Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

最近のオンライン小説読みの記録(2015年春編) 

冬から春にかけて、ちょこちょこと読んできたオンライン小説、メモ的な感想。
小説家になろうさんから、主に。

騎士団付属のカフェテリアは、夜間営業をしておりません。』巌さん

強くて不器用な騎士団団長サラと、多忙な彼女を夜のカフェテリアでもてなす料理長の堅物な青年・ロビン。
彼と彼女のささやかな交流と、おいしいごはんの物語。
あらすじその通りのささやかで優しい物語。
一見性別で役割が逆転しているように思えるけれど、このふたりには全然不自然ではなくて。距離を縮めていくごとにお互いの人生まで踏み込んでいくふたりのためらいと優しさが、もう!
ロビンが作る食べ物の数々が何気に私の好みのつぼをことごとくおさえてくるので楽しかったです。
りんごのパイの話のロビンの嫉妬と独占欲が美味しすぎる。そりゃ焼きたてあつあつさくさくアップルパイにアイスクリームは最高の取り合わせです。

リサと夜警と魔法の鍵』SPICE5さん

灯り屋で働くリサと夜警さんのほのぼのしたやりとりと関係。
森の名高い魔女ロザリアの長殺しの犯人を追う旅。
ふたりの全然接点のない女性たちの物語が交互に語られてゆきます。
光と影との対比がとてもお上手。ふたりの女性の物語がかちりとつながった瞬間、ぞくりと。
私はリサの灯り屋での仕事、譜面書き、夜警さんとのお茶とお手製焼き菓子のやりとりパートが、とても好きでした。
春の美しく優しい自然と響きあいひとつになってひとつの美しい世界を作りだしていく様が。
なんか、ひとりの人間の見せる顔って、本当に色々なんだなあ、と思いつつ読了。
あとカーチフ、というアイテムが、個人的に想像をかきたてられお気に入り。
寄り添う男の献身も格好良く切ない。

はるあらし』はなさん
いくつものお話しを読ませていただいてきたはなさんの最新長編物語。
かなり好きな部類の現代社会人カップルのロマンス。
とある名家の次男坊・哲秋は、母に強引に見合いを仕組まれる。
顔をあわせたグループ傘下の社長令嬢だという春音さんは、しとやかな見かけに反してちょっと、いやだいぶ変わったひとで——。
いつも笑顔でノリノリお嬢様言葉で演技派女優(笑)、ハルさんが今までみたことないタイプの個性の持ち主で、とても素敵。
ハルさんみたいなひとと一緒に生きられたら、きっと一生笑顔で幸せだろうなあ。
ハルさんの突飛な行動にさんざん振り回されいつの間にかハルさんペースに慣れていく哲秋さん、彼もまたきりっとしたものを持ってていいひとなんです。
哲の親友の葵さん、お兄さんと兄嫁の蒔子さん、といった脇役キャラも好きでした。家族のお話にほろり。
タイミングが一つ違ったなら、ハルさんの実家の会社のこと、もしかしたら、少し違う未来があったのかもしれないけれど。
皆が悩み決断した結果の今のかたちが、尊いなと思いました。
あと番外編の某若者視点の哲のヒーローっぷりと白々しいごまかしに吹き出してしまいました。
ささくれだった心に優しく染みわたってほんわか癒されてとても良いお話でした。
はなさんのお話、最近更新されている過去作品のおまけ話も楽しませてもらっています。
仁科さんの後輩視点の話が気の毒でおかしすぎる……。すごい格好いいんだけどな、仁科さん。
世良くんや南さんに久しぶりに再会できたのも嬉しくて幸せで心がほこほこしました。

あとは、馴染みの『Tiny garden』さまや『no-seen flower』さまのお話を日常的に読み返したり。
まるはさんのTwitter小話も楽しいです。ふふふ。


ここ何日かでそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1451-67e3829b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)