Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『ヴァンデミエール―葡萄月の反動』川原 泉 

お盆の時期になりました。
台風のせいで、あちこちで大雨が降っているようですが。

今日は、「夏休み」といえば?と問われた時に、私が真っ先に思い浮かべる作品を紹介します。

メイプル戦記 (第2巻) (白泉社文庫)メイプル戦記 (第2巻) (白泉社文庫)
(1999/09)
川原 泉

商品詳細を見る


川原泉さんの漫画『ヴァンデミエール―葡萄月の反動』。
『メイプル戦記』の2巻目に収録されている短編です。

川原泉さんの漫画は文庫で全部持っていて、どれも好きです。
卒業論文で『笑う大天使(ミカエル)』のお嬢様ことばを題材にしてからは、個人的にさらに思い入れのある作家さんになりました。

この短編は、大財閥の御曹司だったのに、交通事故のせいで小学3年生に記憶が飛んでしまった貴島覚君と、彼の子守アルバイトとして雇われた女子高生・沢登蕗子さん(蕗ちゃん)のお話です。
…こう書くとなんだか変なお話みたいですが、すごく良いお話なのです。

小学生の子どもが誰しも抱く、夏休みへのわくわくするような喜び。
皆で夢中になって遊んだビー玉のように、それはきらきら切ないほどに輝いています。

ヴァンデミエール(葡萄月)、ブリュメール(霧月)、フリメール(霜月)、ニヴォゼ(雪の月)…
ナポレオン革命暦の、フランス語の優美な響き。

なにより蕗ちゃんの、胸が痛くなるほどの素朴であたたかな人柄。

…これらが重なり合って、何とも言えない不思議な魅力をかもしだしています。

川原泉さんの漫画は、あまり少女漫画を読まない方にもおすすめできます。
『メイプル戦記』本編も、プロ野球の女性チームがのほほんと頑張るお話で、こちらも大好き。

メイプル戦記 (第1巻) (白泉社文庫)メイプル戦記 (第1巻) (白泉社文庫)
(1999/06)
川原 泉

商品詳細を見る


関連記事

カテゴリ: 漫画・白泉社

テーマ: 少女漫画 - ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 川原泉 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/168-3d0ecfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)