Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

好きな少女小説の紹介タグ・まとめ記事 

はい。#RTされた数だけ好きな少女小説を紹介する タグのまとめ記事になります。
もう単純にツイッターの文章をコピーして貼り付けて、ついでに表紙リンクをつけたものをずらずらずらっと。
過去の紹介記事とかと若干かぶっていますが、まあ適当に興味のあるところだけさらさらっとどうぞ。
一応同じ作家さんがかぶらないように紹介してみました。

いつも感想記事を長くしてしまう私なので、文字数制限があるなかで感想を短くまとめてみるのも、たまにはいいかな。とか。
あ、でも読書メーターでの感想もそんな感じですけどね。

他の方のお好きな少女小説タグを読ませていただくのも、とっても面白かった……!
いくつも作品のタイトルをひかえました。また読みますよ~。


夢の宮 月下友人 今野緒雪さんの中華風オムニバスファンタジーの一作。上下巻。本が好きで王宮図書館の侍女になった少々変わり者の女の子と、読書好き育ちのいい王子様のじれじれな恋模様が可愛すぎます!幼なじみ女の子二人の友情もいい!

夢の宮 〜月下友人〜(上) (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)夢の宮 〜月下友人〜(上) (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)
(2000/07/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る



嘘つきな淑女 五月祭の求婚 最近の新人さんの個人的一押し、白川紺子さんのデビュー作、一巻。ヴィクトリアンな品のいいときめきに安心してひたれます。不器用同士の主役カップルの初々しい恋が可愛らしく幸せ。挿絵も素敵♪

嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜 (コバルト文庫)嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜 (コバルト文庫)
(2012/12/28)
白川 紺子

商品詳細を見る



夢の痕 美濃姫異聞 藤原眞莉さん作。織田信長と、美濃のふたりの姫・胡蝶と帰蝶のラブロマンス。全一巻。独特の艶めいた雰囲気がたまらない。そして蝶姫たちと信長の純愛が美しくてほろりと。忠義者の侍女のちなつも好き。日本史好きな方に特にオススメ。

夢の痕 美濃姫異伝 (コバルト文庫)夢の痕 美濃姫異伝 (コバルト文庫)
(2001/03/02)
藤原 眞莉

商品詳細を見る



マリア ブランデンブルクの真珠 榛名しおりさん作。17世紀ドイツが舞台、父を殺され育った城を滅ぼされた14歳の少女マリアが主人公。数奇な運命に翻弄されつつ精一杯自分の愛を見つけ貫く彼女の姿は魅力的。過去編のマゼンタ色の黄昏もおすすめ!

マリア―ブランデンブルクの真珠 (講談社X文庫―ホワイトハート)マリア―ブランデンブルクの真珠 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1996/09)
榛名 しおり

商品詳細を見る



傾国の美姫 夢野リコさん作。コバルト全1巻。不思議な鏡と取引し命と引き換えに美貌を手にした娘。真実の愛を知り、すべてを失うも、最後に彼女は愛する人を救うことを決意する。切なくも美しい、これぞ少女小説!すれ違い夫婦のラストは何度読んでも涙。

傾国の美姫 (コバルト文庫)傾国の美姫 (コバルト文庫)
(2010/04/01)
夢野 リコ

商品詳細を見る



影の王国 榎木洋子さん作、シリーズ全十数巻だったかな。赤い月の異世界の王家の血を引きつつ日本で育った瞳と月哉、ふたりはやがて王家の因縁に巻き込まれていく。キャラの美男美女率が高く目の保養(笑)。瞳と月哉のカップルはもう本当にじれじれで…

ピジョン・ブラッド 影の王国(1) (影の王国シリーズ) (コバルト文庫)ピジョン・ブラッド 影の王国(1) (影の王国シリーズ) (コバルト文庫)
(1997/03/01)
榎木 洋子

商品詳細を見る



陽影の舞姫 前田珠子さん作。多分全4巻。数少ない前田さんの完結シリーズ。ヒロインのサリエちゃんがいじめぬかれてて痛そう、かわいそう…闇が深いからこそ、ファーディスとの純愛は本当、美しいです。久下じゅんこさんの挿絵も繊細で艶っぽく美しい。

陽影の舞姫〈1〉 (コバルト文庫)陽影の舞姫〈1〉 (コバルト文庫)
(1992/09)
前田 珠子

商品詳細を見る



空よりも青く染まれ 片山奈保子さん、全1巻。かわいいテディベアと繊細なお年頃の女の子たちの物語、短編集。私はハンサムで少々すさんだ紳士と社会人の真面目で朗らかな娘さんのやや異色な話が好き!竹岡美穂さんイラストの女の子たちは本当可愛い。

