Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

11月の読書メーターまとめ 

ついに12月になってしまいました。こんばんは。
誘惑に負けてアフタヌーンティーの季節限定りんごのまるごとスイーツ的なものを食べてきてしまいました。
すごい幸せ……明日も頑張るしかない。

さて先月の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『悪辣執事のなげやり人生』『浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。』
まんが 『かげきしょうじょ!!』『京・かのこ』

シリーズものにいくつか手を出していたせいか、けっこう数を読んでいたみたいです。
特に『薫風のフィレンツェ』は高校時代から読破したいと思っていた作品だったのでラストまでたどり着けて良かった。
読んでいて、ミケルとジュリオとリフィアの三角関係は、高校時代の私には正直受け入れられなかったんじゃないかと思いました……。年齢を重ねてこそ、楽しめる作品の幅が広くなったというのはいいな。最後まで読むとみんなとても好きでした。
あとWebでも大好きだった『悪辣執事のなげやり人生』が書籍になってもやっぱり好きすぎる~!!早く2巻目以降も出てほしい!
Webでも大好きだったといえば、『浅草鬼嫁日記』もそうですね!真紀ちゃんも馨君も大好き。ごはんおいしそう。
あとなかじ有紀さんのお仕事もの少女漫画ワールドはぶれなくて最高だと思いました。可愛らしくてピュアで読んでいて元気になれます。

