Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

1月の読書メーターまとめ 

雪で電車が遅れたり急な冷え込みに電車の中で凍り付いていたり、1月の後半はそんな感じで過ぎていきました。
地元の山にようやく雪が積もってまっしろに!
寒いのは辛いけれど、この景色を見てようやく冬という実感を覚えます。

さて先月分の読書メーターまとめ記事を追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説……『シェーラ姫の冒険シリーズ』
まんが……『アンと教授の歴史時計』『思春期ビターチェンジ』『高台家の人々』

もとなおこさんの『アンと教授の歴史時計』が期待以上にすばらしく私好みで最高でした。
悲しい育ちで健気ながんばりやのアンが私好みヒロインすぎてどうしよう。思ってたより糖分高めも美味しかった。
もとなおこさんの描かれるしたたかに生きる女の子の友情大好きです。
正統派少女漫画なのですが、少女漫画をあまり読まない方にもおすすめしたい!硬派な歴史もの漫画でもあると思います。
思春期ビターチェンジの、男の子の方の気持ちについに変化のきざしがあって、なにげない場面にときめいて何度も繰り返し読んではにまにましていました。それにしても、本当にこの漫画ビターだな……いつまでこの入れ替わりは続くんだろう。

ブログに書いた作品以外はだいたい漫画ばかり読んでいた月でした。オンライン小説も読んでたか。
後半は読書にさける時間がほとんどなくてとても辛かった……今月は色々読みたいな。できれば。
できればブログも書きたいよ~。

