Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

2月の読書メーターまとめ 

3月になりました。春ですね!
そうはいっても今日の朝とか寒くて凍えてました。
明るい色の春物着たいし、服装調節が難しいですねえ。

さて月がかわったので先月分の読書メーターまとめを追記より。

ブログに書いていない作品で特に良かったもの
小説 『北の舞姫』『おいしいベランダ。 2人の相性とトマトシチュー』
まんが 『おはよう、いばら姫』『ふしぎの国の有栖川さん』

あああ、本当は感想をブログで書きたかった作品がいくつも……。
『おいしいベランダ』やさいご飯もおいしそうですし年の差ロマンスが思っていたより進展してときめきました。『京都寺町三条のホームズ』といい『下鴨アンティーク』といい私はこのパターンの年の差ロマンス大好物です。
まんがはとにかく『おはよう、いばら姫』の新刊がよくってですねーー!!!新刊が出るたびに素晴らしい漫画になっている気がして、家族ものとしてもロマンスものとしても面白くほっこり涙しつつ。なんだかこれまで悪者イメージだった志津さんのご両親の馴れ初めエピソードがすごく印象的でやさしい気持ちになりました。
あとTwitterで存在を知った『ふしぎの国の有栖川さん』古風で風変わりな箱入り女子高生鈴ちゃんと正統派王子様ヒーロー野宮くんのふたりのじれじれ甘酸っぱい距離感がもうたまらない!またひとつ愛しい少女漫画に出会えました。

あとはMemoriaeシリーズの新刊をお取り寄せして読み、あまりに尊い幸福感に、読み終えて涙があふれました。
これはなにがあっても近日中に感想メモを残しておきたい!
オンライン小説の感想メモ記事もそろそろ書いていきたいな。

