Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

最近のオンライン小説読みの記録(2015年晩秋編) 

またオンライン小説色々読みましたので、感想メモ記事を。
すべて完結済でした。

月の夢果てるまで吟遊伽語 瀬川月菜さん
ナリアエルカの覇王カリス・ルークと大臣ウィリアムは、ひとつの策をめぐらし、王妃候補の娘たちを集める。
覇王にひそかに想いを寄せていた「金の瞳」を持つリワム・リラもそのひとり。
こちらのサイト様、私好みそうなロマンティックな作品がたくさんあって、いつか読んでみたかったのです。
タイトルに惹かれはじめて読んだこちらのお話は、エキゾチックな異国の王宮の後宮を舞台とした、恋愛ものファンタジー。
異国の描写と美しく響く言葉と夢と現実の境がふっとあいまいになる不思議な世界観、色々な要素が合わさっていて、ちょっと他では見かけない独特の魅力が醸し出されていて、うっとり。
後宮に来るにはあまりに素朴で優しい娘のリワム・リラ。カリス・ルークへの憧れと感謝の念を抱きつつ彼女が徐々に恋心をはぐくんでいく様がとても微笑ましく優しく、そして不安で仕方なかったのですが。そういうことか!
腹をくくって大切なもののため戦ったちっぽけな彼女の、凛とした強さが素敵でした。
リワム・リラの姉のミル・シーが予想外に素敵に格好いいお姉さんキャラでした。
番外編の優しくて甘いお話がとても好きです。
また別作品も読ませていただきたいです♪

久遠の夜 千夜の果て 辺縁の姫君』トグサマリさん
異世界にトリップし「辺縁の姫君」としてフィザーン国の王宮に召し上げられた奏音。しかし国王は残虐な人物で……。
ヒロインがかなりシビアな目にあう異世界トリップファンタジーでした。
心身共に突き落とされぼろぼろになったカナデが、異世界で最初に遭遇した伯爵レミンの元に引き取られ、優しさを与えられ、少しずつ再生していく日々が、素敵で心にしみいるようでした。レミン本当にいいひとだな……。ふたりのほのぼのした姿に癒されました。
北国フィザーンの描写も厳しくも美しく豊かで気に入りました。ふたりでオーロラを観に行く場面の迫力がすごかった。
いくつか救いのなくやるせないことが最後まで読んでもぽつぽつ残るのですが、これがあとからじわじわきて、読了後もこの世界にしばしひたっていました。(でもイルマイラさんもかわいそうなひとではあるよなあ。)

成金令嬢物語』江本マシメサさん
泣き虫で不器用な成金令嬢メルディア・ベルンハルトと、幼馴染で執事の孫息子である寡黙な青年ユージィンの身分違いのロマンス。
読む前まで全然気づいていなかったけれど、『没落貴族令嬢の異国間結婚奮闘実録』の後日談だった!もっと早く読めばよかった……とても面白かったです!親世代もちらちら登場してきて皆元気そうで嬉しかったです。ラン・フォンお義母さまやっぱり強すぎる。
メルディアに当初はつけ入るため近づいてきた貴族令嬢レイシェイラが、メルディアの実際の姿に愕然とし、ほだされて次第に友情を結んでゆくストーリーもとても美味しかったです。家でも社交界でもがんがん戦う彼女のガッツとツンデレっぷりが見事。確かにそんな彼女にメルちゃんは癒しだろうな……。うさぎの贈り物にほのぼの。

成金商家物語』江本マシメサさん
そしてこちらが『成金令嬢物語』の親世代の前日譚ですね。
読む順番が滅茶苦茶になってしまいましたがこれまた面白かったです。
なかなか素直になれない薄幸の中年男性アルフォンソさんが、かわいそうで可愛らしいという不思議な読み心地のお話。
メルセデスさんも変わった生い立ちの女性で変わった関係を築き上げていて、どんどんこじれてきてどうなるよ~と思いつつ最終的にはまるくおさまって本当に良かったです。
ジルヴィオ坊ちゃんが素直で可愛くて本当にいいこだな……!彼がまさかあんな感じに成長するとは……(苦笑)。

トカゲ紳士の平々凡譚』依馬 亜連さん
行き遅れの魔女マリカと、「トカゲ紳士」の異名を持つ強面の少年紳士ウィルフレッドの、お見合いからはじまるちょっと奇妙なラブコメ。
ほのぼの可愛いお話で、心癒されました。年上のマリカに向ける、ウィルの不器用だけれども素直で純粋な愛情が素敵です。
ウィル様命の親衛隊の存在がすごい。だからといって奥様候補のマリカを敵視しているかというとそうでもなくなんだかんだほだされてるのが和みました。

あと『0℃の夢』様の10周年企画の短編、ならびに少し前に更新されていた『BLANCA』の短編がどれも絶品でときめきで満ち満ちていましたので、『BLANCA』お好きな方はぜひ読まれることをおすすめします。
郵便屋さん、そういえば私も気になっていました。不憫……でも確かにこんな調子じゃリユンは日々気が気ではないだろうなと思いました(笑)。
そしてコミティアで出会った作品『ラフマニノフの指先』の後日談素晴らしかったです。相手の好きなものを順々に挙げていってちょっと気恥ずかし気に愛を表現するこのふたりがとても好き。ごちそうさまでした。(ぺこり)


ここ1週間くらいにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: オンライン小説

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1517-281d178f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)