Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

6月の読書メーターまとめ 

7月です。一年も半分です。
文月です。お手紙の月です。
くちなしの白い花を帰り道に見つけました。

月はじめなので、先月分の読書メーターまとめを追記より。

オンライン小説を引き続き読みふけっていた分、読書量も控えめ……です。
まさかここまで抜け出せなくなるとは。
『Unnamed Memory』本編少しずつゆっくり再読して、完結してまた泣きました。

ブログに書いていない作品で特によかったのは、草川為さんの『今日の恋のダイヤ』、都戸利津さんの『嘘解きレトリック』、『本をめぐる物語』あたりかな。
今日の恋のダイヤ、名古屋の大学生になってから覚えた地名が人名となり漫画になっていて、そこも楽しかったです。
さすが草川為さんはファンタジー要素なし現代恋愛漫画もお上手です。

現実世界で私が先月やっていたこと……週末の朝にお菓子つくりタイムをもうけるようになりました。
なかしましほさんのレシピを主に参考に、シフォンケーキや人参ケーキやりんごケーキなど。
主に自分のおやつ用です。
砂糖も油もとってもひかえめで、普段のおやつには、これくらいがちょうどいいな~。

もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ オーガニックなレシピノートもっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ オーガニックなレシピノート
(2007/09/29)
なかしま しほ