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3284ページ
ナイス数:277ナイス

おいしいベランダ。 2人の相性とトマトシチュー (富士見L文庫)おいしいベランダ。 2人の相性とトマトシチュー (富士見L文庫)感想
さらりと読めて野菜ご飯が美味しそうで読んでいるとなんだか元気になれる素敵な物語。思っていたより糖分増量できゅんきゅん。年の差もの大好物です。分かりやすい元気娘に見えて相手の仕事に遠慮し寂しさを出さないよう努力するまもりがとてもいじましい。あと相変わらずまもりの学生生活の描写が等身大で、湊ちゃんとの友情とか恋バナとかとても好きです。佐倉井君好きなんだけれど……やっぱりどうしようもなく不憫。トマトシチューや酔い覚ましのスープやみんなおいしそうですよ。
読了日:2月24日 著者:竹岡葉月
紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)感想
前半部分は力を抜いて小玉お姉さまを慕う後宮の女の子達の姿をおっとり楽しんで読んでいましたが、ラスト近くに決定的な出来事が。小玉と文林のすれ違いがまた苦い。どうしてそうなっちゃうかなあ……。ややこしい立場と性格なのは分かりますが、文林の言葉選びがまずい。小玉もなんかこじらせているからなあ。梅花さんがあそこまで落ち込んでいるのにまた打ちのめされました。紅燕さんとお母様の正体には思わず吹き出してしまった。真桂は安定しているし薄充儀の隠れた才能には感心したし、司馬淑妃も彼女自身はなんか憎めない。
読了日:2月21日 著者:雪村花菜
プティトゥ・ペッシュ! (花とゆめCOMICS)プティトゥ・ペッシュ! (花とゆめCOMICS)感想
大人の女性ふたりの友情が楽しそうでなんともうらやましい。そして桃さんの作るご飯が美味しそうで身体にもよさそうで素敵。最後のエピソードで桃さん視点から物語を眺められたのがよりよかったです。ブラウニー二種類作ってみたい。
読了日:2月19日 著者:葉鳥ビスコ
ふしぎの国の有栖川さん 1 (マーガレットコミックス)ふしぎの国の有栖川さん 1 (マーガレットコミックス)感想
祖父に大切に育てられた古風な箱入り女子高生の鈴ちゃんと、淡々としているけど物腰柔らかで優しい野宮君が可愛すぎて読んでいてきゅんきゅんでした。絵もお話もほどよく品があっておだやかで好み。菅谷君やなっちゃんたちや同性の友人達に風変わりな部分も込みで愛されている主役二人の姿にとても優しい気持ちになれます。要所要所で困っている鈴ちゃんにさらりと手を差し伸べ救い出す野宮君がまさに正統派ヒーローで格好いいこと!鈴ちゃんはお姫様そのものだし!二人の仲の進展が楽しみです。これで無自覚では確かに周囲も応援するしかない。
読了日:2月18日 著者:オザキアキラ
おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)感想
表紙の二人の甘やかさに読む前から撃沈……。終始ゼノンの不気味な影におびえつつも、レティが今まで頑張ってこつこつ積み上げてきたものが報われてゆく展開に、心があつくなりました。この人脈とレティと騎士達のまっすぐ健やかな精神と柔軟な知略はきっとゼノンの狡猾さの上を行ってくれると信じてる。ソレス王子やアナスタシアとの再会の場面が挿絵込みでいい!全員見せ場があってよかったけれど!そしてエピローグでようやく心通じ合わせた二人の場面もとても良かったー!レティが可愛すぎてめろめろです。そしてアイリーチェがナイス。
読了日:2月16日 著者:石田リンネ
北の舞姫  芙蓉千里II北の舞姫 芙蓉千里II感想
相変わらず力のある物語でぐいぐい心攫われひきこまれてしまう。フミの舞の描写がとても魅力的でどん底に打ちのめされても血のにじむ努力とたくましさで這い上がっていく様がまさしくフミで格好良く惚れ惚れしました。おウメさんが優しいお姉さんみたいで心の癒しでした。個人的には黒谷さん好きだけどこの煮えきらなさはフミが山村さんのところに走るのも仕方ない……というところでラストの腹をくくった彼は格好良かった!タイミングが遅いけど!黒谷弟くんや幾松ねえさん、エリアナさん、あとわりと碓氷さんも好きでした。
読了日:2月14日 著者:須賀しのぶ
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)感想
新キャラのミゼルカとユアンが好みのキャラで、それぞれとフェルの絡みも良かったです。(腹に一物二物抱えていないキャラとのやりとりはほっと和む……。)ジルフォードは相変わらずですがミゼルカとの関係はなんだかとても美しく切ない。フェルもだけどクロウの恋愛観も相当厄介なんじゃないかと思ったラスト。二人ともこんなに分かりやすいのにもどかしいなあ。
読了日:2月12日 著者:夕鷺かのう
前略、パリは甘くて苦いです。(2) (まんがタイムコミックス)前略、パリは甘くて苦いです。(2) (まんがタイムコミックス)感想
一巻目より洋平がお店に馴染んできていて安心して読めました。ミシェルもフランもマルティーヌ達も皆お仕事への姿勢が真摯でかつ可愛い。とても可愛い!フランスの各地の郷土事情も少し描かれていて楽しかったです。ショコラの祭典が日本とちょっと違うのも興味深かった。でもみんなやっぱりショコラ好きですよね(笑)。ほんのり思わせぶりな感じでもう完結かな。寂しい。
読了日:2月12日 著者:にしうら染
御伽噺を翔ける魔女 (ビーズログ文庫アリス)御伽噺を翔ける魔女 (ビーズログ文庫アリス)感想
タイトルとあきさんの表紙とあらすじに惹かれて。ある理由から本が嫌いな少女ユウキが壊してしまった童話の異世界に飛ばされ帰るために物語の修復をするはめに。なんて理不尽な、という感じで読んでいましたが生真面目なユウキと楽観主義で見かけによらず頼れるクリスの二人旅がなんだか楽しそうで、不器用に距離が縮んでいく様にきゅんきゅんしました。クリスの成長っぷりとユウキへの精いっぱいの愛情がとても素敵でした。このラストはある意味ではハッピーエンドでしたがつんと切ない。続きがあるなら読んでみたいです。
読了日:2月10日 著者:山本風碧
ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫)ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫)感想
相変わらず読んでいてとがったところのない、ほっこりかわいらしくてご飯のおいしそうな物語。碧と大樹さんがほんのり意識しだしたかも。夫婦に間違えられる距離感というのは個人的にツボです(笑)。ひかるさんのお話は読んでいて素直に励まされた。大樹と弟君と先代のエピソードも良かったです。星花ちゃんの想い人と桜屋さんと和菓子のお話も好き。碧の両親がお話にちらちら出てくるのもなんか好き。コロッケもだし巻き卵もおやきもプリンもみんなあったかくて優しい味が伝わってきて、食べたくなってきます。ゆきうさぎが近所にほしいよ~。
読了日:2月7日 著者:小湊悠貴
香港の甘い豆腐香港の甘い豆腐感想
タイトルに惹かれて。17歳の女子高生彩美のひと夏の香港滞在日記。読みやすく柔らかい文章で、香港の街の異国の喧騒がわっとあふれてきて肌で感じることができました。マリィさんや彩美の両親やおばあちゃんや登場人物たちもちょっと癖があるけれど馴染むといいひとたちだ。彩美の名前の由来が良かった。
読了日:2月5日 著者:大島真寿美
クチュリエールと赤い糸 (花とゆめCOMICS)クチュリエールと赤い糸 (花とゆめCOMICS)感想
19世紀のパリで14歳の少女ロッティがイケメン女好き仕立屋さんのお弟子として頑張るお話。丁寧で可愛らしくほんわかした雰囲気と絵が読んでいて心地よい漫画でした。ドレスの描写もていねいで豆知識もふんだんにあって素敵。ロッティが年齢的に幼いのでロマンス色はほのめかし程度なのも雰囲気に合っていたように思います。貴族に嫁いだロッティのお母さんが潔くしたたかで素敵な女性だなあ。最後のメイドさん時代のミニ漫画が好き(笑)。
読了日:2月4日 著者:猪狩そよ子
おはよう、いばら姫(5) (KC デザート)おはよう、いばら姫(5) (KC デザート)感想
ああ、すごく良かった。哲と志津さんの二人も頑張り確かな絆が育っている様がとても良かったし、それぞれの両親、家族の物語がなんだかもう涙なしに読めない。美郷家の事情がようやく明らかになり、重たい秘密から解放された哲と妹達にほっとしました。まさかみれいさんがなんてびっくり仰天。そして志津さんの両親の馴れ初めエピソードがとてもとても胸にくる素敵なもので、お父さんの抱える歪みと早苗さんへの愛情の重みにも納得。どんどん表情豊かに人として安定していく志津さんの姿が嬉しい。哲のためにも恋愛モードが進むといいな。
読了日:2月4日 著者:森野萌
わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ (角川文庫)わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ (角川文庫)感想
お正月、賀茂のおうちが思ってたよりは堅苦しくないおうちだったかな(普通ではないですが。)玉椿の夢の秘密が分かり現世での若宮君とのつながりが気になっていたところに、ラスト近くで一気に新しい関係が見えてきて、ええっどういうことなんだろう!小春は辛いけれど正面切って頑張った、すごいと思います。澪人の椿の花のラストシーンが美しく切なくて彼の本心がとても気になる。あと前世での若宮の天気の予言は結局どういうことだったんだろう。三善君は相変わらずつかめないし小春の力との関わりも気になる。雪うさぎのお菓子すごくかわいい。
読了日:2月2日 著者:望月麻衣

