Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

ようこそいらっしゃいました。すてきな書物と美味しい食べ物をどうぞ。

『Fal-reisia 3』他 感想 

実は今年も出かけていました。
夏コミに。
去年の記憶に引き続き、もうすっごい人と暑さと湿度で、荷物は肩に重いし広い会場を人混みかきわけ歩き回り続けるしで正直疲れましたが、でもとても楽しかったです。
独特の高揚感と充実感を得られる場だなあと、しみじみ感じました。
あ、去年に引き続き、コミケのあとはフォロワーさんと待ち合わせて女子会してきました。りんごの窯焼きパンケーキは疲れた体に染み渡る美味しさでした♪

さて今回も、私の目的は、no-seen flower 様のMemoriae シリーズの同人誌を入手すること!でした。
今年も現地では藤村先生(古宮先生)にたいへん良くしていただきました。
いつものサイズの同人誌一冊&ペーパーの束&ブックマーカー(ペーパー付き)という豪華セットを購入させていただきました。
ほくほくです。ブックマーカー何種類かあって少し悩んだのですが直感で「オスカーの瞳の色!」ということで青のお月さまのものをいただきました。とても美しくしかも丈夫なブックマーカーで今新刊本体に挟んでいるところです。お花入りの青いきらきらお月さまがゆらゆらゆれていてすずしげでとても素敵です。

さて今回も、シリーズ全作品ネタばれこみの感想をメモ的につらつら語ってゆきたいと思います。
いただいたペーパーの感想もばらばらと書いていきます。一度にたくさんいただいて贅沢にも一気に読んだのでどれがどれだか把握しきれてなくて申し訳ない、でもみんなとってもとっても良かったです!!思っていたよりUMの甘々なお話が多くて私はもう幸せで涙ぐんでいます。

『Fal-reisia 3』
完結巻。思えばこのシリーズの1巻目を人生初コミティア&ビックサイトで買い、2巻目を人生初夏コミで買ってきたわけで、なんだか感慨深いですね。
確かに『Rotted-S』を彷彿とさせるようなお話だったなと感じました。
完全なハッピーエンドとは言い切れずなにかほろ苦く切ないものが残るけれど、確かに明日への希望が残る読後感。
キーファの有能でちょっと危なっかしく人が好く優しいところ、どこまでも損なわれなかった精神の健やかさが、この結末をもたらしたのだな。最後までキーファの良い感じの普通っぽさが好感を持てました。
神の愛情がじんわりと感じられるラストがなんかよかった。しかしレメントリ神は兄弟のなかでもいちばん優しい性格と発言をしているように思えるけれど、実際はなかなか上手くいかないものだなあ……。
「楔」とはなになのか、今回ちょっとつかめた感じがします。ミリアムとキーファとレイシアの関係はそういうことだったのか!
というか、「ファル・レイシア」ってそういう意味だったのか!ピースがはまった快感!
キーファがヒーローなら、ヒロインは、3巻目でいうなら、ミリアムですね。(2巻目ならリーズ!彼女は本当に存在感のあるよい娘でした!)
幼馴染の気安い関係、甘いものはほぼ感じなかったけれど、相棒としての信頼関係みたいなのが、良かった。テドラの優秀な戦い手で無鉄砲ではねっかえりでキーファへの態度はまさに「妹」で、ユディの強烈な崇拝者、ちょっとちぐはぐなミリアムという女の子がまた可愛らしいです。
キーファが買ってきたランチのサンドイッチをふたりで食べている場面がなんか和みました。好き。
ヴェストはなんか途中から怪しい感じがしていたんだ……最後まで疑わないキーファのお人好しさが好きですよ。

あとレヴィとユディトの二人の物語としても、決着が。
そうくるか……。(ずーん)
この物語の読後感のほろ苦さ切なさやるせなさの大部分は、この二人の結末に感じるもの。でした。
ある意味ロミオとジュリエット的ないつものコンビ(どちらも覚醒前)のやりとりがだんだん馴染んできてちょっと甘くなってきて実はサイトの短編だけ読んでいた頃からこの二人はわりとお気に入りだったので、ううう、切ない。
覚醒したティナーシャはさすがの頼もしさでしたが、彼らも決して不死ではなく万能ではないのだと、改めてまざまざと実感させられてしまいました。
ラストのキーファとミリアムの二人の中ではレヴィはどこかでちゃんと生きていてユディトと一緒に旅しているのかな。それはひとつの救いだな。と思いました。