色々もっと語っていたいけれど、今日はとってもねむたくて、この辺で失礼いたします。


この期間にそれぞれの記事に拍手くださっていた方々、いつもながらにどうもありがとうございました♪

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:4869ページ
ナイス数:328ナイス

高台家の人々 4 (マーガレットコミックス)高台家の人々 4 (マーガレットコミックス)感想
茂子さんと和正さんのふたりのロマンスのその後を読めて嬉しい。茂子さんと、お兄さんの彼女である木絵さんのふたりの女子会のあの空気が私すごく好きなんですよね!木絵さんの良さを高台家一族や実家の家族やみんながちゃーんと分かっている様に本当に和みます。和正くんの話のパンを定規ではかる猫が面白すぎました。森の小屋で暮らす女性の切ない恋の顛末と最後の薔薇の花束のエピソードも好き。おばあちゃまが最後に残していったひとことが、さてどう転がるんだろう。
読了日:1月31日 著者:森本梢子
高台家の人々 3 (マーガレットコミックス)高台家の人々 3 (マーガレットコミックス)感想
由布子お母様の意外な過去とお父様との馴れ初めエピソードがとても面白かったです。はっきりきっぱり体育会系で実は面倒見がいい由布子さんとのんびりしたマサオさんがまたいい組み合わせの夫婦だなあ。そしておばあちゃまが年の功で家族関係をあっさり繋ぎ止めたり面白がってたり余裕しゃくしゃくなのがすごい。木絵さんと光正さんのふたりには笑って和んでときめきます。分かりにくく優しい鶴見女史としっかりつながりを持っている阿部さんはさすがだな(笑)。ビョーンは本当に可愛そうだった……。
読了日:1月31日 著者:森本梢子
思春期ビターチェンジ(5) (ポラリスCOMICS)思春期ビターチェンジ(5) (ポラリスCOMICS)感想
ユウタの気持ちにほんの少しだけど確かな変化が。ときめきました。ユイちゃんの和馬くんへの想いも、淡々とよき理解者であることを貫いている和馬君の本心も、いろいろもどかしくて、もうこの先どうなるのが良いのか、私には分からなくなってきました(苦笑)。和馬君のあの間が気になる。そしてラストの新登場人物の女の子が話の転換点になるのかしら。ユイちゃんのふたりのお母さんとの関係にちょっと泣きたくなりました。
読了日:1月24日 著者:将良
かつくら vol.17 2016冬かつくら vol.17 2016冬
読了日:1月24日 著者:
高台家の人々 2 (マーガレットコミックス)高台家の人々 2 (マーガレットコミックス)感想
木絵さんの妄想と人の良さに今回もほっと心が和みました。かわいそうなビョーンのインパクトがすごくてあんな場面でも人を悪く思わない木絵さんの心のありようが本当に得難い。そして笑える。アンと茂正氏の若かりし日の恋物語もロマンティックでとても素敵でした。真冬の寒空のお茶会もふたりしてなんか楽しそう。難しい立ち位置のめい子さんの無表情の下の本音にもほっと和みました。こんな風に心美しく生きられたらいいなあ~。
読了日:1月24日 著者:森本梢子
天使1/2方程式 7 (花とゆめコミックス)天使1/2方程式 7 (花とゆめコミックス)感想
ゆいこちゃんが可愛くて面白くて癒されます。初々しいカップルも可愛い。本当に女子力の高い少女漫画ですねえ。ひなちゃんのバイト先が気になるのでぜひとも登場させてほしいです。
読了日:1月21日 著者:日高万里
かわいいひと 2 (花とゆめコミックス)かわいいひと 2 (花とゆめコミックス)感想
みんないいひとで可愛くて読んでいて和みまくりました。原君の花園さん好きっぷりに笑いました。一見ゆるふわで可愛い日和ちゃんは別な意味で手ごわい女の子だと思います。お兄ちゃんと海に行く話も独特のテンポで面白い。なんか似た者兄妹だな……(笑)。最初の夢の国にいくお話もふたりきりのデートが本当に微笑ましく楽しそうでラブラブで良かったです!花で顔をかくして落とし物を届ける花園さんも良い。
読了日:1月17日 著者:斎藤けん
おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)感想
ウルク帝国後編。騎士たちの助力が得られない状況でひとりでカリム皇子とゼノンと渡り合いラストまで切り抜けたレティ、お疲れ様でした。本当にゼノンは手ごわい人間だと思いました。ラストのお兄様との約束が不穏すぎる。カリムの面倒くささにめげずにひたすら病の解決のため共に奔走し結果カリムの心を動かしたレティは本当に素敵で、それでこそレティですね。後世のエピソードに笑いつつもしみじみ良かったなと。イモにも笑いました。そこで伏線回収!次回はレティにほのぼの和む日常をプレゼントしてあげてください……。そしてもう少し糖分を!
読了日:1月17日 著者:石田リンネ
アンと教授の歴史時計 1 (プリンセスコミックスGOLD)アンと教授の歴史時計 1 (プリンセスコミックスGOLD)感想
もとなおこさんの英国タイムトラベルファンタジー少女漫画なんて読むしかないです。ヒロインのアンがかなしい境遇だけどいつも一生懸命で朗らかでけなげで、好きにならずにいられない。ちょっと蓮っ葉なメイドのメアリーがアンにあっさり心を開いたのよくわかる。アシュリー教授も(笑)。猫のトム・タフィーのアンへの愛情が伝わってくる語り口も良い。タイムトラベルの設定もよく練られていて歴史ものとしても面白い!ミス・デイジーの話のつながりがしみじみ素敵。正統派少女漫画ロマンスも美味しいです。ダンスの場面やラストにときめきました!
