Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。』友麻 碧 




亡き祖父ゆずりの「あやかしを見る力」を持つ女子大生・葵は、突然「隠世」にさらわれてしまう。
なんでも祖父・史郎には隠世の老舗宿「天神屋」に多額の借金があり、葵は借金のかたとして天神屋の大旦那である鬼に嫁入りしなければならないらしい。
嫁入りを回避したい葵は借金返済のため、天神屋で働くと宣言。葵に好意的とは言えないあやかしたちに、得意の料理をふるまいはじめる——。


あやかしのお宿の大旦那様にお嫁入りさせられそうになった葵さんが、周囲の冷たい態度の中、祖父仕込みのあやかし好みの味付けの家庭料理で奮闘していく物語。
ネットでみかける評判がなかなか私好みそうだったのでつられて手に取ってみました。

葵があやかし達にふるまうあやかし好みの少し甘めの味付けの家庭料理がどれもとても美味しそうで楽しい!
葵の料理に餌付けされだんだんほだされていくあやかしたちの姿がまた楽しい。
大根おろしをのっけた和風オムライスに親子丼ぶり、水餃子に鶏肉じゃが……。
なかでもおいしそうだったのは豆腐アイスクリーム三色盛りでした。ぜひともレシピを教えていただきたいのですが!
隠世の調理器具も独特で試行錯誤しつつ料理を作成する過程も読んでいて面白かったです。
味だけではなく、葵が作る料理にはとある秘密があるようです。

お嫁にするためさらわれたとは言うものの、大旦那様に人間の小娘を娶せるのをよくは思わないあやかしが大多数で。
なかなかハードな状況の中、へこたれてしまわずにがむしゃらに頑張る葵が格好良くステキ。
基本的に度胸がすわった現実的な思考回路と、ちょっと古風な女の子らしい口調と、なんだかんだ困っているひと(あやかし)を放っておけないお人好しな優しい部分、ちょっとアンバランスな印象をうけるのが魅力的です。

たぶんこの話のヒーロー・鬼の大旦那様がまた一筋縄でいかないけど格好良くてですね!
天神屋の従業員の皆にくもりない尊敬を受けているだけあって、有能で気配りあふれる美青年・とっても格好良いです。
葵に優しい言葉をかけたり冷たく突き放したり、最初はいまいち好印象薄かったのですが、葵へのさりげない気遣いやほんのりした甘い情がだんだん表に出てきて、読んでいてとってもきゅんきゅんしたのでした!
葵と大旦那様の過去が意味深で気になります。葵にとっては辛い記憶でもあるようで、そこが大旦那様の踏み込めない理由かしら。こんなところにも葵への甘さが(笑)。
一緒に豆大福食べたりもつ鍋食べに行ったりしている場面、やっぱり食べ物を食べている場面が印象に残っていて好き(笑)。あと抹茶をおねだりしてそれは嬉しそうな葵にちょっと複雑な気持ちになっている大旦那様も(笑)。
最初の椿のかんざしとお弁当のエピソードが素敵でお気に入りでした。
ラストの帰ってくる場面も。カレー食べたいですね。

他のあやかしさんだと、無類の食いしん坊の好青年・銀次さんや、影は薄いけど面倒見よく心優しいのっぺらぼう三人姉妹が特にお気に入り。
雪女の若女将のお涼さんもなんだかんだで憎めないキャラでした。雪女って儚げで優しいイメージだったので女の戦いをガッツでのりきり親子丼をかっこむお涼さんはなんだか新鮮で面白かった。
暁と鈴蘭兄妹のエピソードも、しんみりしたな。
現世の手鞠河童さんたちもすごい可愛らしかったです。口では色々言いつつもやっぱり彼らを放っておけない葵は優しいなあ。

そしてすでに故人でありながら抜群の存在感をはなつ葵の祖父の史郎さん!
ものすごく嫌われていたり逆に慕われていたり。色々なとんでもエピソードが残されていて、はたから眺めている分には面白い人だったんだろうなー、と。
とはいえ、借金のかたに孫娘を差し出すような人だとは、葵の過去の回想を読んでいてどうしても思えなかったのですが、やはり、史郎さんと大旦那様の過去の約束には、まだまだ秘められた部分がありそう。
葵と史郎さんの孫娘と祖父のふたりの絆がなんだかとても好きでした。
ふたりにほのかに見え隠れする人の世への情の薄さ、特別な力を持ったが故の孤独みたいなものが、ちょっと切なくもありました。

たぶんこのお話、続きも読めますよね?
できればロマンス的展開を期待しています!
葵には幸せになってもらいたいです。


この一週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 友麻碧 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1464-53828394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)