今月は楽しみにしているシリーズものの新作がかなりあるので、そわそわしつつ。


ここ何日かにそれぞれの記事に拍手くださった方々、どうもありがとうございました♪

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:6082ページ
ナイス数:304ナイス

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)感想
シレイネ様が怖いし不器用だけれど実は優しいお姫様だったのがよかったです。フェルとふたりでちゃんと絆を育んでいるのがだんだんわかってきて。セタンタ様もだいぶ見直しました。しかし本当にフェルはぶれないなあ……。ユナイアとエルラントの因縁の由来とかフェルの秘密のほんとうのところとか色々気になる。
読了日:11月28日 著者:夕鷺かのう
ガーディアンズ・ガーディアン(1) 少女と神話と書の守護者 (ウィングス・ノヴェル)ガーディアンズ・ガーディアン(1) 少女と神話と書の守護者 (ウィングス・ノヴェル)感想
物語を愛する少女が頑張るビブリオファンタジー。名前がなかなか覚えづらかったけれど面白かった!聖騎士としては落ちこぼれだけど真面目な努力家で素直な質のヒースが良いヒロインです。ヒースとエリカと聖女の女三人楽し気な場面も良かったし、ヒースとヒースラッドのそっけないけど確かに信頼がある関係もまた良し。性格に相当難のあるヒエンに振り回され続けるヒースが不憫でした……。分からない男だなヒエン。他の聖騎士とガーディアン達もそれぞれ魅力的な感じがするので今後活躍を読んでみたい。『ランバートル』のからくりも気になる。
読了日:11月26日 著者:河上朔
君とレモンの星(2): プリンセス・コミックス君とレモンの星(2): プリンセス・コミックス感想
完結。親子の関係がどこまでも切なく苦しかったです。チャンクのお話は微笑ましくてやっぱり切ない。ミラとニオの友情も良かった。これはもう悲しいラストになるしかないか……と思いつつ読んでいたので未来のふたりの姿に涙ぐみました。
読了日:11月26日 著者:かねもりあやみ
浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)感想
カクヨムで読んでて好きだったので書籍化して嬉しい。豪快で情に厚くあやかしの頼れるお姉さま的な鬼嫁真紀ちゃんとくじ運の悪いそっけないけど優しい馨君の、前世夫婦な高校生カップルがやっぱりすごく好きー!!由理君も加え三人の関係がいいな。不遇のお姫様だった茨姫と酒呑童子の古の出会いから、現在まで変わらない夫婦愛にときめいて仕方ないのです。かくりよの宿飯と世界が繋がっているのが随所にみられるのも楽しい。あの不敵な陰陽局の若者は葵の親戚なのかしら。浅草スイーツ食べ歩きも楽しそうだったし真紀ちゃんの手料理も美味しそう。
読了日:11月25日 著者:友麻碧
おちくぼ 3 (花とゆめCOMICS)おちくぼ 3 (花とゆめCOMICS)感想
姫君と少将様が少しずつ打ち解け本当の意味で惹かれあってゆく様がとても初々しく可愛らしい。雨の日の災難話を心から楽し気に聞いている場面が好き。姫様想いのあこきもますます凛々しく活躍していていいですねえ。四巻目はどんな感じに進んでいくのか楽しみ。四の君がなかなか風変わりな姫君みたいでちょっと気になる。
読了日:11月23日 著者:山内直実
いぶり暮らし 4 (ゼノンコミックス)いぶり暮らし 4 (ゼノンコミックス)感想
燻製ベイクドチーズケーキが美味しそうです。肉まんもソーセージも手作りは美味しそうですねえ。寺西さんのスタイルが否定されずに共存しているのが良かった。
読了日:11月23日 著者:大島千春
かくりよの宿飯 五 あやかしお宿に美味い肴あります。 (富士見L文庫)かくりよの宿飯 五 あやかしお宿に美味い肴あります。 (富士見L文庫)感想
折尾屋編後編。一冊の内容が濃くて読み応えあって満足。折尾屋のメンバー達も馴染むごとに好きになってゆきました。ねねと葵の女子会悩み相談が好き。雷獣様は本気でいけ好かなかったですがまさかの白夜さん登場と大旦那様の睨みで溜飲が少し下がりました。銀次さんと葵が共同作業で美味しいご飯を作りだすという体制がしっくり馴染みます。双子達のアシスタントもいい。葵の過去や海坊主の役目の悲しさ、とても大きな影の部分が底の辺りでつながってきてるのが気になる。葵流海老マヨとかカレーキッシュとかココナッツ使用ココアとか皆おいしそう。
読了日:11月22日 著者:友麻碧
ふしぎの国のバード 2巻 (ビームコミックス)ふしぎの国のバード 2巻 (ビームコミックス)感想
バードさんが次に歩んだ道はさらに過酷。人々の貧困と生活習慣の違いに何とも言えない気持ちになりました。そこはおおらかに受け止めるバードさんすごい。伊藤さんともだんだん距離が縮んできました。絵とストーリーに力があってシビアな内容でもぐいぐい読んでいってしまう。
読了日:11月20日 著者:佐々大河
新米姉妹のふたりごはん (2) (電撃コミックスNEXT)新米姉妹のふたりごはん (2) (電撃コミックスNEXT)感想
お姉さん大好きなあやりさんがとても可愛らしい。プリン食べたくなってきました。フライドポテトの裏ワザは、なるほど~。
読了日:11月20日 著者:柊ゆたか
聖女殉教―薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)聖女殉教―薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
完結。リフィアの幸せのために奔走するジュリオの必死さと彼女への愛情に胸がいっぱいになりました。リフィアの身の上が本人お構いなしにどんどん権力にもてあそばれもう無理か……というところで彼女を救ったあのひとたちに拍手。そういう救助方法か!あとルチアーナのリフィアへの嫉妬と葛藤、ジュリオへの想いには胸が締め付けられました。相変わらず朴念仁で絵が第一なミケルだけど彼はそれでこそだし二人で幸せに生きていけそうで良かった。そして続きがいつか出たらぜひ読みたいです。
