Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

私の好きな美味しい物語9 園田さんの豆腐尽くし(『ナインカウント』Tiny garden様) 

とてもお久しぶりの美味しい物語シリーズです。

最近再読し続けているオンライン小説より。
Tiny garden様の『ナインカウント』。
このブログを書きはじめた初期のころから作品を読ませてもらっているサイト様の最新連載。
(あとから気づいたけれど、美味しい物語シリーズ9番目が『ナインカウント』って、ぴったりでちょうどよかったです。)

ちょこちょこと何度もブログで書いてきましたが、この作品、私本当に好き。大好きです。
営業課の三人組の最後のひとり安井さんと、過去に一度付き合っていた園田さんの、やり直しオフィスラブコメ。
園田さん視点の本編も面白かったけれど、安井さん視点の番外編が、もう!素晴らしい。
本編の裏側で、一度は別れてしまった園田さんをどうしてもあきらめきれずに見栄を捨てて駆けずり回る安井さんがもう本当に愛おしくてその必死さが格好良くて、ようやく想いが通じ合った場面の幸福さが何重にもかさなりあって胸がいっぱいになりました。
園田さん視点と安井さん視点、時系列ごとにまとめて読み返していたのですけれどね、各種駆け引き、台詞の真相や、色々ぴたりぴたりとパーツがはまっていくのが楽しいし、再読だとまわりの人々の思惑まで一層目が行くようになって、特に石田さんとか小野口課長とか、大活躍ですね。いじられている安井さんが気の毒……いいよね、幸せになったんだから(笑)。

さてこのシリーズのヒロインの園田さん、無類の豆腐好き人間です。
彼女が豆腐に捧げる愛情の深さといったら、それはもうすごいのひとこと。
作中出てくる食べものは、ほとんど園田さん作豆腐料理のオンパレード。
これがみんなおいしそうなんですよ。
読んでいてここまで豆腐が食べたくなってくる物語は、人生初です。
園田さんのもうひとつの趣味・自転車と合わさって、読んでいるだけでとっても健康的な気分になれます。

そんな園田さんの豆腐料理にすっかり胃袋をつかまされて、すっかり豆腐好きになっていた安井さん。という、ときめきエピソード。
できたばかりの彼女の手料理、正直あまりおいしそうには見えない豆腐丼を恐る恐る食べて……という場面は印象的で心に残っています。
確かに、安井さんはなんとなく豆腐をよく食べていたなとうっすら記憶に残っていましたが、まさかこういうことだったとは。
種明かしをされてみると、安井さんの純情さにとても胸がきゅんとしてしまったのでした。
自分でも豆腐丼を作ってみては記憶通りの味にならずに園田さんを思い出す安井さん、せ、せつなすぎる……。

豆腐丼もおいしそうだけど、確かにこれはシンプルなゆえに、園田さんのオリジナルの味付けが一番だろうな~。完全な再現は難しそう。
私もお豆腐好きだけど、園田さんの愛にはとうてい及びそうもないから(笑)。
その次くらいに出てきた厚揚げとじゃがいものバター醤油照り焼き丼だったかな?も、ボリューミーでおいしそう。
園田さんの豆腐好きはとことん徹底していて、お弁当も豆腐。安井さんに作っていくお弁当も豆腐。
豆腐のチーズピカタのお弁当が、なかでもおいしそうでした。
ピカタは私も好きでときどき作る料理でもあり、ある日厚揚げで代用して(水切りが面倒だったので)チーズピカタを作ってお弁当にしてみました。ほどよくボリュームがあって胃にももたれず美味しい!
出張先のビュッフェに感銘をうけて作っていた厚揚げの煮びたし弁当も真似してみましたよ。こっちは手堅く美味しかったです。
一緒に豆腐料理を食べて幸せそうな園田さんと安井さんのエピソードを思い浮かべつつ食べていると、私もなんだか幸せです。
身体によいものでおなかを満たしたという満足感ももれなくついてきます。(重要)

今度はお豆腐のホットケーキも試してみたいと思っています。
というか、ご指摘を読み『主任とルーキー』を読み返していたら確かに小坂さんが作っていて、思いがけないつながりににこにこ。

花火の日のすき焼き弁当(焼き豆腐入り)も、豆腐バーガーもきつねうどんも豆乳ラテも湯葉の包み揚げも、要所要所に園田さんの豆腐愛が感じられて彼女の一途さが非常に素敵。

あとふたりがお見合いをした小野口課長の奥様のお店のハーブティーとケーキもおいしそうでした。
豆腐に加えてハーブティーとはますます健康的で、園田さんと安井さんカップルのイメージにぴったりで、これもいいな~と思えました。
リンデンのハーブティー、今度買ってみよう!
小野口課長が恥ずかしがって隠す愛妻弁当は、見た目も味も完璧なんだろうな。うらやましいです。
広報課の課長と人事課の課長が愛妻弁当で攻防を繰り広げている(←おおげさ)場面がおかしみがあってとてもよいです。

営業課シリーズだと、霧島さんの麺類愛も印象的でした。長谷さんの麺類料理レパートリーは結婚後どれだけ豊富になったんだろう……。
小坂さんは石田さんとますます美味しいものをたくさん食べて幸せいっぱいなんだろうなー。微笑ましいなあ。

Tiny garden様ですと、『ランチからディナーまで六年』シリーズも、お弁当がメイン素材の美味しい物語でおすすめです。
こちらのサイト様、十周年企画で(こんなところであれですが、十周年本当におめでとうございます!!)、過去作品の小エピソードが色々読めて、読んでいるとああ、この作品もこの作品も好きだった、読み返したい!となってきて、嬉しいのですがいくら時間があっても足りません(笑)。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

関連記事

カテゴリ: 私の好きな美味しい物語

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1547-a37df69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)