商品詳細を見る



一昨日昨日とそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2749ページ
ナイス数:227ナイス

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)感想
本をめぐるアンソロジー。どのお話もそれぞれの雰囲気があって良かったです。『メアリー・スーを殺して』が一番お気に入り。この設定で主役を交代しつつ、作中話をはさみつつの連作短編集を読んでみたい(笑)。『旅立ちの日に』も短いながらに、本読み人間の心に響くものがありました。なんだかんだいってラブラブな夫婦の執筆ストーリーや時田風音の受難はくすりと楽しく読めました。
読了日:6月27日 著者:中田永一,宮下奈都,原田マハ,小手鞠るい,朱野帰子,沢木まひろ,小路幸也,宮木あや子
氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)感想
国王夫妻も新キャラカップル(?)も好感を持てるキャラでよかったです。ガウェインがまた型破りで残念な王子様ででもちゃんとできる人で魅力的。ヴィンセントの格好いい見せ場があんまりないのがとってもとっても不憫です。ユフィの実家の従者陣のあれこれももっと詳細を読みたかったなあ。
読了日:6月25日 著者:御永真幸
ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)感想
初読み作家さん。独特の少女漫画を描かれる方だなあと思いました。繊細できらきらまぶしい。女の子の表情が可愛いです。『親友のミカミくん』が一番好きだったな。私も昔はヒロイン並みにコミュニケーションが取れない女の子でした……主役二人が可愛くてたまらない、だけど歴史部の彼もなんか好き(笑)。他の作品も読んでみたいです。
読了日:6月23日 著者:渡辺カナ
コミンカビヨリ(3) (講談社コミックスキス)コミンカビヨリ(3) (講談社コミックスキス)感想
萌さんの思考回路が面白くて飽きません(笑)。まったりですがロマンスも少しずつ進んできました。ラストあたりのふたりのやりとりが好きです。
読了日:6月22日 著者:高須賀由枝
食堂つばめ 3 (ハルキ文庫 や)食堂つばめ 3 (ハルキ文庫 や)感想
食堂つばめ、今回は一冊でひとつの物語。短時間でさくさく読んでしまえます。今回はこれまでのお話に比べてちょっと重たい。(まあ人の生死の境目の物語なんだからそれが当然なのかな……。)もんじゃ焼きにお肉尽くしに海苔チーズトーストに、相変わらず食べ物が美味しそうです。食い意地のはった秀晴さんがやっぱり共感できるヒーロー(笑)。
読了日:6月20日 著者:矢崎存美
青春離婚 (星海社FICTIONS)青春離婚 (星海社FICTIONS)感想
表題作の短編がとても好きでコミックスも大好きなので単行本化されて嬉しい!書きおろしは同じ高校のメンバーたちがそれぞれ主役のこれまた素敵なお話でした。やっぱり表題作が好きだなあ~バレンタインのチョコとか本当に可愛い。しかし他の二編も良かったです。人と直接コミュニケーションをとるのは怖くて他人との関係は繊細で、ときに格好悪いことしたり体に障るほど悩んで身動きとれなくなっても、実は皆多かれ少なかれおんなじだから。真啓と梓菜の料理アプリでつながる少しちぐはぐな関係が好きだな。続きをいろいろ想像してしまいます。
読了日:6月19日 著者:紅玉いづき,HERO
絵本画家 天才たちの競作集 (ビジュアル選書)絵本画家 天才たちの競作集 (ビジュアル選書)感想
これはなかなか素敵な絵本画家入門書でした。様々な作風の作家さんから自分好みのものに出会えるのがいいと思います。エリナー・アボットのシンデレラや白鳥姫の清楚な絵が好きでした。ハリー・クラーク、ウォルター・クレイン、ウォーリック・ゴーフル、その他いろいろ美しくてうっとり。
読了日:6月18日 著者:
おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)感想
表紙の青色がさわやかできれいです。レティ、ナパニア国へお見合い相手にひっそり会いに行くの巻。ソレス王子の人を惹きつける憎めないところがなかなか素敵でした。ルートガー王の姿を重ね合わせる、そうきたか!正直彼ならもしかするととちらっと思ってしまいましたが、やっぱりそう簡単にいかなくてよかったです(笑)。デュークとレティのふたりの進展的なものはほぼなかったですが、お互いの想いの重なりとアイリーチェの恋愛論にささやかにときめきました。レティのケーキの条件にデュークが残ったのは、偶然なのか無意識のあれなのか…。
読了日:6月15日 著者:石田リンネ
ジヴェルニーの食卓ジヴェルニーの食卓感想
印象派の画家たちの物語を彼らの傍らにいた女性たちの語り口で。美しい物語でした。美しくて繊細で柔らかな光に包み込まれていて。フランス語の固有名詞に上品で丁寧な語り口が雰囲気たっぷり。『うつくしい墓』と表題作の『ジヴェルニーの食卓』が好きでした。マグノリアの花と娘さんの取り合わせが印象的。そしてモネとブランシュ達ふたつの家族の物語がなんとも素敵で心地よかったです。ガトー・ヴェール・ヴェールにチーズのスフレに、大切な家族のために作る料理が色々美味しそうです。
読了日:6月12日 著者:原田マハ
嘘解きレトリック 3 (花とゆめCOMICS)嘘解きレトリック 3 (花とゆめCOMICS)感想
今回は一冊まるごとひとつのミステリー仕立て。これまでの短編形式もよかったけれど、今回はひとつのストーリーとしてとても読み応えありました。お人形をめぐる不可解な事件、一つ間違えばおどろおどろしい雰囲気になりそうなのに、品子さんの笑顔のくもりない明るさや主役ペアのシリアスになりすぎないノリやそんなのでぐっとやわらいだ少女漫画になっていてとてもよかった。お着物姿の品子さんに鹿乃子さんがやっぱり美しくかわいらしい。雅さんのモガ姿も素敵。そしてなによりラストの写真の幸せそうな笑顔が素敵でほっとしました。
読了日:6月10日 著者:都戸利津
身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)感想
今回は短編集。お姉さまと呼びたいセシリアさまとミレーユが可愛い!若き日のジャックとイゼルスも格好良くて今につながるあつい忠誠心とゆるぎない絆が良かった!あとシルフレイアさまとカインのお話も今までずっと謎だったので読めてよかった。マットの正体、まさかの!心があたたかくなりました。この面々の中に入っていると、カインはまだわりかし常識人に見えてきます(笑)。
読了日:6月10日 著者:清家未森
図書館の主 8 (芳文社コミックス)図書館の主 8 (芳文社コミックス)感想
『クリスマス・キャロル』が「何をやり直すにも遅すぎることなんてない」みたいな話だって、なるほどなあと思いました。あと『にんじん』がこんな話だったなんて知りませんでした。勉強になります(笑)絵本の編集の裏話的なものものぞけて興味深かったです。
読了日:6月8日 著者:篠原ウミハル
今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)感想
草川為さんのファンタジーなしの大人の女性の恋愛もの。でもやっぱり私の大好きな草川さんの少女漫画で満足でした。中にはせつない恋もあったけれど、読んで前向きに明るい気分になれるお話ばかりでよかったです。作品同士のつながり方も好き。蟹江さんと栃木さんの一見接点なさげなカップルがいちばん好きだったかも。女の人の服装や髪形もおしゃれでさすがです。そしてヒロインたち以外の名前が言われてみれば皆知っている地名で思わずにっこり。
読了日:6月7日 著者:草川為
花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
特別編も完結。いろいろな面で時の流れを実感してしみじみしました。立人はやっぱりこの世界で生きている姿が格好いいしはまってるな。花鹿の生き方と重ならないのは承知のうえでそれでもふたりで生きていくという姿勢が最後まで格好良かったです。サブキャラもどんどん再登場してきてくれてうれしかったです。ルマティのお嫁さんが気になります。
読了日:6月7日 著者:樹なつみ

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1358-281f04f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)