Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『かくりよの宿飯三 あやかしお宿に好敵手きました。』友麻 碧 




『かくりよの宿飯』シリーズ第三弾。
天神屋の離れに食事処「夕がお」を開店させ、親しくなったあやかしたちの協力も得て、ようやくお店を軌道に乗せられた葵。
そんなある日、現世への出張で大旦那様が不在中の天神屋に、ライバル宿・折尾屋の客人がやってくる。
天神屋の従業員たちに様々な波紋を広げる客人たち。かつて折尾屋に在籍していたという銀次の様子もおかしくなってしまう——。

亡き祖父の借金のかたにさらわれてきた妖怪の老舗旅館で、女子大生・葵が料理の腕を武器に奮闘する美味しい和風ファンタジー、第三弾!
とても楽しみにしていました。続きが順調に読めてうれしいです。
表紙の天神屋の従業員たちが皆格好良くそれぞれの個性が引き立っていて目に楽しいです。
葵が抱える大きなかごに読む前から期待が高まります。

前巻の序盤のおにぎり祭りに続いて、今回は「あやかし和パン祭り」からスタート。
これがもう、パン好き人間の私にはたまらなく楽しかったです。
照り焼きマヨパンに塩豆パン、半熟煮たまごを包み込んだ揚げパン、味の染みた肉じゃが包みパン、焼きたて和風オムレツサンド……。
うわあ、みんな絶妙に私のパン好みのつぼを押えてる!
揚げたてさっくり煮卵揚げパンなんて絶対に美味しいですよ。
なんかこう、日常の食べ物への工夫がさりげなくも魅力的で、部分的にならすぐ明日にでも試せるな、と思えちゃうところが葵が作る料理の最大の魅力かと。
塩豆パンと祖父との思い出、暁が妹の鈴蘭と一緒にパン屋に出かけたというエピソード、パンにまつわる思い出もどれもほっこりしていて好きだなあ。

葵がますますあやかしたちに受け入れられ、天神屋に馴染んできているのを感じて、何より美味しい料理を作りふるまっている葵が生き生きとしてとても楽しそうで、読んでいるこちらも幸せ。
レギュラーメンバーのあやかしたちもますますしっくり馴染んできていて愛着がわいてきました。
雪女なのにガッツ系のお涼さんとか、相変わらず素直じゃないけど気配り上手な頼れる暁とか、最初はいけ好かなかったあやかしも今ではお気に入りキャラですよ。
個人的一番は、それでもやっぱり大旦那様。あの静かな貫禄と、葵への見えにくいけど確かにうかがえる深い気持ちが、たまらないです。
もっとも現状葵の一番そばにいて、一番頼りがいのある存在は、どこからどう考えても銀次さんなんですけどね。穏やかで優しくてけっこうな食いしん坊の銀次さんこそ私好みのヒーローキャラだという気は確かにするし、実際銀次さん大好きなのですが、まあこのシリーズのヒーローは、私は大旦那様だと思っているので。それでも。今のところ。
あれ、だんだん自信なくなってきた……?
……前半部分、大旦那様ずーっと出張中で不在なのが悪いです!がんばってください!!

さて今巻では大旦那様の現世出張中、ライバル宿屋の折尾屋から、招かざる客人がたずねてきます。
天神屋の従業員たちとも思っていた以上に因縁がたくさんあるようで。
でも読んでいくと、葉鳥さん時彦さんは実はわりといいひとで、最終的にはわいわいにぎやかで楽しかったです。
湯守の静奈ちゃんと時彦さんのふたりの絆が微笑ましい。ふたりともきっちり仕事人なのにお互いのことに関してだけは不器用で感情を隠せてなくて、可愛らしいんです。静奈の後輩に突っ込まれてるように、しめっぽい悩み方までお似合い……(苦笑)。
今までの天神屋ではあまり見ないタイプだった可憐で儚げでちょっと気弱な静奈ちゃんが好きです~!!
葵が料理を通じて、静奈ちゃんと時彦さんの関係修復の後押しをする流れ、葵のまっすぐな親切がとても彼女らしくて良かった。
ふたりが共同作業で料理をして心の距離をぎこちなく縮めていく姿にほっこり。

