Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『青薔薇伯爵と男装の執事~出逢いは最悪、しかして結末は~』和泉 統子 




名門・ローズベリー家に性別を偽り執事として仕えるアン。
新当主としてアンが見出したアッシュは優秀で、貧乏生活を彼に強いるのは心苦しいけれども鼻が高いアン。
一方、アッシュは女王と謁見してそうそう、「青い薔薇」について何かあれば報告するようにとの命令を受け——。

初読み作家さんの新作小説。たぶん少女小説のくくり。
初読み作家さんでいきなりこのお値段の本を買うのはちょっと勇気がいるなあ……とずっとためらっていたのですが、雲屋ゆきおさんの美しい表紙と私好みっぽいタイトル&あらすじとネット上の皆さまの評判がやはりどうしても気になり気持ちを押えられず、ついに思い切って購入。

まずは雲屋さんのカラー表紙の主役ふたりが本当に麗しくてながめているだけでときめきます。眼福です。
「春のお日様みたいな」やわらかく優しい雰囲気で青い薔薇を手にするアンと、「月の化身」冷たい美貌でばーんとえらっそうにかまえているアッシュが並び立っている様は、それはもうお互いの美貌がお互いを引き立て合っていて。
お似合いですよ。お似合い!
表紙カバー後ろにも伯爵家の使用人たちがそろっていてこれも嬉しい。
そして本を開くとさらに!麗しきカラー口絵が、2頁も!
紺色の見返しも白薔薇の花のふちどりも帯のコピーもすべて品があって美しくて、本文を読む前からすでに「この本買ってよかったなあ……」とうっとり浸ってました。

お話も、ラブコメちっくで面白かったです!
善良で天然な美少女(男装してるけど)アンと、口は悪いけれどなんだかんだ人の良い美貌の新当主アッシュ。
ふたりの会話のあまりのかみ合わなさと、アッシュの口調の独特の語尾のばしがあり、正直はじめのうちは若干読みづらかったのですが、ふたりのお互いへの執着心や自覚なしの想いなどがだんだんみえてきて、どうしましょう、可愛すぎるこのふたり!
特にアッシュ視点からのアンへの子どもっぽい執着が、何よりもアン自身が青伯爵家の財産であると言い切ってしまえる本心が、ふだんの冷静で隙を見せない当主然とした彼からそこだけがらっとイメージ外れていて、ときめいて仕方なかったです。
「ご主人様」を善意のフィルターで敬愛しまくっているアンも、ふとした折にアッシュの態度が気になり人知れず落ち込んだり複雑な思いをしたり、自覚手前の恋心と言う感じがして可愛いったらないです。

天然さとお人好しさが突き抜けているアンは、読んでいていらっとするすれすれな感じもしましたが、たぶんアッシュがあえて刺々しく厭味ったらしい態度を取り続けているので、彼女の善良さがおおげさにみえてしまうだけ、なのでしょう。きっと。
貴族のご令嬢たちに大人気なのも隠れた(?)ハイスペックさも鈍感さもご主人様命なところも、読み終えたころにはすべてひっくるめて大好きなヒロインになっていました。
名前が三つ、あれ四つ?あって器用に役割で使い分けているのも面白いですね。周りの人は周りの人で受け入れてるし。
大きくてきらきらした瞳で微笑むアンが可愛すぎてめろめろです。

アッシュも、作者さん自身が書いていらして耐えられなくなるヒーロー……感じ悪かったですが、でも確かにこんな貧乏暮らし借金まみれの伯爵家に突然連れてこられたって、そりゃ嬉しくないですよね。
それでも彼には彼独自の伯爵家の当主としておさまるべく事情があるようで。
存在感ある美貌と頭の切れの良さ。
なんだかんだ言いつつ伯爵家の使用人それぞれの良さをちゃんと認めていてそれぞれへの接し方に心を砕いている、年若くして素敵なご主人様です。
サイモン弁護士をこてんぱんに打ちのめして借金問題を解消してさらに彼をこきつかう手腕がお見事すぎでした。すかっとしました。

伯爵家の使用人たちや親戚関係のひとたちや、皆個性的で有能でキャラが立ってて面白かったです。
(それにしても親類縁者の家系図がややこしすぎて半分も理解できてない……でも飛ばし読みしても面白いからいいや)
サイモンと結婚したオリーブ、思っていたよりしたたかなお嬢様だったようで好感を持ちました!
白公爵夫人格好いい。
メイドの双子姉妹もかわいいっ!シドニーとベンも出番はさほどなかったけれど頼れるひとたちみたいですね。
メイドちゃん視点の番外編も、アッシュとアンの主従コンビの人の良さが前面に出ていて、心がほっこり&きゅんきゅんしました。

女王陛下が探し求めているという「青い薔薇」、前青伯爵と白公爵夫人と女王陛下の過去の因縁?、アッシュの謎めいた「一族」の事情、一向に見えてこないアンの本当の生い立ち、そもそもどうしてアンは男装執事の道を歩むことになったのか、アンとアッシュは過去に何らかの関わりがあったのか……、色々謎だらけで、お話の最後の「縁談」もどうなっちゃうのー!!と言う感じで、続きが激しく気になります。
続き、読めますよね?

多少クセはあるもののとにかくキャラの生きが良くてアッシュとアンの主従カップルが可愛らしい、楽しいお話でした。
イラストも本当にきれいだし!読めて良かったです。


ここ一週間くらいの間にそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ファンタジー(西洋風)

タグ: 和泉統子 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1503-32fc75d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)