『Fal-reisia -unnamed stories- side story総集編』
黒くて薄い綺麗なご本。
私は書きおろしのみ初読。
ユディトとミリアムの友人関係のような姉妹のような関係がやっぱり私は好きです。
恋愛小説が読みたいと地上に出たユディトが、レヴィに出会う場面は、もう運命としか言いようがないですねえ。最高にロマンティック。
そして何度も書いているけれどレヴィの性格は初期のオスカーにやっぱり似ている。
『恋情』基本ひょうひょうとしているレヴィが内に持つユディトへの愛の深さ激しさにじわじわきました。
本当に彼は、この恋のために死すことになったんだな。ふたりとも無自覚な状態だというのがよけいになんか色々こみあげてきますね。
世間知らずなおっとり天然なユディの素直な愛情が読んでいる私もとてもいとおしい。
本編で戦いのあとレヴィの亡きがらを抱くユディトの場面に今までにない関係の変質、甘さを感じたのは、こういう場面を経ていたからだったのね。

『名前を消される夢』
これは『灰の見る夢』の後日談エピソードでした。
この『灰夢』の少女然としたティナーシャの可愛らしくいじましいこと!少女小説よりのあまいやりとりに読んでいてきゅんきゅんときめき幸せいっぱいでした。
いつの間にか王太子妃候補になっていたティナーシャをお城の人たちが好意的に受け止めているっぽい雰囲気が、ファルサスは平和で懐深くてやっぱりいいなあ!考えてみればロザリア様も市井の出身だし反対していたのはたしか実家の方だったし(ラヴィニア様ですね)こんな感じであたたかく迎え入れられていたのかな。アルスとドアンの登場サービス(?)も嬉しかったです。(扉の後ろくらいにシルヴィアもきっといるはず)
ラストが分かっている事実ではあるものの切ないんですけれどね……。

『Reve de Cendrillon』
『灰夢』のオスカー視点の小話。
オスカー視点のティナーシャが本当に愛らしくていじらしくて(以下略)
ティナーシャの澄んだ美しい瞳をいとおしむオスカーが好き。
じわじわ幸せで胸がいっぱいになる短編でした。

『Before end』
前後してますがレヴィとユディトの短編。
恋人としてのふたりのつかのまの甘い幸せなひとときとたわいない会話、読んでいて幸せで胸が詰まる。
ユディのやりたいことがあまりにたわいなくささやかで、でも幸せに満ち満ちていて。

『奇跡のような嘘を貴方と』
これはまたUMの別のバージョンのエピソードなのでしょうか。本編の最初の方のノリに近い。
今まで読んできた中でいちばん平和なハッピーエンドかも。お互いがお互いについていた「嘘」、明らかになってもやはり添い遂げる道を選ぶふたり、ああやっぱり大好き!どのバージョンでもオスカーのゆるぎない愛情に胸が熱くなる。
というかラザルとオスカーの幼馴染主従の会話が笑えました。「自業自得だと思います」の繰り返し、そういえばラザルのオスカーへの物言いもわりと容赦なかったな。
王としての自覚というもので、確かに通じ合っているのも、オスカーとティナーシャらしい。
やっぱりオスカーは無謀な冒険者としているのがいちばん生き生きしていますかね。ティナーシャもラザルも寿命が縮みますよね(笑)。
ティナーシャの相変わらずの鈍さとわりとあっさりプロポーズを受け入れた可愛らしさにもときめきました。
トゥルダールの精霊も、ティナーシャのことを本当に大切に思っているんだな。じんわり幸せ。
ティナーシャはこのバージョンでは幸せな人生を全うしたようで、良かったです~!

『ヴィヴィア・バベルと起きない黒猫』
タイトルのままのほのぼの日常ひとこま。世界は滅ぼされず今日も平和で良かったです。

『云納』
月白の短編。
これもなんだか甘々で幸せなお話でいいなあ~。白無垢は確かにサァリに似合いそうです。

やっぱりティナーシャとオスカーのふたりが大好きで、どんなときでもいちばんにティナーシャの幸福を願う私の感想メモでした。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


関連記事

カテゴリ: Memoriae シリーズ

タグ: no-seenflower 

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hananomi691.blog10.fc2.com/tb.php/1691-b3098816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)