Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『本屋さんのダイアナ』柚木 麻子 

本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ
(2014/04/22)
柚木 麻子

商品詳細を見る


「大穴」というおかしな名前に金髪に染められたぱさぱさの髪、適当な母親に行方知れずの父親。
自分のすべてを否定していたちっぽけな本好き少女ダイアナは、自分とは何から何まで違う清楚な同級生・彩子と出会い、ふたりは一瞬で親友になる。
無邪気に友情をはぐくんでいた小学生時代から、それぞれ年月を経て成長していくふたりの少女の物語の行方は——。
現代日本の女の人のための『赤毛のアン』が、ここに。

『赤毛のアン』はじめ英米少女小説好きは読むべき!とか色々評判に背中をおされて、手に取った一冊。
物語のそこかしこに『アンシリーズ』『秘密の花園』等々少女小説のモチーフが挿入されていて、加えて私の大好きなダブルヒロイン・女の子の友情もので、これは気に入らないはずがない!とっても楽しめました。
少女趣味のほわほわ可愛いだけの話ではまったくなく、ときに突き刺さってきて痛くてたまらなかったけれど、最後まで読み終えて、確かに、生きていくための元気をもらえました。
間違っても遠回りしてもみっともなくても、やがては自分の力で立ち上がるふたりのヒロイン、まぶしいです。
場面場面でどちらに共感できるかは変わっていきましたが、どちらのヒロインも人を惹く力があって、好きにならずにいられない。

ダイアナと彩子の小学校三年生時の出会いから、物語ははじまります。
お互いが育ってきた全然違う世界に無邪気な憧れを抱いて夢中になる様は、読んでいてきらきらまぶしいのを通り越して気恥ずかしくなってくるほどでしたが(特に彩子の現実の見えてなさ……苦笑)、でも、こんなに純粋に相手が大好きでお友達になれるって、いいなあ~。
本家『赤毛のアン』のアンとダイアナが出会って友情の誓いをたてる場面も、案外、こんな感じだったのかもと思いました。いい家庭で愛情深くもきびしくおしとやかに育てられたダイアナは、大人の世話を十分に受けられずに愛に飢えて育ったアンのあまりに違う世界の雰囲気に、最初は惹かれたのかな、と。
小学生時代のふたりは「腹心の友」を絵にかいたような感じの仲良しさん。
一足早く体が大人になりつつあった彩子をかばい助けるダイアナがとても頼もしく格好良くて、これは確かに惚れ惚れ(笑)。この子には私しかいない!と近づいてくる同級生に男女問わず反発心むきだしな様も、微笑ましく。
お互いおうちに及ばれして、家族ぐるみで親しくしている様も、良かったです。
ダイアナが彩子の家庭にあこがれる気持ちが本当によくわかるなあ。

しかし蜜月は長く続かず、彩子の中学受験期にはじめてのすれ違いを経て、学校も分かたれたふたりは、長く離れ離れになってしまいました。
お互い仲直りのきっかけがつかめずすれ違い続けていても、心の中ではお互いが親友同士なのが(成長するにつれ、無邪気に好意ばかりは持っていられなくなるのですが)、すてきだな。
ダイアナが家出して、彩子がネットでの付き合いから推測してティアラさんと武田君とで協力して迎えに行く場面と、名前を変えたかったダイアナが彩子の母親に会いに行ってお話をする場面が、お気に入り。
同時にダイアナの母親のティアラさん、表面通りのひとではないことも、しだいしだいに明らかになっていきます。
ダイアナの父親と母親の謎を、ダイアナと彩子が、それぞれ別の世界から追いかけ続けている姿も、どきどきして読みどころでした。

さらに人生は進み、彩子は大学生に、ダイアナは書店のアルバイト店員に。
山の上のお嬢様生活をまじめにやってた彩子の生活の転落は、ショックでした……彩子の真面目さゆえにかえってこのサークルから抜け出せなくなる悪循環に、胸がふさぎました。
悪夢のような長い長い期間を経て、それでも最後には自力で後輩に助けの手をさしのべ立ち上がった彩子の姿が、とてもとても良かったです。
『赤毛のアン』でレイチェル・リンド夫人にアンがビスケットを焼く場面を思い浮かべて、彩子が母親に菓子を作る場面に、目頭があつくなりました。アンシリーズの方であそこでアンが作るビスケット、私も大好きなんです!

優しく憧れの書店員さんに失恋しつつも頑張って働くダイアナ、ついにお父さんとの再会……。
正直夢にみるようなすてきな再会ではなく、世界は上手くいかないなあと思いましたが、よけいにティアラや彩子の両親たちの思いやりが染み入ったというか。
ティアラさんの手料理・焼うどんの味わいも、なんかしみじみ優しくていいなあ。
彼がラストに語った「ダイアナ」に向けた思い、とても良かったです。
そして長年絶交し続けていた親友が、ようやく仲直りという筋も、私のイメージする『アンシリーズ』の世界そのままで、二重に良かったな!ほっとしました。
昔のささいなケンカで意地を張りとおし、何年たってもいがみ合っていた、または人生が変わってしまった、みたいなひと、けっこう普通に出てくるシリーズですよね。

作中作の『秘密の森のダイアナ』も、とても魅力的に書かれていて、ダイアナと彩子が人生のありとあらゆる場面でこの本をどんなに愛しているのかばしばし伝わってきて、同じ少女小説趣味児童書好きとしては、うっとり。
ダイアナと彩子は同じ本好きでも読書の趣味はそれぞれ違っていて自分の道を歩んでいくわけですが、この物語は心の中のいちばん大切な場所に……そのあとどんな名作に出会ったとしてもそれは変わらない、というの、とてもよくわかるなと思いました。
ティアラさんみたいに考えて生きるのも、素敵だなとは思うのですが。

彩子とダイアナのまわりにいろんな人たちが現れ消えていく中で、どんなひとたちでも本当の本当に否定はされてなくて、そこがなんというか、ぐだぐだな自分でも自分なりに生きていっていいんだよ、と肯定されているみたいで、良かったです。
なんだかんだで小学生のころからずっとダイアナを見つめてきた武田君、頑張ってほしいです。
でも恋の成就が物語の終わりではないというのも、この物語らしくて、さわやかな読後感。

年末にとてもすてきな物語を読めて、良かったです。
来年も頑張って生きていかなくては!


おとといと昨日それぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 日常のお話

タグ: 柚木麻子 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1417-0ffdf78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)