葉鳥さんも憎めない明るさを持つひとですね。そうか、松葉様のね……。
史郎さんとマブタチであったというのに納得。
ノブナガさんは、あれはどういう立ち位置なのかな。ペット?か?うむむ。味があってよいキャラでしたが。
一つ目のわんぱく悪ガキたちも、最後の大騒動の彼らの目的を知ってしまえばこのこたちも可愛い。最終的には暁にしっかり懐いているのがおかしかった。
地下の大冒険も面白要素が随所に。
史郎さんの若かりし頃の写真に自らの面影を見出してしまって打ちのめされてる葵が気の毒でした……。

天神屋のご飯も季節感満載でおいしそうでしたし、温泉にも入りたくなりました。甘夏風呂、静奈ちゃんすごい実力者なんでしょうね。
あそこで葵にひっついていく手鞠河童のあざとさ……手鞠河童だからこそ許される。
梅とざらめのおせんべいもおいしそう~温泉まんじゅうの改良も楽しみです。

大旦那様も出張から無事帰ってきて(メールの古風版?なやりとりもよかった)、野外炊飯楽しかったです。
なんか大旦那様の出番が少なかったせいか、威厳とかより葵に構ってもらいたくてうずうずしている姿が特に目立って、可愛らしかったです。ココアパウダーとチョコレートを間違えているあたりも可愛い。そしてパンケーキミックス……。
ココアとチョコレートの件や、イーストと酒酵母の件や、大旦那様と銀次さんがなんとなく張り合っている感じなのも、ときめきました。葵は全然気づいてないけれど。
なんて平和なひとときから、最後の最後に急展開が!!
まさか、あの少女が、こんなにおそろしい方だったとは。話が通じる気配がしないのが、おそろしい。
銀次さんの真意も読めないし、いったいどうなっちゃうんでしょう。
葵があんなに頑張って少しずつ根を下ろしていった天神屋から、あんなにあっさり引き離されちゃったのが、なんか、やりきれなかったです。

そして気になるのが葵を過去に救ったあやかしの正体。
なんか、あのひとなのかな~という流れがラストで見えてきてるのですが、私はまだ分からないと思う。あの口調が私はひっかかる。
いや、しかし、恋愛面に関しては読めそうで読めないなあ、このシリーズ。
葵自身がそういう面に関して淡泊だし。お相手(候補)にしたって、大切ではあろうけれど、甘い気持ちがあるかどうかと言われると、なんともごにょごにょ……。

パン以外にもとめどなくあやかし好みの工夫が凝らされた美味しい食べ物のオンパレード。メモ。
静奈ちゃんのお夜食・ジューシーで食べ応え満点のおくらの肉巻き。お弁当においしそう。
葉鳥さんにふるまった夏野菜と梨のチキンカレー。梨との取り合わせは新鮮ですねえ。夏にぴったりのスパイシーさがたまらないです!
生パン粉であげた南瓜コロッケもおいしそう。カレーとの合体も素晴らしい。
甘いこんにゃく入りのかき氷も美味しそうです。こんにゃくかー!白くまもあやかし好きそう。
銀次さんの冷や汁。銀次さんをいたわる葵の気持ちがしみじみ噛みしめられるような場面。
野外炊飯でいちばん私の心をつかんだのは、肉団子入りうどんナポリタン。なんて斬新で絶妙な組み合わせ!うどんでナポリタンって考えたことなかったけどボリューミーでおいしそうです。今度作ってみよう。
赤茄子、トマト、手作りケチャップ、ふたりの絆も相まって魅力的でした。やはり正統派オムライスははずせない。
葵流BLTサンドもこれまた食べ応えありそうで美味しそう。サンドイッチ大好きです。
大旦那様へのお弁当。大旦那様はお弁当が本当にお好きですね……微笑ましいな。
微笑ましいといえば、クールビューティー白夜さまとパンの耳の取り合わせも、なんともいえない……(笑)。

ますます続きが気になります。銀次さんも大旦那様もがんばってほしい!!
友麻さんの新連載もなんだかとっても私好みな感じがして楽しそうです。あやかし婚姻譚。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: ファンタジー(和風)

タグ: 友麻碧 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1542-c5fe5883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)