女性がレティの側についてくれるなら、今後色々大分安心して見ていられる気がします。
彼女が抱えている問題とは……でしたが、レティの言葉が響いていました。過去エピソードも含めて、レティは本当に生まれながらの女王様だなあ。格好いいです。改めて惚れ直します(笑)。

そしてウィラードの秘密の恋人、アイリーチェ。
やったー、待望の、レティの優秀な侍女候補が、ついに!
囚われの少女として聞いていただけではいまいちぴんときてなかったのですが、後半本人が実際に登場して対面してみると、うん、しっかりしたいい女の子じゃないですか。
船でイカの話をしてる場面のレティとアイリーチェのふたりの空気が、初対面しかも非常時であるわりに冷静でしっくり馴染んでいて、このふたり、気が合いそう……と思っていたので、ラストの登用は嬉しかったです。

ウィラードの恋人というのもね、あの以前も出てきたスープとかカップとかの歌が、とても素敵な出来だったので、これを本当に子どもが作ったんだろうか……?とそういえばぼんやり疑問に思ってはいました。まさかこうつながってくるとはねー。
ウィラードさんはどっちかというと、デュークやフリートヘルム殿下の友人としてのイメージが強い人なのですが、確かにレティの側近としても優秀な感じがします。華々しい活躍をしているメンバーに比べるといくぶん地味な感じもしますが、彼みたいな人も必要だし。今後が頼もしいです。
(そういえば、フリートヘルムとの茶葉のトラブルは、あれからどうなったんでしたっけ……?)

今回は、国家間で取り組んでいる大規模なプロジェクトにレティたちがあとから関わっていくという今までとちょっと違うお話でしたが、レティの行動はやっぱり冴えていて格好良かったです。
鳥籠のお人形になるレティ、外見的にすごくはまってるな……と場の危ない雰囲気とも相まって、どきどき魅力的でした。冷静さを失わないレティが素敵。美しいイラストがちゃんとあって嬉しかった!瞳の色にドレスに、できればカラーでみてみたかったなあ。
側近の騎士たちとカードのイカサマ作戦の打ち合わせをしている場面も面白かった。騎士たち(そして過去の王たち)、それぞれの性格が出ています。アストリッドは方向はともかく可愛いし、さらっと高級なお酒をリクエストしているクレイグさんもお茶目(笑)。
真面目で良識的な部分をしっかり補ってくれるデュークももちろん格好いい!派手な行動はおこさなくてもしっかり支え役になれていざというときは誰より頼りになる、こういう立ち位置のヒーローいいなあ。

そしてそして、話の合間合間にぽろっとこぼれ落ちる、レティとデュークの秘めた淡い想いにも、ときめきましたよー!!
レディが侍女役になって、デュークの服のボタン付けをしている場面が好きでした。
「いいお姉さんだったんだな」というデュークの褒め言葉が、無自覚にレティという人間にぴったりで、なんだかほっこりとてもいい場面でした。挿絵のちょっとえらっそうな侍女レティもいいな(笑)。
そしてその後マリアンネが垣間見た、デュークの気持ちが見えなくてひとり思い悩むレティも、恋する女の子そのもので、可愛らしくて切なくて、とてもきゅんとしました。

私も、レティが恋に悩んで「王の間」にいく日がやってこようとは、感慨深いものがあります(笑)。
ルートガーの発言に、おおっと期待感が高まって……。
しかし、ラストのレティ、ええっ、そっち方向にいっちゃうのかー!!
まあ、レティらしいといえばらしいんですけれど……。うーん、恋愛方面に関しては、レティは年相応の少女で、まだまだ全然だなあ。まあ、そういうつたない部分がぽろっとでてくるのがかわいいんですけどねえ(笑)。
でも、ルートガーの発言を読み返す限り、最後には、彼がきっとばしっと決めてくれると信じているので……。うん。信じます。
デューク自身も恋愛の機微については疎そうで、そこも正直若干不安ですが、うん、頑張ってくれると信じてます!(三度書いてみる)
シャルロッテ姫とレティの友情がようやくすとんと落ちた感じがしたのも良かったです。
それにこれからはきっとマリアンネとアイリーチェが、女性の部分の支えになってくれると思うので。
すでにレティを姉としてささえる決意をしてくれているっぽいマリーはもちろん、レティとそんなに変わらない年で、年上の地位ある男性と恋愛しているアイリーチェは、レティと恋の悩みを色々分かり合えると思うんですよね……。この子も多分堅物な女の子だし。
レティはもっと、大切な人に素直に甘えても、いいと思うんだ。
もしかすると母親との間にわだかまりがあった影響で、踏み切れない、とかかなあ。レティとレオンハルトの母親エピソードはちょっと意味深だったのでずっと気になっているのです。