読了日:1月16日 著者:もとなおこ
天空のミラクル (ポプラ文庫ピュアフル)天空のミラクル (ポプラ文庫ピュアフル)感想
児童書レーベルの旧版既読。文庫として読むと、雰囲気が大人っぽく落ち着いた感じに変わって面白い。心を閉ざして生きてきたさやかが読んでいて痛々しく、元弥おじさんや桃崎さん、風子さん織姫さんと出会い優しさに包まれて、そして優しい人たちを守るため戦った勇気がとてもいとおしい。元弥叔父さんの語る「夢のつづきをみるために~」の台詞が今の私にいちばん染み入りました。タロットカード入門的な要素も楽しいし、守護霊の動物さんたちは魅力的だし、焼きたてラングドシャもアップルパイもおいしそう!三巻目読めるかもなんて夢みたいです。
読了日:1月16日 著者:村山早紀
鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)感想
人は一人では生きられなくて自分の醜さに傷つき他人も傷つけても、それと同時に誰かを愛し慈しもうとする。香乃の能力から出てきた言葉が胸に染み入りました。雪弥さんの近くのひとや裏事情も少しずつ分かりはじめ、あと三春お祖母さんの重たい過去話も心響きました。三春さんと銀二さんの馴れ初め話にほろり。皮肉屋さんで人間とのかかわりが不器用なままの雪弥さんと内気な香乃のふたりの距離がもどかしく、でも少しは絆が深くなったのだろうか。香乃にはこういう未来もあるのか…とちょっと愕然としました。香乃のご両親のお話も読みたいな。
読了日:1月13日 著者:阿部暁子
フラウ・ファウスト(2) (KCx)フラウ・ファウスト(2) (KCx)感想
ヨハンナの過去物語が読めてうれしい。村では浮いていても幼馴染を大切に思っていたんだな。ヨハンナとマリオンは改めて似た者同士だったんだなと思いました。ヨハンナをおかあさまと慕うニコがやっぱり好き。飄々とした博士も好きでした。
読了日:1月11日 著者:ヤマザキコレ
高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)感想
木絵さんの妄想が筋金入りで面白い~!変わってるけど素朴でやさしい人柄がにじみ出ていて確かに光正さんが惹かれるのも分かりました。茂子さんと木絵さんの友情も好きです。茂子さんの名前のエピソードいいな。
読了日:1月11日 著者:森本梢子
天空の玉座 2 (ボニータコミックス)天空の玉座 2 (ボニータコミックス)感想
お兄様の過去が壮絶で目を覆いたくなるような。何事もなければ優秀で清廉潔白な貴公子として生きられたのだろうにと思うとやるせない。(でも今の皇太后の世の中ではどっちみちあれかな……。)珊瑚ちゃんが可愛くて仕方ない蓬莱は微笑ましいけどこんなにあっさり上手くいっていいのかなという気もして落ち着かず。それにしても珊瑚と千花ちゃんが可愛いくて和みます~。新登場の男性陣も良いですね。
読了日:1月11日 著者:青木朋
赤髪の白雪姫 15 (花とゆめコミックス)赤髪の白雪姫 15 (花とゆめコミックス)感想
煌晶石学者のラタを口説き落としてオリンマリス研究に力を注ぐ白雪たち。ひたむきに研究に打ち込むリリアスの皆の姿が凛と格好良く雪国の自然や鉱物の描写も相変わらずていねいで美しく読んでいて幸せでした。結晶に埋め込まれた種なんてロマンティック。ふっと和む笑いのテンポも好き。白雪とゼンの絆と初々しい甘さもやはり好き!しかし私が今回一番気になったのはラタが指摘した昔のシダンさんとガラクさんの噂の詳細でした(笑)。あとリリアスの地ではいつもにもまして食べ物がおいしそうに思えます。
読了日:1月10日 著者:あきづき空太
いぶり暮らし 3 (ゼノンコミックス)いぶり暮らし 3 (ゼノンコミックス)感想
ベイクドチョコおいしそうです……!毎日ご飯を美味しく食べて暮らしている様が幸せそうで良いです。
読了日:1月9日 著者:大島千春
くーねるまるた 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)くーねるまるた 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
マルタさん盛岡旅行編。山菜料理もおいしそうだし福田パンのシステムにものすごく惹かれる。パン好きには夢のような…。じゃじゃ麺も知りませんでしたがおいしそう。あとサバ缶と新生姜のお寿司は、その手があったか、なるほど!素直じゃないけどマルタさんをいつも気遣ってる神永さんがちょっとおかしくてほっこり。
読了日:1月8日 著者:高尾じんぐ
鎌倉香房メモリーズ (集英社オレンジ文庫)鎌倉香房メモリーズ (集英社オレンジ文庫)感想
鎌倉を舞台に香りをめぐるほんわかミステリー。引っ込み思案で自分に自信が持てずにおどおどしている香乃、私にとっては共感できて心から応援したいと思える女の子。アルバイトの大学生雪弥さんとの淡い関係もときめきました。お店とお客さんとの世界で完結する前半二話も良かったし、雪弥さんの大学での仲間や香乃の妹も登場して世界が広がった後半二話も楽しかった。雪弥さんの大学での姿のギャップがおかしい。香凛ちゃんもアサトくんもいいこだなあ。チヨちゃんとの友情も好き。寂しい過去を言葉せずとも心でつながっているような二人が素敵。
読了日:1月7日 著者:阿部暁子
星のハーモニー (白泉社文庫)星のハーモニー (白泉社文庫)感想