読了日:11月20日 著者:榛名しおり
かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。1 (B's-LOG COMICS)かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。1 (B's-LOG COMICS)感想
コミカライズ一巻目。あやかし達がそれぞれ原作のイメージにすんなり馴染むので嬉しい。あざとい河童がかわいい。あと史郎さんの胡散臭い美青年っぷりがよく出ていて笑えました。初期の大旦那様が葵に冷たいのでちょっと新鮮です。
読了日:11月20日 著者:衣丘わこ,Laruha
おじさま侯爵は恋するお年頃1 (ミッシイコミックス NextcomicsF)おじさま侯爵は恋するお年頃1 (ミッシイコミックス NextcomicsF)感想
ほのぼの可愛らしい年の差結婚ラブロマンス。なんでもない日常が続いていく感じなのが読んでいておだやかで良かった。
読了日:11月19日 著者:飛鳥りな
禁断のインノチェンティ―薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)禁断のインノチェンティ―薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
なんとも複雑な三角関係。そしてロレンツォの存在感の大きさ。リフィアの出生の秘密が重い。天才肌だけど人の気持ちにさっぱり気づけないミケルが相変わらずで好きでした。ピエタの場面がとても印象的でした。
読了日:11月17日 著者:榛名しおり
犬恋花伝 ―青銀の花犬は誓約を恋う― (コバルト文庫)犬恋花伝 ―青銀の花犬は誓約を恋う― (コバルト文庫)感想
花を食べて人と絆を結び狩りをする花犬、何種もの花を育て花犬と共に暮らす人々、独自の世界観が美しくてむせ返るような花の香りにずっと浸っていたくなる。コトナとハルシとセキの三人それぞれの関係が素敵でした。すれ違い続けるコトナとセキには読んでいて心が痛みましたが、セキが素直になれてコトナをまっすぐに助けられるようになって本当に良かった。あとシャリジとスールの主従も読んでいくごとにどんどん好きになってゆきました。私はコトナがセキのご飯の花を用意していたり花や薬草を集めたりしている場面が好き。あきさんの絵も美しい。
読了日:11月16日 著者:瑚池ことり
薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)薫風のフィレンツェ (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
榛名しおりさんのイタリアルネサンス少女小説。榛名さんにしては痛々しいほどのシリアスさがひかえめ(今のところ)。絵が好きで彫刻が好きでいいこなんだけれど対人関係はとことん不器用なミケルが愛すべき主人公だなと思いました。ちゃんとお父さんのことも好きなこと伝わってくるしね。ロレンツォとルチアーノが格好良かった。ジュリオは確かにヒロインだなあ。リフィアがこれからの物語にどう関わってくるんだろう。
読了日:11月13日 著者:榛名しおり
オトナの小林くん 2 (花とゆめCOMICS)オトナの小林くん 2 (花とゆめCOMICS)感想
千尋君のお色気がすごい……。明るく頑張る勤労少女の藍ちゃんが健気で正直彼女をもっとシンプルに大切にしてあげてほしいと思いつつも(笑)、このふたりの距離感もまた良いと思います。心の中のお姫さまがかわいい。そして吹雪と健吾のふたりも気になる!
読了日:11月12日 著者:森生まさみ
かげきしょうじょ!! 2 (花とゆめCOMICS)かげきしょうじょ!! 2 (花とゆめCOMICS)感想
夏休みにさらさの実家へと来たさらさと愛、そして物語はさらさと暁也の子供時代へ。さらさの背景が思っていたより複雑で驚きました。さらさの両親は結局どういうつながりなんだろうか。昔からお日様みたいに元気で明るいさらさだけれど、きつい言葉をかけられたらそれはやっぱり辛くて。舞台の世界を愛しているからこそ表面的には立ち直っているように見えてもこんなに悩んでいるのだなと。最後に愛ちゃんがさらさに贈った台詞がとても良かったです。というか愛ちゃんのさらさ大好きっぷりが不器用な表現ながらばしばし伝わってきて可愛いすぎる。
読了日:11月12日 著者:斉木久美子
BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)感想
Web版既読。ラルスはそういえば初期はこんなに感じ悪かったなと(笑)。でも若干マイルドになっていると思う。自分ができる上限を飛び越えるほど努力し思考し学ぶのをやめない雫が本当に好きだしパートナーとしてのエリクのポジションもとてもいい。メア可愛い。甘いもの好きな絶世の美女レティも人が好く報われないハーヴも好きです。言語をめぐる謎の核心に触れるラストの流れはやっぱりぞくぞくします。そして例の二人組が登場してきて心の中で盛り上がりまくりました。ファルサスの魔女の昔話も!人参ケーキも鈴カステラもおいしそう。
読了日:11月11日 著者:古宮九時
一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)感想
後宮の四夫人たちにスポットが当たりお話がぐっと華やぎました(笑)。それぞれ事情持ちでいがみあっていた四人に理美が作り上げた料理とそこに込めたメッセージがとても美しく尊いものでぐっときてしまいました。その後の四人そろっての反撃が格好いいこと!陛下のあの選択も、それを心から誇りと受け止める彼女たちも良かったです。それにしても皇后とは、どうなるんでしょう。穏やかで優しい朱西と理美はお似合いだと思うけれど、理美のおかげでいい風に変わってきている皇帝を思うと複雑。理美は確かに「仙」であるなと思いました。