そしてソルヴェールに帰ってきたので、兄弟たちのエピソードがちらほら読めて、楽しかったです。
今回特に存在感あったのはグイード殿下でした。グイード殿下の秘密の作戦、息抜き。息抜きか……どこまでが?(笑)
欲を言えば兄弟そろってのエピソードがもうちょっと読みたかったかなー。

恋愛方面の続きがとても気になるところで、次巻に期待!
主役カップルふたりが、アンソロジー話くらいにラブラブになるのを見届けるまでは、死んでも死にきれません(笑)。


コミックス版の方も、入手しました!

おこぼれ姫と円卓の騎士(1) (KCx ARIA)おこぼれ姫と円卓の騎士(1) (KCx ARIA)
(2014/01/07)
暁 かおり

商品詳細を見る


購入者特典ペーパーのミニエピソード、シナモンの香りの焼きたてアップルパイとこんがりしたチーズケーキを食べたくてしかたがなくなってきました……(笑)。


ここ一週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ビーズログ文庫

タグ: 石田リンネ 

この記事に対するコメント

ゆりさん、お久しぶりです(^o^)/

今度の「おこぼれ姫と円卓の騎士」も
とても面白かったですね(^^)
昨日やっと手に入れて、今日
授業の休み時間に少しずつ読みました。

籠の中のレティは繊細でとても綺麗。
わたしもカラーで見たいです!
メイド服のレティは……ちょっと違和感が
ありました。似合うけど。
私は普段のドレスの姿の方が好きかな〜?

メイド服のレティがボタンを
付けている姿を見つめるデュークの
表情が何とも言えず……。

ここでいい雰囲気だったので
そのまま進むのかな〜と思っていました。

しかし最後にレティが自分の想いを
閉じ込めてしまおうとするシーンに
胸が熱くなって
思わず学校で泣きそうになりました。

自分の想いを胸に閉じ込めてしまった
レティをデュークはどうするのか……。

新しい騎士となったマリアンネ、
ウィラード。

新しい登場人物が増えて賑やかに
なってますね!

レティとデューク、この2人の周りの人々が2人の恋にどんな影響を与えていくのか。

次巻がとても楽しみです!!

毎日寒いですね……。
ゆりさん、風邪なインフルエンザには
気を付けて(^^)

URL | 桜♪ #-
2014/01/23 20:55 * 編集 *

Re: タイトルなし

>桜♪さん
コメントありがとうございます。

どうも、こんにちは~!
こちらこそ、お久しぶりです♪またコメントくださってとても嬉しいです!!

『おこぼれ姫と円卓の騎士』、今回も面白かったですよねー!
籠の中のレティは、カラーではないのが本当に惜しかったです。カラー口絵でもあればよかったのに……(笑)。
メイド姿でボタンつけをしているのを見守るデューク、という構図に、今回とってもときめきました♪
確かに、レティはあまりに完璧に女王さまなので、メイドさんになってもどうしても、なんだかこう、違和感ありますよねえ(苦笑)。

そして確かにいい雰囲気でこのまま行くのかとおもいきやのラストのレティでしたよね。そっちかー!
でも本当にレティらしい選択で、彼女の決意の尊さがせつない。
デュークがこれからどう動くかが、ポイントですよね。

本当に、毎日寒い日が続きますね。今夜も冷えそうです。
桜さんも、インフルエンザや風邪には、十分お気をつけて!!

URL | fallclover #SvKcs0as
2014/01/26 19:40 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1319-2c21cc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)