古き良き学園もの少女漫画。要領悪くしか生きられないけど心優しいヒロインが報われるラブストーリーは癒されますねえ。短いシリーズものと短編の詰め合わせでちょこちょこ違う味わいを楽しめたのも良かったです。まゆこと杉掛君のシリーズがお気に入り。
読了日:1月3日 著者:ひかわきょうこ
薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋 (コバルト文庫)薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋 (コバルト文庫)感想
タイトルの響きのイメージそのままにロマンティックで美しい素敵な少女小説でした。孤独で後ろ向きがちな真面目な優等生ファラが、サーリヤ王子のまっすぐな心に接し少しずつ心を許し惹かれていく様がとても好もしかった。ファラの近くの不穏な影の真実が最後まで読めなくてどきどき……。サーリヤ王子も格好いい、イルファーンとの掛け合いも良い。夜に降る雨が好き、という台詞から、雨乞いの儀式までの流れが好き。薔薇の君そのままに愛らしいファラの挿絵がとても良く合ってました。この内容でもっと膨らませてあと一巻分くらいは読みたかった!
読了日:1月2日 著者:東堂燦
天空の玉座 1 (ボニータコミックス)天空の玉座 1 (ボニータコミックス)感想
架空の中華王朝もの少女漫画。天真爛漫な珊瑚ちゃんが可愛くて楽しいです。彼女が飛び込んだ後宮は、そうは言うもののかなりシビアな世界みたいで、どうなっちゃうのかなあ。皇太后さまも怖いし一番怖いのは何を考えて今の身分に登りつめたのか分からぬ彼女のお兄様。妹への愛はくもりないものに思えるのだけど。珊瑚の育ての親たちのことを思うとやりきれない。千花ちゃんと天子様のエピソードは良かったです。着物や髪形や固有名詞や雰囲気が良く作られていて楽しい。
読了日:1月2日 著者:青木朋
シェーラひめのぼうけん うしなわれた秘宝 (フォア文庫)シェーラひめのぼうけん うしなわれた秘宝 (フォア文庫)感想
ファリードのちょっとした嫉妬にハイルの「ともだち」へのあこがれに、三人の少年少女の人間関係の書かれ方がとても好きでした。新キャラのハッサンたちも切ない境遇を抱えているけど楽しい。まさかサウードにあっさり催眠術をかけるとは……。お酒をシャーベットのように盛り付けて提供するなんていけないことなのに洒落ていて大人っぽくて読んでいて楽しいです。ソーニャ姫の昔話は美しくて儚くて切なかった。
読了日:1月1日 著者:村山早紀
シェーラひめのぼうけん 魔神の指輪 (フォア文庫)シェーラひめのぼうけん 魔神の指輪 (フォア文庫)感想
悪い魔法使いに石に変えられてしまった国を救うために旅に出た、シェーラ姫とおつきの魔法使いの少年ファリード。可愛くてお転婆で力持ちで心優しいシェーラ姫が何か言葉であらわせない魅力を持っていてきゅっと心をつかまされてしまいました。ちょっと気弱でシェーラ姫命なファリードも良いですね!村山先生の書かれるファンタジー世界はやはりとても魅力的で言葉の響きが美しく魔法のひとつとってもよく練られ設定されているんだなと感じます。魔人ライラも素敵!目玉焼きの実験をしてみようとする遊び心も楽しいね。
読了日:1月1日 著者:村山早紀
海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)感想
心の奥深くに染み入るような味わい深い漫画ですねえ。おとうさんの一周忌も過ぎて、すずちゃんはだいぶ変わったし成長したんだな。みほちゃんとの線香花火の場面にしんみりしました。幸の方にも転機が。すずと幸のふたりでお買い物の場面も良かった。そして佳乃さんと坂下係長がちょっといい雰囲気かもしれなくてときめきました。温泉まんじゅう食べたくなってきました。
読了日:1月1日 著者:吉田秋生
アルテ 4 (ゼノンコミックス)アルテ 4 (ゼノンコミックス)感想
どんなときでもがむしゃらに頑張るアルテの生き生きした表情とパワーに読んでいて元気をもらえます。食えない人だけどユーリさん、悪人ではなさそうだな。出会ったばかりの人のためにためらいなく決断してしまえるのが確かにアルテらしかった。ルザンナさんもヴェロニカさんもダーチャもアルテの周りの女性陣がそれぞれしんどい境遇で生きていてもみんな魅力的で読んでいて楽しい。水桶二つ持ちを達成して奥様方と手を取り合う番外編も良かった(笑)。レオ親方も相変わらず不愛想だけど甘くも冷たくもないお弟子への距離感が良いなあ。
読了日:1月1日 著者:大久保圭
月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)感想
飲み会で周囲に誤解されたままのゆかりさん回が特に好きでした。誤解されつつも皆の気遣いが優しいですよ。そして遼介さんと良い雰囲気なので進展……難しいか、やっぱり。そんな清楚な女子大生で中身は漫画家一筋なゆかりさんが好きです。ケーキもハンバーグも野崎君に餌付けされている千代ちゃんが今回も可愛くておかしくて頑張れ千代ちゃん!りんご飴もそこまでするとあれだけど気持ちは分からないでもない。
読了日:1月1日 著者:椿いづみ

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1536-e681a2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)