読了日:11月11日 著者:三川みり
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)感想
とうとうシレイネさまご登場。シレイネ姫とクロウの腹の探り合い冷戦状態がなんか妙に楽しい(笑)。立場は違えどもどちらも結局フェルのことを大事に思っているのが分かるからかもしれない。(もっともシレイネさまの思惑は全く謎ですが。)お役御免になったフェルだけどそこからの行動力がすごすぎてこの子本当に面白いな!扉越しの場面は切なかったけれど、クロウがこれからどんどん反撃に出てきてくれると信じてる。そしてフェルとラナのにわか共同生活がとても楽しそうで良かったです。フェルの正体がばれた時の反応も好き。
読了日:11月8日 著者:夕鷺かのう
かげきしょうじょ! 2 (ヤングジャンプコミックス)かげきしょうじょ! 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
愛ちゃんの過去が辛かった。そこから這い上がってさらさとお友達になりたい、と言えるまでの流れにじんときました。愛ちゃんの瞳に星が宿る場面が好き。さらさも単なる空気を読まないお調子者ではないんだよなあ……。彼女の過去がますます気になる。そして彩子さんのお話も重たかったけれど良かった。小野寺先生が彩子さんの騎士みたいに格好良かったです。こんなに皆に認められている彼女の歌を聞いてみたい。そしてさらさと愛ちゃんの舞台をいつか観てみたい!最初は本当につんつんしていた同級生たちが自然に馴染んできている様がなんか嬉しい。
読了日:11月6日 著者:斉木久美子
京・かのこ 2 (花とゆめCOMICS)京・かのこ 2 (花とゆめCOMICS)感想
鹿乃子と颯也が本当に可愛くて和菓子は美味しそうで絵がきらきら輝いていてもうそれで十二分に満足な漫画です。二人とも自分のお家の仕事が本当に好きで誇りを持ち頑張っているのがちゃんと伝わってくるのが良い。颯也が不在の場で彼の和菓子の好みを無意識に熱く語っている鹿乃子ちゃんの場面が好き。二人とも和服姿が決まってるなあ。京都で和菓子の食べ歩きをしたくなります。
読了日:11月5日 著者:なかじ有紀
紺碧のリアーナ―聖なる鐘は運命を告げる (コバルト文庫)紺碧のリアーナ―聖なる鐘は運命を告げる (コバルト文庫)感想
完結。最後の一冊にぎゅぎゅっと濃縮されていました。もうすこしゆっくり読みたかったなと思いつつ一気に歴史ものっぽさが増し面白かったです。アウレリオは本当にごく普通の亡命貴族だと思っていたので予想以上の大物っぷりにどきどきしました。リアーナが本当に頭が回り根性が座ってきて成長っぷりが見えたのが良かった。リカルドとビアンカの物語に心をつかまれたのでこちらももっと読みたかったかなあ。レオが最後まで好きだったしロレンツォのふてぶてしい格好良さや仲間への信頼も良かったしガレアッツォさんも何気にお気に入り。
読了日:11月5日 著者:久賀理世
京・かのこ 1 (花とゆめCOMICS)京・かのこ 1 (花とゆめCOMICS)感想
安定のなかじ有紀さんお仕事もの少女漫画。和菓子がとにかく好きでひたむきに頑張る主人公がきらきら輝いていて可愛らしくて読んでいて元気を分けてもらえます。和菓子の背景や味わいまで描写がどれもていねいで美味しさが伝わってきます。鹿乃子と颯也の幼馴染カップルの微妙な距離感もなんとも甘酸っぱくときめきました。どちらも自分の家の伝統を誇りに思い愛しているのが伝わってくるのがいい。淳平さんもすごくいいひとなんだけれど敵わないよなあ……。颯也くんは気が気じゃないんだろうな。がんばれ!
読了日:11月3日 著者:なかじ有紀
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?- (ビーズログ文庫)感想
どたばたすれ違いコメディだけどシリアスなところはとことんシリアス。クロウの過去にぐっと踏み込んだ第三巻目。お互いのことを考えるあまりすれ違っているふたりだけれど特にフェルの方に変化が出てきてクロウにかける言葉の数々にぐっときました。お兄さんがまた陰陽激しいひとでしたが結局敵ではない(たぶん)ようでラストの種明かしにはほっとしました。何より気になるのは本物のシレイネ姫とそのお兄さんの思惑です。
読了日:11月3日 著者:夕鷺かのう
悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)感想
Web版既読。作者さんのお話でいちばん好きで書籍化されてもやっぱり大好き!読んでいて幸せでした。おおざっぱでいい感じに空気を読まずに伯爵家をひっかきまわして皆を少しずついい風に変えていくアルベルタが本当に格好良くて大好きです。不遇の生まれでツンとしていたイザドラお嬢様がアルベルタに懐いていく様が可愛らしくてきゅんきゅんです。旦那様は頑張って!コーデリア義母様もラザレスもいいひとなんですよねえ。この書籍版では完結していないので続きを読めるのが楽しみです。そしてスコーンやバノフィーパイやお菓子が美味しそう。
読了日:11月3日 著者:江本マシメサ
Bread&Butter 5 (マーガレットコミックス)Bread&Butter 5 (マーガレットコミックス)感想
純さんの新しい出会いと相手と少しずつ距離を縮めてゆく感じが穏やかでとても良かった。純さんの料理上手もこうなると無駄ではなかった、という流れが好き。洋一と柚季さんのふたりは、転機だなあと。一緒に暮らしていくのに洋一さんは難しいタイプの男の人なのかな。今のパン屋を愛してくれている人は何人もいるので、個人的にはなんとかお店を維持していってほしいなあと思ってしまいます。
読了日:11月1日 著者:芦原妃名子

読書メーター

関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1623-244aa9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)