読書メーター


関連記事

カテゴリ: 読書メーターまとめ(月別)

この記事に対するコメント

ゆりさん こんにちは(*^^*)
「下鴨アンティーク」の時にコメントさせて頂いた、クローバー水です^^

その後、ゆりさんのブログを参考に「京都寺町三条のホームズ」を読ませて頂きました。
参りました<m(__)m>・・・めちゃくちゃ!!はまりました。。。( *´艸`)
初め2冊購入したのですが、翌日4冊まとめ買い(笑)
(この年の差・・・私も大好物です~( *´艸`))
エブリスタの方も読んで、本当に続編の出る春が待ち遠しい今日この頃です(笑)

「鎌倉香房メモリーズ」もいよいよ5巻が出るんですね!
ゆりさんのブログで知って、表紙を確認したら なんかいい感じの香乃ちゃんと雪弥さんにほっこり♪ 発売が待ち遠しいです。
(読んだ後のゆりさんの記事、楽しみにしていますね!)

ゆりさんのブログのお蔭で、久々に楽しい読書の世界にはまっています(#^^#)♪ 次は何を読もうかな~^^♪

これからも、更新楽しみにしていますね☆(*^▽^*)

URL | クローバー水 #-
2017/03/03 11:20 * 編集 *

Re: タイトルなし

>クローバー水さん
コメントありがとうございます。

わあい、またブログにお越しくださって嬉しいです♪
『寺町三条のホームズシリーズ』、お気に召されたようで、良かったです!
ですよねですよね、途中でまとめ買いしちゃいますよね!分かります、私もそうでしたから!(笑)
エブリスタ版も楽しいですよね~。書籍版とエピソードがあちこち前後して、その時々の葵ちゃんと清貴君の関係性も微妙に異なるので二重三重にも楽しめるこの構成は、はまると抜け出せない(笑)。
私も続編&ガイドブックが出る4月が今からそわそわ待ち遠しいです。

『鎌倉香房メモリーズ』の表紙も幸せそうで素敵ですよね!
感想もいつになるかわからないですが書くつもりですので、そのときにはまたぜひぜひ。

私のブログが、クローバー水さんの読書ライフにとってなにかプラスになったのならば、これ以上の幸せはありません♪
嬉しいお言葉を本当にありがとうございました!

URL | ゆり #SvKcs0as
2017/03/05 13:09 * 編集 *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1645-07d7b41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)