空よりも青く染まれ (コバルト文庫)空よりも青く染まれ (コバルト文庫)
(2005/12/22)
片山 奈保子

商品詳細を見る



パンドーラ 倉本由布さん作。全一巻。倉本さんの最近(といっても何年も前の話ですが…)の中では一番のお気に入りかな。ギリシア神話がモチーフの、不思議できれいで切ない双子たちの愛の物語。表紙のふたりがきりっとしててイメージぴったりなのです。

パンドーラ―水の神話 (コバルト文庫)パンドーラ―水の神話 (コバルト文庫)
(2003/01)
倉本 由布

商品詳細を見る



春夢の花嫁 森崎朝香さん作。中華風王宮ものロマンス『花嫁シリーズ』の中の一作。薬師のヒロインが元気でお話をぐいぐい引っ張っていってくれて気持ちいいです。年下の甘ったれ王子様が引きずられ成長していくのもいい。ただし花嫁ではないんだけど…

春夢の花嫁 珠閣雷鳴 (講談社X文庫―ホワイトハート)春夢の花嫁 珠閣雷鳴 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2010/08/05)
森崎 朝香

商品詳細を見る



シャーレンブレン物語 柚木空さん作。全6巻。幼い日に出会った「癒やし姫」に憧れ神殿医見習いになった少女ミナワ、さて再会した麗しの君は…?真面目なミナワをからかうユリウス、見守る仲間たちの姿に和みます。シリアス成分もほんのりロマンスも好き。

見習い従者と銀の姫―シャーレンブレン物語 (ルルル文庫)見習い従者と銀の姫―シャーレンブレン物語 (ルルル文庫)
(2008/05)
柚木 空

商品詳細を見る



侯爵令嬢の持参金 渡海奈穂さん、全2巻。貧乏貴族の長女で裁縫が得意なマリーシア、彼女の嫁ぎ先にはとんでもない秘密が…。乙女ちっくに恋した相手に健気に尽くすマリーシアが可愛い。なんだかんだ新妻にべた惚れな旦那さまと屋敷の妙な住人たちもいい!

侯爵令嬢の持参金 -恋の話は妖精の庭で- (ビーズログ文庫)侯爵令嬢の持参金 -恋の話は妖精の庭で- (ビーズログ文庫)
(2011/07/15)
渡海 奈穂

商品詳細を見る



春の窓 安房直子ファンタジスタ ホワイトハートから一巻出た童話作家・安房直子さんの短編集。少女趣味の美しくてほんのり影と切なさを含むメルヘンがとても好きです。私は『あるジャム屋の話』の森のジャム屋の青年と鹿の娘のロマンスがお気に入り。

春の窓 安房直子ファンタジスタ (講談社X文庫―ホワイトハート)春の窓 安房直子ファンタジスタ (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/11/04)
安房 直子

商品詳細を見る



還ってきた娘 少女漫画家篠原千絵さんのタイムトラベル&転生ものサスペンス風味少女小説。ルルル文庫で全五巻くらい。天河の方と別バージョンのザナンザ皇子に会えたり(笑)。ハッピーエンドには違いないのですが切なすぎるラストに衝撃を受けました。

還ってきた娘〈1〉転生 (ルルル文庫)還ってきた娘〈1〉転生 (ルルル文庫)
(2008/03)
篠原 千絵

商品詳細を見る



エンドロールまであと、 壁井ユカコさん、ルルル文庫全一巻。旧家で厳格な祖母に育てられた男女の双子たちのあまりに切ない恋の物語。お人形のようだったゆうこさんが映画研究会の皆との交流、祖母との戦いを経てみるみる生気をましていくのがいいなあー

エンドロールまであと、 (ルルル文庫)エンドロールまであと、 (ルルル文庫)
(2007/08)
壁井 ユカコ

商品詳細を見る



有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 橘香いくのさん コバルト文庫。全何巻だったかな…。お人よしで元気なお嬢様コラリーと美形で恐ろしく口の悪いフェリックスの幼なじみコンビが繰り広げるどたばたミステリー&ラブコメ。このカップルはもう最強。

薔薇の埋葬 (コバルト文庫―有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険)薔薇の埋葬 (コバルト文庫―有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険)
(1997/10)
橘香 いくの

商品詳細を見る



月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! 氷室冴子さん作、コバルト全1巻。最後くらいは本屋で買えそうな作品を…。ほろ苦く大人風味な表題作もいいし、とりかえばや物語をソフトなラブコメにアレンジしたざ・ちぇんじが何度読んでも大好き!綺羅と帝が可愛いの!

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)
(2012/08/31)
氷室 冴子

商品詳細を見る


関連記事

カテゴリ: 本の話題・おすすめ本など

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1330-aac1727d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)